« 月2回の給料日 「親方日の丸」 | トップページ | ミラクル 人クル 春がクル »

2009年4月28日 (火)

就職内定? 不安な日々

就職状況を把握のためまたもや教官室を訪れました。宇喜多義昌教授(元東京

理科大学学部長)が良い話があるとのこと。

ある市で中学数学の教師を1人採用したいとの申し出があったので、君を推薦

ておいたよsign01よかったね!」とおっしゃってくれたのです。

初めて聞く市の名前です。地図を出して小樽市からの経路を確認しました。母も大

変喜んでくれたので先ず一安心です。

さて、それから数週間経ちました。母が

「ヒロシ(仮名)!いつになったら内示が来るの?そろそろ着てもいい時期なのに変

ね?」と言い、早く大学へ行って確認してくることを促します。

教授の話によるとまだ内示はきていないが恐らく大丈夫だろうとのこと。特別確認し

てくれる様子もないのです。しかたがありません。また待つことにしました。

しかし、3月に入っても音沙汰ありません。心配な日々が続きました。私より母の方

がより一層心配していますので、気が気でありません。

家庭に電話のある時代でしたら直接、該当市の教育委員会へ確認の電話をかけ

るのですが、それもできません。しかし、もし決定したなら直ぐに赴任しなければい

けませんので、布団袋を買ったり、友達から安い値段で電気スタンドを買い求めた

り、母が赴任先の校長へ挨拶に行くために着るコートなども、私のアルバイトで貯

めたお金で買い揃えたのです。

準備万端ですが依然として内示がきません。短期間ではありますがあのイライラし

た期間は思い出すのも嫌になります。ですから、現在、企業から一方的に内示取

しを受けたり、就職浪人をしている人の気持ちが少しは分るのです。

いつも応援のクリッリありがとうございます

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

|

« 月2回の給料日 「親方日の丸」 | トップページ | ミラクル 人クル 春がクル »

生育エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121326/29251631

この記事へのトラックバック一覧です: 就職内定? 不安な日々:

« 月2回の給料日 「親方日の丸」 | トップページ | ミラクル 人クル 春がクル »