« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

親の子育て10選

平成15年、山口県退職校長会では、結成35周年の記念事業の一つとして

「親の子育て10選」という下記の資料を作成しました。

http://zenrentai.org/kaihou/145/04.html

中でも次の三つを私は重視したいのです。

    ①「遊びは心と体の栄養素」 

                            ②「がまんは喜びを生む」

                                                 ③「楽しい食事で一家団欒」

そして、「早寝」「早起き」「朝ご飯」の三点をしつけていくと、

                        根のしっかりした子ども育っていくと思うのです。

その為には、親自身が変わらなければなりません。

親が変われば 子も変わる」ということです。いずれにしても、継続的な取り組み

がなければ定着しないのです。

《硬い内容になりましたが、教育関係に約47年間携わってきて強く感じることを訴えたいのです。

ご理解いただけましたら1クリックお願いします》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

チマサンチュに学ぶ

皆さん、これは何だと思いますか?

Photo

全体をお見せします。

Photo_2

そうです!植物の根です!何の植物でしょうか?

Photo_3

「チマサンチュ」という作物です。レタスよりも美味しいで~すhappy01

我が家では種を鉢植えし、大きく伸びた葉をマヨネーズをつけてよく食べました。

一般的には焼肉の時、肉を巻いて食べるのですが、とにかく美味しいのです。

ラブラドール(犬)も大好物で散歩から帰ってくると、このチマサンチュをおねだりしま

す。

さて、葉を食べつくしたので鉢を片付けようと思い抜きました。驚きでーす。こんなに

根が伸びていたなんて全く知りませんでした。この根を見ながらこんなことを思っの

です。

子育ても作物を育てるのとよく似ているということです。根のない作物には、どんな

に良い肥料を沢山やっても駄目だということです。三大肥料はリンサン・チッソ・

カリウムですが、人間を育てるためには知育・徳育・体育のバランスに留意しなけ

ればなりません。

しかし、今の親は子どもを肥料づけにし、根を育てることにあまり配慮しないで子ど

もを健やかに育てようとあせります。太い根を育てることが先決なのです。

それでは、根を育てるとはどういうことなのか共に考えていきましょう!

       《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

『福祉の心』って?

北海道のある町に道立福祉村というところがあり視察する機会をありました。

この施設は、可なり重度の障害を持っている方々が共同で生活している所です。

障害に応じて、自分の出来る仕事をしていました。

ペンダントを作ったり、葉書の印刷をしたり、木工作品づくりなどいろいろな仕事を。

私は、仕事中のある20代の青年に

「貴方は、体のどこを患ったのですか?」とお聞きしました。彼は、口も少しマヒして

話すのが不自由でしたが、

「私は、4年前まで会社に勤めていましたが、交通事故により脊髄をやられてしま

いました。物をつかむのが一番苦労します。」とのこと。

それを聞いて、私は交通事故の恐ろしさを改めて認識しなおしましたし、不自由な

体でも一生懸命努力して生きている姿に、言葉では言い表すことのできないほどの

感動を覚えました。

また、自分が五体満足であることに感謝し、もっともっと努力しなければならないよ

うな気になりました。

施設の中には、立つことも出来ず、体全体で這っている人もいました。その人は、

小さい時に、脳性麻痺を患ったそうです。

私は、ハンデーを背負いながら精一杯生きている人達の様子をビデオに撮って

教材化し、道徳の時間を利用して、「福祉の心」とは何かについて考えさせ、時に

親子で共同視聴し、その後に話合いを持つような教育活動があってもよいと思う

です。

また、総合学習の時間を活用して福祉施設を見学したり、障害の擬似体験を通し

て相手の気持ちを思いやる心などを育てることが大切と思うのです。

「福祉の心」は、ハンデーを持っている人達に対する大人の偏見を先ず正すことが

大切であり、学校と家庭の両方から指導することも重要と思うのです。

皆さん、「明日は我が身」と思って考えてみては如何ですか!

     《いつも応援のクリックありがとうございました!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

障害者に対して 何だその態度!

ここに三つの実話を紹介します。貴方はどう思われますか?

<その1> 小学3年生の知的障害の女の子が、スクールバスの停留所まで母と連

      れ立って来る途中で、登校する他の学年の小学生から指をさされ、あざ

      笑われ、罵られることが続いたそうです。お母さんもその子も、心では泣

      いてしましたが、歯を食いしばって我慢したそうです。

<その2> 小学校6年生の自閉症の子が、下校時、バスに乗るときに定期券をき

      ちんと見せず、運転手の注意に従わなかったことから、途中の停留所で

      襟首をつかまれて無理に降ろされ、迷い子になったそうです。

<その3> 美術館で、若いお嬢さんが私を見ています。じっと見つめています。貴方

      私を「絵」の題材になさるおつもりですか。

      歩行者天国で、不思議そうな顔をして見る人。お前なんか、家でおとなし

      くしていろと、言いたそうな顔をして見ている人。貴方達と一緒に歩きたい

      だけなのに、私、そんなに邪魔ですか。と脳性マヒの子の訴え。

世の中の、どこの親も、我が子がすくすくと成長することを願って子育てをしていま

す。また、してきました。赤ちゃんの時は、「這えば立て、立てば歩めの親心」という

言葉の通り、その日その日の成長を楽しみにしていたわけです。

しかし、時に病に罹り、熱に冒されたり、あるいは事故に遭遇し、脳性麻痺や知的

障害を患ったりもします。あのノーベル文学賞を受賞した大江健三郎さんの長男

「光」さんも、病で知的障害になってしまったわけです。

また、現在びんびんと元気でいても、一寸した不注意で交通事故に遭い障害を持

った子もおりました。

中学校の先生であった星野富弘さんはクラブ活動の指導の時、空中転回の模範

演技で失敗し頸髄を損傷し手足の自由を失い、生きる希望も失いつつも、その中

から這い上がってくる苦難の道を『愛 深き淵より』に記されております。

新版 愛、深き淵より。 Book 新版 愛、深き淵より。

著者:星野 富弘
販売元:立風書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

どの人も自分が好きで障害を背負ったわけではありません。

しかし、自分のハンデーを乗り越えて、血の滲むような努力

によって生きているわけです。それなのに、周りの健常者?

の態度によって、随分悲しい思いをしたり、つらい思いをして

いるのです。学校でも家庭でも「福祉の心」を育てなければな

りません。

《この記事に共感されたら1クリック願います!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

大木になーれ!

コメントで「赤松の大木」があるとの情報をいただき、家から徒歩20分足らずの現

場に来ました。月に2,3回ウオーキングで近くを通るのですが、今まで気づかなか

ったのです。

特別探さなくても歩道のすぐ脇に威厳を保つかのように聳えているのです。

Photo

公園の主のような顔をして子ども達を見ているようです。

「わんぱく公園」と名づけられています。Photo

Photo_9

金曜日の午後4時頃です。数名の児童がボール遊び。

Photo_2

道路を隔ててすぐ正面が「平岡公園小学校」です。約600人の児童数で18学級だそうです。

Photo_11

何やら相談をしている子ども達。

Photo_12

この突き当たりが「平岡公園」で東京の小石川にある東大の植物園の数倍も広い

公園で、野球場、テニスコート、遊具施設、散策路などが整備されているのです。

Photo_13

右手に学校、左手は「わんぱく公園」です。歩道はインターロッキングで街路樹は

ソメイヨシノ(桜の木)ですので、この路は「はるの路」と名づけられております。

この学校、開校15周年と歴史の浅い学校ですが、素晴しい教育実践をしているこ

とがホームページで伺うことができます。

このような環境の下で学ぶ子ども達は、正門前の赤松のように大地にしっかりと根

を張った人間に育っていくのではないかと思ったのです。

画像の挿入に失敗!CPのトラブル発生!最初のUPは登録したのに消去です。

PC依存は恐ろしい結果を招くことの警鐘でしようか? (# ゚Д゚) ムッカー

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ     

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

六つの「こ食」?

サインズという雑誌の10月号を見ていたら「六つのこ食」という見出しが目に留まり

ました。医学博士で栄養の専門家を育てる学校を作っている服部幸應先生の

『食育の本』という本に書かれている興味深いことを紹介しているのです。

服部幸應の食育の本(vol.2) 服部幸應の食育の本(vol.2)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

六つの「こ食」とはこうです。

①「弧食」 1人さびしく食べる。→好き嫌いや食事の量の不足の原因になる。

②「固食」 自分の好きなものしか食べなくて、食べるものが固定されてしまう。

     →自分の好きなものしか食べなくなる原因になる。

③「個食」 家族みんなが違うメニューを食べる。→わがままな子に育ちがち。

④「小食」 食べる量がすくなくなる。→必要な栄養が足りなくなる。

⑤「粉食」 主にパンを主食にする。→噛む力が弱くなる。

⑥「濃食」 外食に多い濃い味のもの。→味覚障害を引き起こす原因にも?

この六つのこ食に当てはまる食へ方をさせていませんか。もし当てはまるなと思っ

たら要注意です。今から改善していきましょう!

     《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

私のシルバーウイーク

娘にシルバーウイークをどのように過ごすのかと聞かれた私は、

「お年寄りのための週間ができたの?シルバーに対して何かしてくれるのかい?」

と聞くと、

「何言っているの!バカじゃない!春のゴールデンウイークに対して秋の大型連休

をシルバーウイークと言うのよ!そんなことも知らなかったの!」

と咎められた私でした。年中休みの私にとっては、大型連休は特別な意味を持た

ず興味関心もなかったのです。

テレビでは渋滞が始まったとのニュースを放映しておりましたので、札幌や小樽な

ど近くでいろいろなイベントが開催されていますが、渋滞するような所へは行きたく

ないと思い、20日(日)は天気も良いので初秋のサイクリングロードへまた行くこと

にしました。

Photo

帯広方面へ行く国道274号線を真下に見ながら、サイクリング・ロードのウォーキ

ングです。

Photo_2

ススキが風になびいています!

Photo_3

栗の実も色づいてきました。

Photo_4

山ぶどうも黒くなっています。

Photo_5

少し色づいてきた木も見られます!

Photo_6

萩も終わりを告げようとしています!

Photo_7

カントリーサイン辺りで1時間経過。Uターンして一服休憩。

Photo_8

気温は24度です木陰は涼しさを感じます!

Photo_9

澄み切った秋空で気分も爽快でーす!

Photo_10

林の中の小道から下を眺める!

Photo_11

林の中のアップダウンの小道を進むと、喉の渇きを覚える。

Photo_12

樹齢100年以上の大木。此処が小公園の裏玄関。

Photo_13

公園内で喉の渇きを潤す!

Photo_14

公園下の住宅街。我が家はここから国道274号線を横切って約10分です。

所要時間はジャスト2時間。歩数11,000歩。

NHKの「のど自慢」を聞きながら「栗ご飯」の昼食です。これが我が家のシルバー

ウイークの2日目であり、結構充実したひと時を過ごしたのでーすhappy01

     《いつも応援のクリックありがとうございました!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

これだけやれば 有名大学なんて楽勝だ!

ある町のPTA連合会主催の家庭教育講演会の内容をインターネットで見ました。

講師は東海大学体育学部の小澤治夫教授です。体力・気力・学力が上がる八か条

を提唱しています。このような内容です。

①家庭での勉強時間は2時間が限度

  (それ以上は集中できない。やらないのは論外)。

②入浴は湯船に入って、疲れた筋肉をやわらかくする(熟睡を促す)。

③決まった時間に早寝・早起きする(食欲がわく)。

④朝ご飯は、ご飯とおかず3品以上(親が寝ていて欠食など論外。パン1枚と牛乳

  もアウト)。

⑤毎日きちんと「うんこ」をする(家でも学校でもよし)。

⑥部活も2時間限度。すごくご飯を食べる。(グリコーゲンを素早く補給)。

⑦外遊び推奨。夜遊び厳禁。携帯・ゲームは1時間以内。

⑧家族でご飯を食べる。

「子どもの生活習慣改善は、学校や教師で解決できる範疇を超えている。大人

(家庭)がしっかり責任をはたさなければならない」と呼びかけているのです。

子育て最中の皆さん、如何ですか?

    《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

色キチガイ的? 論法

トイレの入口にあるマークtoiletにクレイムをつける女教員。男は青か黒、女は赤とい

う色による差別がまかり通っていると。小学校へ入学する際も、赤いランドセルは

女であり、黒いのは男という具合に、小さい時から性別によって色まで違っている

のは社会的に作られた差別であると言うのです。

おまけに女子がスカートで男子がスラックス・スタイルも偏見であるとのこと。

問題の発端は、ジェンダーフリーについての論議の際に出てきた意見なのです。

ジェンダーフリーとは「従来の固定的な性別による役割分担にとらわれず、男女

が平等に、自らの能力を生かして自由に行動・生活できること。」と定義されてい

ます。(三省堂のデイリー新語辞典)

この考え方が、学校教育現場でジェンダーフリー教育として取り入れられてきてい

るので厄介です。例えば、

・出席簿の男女混合  ・運動会の男女混合による徒競走 

・男子も家庭科を必修とする ・運動着(ジャージ)を両性共通の色・デザインにする

・両性とも「さん」付けにし統一した呼称にする

などなどです。

また、「男らしさ」「女らしさ」という表現も性差別であるので使用してはいけないなど

の意見も出されるわけです。

これらの運動は組合活動の一つとして展開されてきたのです。しかし、差別と区別

を混同したり、男女の伝統的な行事である「ひな祭り」「端午の節句」「こいのぼり」

なども否定したり、高学年のトイレが男女一緒などの学校が出現するなど、何かと

問題を呈しているのです。

貴方の地域の学校はどうですか?行き過ぎたジェンダーフリー教育には疑問を持

っている私です。

   《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

秋とウォーキング

9月14日(月)晴天。久しぶりに妻と2人でウォーキングへ。

今回は住宅街を避け森林浴で身も心もリフリッシュしたかったのです。

Photo

家から11分歩くとサイクリング・ロードに出ます。

Photo_2

所々にトイレや水飲み場もあるのです。

Photo_3

午前10時にも関わらず老若男女が結構いるのです。

Photo_4

1km間隔?にベンチが設置されております。

Photo_6

エゾリスが数匹ご挨拶に参ったのですが撮ることに失敗でーす。weep

でも、リスさんのお導きで良いことがありました。

Photo_7

「ぼりぼり」と呼んでいるキノコ。2,3日早ければ形も良いのですが・・・・・。

Photo_8

妻は収穫の喜びを娘に携帯で知らせていました。

後2,3週間経つと別な場所で落葉キノコやタマゴタケなどもとれるのです。

190万都市の札幌でありながら家から30分足らず(徒歩で)の所でキノコがとれるのです。嬉しい限りです。happy01

なお、このサイクリング・ロードは旧国鉄千歳線の跡地を利用して作られ、札幌の

白石地区から北広島市まで続いております。アンダーパスや高架橋があるため、

信号待ちや自動車を気にしないで快適なサイクリングやウォーキングが楽しめま

す。総延長20km。

   《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

父兄会×、父母会×、保護者会○ なぜ? 

全国どこの学校でも学期に2回程度、授業参観後に懇談会が開催されますが、

この懇談会の名称が問題になってきたのです。

父兄会」という名称は昭和40年代頃まで使われていたようですが、「男尊女卑

(ダンソンジョヒ:男を尊び、女を軽視する考えや態度)であるとの指摘から、

父母会」と変わりました。

しかし、離婚家庭が増加し父子家庭や母子家庭の子が目立つようになったり、

祖父母が親代わりで養育するケースも増えてきました。

従って、そのような家庭の子に配慮して「保護者会」となってきたわけです。

また、参観日への父親の出席が少ないことから、「父親参観日」との名称で日曜

日に授業参観・懇談会が開催されてきましたが、これも母子家庭の子に配慮して

日曜参観日」と変更されてきたのです。

しかし、これも、父親が日曜日も仕事をしなければならない家庭の子に配慮して、

「保護者会」に統一されていった経緯があるのです。

このように、「授業参観」ひとつをとってもそれぞれの歴史があるわけです。

さて、今後はどのように変遷するのでしょうか?

まさか、インターネットやTVによるライブ中継へと・・・・・・・・・(ノ∀`) アチャー

       《応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

「子供」と「子ども」の違い

ある女教師が、『学校便り』に掲載されている私の記事を見て、「子供」と表記されて

いるところがあるが駄目であるとの指摘。理由は、「供」と言う字に問題があると言

うのです。

「供」という字は「従属させる」という意味と「目下にする」という意味もあるので、

「子どもの人権」を無視するに等しいとのこと

私は、その話を聞いて「供」の語源は分りました。しかし、新聞では「子供」と表記

しているし、ワープロやPCのワードで一番先に書かれているのが漢字表記なの

で、許される範囲内ではないかと主張しましたが、彼女は納得せず、直さなければ

教育者としての姿勢を疑うと抗議するのです。

その後、私は「子ども」と表記するようになったのですが、ある保護者が

「最近、漢字を知らない先生方が増えましたね!」と言って、「子ども」の「ども」も

漢字で書けない先生がいるとの誤解を招くこともあったのです。

学校現場ではやや偏った考え方をする人達が、漢字の使い方について神経質に

なっている傾向がありまいす。その事例を明日UPします。

なお、詳しくはインターネットで「子供と子ども 違い」で検索すとよく分ります。

     《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

恋の仕掛け人

夜の宿直室へのT先生の訪問から数日経ったある日のことです。

4年生の学年主任であるH先生が、

お前、T先生のプロポーズを断ったというではないか!T先生泣いてたぞ!お前、

るにも断り方があるだろうに!女心をいたく傷つけたんだぞ!」

と言うのです。

私は、どんな素敵な女性が現れても30歳まで結婚しないつもりでいることを、我が

家の家庭事情やこの学校へ転勤させてくれた校長の意向などを話したのです。

するとH先生は、

「そうだったのか、ご免な!そんな事情があるとは知らずにT先生をけしかけたりし

て!何故俺がこんなことをしたか分るか?」

と言って理由を話してくれました。それは

・4年生の担任同士が恋愛中でその噂が広まっている。

・できるだけその噂を鎮めるためには、恋愛している他のカップルを誕生させるの

 が効果的である。

と思ったとのことです。そして

「夜の宿直室に女1人で訪れて来たのに、キスもせず抱き合うこともなく居れたとは

お前は大した者だなあ!俺なら行くところまで行ってしまったのに!」と茶化すので

す。

さて、それから約20年後のことです。当時の職員仲間が一堂に会して親睦を深め

る集いが開かれました。勿論、H先生もT先生も出席しています。

宴たけなわの頃、お酒で多少酔いが回った頃、H先生が

T先生、思い出すよなあ!あの時、○○先生(私)にフラレタもなあ!良い青春の

思い出だろう?」と言い出しました。T先生は

「あらー、恥ずかしい、皆の前でバクロしないで下さいよ!」

と笑いながらの受け応えです。私もT先生も既に子どもが2人おり、共に中学生と

高校生になっているのですから、初々しさも消え失せ当時の出来事を懐かしがって

話すようになっていたのです。

なお、彼女に

あの時、先生の気持ちを遠まわしに打診したのに、単刀直入に断られ付け入る隙

もなかったので、吃驚(ビックリ)やらガッカリやらで大変だったんだからね!奥さん

に対してもそうなんでしょう!厳しさより優しさが必要よ!少しは変わったかい!」

と言われましたが、その性格は今でも直っていないのです。いつまでたっても人間

性に欠ける私なのです。

しかし、デリケートな性格の妻が疲労とストレス過剰により『虚血性大腸炎』を患い

2週間の入院生活をするようになってから、少しずつ気をつかうようになってきた私

なのです。

       《いつもクリックして背中を押して下さりありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

夜の宿直室へ 女教師が?

夜の十時頃です。宿直当番の私が校内巡視を終えて部屋に戻って間もなく、電話

が鳴りました。こんな夜に何事かな?と思って受話器を取ると、

先生、Tです!こんな夜にお電話してすいません!急にご相談したいことが起きま

したので、お話を聞いてくれませんか!そんなに時間をとらせませんから、今直ぐ

参ります!」とのこと。私は

「こんな夜に女1人で私の所へ来るのはおかしいのではないですか?明日では駄

目なのですか?」と注意したのですが、

「とても急いでいるのです!お願いします!お願いします!」と言って電話を切って

しまったのです。

それから数分してから、宿直室の近くにある裏玄関のブザーが鳴り、T先生の来訪

を告げたのです。狭い宿直室に案内し「どのような相談ですか?」と問うと、

私、明日、急遽、お見合いに行かなければならなくなったのです。どうしたら良いで

しょうか?」とのこと。私は

なーんだ!そんなことか!先生が行きたければ行けばよいし、行きたくなければ

行かなければよいのではないですか?特別、私に相談する必要などないじゃな

いですか!」と告げました。すると彼女は

「先生、それで良いのですか?」とのこと。私は

僕は先生に対して、特別な感情を持っていませんから、先生自身の考えで行動し

て下さい!もう、夜の遅い時間ですから気をつけてお帰り下さい!」と言って裏玄関

まで見送ったのです。

T先生が帰られた後、私は腹が立ちました。こんな夜に訪問するなんて常識のな

い先生だ!もし、父母の誰かに見られていたら大変な噂になるのに!本当に女と

は恐ろしいものだ!と思ったのです。

これは今から43年前の話ですが、即断即決(決定や決断をその場ですぐに決める

こと)する態度は、今も変わっていないのです。それが長所でもあり短所でもあるの

です。また、「男女6歳にして席を同じうせず」の時代に育ったものですから、男女

が睦ましく話し合っている姿は不良行為であるという考えが身についていた私なの

です。

   《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

靴の中に?デートの誘い

「映画の招待券を二枚いただきました。宜しければ明日ご一緒に観に行きません

か?お返事を待っています。 T.H」

勤務が終わり帰宅のため靴を履こうと思ったら、白い小さなメモ用紙が入っている

のに気づきました。手にすると映画へのお誘いです。彼女は勿論独身で教育大学

出で、私と同じ位の背丈なのです。

それで下宿の仲間(銀行員)に相談すると、

女性からの誘いを断ると、後で気まずいことになるから、行った方が良いのじゃな

いですか!」とのこと。

そうかなあーと思い、次の日、彼女にOKと言ったのです。

デートの日は勤務時間終了後、直ぐに下宿に帰り、急いで夕飯を済ませ自転車に

跨り映画館前まで行くと、すでに彼女が来ております。

2人して館内の中ほどに座席をとりました。上映までに若干時間がありましたので

後方を振り向くと、何と公務補さんの奥さんがこちらを見ており、軽く会釈をするので

す。一瞬、まずいなあと思ったのです。何故なら、この奥さんはやや口が軽いので

嫌な予感が・・・・・。

案の定、数日後、公務補さんが近寄ってきて、

先生!T先生とデートしたそうですね!お互いに適齢期なので美味い酒でも飲ま

せて下さいよ!」と茶化すのです。また、ある学年主任がにやにやしながら公務補

さんと同じことを言うものですから、映画に行かなきゃよかったと思ったのです。

私は、確かに結婚適齢期?(男性にはあまり使いませんが)を迎えていたのです

が、妹達のことを考えて30歳まで嫁をもらう気がなかったのです。しかも、T先生

は眼鏡をかけていますし、過去にある職員と恋愛関係にあったとの情報を得ていま

したので、両天秤にかけるつもりなのだなと思い、特別魅力を感じていなかったの

です。ですから変な噂が立つこと自体、私は嫌だったのです。

また、教員をしていた父が常日頃、学校現場での浮いた話(恋愛に関するうわさ)

は禁物であると言っていましたので、その言葉を思い出し、ありがた迷惑だと思っ

たのでした。

       《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

地産地消

私の住んでいる所は新興住宅街。昭和48年頃まではこの辺一帯が畑。

そんな中で取り残されたように1軒の農家が細々と営農活動をしています。

収穫の時季になると、私は2日に1度、新鮮野菜を買いに行きます。

Photo

家の側にビニール・ハウスが3棟。車で10分足らずの所に広い畑があるとのこと。

Photo_2

大根洗いに勤しむおやじさん。

Photo_3

納屋で野菜の袋詰めをするおかみさん。

Photo_5

朝の7時にはもう陳列? 値段も安く収穫してきたばかりの野菜達。

Photo_6

信号の直ぐ右手が小学校。反対側へ200メートル行くと中学校。

Photo_7

私は遊歩道を通り、この住宅街を抜けて来るのです。所要時間約3分(自転車)。

朝食は、レタスとトマトのサラダ、インゲン豆の油炒め、サンマの蒲焼がおかず。

地産地消で地域の風味も味わいながら、生産者に感謝!感謝(._.)アリガト

《何時も応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

要領の悪い先生

傍から見ると非常に熱心なように見えるのですが、要は効率の悪い事務処理をし

ている先生をよく見かけます。一例を挙げるとドリル帳の○付けです。

計算や漢字などのドリル結果を短時間で○を付けることはできません。私が担任し

たクラスの子ども達は、全員○つけ用の色鉛筆を持参しております。

4人グループ内で用紙を交換して(右回り、左回り)、教師の言う解答を聞き○を付

け合うシステムです。間違って○をつけたり納得いかない場合のみ、教師が再点検

することにしていたのです。

このシステムは効率よく、他の活動に時間をまわすことができるわけです。

次にテストの○付けですが、これも実験してみて下さい。方法はこうです。

① テスト用紙を出席簿順に集めます。すると、採点結果を『教務手帳』(児童生徒

  に関する情報や授業計画などを書き込む手帳)に効率よく書き込めます。

② 集めらりれたテスト用紙の左端をホルダーで挟み、めくり易いようにします。

③ 採点は1人の用紙を全問見るのではなく、同じ問題だけを順々に見ていき○

  ×を付けます。

  これは誤答分析に役立ち、再指導すべきかどうかの判断が即座にできるわけ

  です。

④ 集約したテスト用紙の一番上に、誤答を書き込む用紙を1枚おきます。

④ 最後に1人ひとりの点数を書き、教務手帳に写します。

⑤ 全員の寸評を書きます。

⑥ テスト用紙を返すのも出席簿順に取りに来てもらい、いちいち名前を呼ばなく

  ても流れるように処理されます。

この方法の最大の利点は次の2点。

□ 誤答分析が容易である。

□ 採点時間を短くし浮いた時間で励ましの寸評が書ける。

なお、左手に指サックをすると答案をめくるのに役立ちます。この発想はソロバン

の伝票処理(確か2級以上の検定試験内容?)を思い出したからです。

いずれにしても、比較実験をしてみたら如何ですか!

右脳の開発に役立つかもね (・∀・)ニヤニヤ

《人気ブログに参加しております。よろしければクリックをお願いします!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

家庭学習の処理と 成績の伸び

アメリカの学習心理学者がテストの結果を教師が○を付けて直ぐ返すグループと、

解答を示し自己採点させたグループのその後の成績の伸びを比較実験しました。

その結果は、自己採点グループ成績が伸びていくことを知りました。

私は、学年初めの学級懇談会で、自己採点の導入を保護者に説明し理解してもら

ってきました。計算の答や選択肢に○をつける単純内容が主でしたが、解答に疑

問のある内容については、子どもにの問い合わせに教師が応えるという方法を採

りました。

従って、採点に要する時間を、1人ひとりの子どもに書いている励ましや褒め言葉

寸評を書く時間にあてました。ですから、翌日にはテスト用紙を返却することがで

きたわけです。

この方法は、家庭学習にも適用させました。子どもが取組んできたワークブックや

ドリル帳は、自己採点したページを開いて提出させ、教師は取組み状況を励ます

ために最低週1回は寸評を書き、その他の日は励ましシールを貼ったり、三段階

のゴム印を押すことにしました

また、個々の子どもに返却するのは、お手伝い係りが家庭学習表チエック

号を入れ、教師に代わって返してくれるシステムをとりました。勿論、このシステム

についても保護者に説明し理解を得ており、クレームがつくどころか、忙しいのによ

く取組んで下さると感謝されてきました。

学校現場の多忙さは想像を絶するものがあり、教育事務的な内容はその効率的

効果的処理方法を工夫することが大切です。そして、浮かした時間は授業づく

りに充てるべきであると思うのです。

保護者も同様に創意工夫して、我が子が積極的に家庭学習に取組むようになる

方法を見つけるべきではないでしょうか。

   《いつも応援のクリックありがとうございました!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

Before After?

我が家で食べている梅干は自家製で、梅は義母の庭になるのを毎年とってくるの

です。

しかし、その義母も昨年末に97歳で亡くなってしまったので、梅の実の生り具合を

知らせてくれる人がいないため、過日、妻と2人で見に行きました。

Before

<Before> モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!  なんじゃ!  これは! 

びっくり仰天です!

早速、義兄に電話をかけ、皆で草取りをすることになりました。

After

<Afte> やっと庭らしくなってきました。高齢者5人が3時間がかりです。

Before_2

<Before> 玄関前も花の丈が伸びすぎて窮屈そうです。

Ahter

<After> さっぱりしました!

After_2

<After> 樹齢40年以上のオンコも下の部分残して、思い切って伐採。

Photo

<After> 作業終了。午後3時。樹木の剪定も終わり見晴らしの良い庭になりました。

やれやれでーす。1,580万円(建物がいらなければさら地にする)で売りに出して

いますが、まだ売れていません。

札幌の地下鉄東西線の南郷13丁目駅より徒歩15分程の距離にある利便地で広

さ約100坪(330㎡)、南東向きで日当たり良好なのです。まるで不動産屋みたい

なブログになりました( ´艸`)プププ

    《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

子どもにとっての 成長剤は?

最近、子どもの体が蝕まれているという指摘があります。

学校保健会の調査によると、だるさや疲れやすさ訴える子どもが、小学生で

約17%、中学3年生で50%と学年が進むに従って多くなっています。

また「アレルギー症状」が多くなったこと、歯並びが悪いこと、背筋がおかしい、

鼻血が出やすい、骨折が多いなどの指摘があります。体温が低下してきていると

も言われています。

更に、自律神経失調症や動脈硬化、糖尿病など今まで大人が患った病気なのに

現在は子どもも罹るようになったとも言われています。

原因は食生活や生活様式の変化によるわけですが、中でも運動不足が凄く関係

しているようです

こんな調査もあります。

昭和37年にテレビが国民の2軒に1台の割合で普及してきたわけです。

それまでは、子どもは家にいてもテレビがなかったわけですから、外に出て、何人

かの子どもが集まって、体を動かしながら、自分達でルールを作りながら遊んでお

りました。

所が、テレビの普及やテレビゲームやラジカセなどの普及により、子どもは1人、

室内で、体を動かさず、メカに囲まれ「孤立型遊び」の傾向が顕著になってきたわ

けです。

こんな話も先生方や親からよく聞かれます。

「誕生会で友達をよんだはいいが、当然皆と一緒になって何かして遊ぶものと思っ

ていたが、それぞれが、ゲーム機などを持って来て、それぞれ勝手に遊んでいる

のですよ!おかしなことになってきたわね!」と。

この辺りから、子どもがおかしくなってきたという指摘があるわけです。

昔の、友達と一緒に遊ぶ「群れ遊び」は「成長剤」とも言われほど、運動や外で

の遊びは、私達の成長に欠かすことのできない重要なものなのです。ですから、子

どもの時から、健康に役立つ食生活や行動が自発的にとれるよう努力させる教育

が重要と思うのです。

《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

私の散歩道

今日の天気予報は曇後雨であったはずが、15:00頃から青空が広がっています。

気分が良いので散歩に出ました。

Photo

家の前の歩道を直進。

Photo_3

約100m歩いて左折すると遊歩道。

Photo_4

大好きなチャチャにご挨拶。精悍そうに見えますが優しい性格でーーす。

Photo_5

バラ園にお立ち寄りhappy01

Photo_6

大好きな遊歩道!

Photo_7

公園内の白樺に囲まれた散策路。

Photo_9

藤棚の下でチョイト一休みでーす!

Photo_10 

白樺の公園を左手に見ながら、はい、我が家です。所要時間は僅か15分。

退屈になるとラブラドールと共にまた散歩です。

自然に恵まれていますので犬君もご満悦なのです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文明病に! 子どもが?

ある小学校を訪れた時のことです。校長さんに校内を案内していただき、保健室前

で大変興味のあることに出会いました。

廊下に机を並べ、その上に缶コーヒーや缶ジュース、スポーツドリンクなどや、チョ

コレート、スナック菓子の袋など自動販売機で売られている清涼飲料水をはじめ、

普段、子ども達が食べるお菓子類が殆ど陳列してありました。

驚いたのは、その品物の下に縦8cm、横5cmほどのビニール袋に砂糖が入って

あったわけです。そして、袋に何グラムと書いてあります。

即ち、その品物を食べたり飲んだりすると「これだけの砂糖を摂ることになるので

すよ!」と、人目で分るように工夫されているわけです。

清涼飲料水の中でコカコーラが2袋半あるのには驚きました。勿論、チョコレートや

キャラメルも多かったですが、エビせんやボテトチップも結構あることに気づきまし

た。全然ないのが、ウーロン茶のみでした。

昔は、砂糖は大変貴重なもので、砂糖の一人当たりの消費量がその国の食生活

の豊かさを表すバロメーターになっていました。しかし、今では全く逆で、砂糖は

文明病」と言われる、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの元凶とも言われておりま

す。

勿論、砂糖は大切なものには違いはありませんが、摂り過ぎが問題になるわけで

す。何故なら、砂糖は骨を作るもとになるカルシュームを壊す働きがあるからです。

どの栄養素も偏って食べることは大変健康を損なうわけですが、砂糖ばかりでなく

カロリーの摂り過ぎも好くないわけです。しかし、同じカロリーを摂っても、その人の

運動量にも大変深く関わってきます。

最近、子どもの体が蝕(ムシバ)まれているという指摘があります。

では、どのような面に悪影響が現れてきているのでしょうか?

                                           (つづく)

     《いつも応援のクリックありかせとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

『椰子の実』から 73年経つと?

    note 名も知らぬ遠き島より  流れ寄せる椰子の実一つ

        故郷の岸を離れて  汝はそも波に幾月 note 

作詞:島崎藤村、作曲:大中寅二の『椰子の実』が1936年(昭和11)7月、NHK

大阪放送局が国民歌謡として放送した。東海林太郎が歌うこの歌は、たちまち全国

に広がったとのこと。

どうしてなの?と問うと、昭和11年は2.26事件が起き、日独防共協定が調印さ

れ、国民の南方へのあこがれを軍事進出の意図に結びつけようとしたのではない

かという見方をする人もいます。

何故、今、このことを紹介するのかと言えば、昨日8日の北海道新聞朝刊にこんな

記事が載っていたからです。

政府は7日、海岸に漂着したごみ処理などのため、関係省庁間で連絡

調整を行う「海岸漂着物対策推進会議」の初会合を開き、今年7月に

成立した海岸漂着物処理推進法に基づく国の基本方針を年内に策定

することで合意した。

基本方針は漂着ごみ対策の方向性を示し、これに基づいて都道府県が

重点的な対策を行う区域や作業内容を盛り込んだ地域計画を策定する。

    政府は地域計画に応じて財政支援を行う。

この記事を見て、6月10日、南フランスのコートダジュール地方のマントンのホテ

ルから地中海を眺めていて気づいたのです。船の側面に大きな網をつけ海上の漂

着ごみをとっているのです。一方、岸辺では清掃員がごみを拾っているのです。

私は、どうしてこんなに海岸が綺麗なのか不思議でしたが、早朝の作業を見て納得

したわけです。

Photo 現在、日本の浜辺の

漂着物は、注射器な

どの医療系廃棄物や

海難救助用の信号弾、

化学薬品が入ったタン

クなどの危険物があり、

毒のあるクラゲ類なども

見られるそうです。信号弾では触った男性が大怪我をしたケースも。子どもが見つ

けても、絶対に触らず、大人に知らせることの指導も大切になってきた時代です

『椰子の実』が歌われた時代から73年経つと、こうも世の中が変わるものかと

若干驚いているのです。

   《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

10.21のスト破り 犯人は①だ!

初めての全国統一半日ストがあった10月21日。

その夜、ストを回避せざるを得なかった私を慰めてやろうと、同僚3人が下宿に来

たのです。しかし、私は可なり疲れていたので誰が来ても会いたくないと思い、懇意

にしている向いのラーメン屋さんで時間をつぶしていたのです。

10時過ぎに部屋へ戻ると書置きがあり、葡萄や果物も添えられていたのです。

友愛と信義の日教組。ご苦労さん!慰労に来たのですが会えなく残念!ゆっくり

お休み下さい!」と。涙が出そうなぐらい嬉しかったですが、仲間を裏切ったようで

自責の念にかられたのでした。

その後、数週間してスト破りの犯人は①(マルイチと呼び北師同窓会を指す俗称:

札幌師範学校から第一師範学校に校名変更による)であるとの憶測が流れたので

す。確かに支部の役員も①。市町村教育委員会教育長部会の会長も地域の校長

会や組合の支部長も確か①だったと思うわけです。その幹部等が結託してスト破り

行為に出たとの噂なのです。

しかし、客観的に見ると①でなければ教員でないと豪語していた時代であり、北海

道の教育界を牛耳っていたのです。勿論この噂は③や②などが流していたようで

すが、真意のほどはよくわかりません。

中でも、元道学連委員長を務めたことのある先輩のA教員が北教組E支部の書記

次長(専従)であり、教委連会長とも近しい関係にあったため、彼がスト破りの主犯

格だとの噂です。

この噂に耐えられなかったのかどうかは定かではありませんが、その後、A教員は

東京都の教員として転勤していったのです。確か74歳になるA教員は現在も埼玉

県のある私立高校長として活躍しており、数冊の本を出版しNHKのTVにも出演す

るなど凄腕の人物なのです。ですから疑いを持たれたのも当然です。

いずれにしても、派閥問題を抜きにして北海道の教育を語ることができない状況だ

ったのです。

しかし、その教育界も世代交代により様変わりしてきており、若手教員の同窓意識

は希薄になってきておりますが、各同窓が互いに切磋琢磨して教育活動に取り組

む姿勢が余り見ることができないのは寂しい限りです。派閥の功罪、光と影の部分

を抜きにしてのことですが・・・・・。

なお、派閥については下の過去ブロを参照して下されば理解が深まると思いま

す。

  <ストレス 酒びたり 早死に>

http://kyoikuchou.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-6c6e.html

27歳の時の思い出です。いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

3人で野球 微笑む高齢者

窓から聞こえる子どもの声に誘われて外に出てみました。何と3人で野球をしている

のです。

Photo

よく打ち、よく走るのです。

ベンチで見ている高齢者

「頑張って、ガンバッテ!」

と声援。

あまりにも楽しそうなので

私も参加させてもらいまし

た。

Photo_2 驚いたことにボールもバッ

トも手製です。

終戦後の少年の姿を

そこに見たのです。

創意工夫する姿が!

ボールは新聞紙を丸め、布テープで巻いているのです。バットも新聞紙を

重ねて丸め、やはり布テープで。

Photo_4 Photo_3

ベースは1塁から2,3塁とホームベースで正式です。守りが2人ですので、運動量が極めて多いのです。走者は塁間でポールにぶつけられるとアウトです。

だから真剣そのものです。短時間でびっしょり汗をかき満足感に浸っておりました。

久しぶりに見る微笑ましい光景でした。

終わりに記念写真で はいポーズ。この子等に幸多かれと祈る!

Photo_5

     

《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

10.21スト 非難続出

1966年10月21日午後3時半。緊急分会長会議が召集され、10.21ストに対す

る各分会の対応についての報告です。各分会の主張は

「本校では参加体制が確立しており、午後からストに突入することになっていた。

しかしA校(私の学校)がストを回避したとの情報が11時過ぎに入ったので、組合

員が動揺し、結果的に突入することができなかった。A校がこのような行動に出

なければ、無理なくストに突入できたのに非常に残念である。従って、この闘争の

一番のガンはA校であるので、分会長の見解を聞きたい!」

という趣旨の発言が全体を支配していたのです。

私は、スト体制の確立のため数度に亘る分会会議を重ね相当努力してきたが、

管理職の強烈な切崩しと各組合員の人事面を中心とした利害関係が禍して、結果

的に皆さんに多大なご迷惑をお掛けする結果になったことを深くお詫びする旨を説

明したのです。

ところが、そのような態度でいたら今後予想される組合活動への展望が開けない

と、再度、我が分会を批判し始めたのです。

他分会の本校分会への攻撃に終始している分会長会議に、私は腹が立ってきまし

た。

「本当に闘う力量のある分会なら、例え本校がストを回避したとしても率先して突入

すべきではなかったのか!本音はキリン闘争(長い首で相手方の出方を探り

分の行動を律する態度をやゆして言う言葉)であり、本校が脱落する情報を得て

としたのではないか!本校だけを攻めるのでは筋が通らないと思う!」

と開き直り語気を強めて主張したのです皆は私の勢いに押されて黙ってしまっ

たのです。

その後、各地の情報が入り、隣の町では支会長(市町村単位の組合の責任者)が

雲隠れして情報が入らないとか、私の学校がいち早く脱落したとの情報により、

他の支会もストを回避したとのことでした。

私は、結果的に本校の動向が近隣地域に影響を及ぼしたことを知り、本校に課せ

られた役割の大きさを再認識させられた闘争でした。

なお、日本労働組合総評議会(総評)が呼び掛けたこの統一ストを契機に毎年

10月21日を国際反戦デーとして記念すべき月日に位置づけられたのです。

また、この日は奇しくも1943年(昭和18)に学徒出陣壮行会が開かれた日で

あり、私の誕生日なのです。ですから、誕生日になると必ずデモ行進の動員がか

かったわけです。

あれから43年。振り返ると、感慨深いものがあります。

     《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

10.21スト 当日の状況

10.21スト当日の朝です。職員室で分会会議が開かれています。管理職は隣の

事務室で心配しながら成行きを注視。

分会長の私が、

「本日のストに関わって、参加体制を確立するために組合員1人1人の意志を再確

認します。1年ブロックから順番に表明して下さい!」と促しました。

ところが、学年主任の5名と同じ町内に勤めているある学校長の娘が不参加を

表明。そのことを知った教員の1人が、

「何ということですか!あれほど分会会議を重ね、本闘争の意義を理解し参加体

を確認してきたにも関わらず、一夜明けて脱落者が出るとは情けない!私は仲

間として誰を信用していいか分らなくなりました。残念ですが私も脱落します!」

と言うや否や机にひれ伏し泣いているのです。

現段階でストの不参加者は9名に膨れ上がっているのです。組合員29名に対して

約3割が不参加なのです。それを知った組合員の1人である学年主任(台湾から

の引揚者)が、これまで参加すると表明していながら態度を変えた理由を私達に分

るように述べて欲しいとか、共稼ぎの女教師(2名)に対して、

「あなた方は共稼ぎでいわゆる二馬力です。経済的に余裕があるからストに参加し

ないのではないか!?私達の経済状況も理解し共に闘おうではないですか!」

とまた説得し始めるのでした。

このようなやり取りを繰り返しながら、3時間目の終了近くの時です。4年生のある

児童2人がドアをノックして職員室へ入るなり、大きな声で

「○○先生、E君が机の角に頭をぶつけて血が出ています!直ぐ来て下さい!」

との報告

私はこの報告を聞いて直ぐ立ち上がり、

「非常に残念ですが、これまで長時間を要して話合いをしてきましたが、。状況は誠

によくありません。しかも、子どもに怪我を負わせてまでストをすることは許されるも

のではありません。私は分会長という名のもとに、現時点でこのストを回避すること

北教組A支部へ報告します。

従って、先生方は速やかに各教室へ出向き、子どもの安全確認と授業を行うようし

て下さい。なお、支部オルグを要請しますので来られたら放送で連絡します。

以上、宜しくお願いします。これで分会会議を終わります。」

と通告し、事務室から支部に経過報告し、オルグを要請したのです。

結果的に本校における10.21ストは回避され、怪我の児童もおでこを少し傷つけ

た程度であり、保健室で消毒と簡単な治療で済んだのです。

しかし、早朝から延々と分会会議を開き、授業も約3時間つぶすことになったのです

が、これもストと同じではないかと思うのですが、何故か校長は

「良かった!良かった!先生、どうもありがとう!」と繰り返していたのでした。

要するに一部授業カットされても、全国統一ストを回避できたことに対して、

安堵の気持ちと職責を果たすことができたため喜んでいたのでした。

では、他の学校はどうだったのでしょうか。

                                          (つづく)

注釈》 この時代、教頭昇任は選考試験はなく校長の指名制だったのです。

ですから、学年主任や教務主任(部長)は一番教頭になるための重要ポストであっ

たのです。従って、ストの不参加者は教頭職を狙っている人達や校長に逆らわない

で、異動の際により有利になるようにと考えていた教員等は、管理職の説得に応じ

たのでした。

私はまだ27歳でしたし転勤してきてから2年目ですので、人事面は全く関係なかっ

たのです。ただ、本音を語らない組合員や目先のことだけを考える仲間に腹がた

ったのです。

ストをすると行政処分がくる事は分っていましたし、たかが戒告処分で昇給が3ヶ月

延伸される程度で、10月昇給が1月に伸びるだけです。人事院勧告の4月実施が

10月に延ばされると、戒告以上の実害があるわけです。

こう考えると、ストを決行し政府に強い圧力をかけることが必要である、と私は真剣

に考えていたのですが、その考えも度重なる分会会議や仲間のエゴ的な言動を

目の当たりにし、次第に挫折していったと言っても過言ではありません。

いずれにしても、統一ストに対する構えを変えざるを得ない出来事でした。

《いつもクリックで私の背中を押して下さりありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

10.21スト 前夜の密約

この話は、当時の同僚がまだ21名生存しているものですから、以下の密約をバク

ロしてよいものかどうか戸惑ったのですが、組合闘争史の裏情報の1ページとして

公表しておくことも必要ではないかとの判断からするものです。

10月20日、夜9時ごろ校長からの電話です。要旨は下記の通りです。

① 明日のストは違法行為なので公務員として絶対にしてはいけないことである。

② 過日、教頭が説得に行ったはずだが、先生は頑として拒否したとの報告を受け

    ている。

③ 今日の段階でストに参加しないと表明している先生は誰々か。

④ 教育長も先導的な役割を果たす本校の動向を注視している。

⑤ 私はA地域校長会の会長であり、教育長はB管内市町村教育委員会教育長

  部会の会長である。君も人事でお世話になったと思うが、その教育長が

  「私は本町のスト切崩してみせる!」と教育長部会で啖呵(タンカ)を切ったと

  のこと。顔を立ててやってくれ。

⑥ 私は、教育長の指示を受けて電話をしているが、どんな形でもいいから協力し

  てくれないか。

⑦ 今晩も教頭が学年主任や教務部長の家を訪問し、ストに参加しないように説

  得活動をしている。

以上のような話を聞きながら、私は最終的な結論を述べ、校長の協力を仰いだの

です。それは

□ 明日、勤務時間に食い込む分会会議の開催を認めよ。

□ 校長や教頭の説得に応じてスト参加者が急増したことが判明したら、その段階

  で私はスト体制の確立のため、分会会議を続行する。

  例え、時間が2、3時間要しても。

□ 組合員の動揺と混乱が予想されるので、その段階が全組合員に宣告する。

  「非常に残念なことではあるが、僅か1日でスト不参加者が急増するとは何事

  か!このような状態でストに突入した場合、職場に亀裂が走り、今後の教育活

  動に禍を及ぼす。従って、私の責任においてこのストは回避すると表明する。

  なお、北教組地区役員によるオルグを要請し、できれば体制の再確立を図り

  たい」と。

□ 分会会議のため職員室の使用を認めてくれること。

以上の要求に対して校長は教育長と連絡・協議して、間もなくOKとの回答を寄せ

たのです。しかも、「学校現場における責任は、全て私がとります!」とのありがた

い教育長のコメントが添えられたのです。

私は、自分の一存で決めたことに対して多少不安が過ぎりましたが、後はケ・セ

ラセラ(成るように成る)だと腹を決め、眠りについたのです。

一体、明日の10.21スト(戦後初めての?半日スト)はどうなったのでしょうか?

                                          (つづく)

    《いつも応援のクリックありがとうございます!》

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

10.21ストに対する 組合員の意思

1966年(昭和41)10月21日。総評傘下の組合が下記の四つの闘争目標を掲

げて統一ストを計画。

 ① ベトナム戦争反対         ② 全国一律最低賃金制の実施

 ③ 人事院勧告の完全実施     ④炭鉱の合理化と首切り反対

このストは労働組合が「戦争反対」をかかげてストを組織した初めての闘争だっ

たのです。この時、私は学校班の代表である分会長だったのです。

ですから、校長、教頭を除く全教職員を如何にストへ参加させるかの使命を帯びて

いたのです。

私は民間に比べて賃金の安い教職員に対して、スト権を与えない代わりの措置と

して人事院があるにも関わらず、その勧告を政府が毎年のように値切り、4月実施

を10月実施にするとは何事か!そのような暴挙は許されないとのことで、口角泡

を飛ばしてトス参加に協力するよう訴えたのです。そして、数回にわたる分会会

議を開き、組合員1人ひとりの説得と意思確認を始めました

ところが、私の学年主任であり同窓である先輩が、

公務員の争議行為地方公務員法第37条第1項で禁止されているのだから

絶対にしてはいけない。後で後悔することになる。また、分会長だからと言ってスト

を煽ることも法に触れるので、皆冷静に考えストに突入しないでくれ!」

逆説得をするのです。

この意見に同調した組合員は元校長(結核で休職した後、復職した教員)と元教

頭経験者1名、女教師1名でした。従って、組合員29名中4名がスト反対を表明し

たのです。

この反対者を説得するために、その後数回にわたって分会会議を開きました。

しかし、スト反対者を説得できないまま、スト決行の前日にあたる10月20日を迎

えたわけです。スト参加者の最終確認と明日の行動について説明し、明日の勤務

時間前に再度分会会議を開き、全組合員が同一行動をとることを訴えて、分会会

議を閉じました。

そして、その晩です。

                                            (つづく)

    《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

学級崩壊を作らない 授業例

学級内には、教師の提示した問題の解答に随分時間のかかる子どもがおります。

教師は机間巡視しながら個別指導するわけですが、限られた時間に、個別指導の

必要な全てのこどもに対応することは困難です。

そこで私は、授業中に友達からヒントをもらったり分らないところを教えてもらいた

いと思っている子どもを名乗らせ、誰に教わりたいか(サブティーチャー)を指名し、

指名された本人の承諾を得て何組かのペアを設定しました。

ペア同士は問題解決場面で席を移動し、サブティーチャーが支援を求める友達の

側で指導にあたるわけです。

勿論このシステムは保護者に伝えておきますが、教科によってはペア同士でサブ

ティーチャーが交代することもあり、望ましい人間関係の醸成(ジョウセイ)に役立

ちました。

なお、このシステム導入の際の留意点は、

 ○問題を解ける子は望ましい子。

 ○分らないことを分らないと助けを求める子はより望ましい子。

 ○支援を求められ、それに応えた子は一番望ましい子。

と位置づけ、人間関係に配慮することが大切です。

また、支援を求められた友達がペアの相手と相性が合わない場合があります。

それでも我慢してサブティーチャーを承諾した子は、担任が一目置く、素晴しい子で

あるとの認識を持たせることも大切です。

そして、支援を求めた子も援助した子も素晴しい学習態度であることを褒めること

も忘れてはならないのです。この、このシステムは友達関係の絆を深めるのにも役

立つものです。

現在、算数・数学などの学習で1学級に2名の指導者(少人数指導にわる特別教

員の配置は学校規模による)による協力教授の形態をとっている学校もあります

が、効果は今一のところがあるように思うのです。それよりも、友達同士の教えあ

いの方がより効果的であることが多いようです。

     《いつも応援のクリックありがとうございます》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

教員が自動車学校のアルバイト?

1966年(昭和41)の夏休み中のことです。教頭、学年主任と私の3人が自動車

教習所へ通うことになりました。教頭や学年主任は40代ですが私はまだ27歳。

ですから教習課程が一番早く進むのです。所定の課程をなかなか合格しない教頭

は、毎回のように補習を受けなければならないのです。

ある時、指導教官が

「学校の先生だからガリバン切りは得意でしょう!お手伝いしてもらえませんか?」

との依頼です。内容は模擬試験に使う『構造問題』と『法令問題』のガリバン切り

すが、構造は300円、法令は500円を払うというのです。確か週に2回程度でした

ので快く承諾しました。下宿代が1月4,500円ですから結構なアルバイトです。

ところが、更に特典があったのです。それは無償で補習を受ける権利が与えられ

たことです。ですから、私は実技で失敗し補習を数回受けたのですが無償です。

仲間の教頭や学年主任は結構な出費があって愚痴を言っていました。

このアルバイトのガリバン切りはもちろん下宿でするのです。時にはマージャン

仲間が5人いる時は、順番を待っている控えの仲間がこのガリバン切りのお手伝い

をしてくれたのです。でも報酬は全て私のものであり、いわば場所代のつもりで仲

間も進んで協力してくれたわけです。

この自動車学校のアルバイトは3年ぐらい続きました。ですから結構なお金になり

ましたが、マージャンで取られたりラーメンやおでん代に化けたような気がします。

いずれにしても、私の運転免許証の取得は他の仲間より特別安くついたのです。

今なら公務員が上司の許可なくしてアルバイトをすることは、服務規定違反であ

り処分されますが、当時は特別問題視されないのんびりした時代でした。

     《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »