« 「亀はイヤダ!」 劇の役に抗議 | トップページ | 教室に 不審者が侵入 »

2008年10月28日 (火)

米兵に追われるアポチャン

手製の旗を両手に持ち、なびく音に誘われて速力を高めながら

走り回るアポチャンhappy01

向こうからジープが近づいてきました。それに気が付いて

様子を窺(うかが)っていた所、ジープが止るではないですか。

顔色を変えたアポチャンは、全速力で隠れる場所

探しています。目は血走っています。

隣の家との隙間に身を隠し、ガタガタ震えて・・・・います・・・。

近くでかん高い米兵の声が聞こえます。ああ、もう駄目だdespair

アポチャンは一体何をしたのでしようかsign02Σ(゚д゚lll)アブナッ !

数分間経ったのでしようか? 米兵の声が聞こえません。

慎重に様子を窺いながら、裏の家の方に出てきました。

「アポチャン!もういないよsign01」「出てきていいよsign03」と連呼の声。

稲葉君とそのお兄ちゃんの声です。

アポチャンは安心して出てきました。

小樽高商(今の商科大学)在学中の稲葉君のお兄ちゃんが

米兵と話をしたそうです。彼らはアポチャンの持っている旗が

欲しくてお願いしようと思ったのですが、あの子が逃げ出した

ので残念です。私達はあの軍艦旗が恐ろしかったのです。

戦争に勝った証(あかし)に、あの旗が欲しかったとのことです

何だ、そうだったのかと胸をなでおろすアポチャンでしたhappy01

[注釈]アポチャンはどうして逃げたと思いますか。それは

そのような教育を受けたからです。旭川の日章小学校へ

転校した二学期の始業式で校長先生がこう言ったのです。

残念ながら我が国は戦争で負けてしまいました。

これからアメリカ兵やイギリス兵などがこの旭川にも

やってきます。彼らは日本人を殺したいのです。

飴やガムをもらってはいけません。中に毒が入っている

のです。近づかないように気をつけましようsign03

との話(訓話)があったからです。

アポチャンは小中学校を通して校長先生の話を覚えて

いるのは三つしかありません。後ほど紹介します。

【小樽港に進駐軍が上陸(昭和20年) 提供北海道新聞社

Photo

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

|

« 「亀はイヤダ!」 劇の役に抗議 | トップページ | 教室に 不審者が侵入 »

生育エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121326/24801835

この記事へのトラックバック一覧です: 米兵に追われるアポチャン:

« 「亀はイヤダ!」 劇の役に抗議 | トップページ | 教室に 不審者が侵入 »