« 「飯ごう」持って通学 | トップページ | 遠泳に挑戦 »

2009年1月21日 (水)

金偏景気で潤う私

1950(昭和25年)に勃発した朝鮮戦争中(朝鮮動乱とも言った)、朝鮮

半島へと出兵したアメリカ軍への補給物資の支援、破損した戦車や戦闘

機の修理などを日本が大々的に請け負ったことによって、日本経済が大

幅に拡大されていきました。

特に、戦車や戦闘機の修理、兵器作りなどに金属が必要であるため、

金偏(カネヘン)景気と言われる状況が起こったのです。

中学生になった私は、学校から帰ってくると、他所の家の裏庭や物置近く

をたむろし、くず鉄拾いに精を出しました。針金や釘、鉄板の煙筒など金気

(カナケ)の物は何でも拾ったのです。見分けるのは簡単です。要は磁石

につく物であれば心配ないのです。集めた古鉄類は雑品屋(ザッピンヤ:

今の古物商)に持っていくと、数十円から数百円になることもあるのです。

ところが、ある日のこと、我が家の物置小屋で古鉄を探していたところ、銅

の湯沸し器があるではないですか。少し色あせ淵に青さびが付いていたの

で、てっきり使い古しで廃棄するものと思ったのです。それを持って雑品屋

へ行くと、何と600円も手に入れることができたのですhappy01

当時、銅はアカと呼ばれ非常に高い値が付いていたのです。

さて、今までこれ程のお金を手にしたことのない私は、家に帰っても誰にも

言わず、自分の小遣いにしていたのです。それでアイスキャンデーや飴、

カリントウ、サイダーやラムネ(炭酸飲料水)などを買って一人で喜んでい

ました。

秋が近づき、家ではストーブの取り付けが始まりました。父が湯沸し器を

探し始めたのです。物置小屋に置いていたのにないと気づくや、

「あっぽちゃん、ちょと来いsign02」と怒鳴るのです。

「湯沸し器を持ち出したのは、お前だなangry」(# ゚Д゚) ムッカー

と言うや否や、思い切りこぶしを振り上げたのです。又もやゲンコツです。

私は、「錆(サビ)がついていたから、もう使わないと思ったのsign01

と、か細い声で言いました。

それにしても、さすが父です。私がいつもくず鉄を集めていることを母から

聞いて知っていたのです。私はくず鉄ばかりではなく、瓶(ビン)も集めま

した。一升瓶が10円、ビール瓶が8円で引き取ってくれるので、父の晩酌

の酒瓶などは空になると直ぐ酒屋へ持って行き、換金したのです。

お陰で数か月は小遣いに不自由しなかったことを思い出すのです。

まさに朝鮮戦争、さまさまでした (v^ー゜)ヤッタネ!!。

[注釈]  1950(昭和25)年から1953(昭和28)年まで朝鮮戦争中、

我が国は朝鮮特需によって経済が大幅に拡大し、1955年から1957年

に爆発的な好景気が続き、「神武景気」と呼ばれていました。

これが、日本に於ける高度経済成長期の幕開けとなったわけです。

即ち、安価な製品を大量生産するため、低賃金で長時間働き、技術を習

得してくれる中学卒業者は、企業にとって「金の卵」と呼ばれる貴重な戦力

だったのです。就職する者にとっては「売り手市場」です。

春になると東北・北海道などから多くの中学卒業者が就職のため汽車に

乗って上野駅へ向かって出発して行ったのです。

プラットホームでは我が子との別れを惜しむ父母の姿や友達の姿で混雑し

た様子が、映画のニュースなどで取り上げられる時代へ進んでいったので

す。

一方、学校では就職係の先生が校務分掌の一つとして位置づけられ、

求人状況に関わる情報を生徒に提供するばかりでなく、時には、就職した

子ども達の実態把握のために企業訪問もしたのです。

今はアメリカのサブプライム問題に端を発した世界的な大不況の大波が

各国を襲っており、我が国も企業倒産、リストラ、失業など大変な事態を

呈しておりますが、国民の知恵と力を結集してこの難局を乗り越えて行っ

てくれることを願っています。

《宜しければそれぞれ1クリックをお願いします》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

|

« 「飯ごう」持って通学 | トップページ | 遠泳に挑戦 »

生育エピソード」カテゴリの記事

コメント

はじめましてsun
教育に関心があって、ちょっと遊びに来てみました。

子供の頃の思い出、なんだかほのぼのして癒されました。

投稿: まみよ | 2009年1月21日 (水) 14時56分

まみよさんへ
ようこそお出で下さいました。一家団欒の様子が
書かれていて暖かい家庭に育っていて幸せですねheart04

これからも、ちょこちょこ遊びにいらしてくださーーいgood

投稿: appochan | 2009年1月21日 (水) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121326/26611580

この記事へのトラックバック一覧です: 金偏景気で潤う私:

« 「飯ごう」持って通学 | トップページ | 遠泳に挑戦 »