« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

マルセイユ 船絵馬

北海道新聞の週刊フムフム(2010.3.27夕刊)に北前船(キタマエフネ)が特集。江戸から明治時代にかけて北海道と大阪などを日本海回りで結び、近代物流の大動脈を担った「北前船」。

かつて鰊魚場であった小樽の祝津、高島界隈に一時期過ごした私は、漁師の方々から「板子一枚下は地獄」という言葉をよく耳にした。

昭和27,8年頃には鰊漁がすたれたため、サケ・マス漁に活路を見出し、多くの漁師が「北洋漁業」の独航船に乗り込んだ。

しかし、荒れ狂うオホーツク海やベーリング海で遭難し、1クラスに3人もの保護者が犠牲になった学校もあった。

従って、船頭や船員たちは、航海の安全を願って、信仰する地元の社寺に額に船の絵を描いた「船絵馬」(フナエマ)を奉納した。

また、学校では北洋に出ているお父さんやお兄ちゃんへの安全と航海の無事を祈って、子ども達が激励の作文や絵をかき母船に送った。

「船絵馬」の奉納はヨーロッパでも同じであることを昨年の旅行で知った。

フランス最大の貿易港であり、パリに次ぐ大都市として南フランスをリードするマルセイユ。旧港の南側の丘に聳える白い聖堂ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂。

Photo バスに乗り終点から見上げる聖堂の雄姿。数世紀にわたり丘の上から航海の安全と町の発展を見守っている。

Photo_2 頂上から眼下にかの有名なイフ島(イフ城)。デューマの名作『岩窟王』の舞台となった洋上の城。17世紀に政治犯や死刑囚、ペスト患者などが幽閉された牢獄(島の手前)。

Photo_3                  聖堂内部正面には船の絵。

Photo_4                 多数の「船絵馬」や浮き輪、錨。

Photo_6          壁面にも帆船など航海に関係ある物が奉納されていた。

Photo_8 家族の幸を願い、危険な航海へと挑戦した漁師・船員たちのフロンティア精神から今、私たちはあらためて学ぶ必要があろう。

クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

エホバの証人 戸惑う学校現場

児童会後期役員、立会演説会当日のこと。私のクラスから副会長にA子が立候補することになり、C子が推薦者として演説することを学級会で決定していました。

ところが当日の朝です。C子が私のところにきて、次のような趣旨を話したのです。

□立会演説会で推薦演説ができないし投票もできない。

□理由は「エホバの証人」の教えに反するから。

□私の説明では理解できないと思うので、後ほど母が説明にあがる。

□クラスの人達に大変迷惑をかけることで数日悩みましたが、決断しました。

私はびっくりしました。3時間目が立会演説会なのです。時間に余裕がありません。それで急遽、前期学級会書記を務めていたK子に推薦演説のビンチヒッターをお願いしました。

K子も大変です。1,2時間目の授業時間に演説原稿の下書きをさせ、20分休みに若干手直しをして間に合いさせました。

6クラスから一人ずつ立候補者がいめため、児童会三役のポストも狭き門です。しかし、投票結果は僅少さでA子が副会長に当選し問題を引きずることがなかったのです。

さて、そけれから6ヶ月後のことです。卒業式の練習に際して、またC子が言うのです。

□エホバでは「神の王国」だけを支持していますので、国を象徴する「国歌」「国旗」は認められません

□学校できめた「校歌」「校旗」も認めません。

国旗・校歌を歌わないし、国旗・校旗に礼をしません

C子は知的理解の早い子で学力も高い子でした。また父親は公立高校の教頭であり、母親はクラスで一番の美人で上品な人でしたので、エホバの証人であるといっても、誰一人として批判をしたり中傷されることがなかったのです。

ところがその後、私が勤務した3校でエホバの子の下記のような主張・行為に対して苦慮したことがあったのです。

七夕、節分、ひな祭り、祭りなど宗教的色彩のある行事に対して、児童の出席を拒む。したがって、該当児童には自習措置をとるが安全確保のために時々様子をみにいく体制を取らざるを得ない。

・子どもを引き連れての布教活動が多く、別の親に引き連れられての伝道活動が多いため、家庭学習や宿題をする時間的なゆとりがないため、基礎学力が定着していない児童がいる。

・保護者が伝道活動に忙しいため、洗濯が疎かになり、子どもの衣服から嫌な臭いが漂い、クラスメートから嫌われる。『王国会館』まで出向き信徒に注意を促す。

・保護者や子ども達にエホバに対する偏見を持たないような指導や『いじめ』が発生しないような指導のあり方。

・誕生日を祝わないため、仲間はずれになるきらいもある。

いずれにしても、日本では21万7000人の伝道者が活動しており、『クレヨンしんちゃん』の作者である漫画家の臼井儀人や音楽家である坂本龍一元婦人である矢野顕子も信徒であり、海外ではマイケル・ジャクソンの母もそうである。

学校現場では、エホパの証人の子の訴え・主張などについてどのように対応したかを記録しておき、『いじめ』などに関わっての問題に対して説明責任を果たせるようにしておくことが大切である。

エホバの証人の子→排他的、非協力的、協調性欠如?→『いじめ』→被害者意識→事件、自殺?→学校側、教育委員会側の対応不満→提訴→敗訴、和解 などといった図式に発展する場合もありますので、危機意識をもった誠意ある対応が望まれる。

特に、宗教上の問題はタブーとされているが、こじれると問題が大きく発展するので、後手に回らないように十分配慮しなければならない。

  《クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

自然からのメッセージ

暦の上では春とはいえ、重い空の色にも、吹き抜ける風にも、まだまだ寒々とした北国の季節だが、その寒さに身をまかせている木々。

その小枝のあちこちに思わぬ春のふくらみを見つけて喜ぶ。冬芽(トウガ)と呼ばれる小さな花芽葉芽(ヨウガ)が、春の近づきを告げている。

Photo

冬芽はすでに昨年の夏から造られているそうだ。厳しい冬を越すために何枚ものリン片に包まれている。

その数はウメ、サクラは20数枚。その表面に細い毛を密生させるコブシ、ヤナギ。つやつやのロウで固めるホウノキ、クチナシなど木によっていろいろ工夫を凝らし、次の世代の実りを固く守っている。

この冬芽を見ていると、厳しい冬の寒さから小さな生命を守りつつ、やがて来る春を待つている奥深さに感動せずにはおられない。

わが子をゴミ箱にいれて死に追いやったとか、嬰児を捨てた、児童虐待などなど悲しい事件が後を絶たない。

人間は「万物の霊長」といわれているが、私たちは自然界から生き方を学ばなければならない。

また、戦争、恐慌、飢餓、貧困、不景気、リストラ、病魔、自殺、離婚、死別などなど、厳しい冬の時代を忍耐をもって生き抜き、人生の歩みを深めた人達

彼らが小さな希望に向かって一生懸命に生きていく姿に多くを学ばなければならない。

クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

春休みの生活 学校だより⑤

『学校だより』の4面には学校経営の経過報告(学事報告)と春休みの生活・健康指導の記事を掲載していました。

    春休みの生活

       ☆・・・生活のリズムをくずさないよう見守ってください・・・☆

今年もまた六年生が抱負と希望に目を輝かせて巣立っていきました。在校生もまた一学年ずつ進級し、新たな希望にもえているものと思います。

それだけに、この短い休業期間を、子どもにとって充実したものにしてやりたいのですが、学年を修了した安堵感と春の陽気に、つい気をゆるめ思わしくない行動を起こすのもこの季節です。

そこで、次のような事項について、各家庭におきましてもご配慮いただき、子どもを守っていきたいものと考えます。

一 生活のしかた

1 夏・冬休み同様、早寝早起きの励行。 2 危険な遊び禁止区域、未成年者立ち入り禁止場所へ出入りしないこと。 3 外出の時は、家の人に行き先、帰宅予定時刻を告げてでること。 4 校章、記名章をつけて外出すること。 5 他人や通行する車に迷惑をかけないこと。 6 映画、ボーリング、飲食店等の出入りは必ず父母または大人同伴のこと。 7帰宅後はうがい、手洗いの励行。 8 道路交通のきまりを守り十分注意して歩くこと。

二 学習の反省と準備

一年間を反省し新しい学年をむかえましょう。

(1)身の回りを整理しましょう。・不要な物、保存する物 ・カバン、机の中など (2)新しい学年の準備をしましょう。 ・新学年の心がまえ(目標)について話し合ってみましょう。 ・学用品などの準備をしっかりしましょう。 

三 最近の児童非行傾向

プラスチック玩具のでまわりに伴い、ボンド類の使用も・・・・・、また、万引きなど、盗みに発展する行為は、小学校でも高学年になるにつれて増えてきているところから、十分に戒めてください。・・・・(以下略)

この啓発文は校務分掌の一つである生活部部長が書いたものです。ところが、主任制度反対を掲げて闘争を継続している北海道の一部学校では、『一人一係』と称して部の教育機能を排除するシステムをとっているため、全校的な啓発文が掲載されない傾向にあります(・A・)イクナイ

さて、私から提案事項があります。それは、四季に応じた具体的な『生活の決まり』を設定し、各家庭で評価できるような『チェック表』のようなものを作成してはどうかということです。

夏休み、冬休みだけの『生活点検表』ではなく、季節に応じた具体的項目が必要です。本来なら各家庭で子どもとともに作成するのが望ましいのですが、保護者の意識格差が大きいわけですから、基本的な生活のきまりは学校側から提示すべきと思うのです。

その際、単なる啓発文ではなく、チェックリストにもなるような常掲用ポスター形式で作成・配布してみては如何でしょう。

今はPCの時代です。写真やイラストも簡単に取り込むこともできますし、文字の大きさ・形・色までも自由にできます。

ある学校では、『学校行事カレンダー』と称して、年間の大きな行事などを写真入で作成し,年度始めに各家庭へ配布していたのです。働いている保護者は計画年休がとり易くなったし、スケジュール管理にも役立ったと好評を博していたとのこと。

先生方、作成してみては如何ですか。きっと保護者に喜ばれることでしょう。

  《クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

自然総合学習 学校だより④

学校だよりの3面には各クラス1名の思い出が記され、卒業生父母代表の言葉が掲載されています。

私が担任していた3組B子の記事が懐かしいです。紹介します。

             思い出の自然総合学習

長いようで短かった六年間。私たちはA小学校の校舎とともに歩んできました。

今、この六年間をふりかえって見ると、ずいぶんいろいろなことがあったなあと思います。

母に手をひかれて初めて校門をくぐった入学式。一生けんめい走った運動会。毎日欠かさず練習した器楽クラブ。そして、美しい湖の景色に心をうばわれた修学旅行など、かずかずと思いだされてきます。

中でも去年から行われた『自然総合学習』は、とてもすばらしい勉強だったと思います。

学校から約四km離れた山へ学習に行く話を、先生からお聞きしたときは、「そんな遠くまで、わざわざ勉強に行かなくても。」と思いました。

ところが、あの暑いさなかの八月なのに、学校林の中だけは、さわやかな風がはだを通り過ぎて行きました。特に、今までの卒業生が植えたという松林のつくる影は、ひんやりと冷たく、その中で詩を書いたり、歌をうたっり、話し合いをすることは、教室では味わうことのできない、よい気持ちにひたることができました。

あのような、素晴しい自然をつくりだしてくれた卒業生たちは、まさか私たちがそこで勉強するとは夢にも思っていなかったでしょう。でも、私たちにとっては、素晴しいプレゼントでした。

私は、このことから次のことを学びとりました。それは、学校林が何十年かたって初めて私たちに幸いを与えてくれたと同じように、今、私たちが学んでいることは、すぐに自分や社会に役立つのではなく、何十年かかった後に、初めて役に立つのだということを。

私は、大きくなっても時々この学校林にきて、あの小鳥のさえずりに耳を傾けてみたいと思います。

この作文にある『自然総合学習』とは、従来、ともすれば校舎内に閉じこもりがちな教育活動のあり方を反省し、自然へ積極的に働きかけ、自然のもつ素晴しさに感動し、自然を愛する心情、自然にふれる喜び、自然を科学する心、たくましい体力、豊かなものの見方、感じ方、浩然の気、連帯感などを総合学習を通して養うように努力してきた教育活動です。

具体的には、学校林を学習の場とし、学年ごとに年4回実施し、自然との出合いから、体験的に感動性、創造性の高い人格を養うようにしてきたのです。

この自然総合学習は昭和47年から実施したものてあり、ユニークな教育活動ということで、当時の北海道新聞に大きく紹介され、その後いろいろな学校から多くの先生方が研修視察に来られたことを思い出します。

現在、全国各地の学校で総合学習を推進していますが、付属小中学校の実践を真似て細切れ的な活動になているきらいがあります。子ども達の心に何時までも残る地域独自の活動を、計画的・組織的に実践する方向での検討を望みます。

    《クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

グアム島の思い出 ②

中心街タモンの喧騒を離れ、異国情緒を求めて島を南下。妻が運転し私はナビゲーター役。

アガット・マリーナーを散策。

Photo Photo_3

ハーバー前の国道2号線に面したところにレストランがある。

アーリアメリカン調のカウンターやプールバーは、ヨットマンたちの憩いの場所といった雰囲気。

名前を忘れていた。

ジャンZ’s

ザZハンバーガー$7~はご覧のようなボリューム。

ポテトフライがセットでつく。兎に角、お腹が一杯になる。

Photo_6                                            

セラ湾展望台、セッティ湾展望台から

南部の山々を見ながら急カーブの坂を下りて行くと、

ウマタック湾に出る。

マゼランが上陸した場所。

                                                                                   

4号線を南下して行くと、メリッソ公園に到着。

Photo_9

現地の小中学生が飛び込みを披露してくれる。

見事、見事と褒めてやると、笑顔で何回も応えてくれる。

写真左上に見える桟橋はココス島への乗船場。

真っ青な海と肌黒い健康的な子等との一寸した交流が懐かしい。

Photo_2

バラング岬→アガ岬(最南端?)から海沿いの4号線を数分飛ばと急カーブに出くわす。

熊岩(ベア・ロック)と呼ばれている奇岩。

ちょうど立ち上がった熊に見えるからその名が付いた。

案内板がないのでつい見落としてしまう。

元日本兵の故横井Photo_5庄一さんが28年間に亘って潜伏生活を送っていたといわれる洞穴を再現したもの。

竪穴式でいろいろと工夫した跡が偲ばれる。

                              

Photo_6

タロフォフォの滝

タロフォフォ川の支流にある三段の滝。

横井洞穴のすぐ下にある。ここで魚を獲ったようだ。

 リティディアン・ビーチ   グアムの最北端の岬。観光客は数人。日本人は誰一人としていない寂しい所。この崖をよじ登って日本兵が侵入してきたというが本当なのだろうか疑問に思った。

しかし、日本兵が築いたという船着場が残されていた。白い道を2,30m先に真っ白な砂浜と青い海が広がる。

南海の孤島にきたような錯覚と強風に身震いする。

Photo_7

  《クリックありがとう!》

※ レイアートとした通りに画面がなっていない。また障害発生です。それとも、私の操作間違えですか?高齢者になるとすぐ対応できないangry

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

グアム島の思い出 ①

米軍普天間飛行場の移設問題をめぐり、今、話題になっているグアム島。娘の勧めでその島に2007年3月1日~4月7日まで滞在していた私は、多くのことを学びました。

計画では今頃、レオパレス・リゾートに3週間滞在し健康づくりに励む予定でしたが、ある事情により断念。だから、アルバムを見ながら旅行している気分に浸っている今日この頃です。

アルバムの写真を幾つか紹介します。Photo

マリン・コープス・ロード(1号線)から宿泊先のピア・マリンホテル&コンドミニアムを望む。

同じ系列で宿泊料の安いピア・リゾートがありますが日本の商社マンが長期滞在しているため満室。

ピア・マリンはレストラン、コンビニ、プールがあり何かと便利ですが、ホテル前にバス停が無くなり不便。

Photo_2

移動にはラムラム・バスを利用。

ワンデイパスは$6、フリーパス(7日間有効)は$10。

繁華街であるタモンエリアにはタモン・トロリー。

チヤモロ・ビレッジのあるハガニアへのコースもある。

Photo_7

日本人観光客に一番人気のあるスポットは恋人岬(Two Lovers Point)。

海抜120mの展望台からはタモン湾が一望でき、グアムでも指折りの景勝地として有名。

Photo_8

ホテルロードの中心街よりやや南よりの街並。

南国情緒をたっぷり満喫しながら散策できる。

なお、日中の気温が32,3℃になるので飲料水を持つことをお勧めする。

ABCストアが結構ある。

Photo_9

散策に疲れたらラムラム・バスに乗ろう。

反対車線のバス停から乗ると、逆周りで目的地に着く。

東京山手線の右回り、左回りと同じこと。

Photo_10

ホテル裏の海岸線には遊歩道があり木陰もあるが、残念ながらベンチが殆ど無い。南フランスとは大違い。

卒業記念旅行の若者がビーチバレーやボートで楽しんでいる。

大多数が二泊三日の日程のよう。

K

お腹が空けばKマートやマイクロネシア・モール、アウトレットのレストランを利用するのが一番得策。

中華、フィリピン料理、タイ料理など5ケ国の料理を選べて安い。

ホテル内のレストランは高い。

Photo_11

夕日が沈むとホテルロードの中心部は客引きも多く、イカガワシイ店もあるので、気をつけなければならない。

日本人観光客が9割近く占めるので、ターゲットになるようだ。

くわばら、クワバラsign03

     (つづく)

    《応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年3月24日 (水)

カナダ人から見た 日本の教育・子ども

カナダで開催されたオリンピック、パラリンピックも終了しましたが、私にとってカナダと言えば思い出すことがあります。

ある教育大学に短期交換留学生として来日した、カナダ・カルガリー大学教育学部の二人の学生を1週間お引き受けしたのです。

本校に外国人が訪問するのは今までないことから、児童は大変な関心の示しようで、二人にサインや握手を求めたり、わざわざ職員室に来てグッドモーニングと英語で挨拶したり、休み時間になるとアーム・レスリング(腕相撲)をしようと誘うなど、まるで人気スターが来たかのような賑わいでした。

私も、二人が日本の教育や子どもについてどう感じたかが気になり、教育大学生の通訳を介して、何点かにわたってインタビューをしましたので、参考までに紹介します。

Q 本校に来て、気になったことや驚いたことはありませんか

A1 子どもや先生方が掃除をしていること。カナダでは清掃員が派遣さ  れて掃除をします。

A2 体育のように一人の先生が何クラスかの児童を体育館やグランドに集めて指導する姿はカナダでは見られません。児童が先生の指示や指導によく応えているのに驚きました。児童と先生が一体になっている姿に感心しました。

A3 日本では1クラスの人数が40人までのようですが、カナダでき20~30人の間であり、一人一人の子どもとの触れ合いからみて、まだ人数が多いという意見が出ています。日本はカナダより多いので、日本の先生は大変だなと感じました。

また、カナダでは主要4教科を重視し担任の先生が指導します。音楽・体育・図工等は軽視され専門の先生が指導することになっています。

特に体育は種目によって専門の先生が変ることもあります。だから、日本の先生は一人で全部の教科を教えるので困難を伴うのではないでしょうか。

A4 コンピューター授業をしていませんが、カナダでは幼稚園から指導しています。

Q 学校給食を食べてもらったが、量やら質はどうですか

A カナダでは学校給食はありません。みんな弁当を持参しランチルームでとっています。

Q 日本の教育のよさは何ですか

A 例えば国語の教科の中で「習字」を扱い、日本の伝統文化や習慣を伝授しているのは素晴しいことです。カナダは世界各国の民族が集まって一つの国となっていますのでね民族共通の体系だった文化はありません。従って、それに関する指導内容もありません。

Q 最近の子どもは、家でファミコンやらテレビゲームに熱中し、睡眠不足などいろいろな弊害が指摘されていますが、カナダではどうですか

A カナダでも学校から帰って来ると、殆どの両親が働きに出て留守なので、直ぐファミコンやテレビに熱中する子どもが多い。特に、テレビでは暴力シーンなど子どもの教育に悪影響を及ぼす場面が取り上げられていますので、社会問題となっています。

Q 日本では、学習中の私語や集会時のおしゃべりが多くなったことが、指導上の問題として指摘されていますが、貴方の国ではどうですか?

A 日本人は「沈黙は美」というような価値観を持っているようですが、カナダでは「自分の意見を述べること」を美とし、教育の重点に掲げられています。この学校でも教室や体育館で、先生が「静かにしなさい」と注意しますが、子どもは「なぜ、静かにしなければならないのか」の認識がないようです。

先生は「こういう訳だから、静かに話を聞きなさい」と言うべきです。頭ごなしに注意を促す前に、先ず理由を言うべきです。また、先生が子どもを叱っていますが、子どもは叱られている理由が分かっていないようです。(例えば、貴方達、何やっているの。だめでしょう。などを指す。)

 最後に私に話したいことはないですか

A 留学生を受け入れてくれる学校が少なくて困っているのが実態です。この学校が快く受け入れてくれ大変感謝しています。子ども達もエネルギッシュで親切でした。運動会はカナダではありません。だから是非見に来たいと思っています。

少し長くなりましたが、日本の教育政策を考える時には、比較教育学も参考にすべきであると思うのです。

  《クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

お礼のことば 学校だより③

学校だよりの第2面は卒業生の名と在校生の祝辞、卒業生の答辞。そして学級担任よりのひとことメッセージです。

現在、札幌市で中学校の音楽教師として活躍しているT子が、答辞を書いているのです。

     お礼のことば

                            卒業生代表 〇〇 〇子

柔らかな、春の日ざしにおくられて、私たちは本日六年間の小学校生活を終わり、晴れて卒業できますことを、本当にうれしく思います。

過ぎ去った六年間の生活をふりかえってみますと、まるで夢のように一つ一つのことが懐かしく思い出されます。母に手を引かれ、ランドセルの重さに負けないように、一歩一歩ふみしめながら校門をくぐった入学式。

汗を流しながら田んぼ道を歩いた遠足。一等賞めざして頑張った運動会。バザーの食堂が楽しみの一つだった学芸会。昨年のオリンピック見学。どきどきしながら話した児童会の立会演説会。

そして小学校生活でもっとも楽しかった修学旅行。また、球技大会、合唱、器楽などで優秀な成績を収めたことなど、これからもきっと忘れることはないでしょう。

私たちは、六年間でいろいろなことを学びました。どんなことでも、「やればできる」ということ。「努力すること」の大切さということです。

「時は金なり」ということわざがあります。どんな人も、「時」はお金で買うことはできません。私たちはこれからも一日、一日を大切に過ごして生きたいと思います。

在校生のみなさん、私たちはみんなのよい「兄」よい「姉」になれるように努力してきました。そして、この小学校をもっとりっぱな学校にしようと考えてきました。でも、じゅうぶんに果たすことができず大変申しわけなく思います。私たちのできなかったことをおぎなってください。

最後に、お世話になった先生方、おとうさん、おかあさん、私たちをこれまでに育ててくださった多くの人びとに「ありがとうございました。」と心からお礼を申しあげます。

如何ですか。しっかりした内容の答辞だと思います。この文章を読んでいて思い出すことがあります。

昭和40年代から50年代にかけて、国語審議会の答申により当用漢字が著しく制限されていたのです。ですから、この答辞の文章で使う文字は平仮名表記をしなければならなかったのです。

お父さん、お母さん、嬉しく、最も、大切、立派、十分、下さる漢字表記が禁止されていました。「上手にできました」もダメ。

ですから、『あゆみ』(通信簿)の所見欄は平仮名表記が多いため、ある保護者は「最近の先生方は、簡単な漢字も書けないとは情けないことです」とクレームをつける始末。

したがって、学年PTAの『学習会で使って良い当用漢字について保護者も勉強したのでした。

   《応援のクリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

北国のお彼岸

三寒四温の日々ですが、昨日は3月21日でお彼岸。天気予報は風雪波浪注意報の出ている地域もあったのですが、生前お世話になった義父・義母のお墓参りをしなければ後味が悪い。

天気の荒れないうちに、長靴・スコップを持っての墓参り。やはり正解でした。

Photo 早速、除雪したのですが、濡れている大理石の上はスケートリンクのようにつるつると滑るのでとても危険です。Photo_4

しかも、ずっしりと手ごたえ

のある雪。

腰が痛くなったので途中から妻に交代。

墓に水をかけ布きんできれいに清掃。

帰路、千歳川の近くで白鳥を発見。車を降りて夢中でデジカメのシャッターを切る。Photo_6

4

Photo_7

近づいても全く警戒心のなく、エサをおねだりしているような表情にみえませんか。

ふと気づくとネコヤナギの白い綿のような花芽が、北国の遅い春を訪げているのです。

Photo_8 素晴しい一日に感謝sign03

                 《クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お祝いの言葉 学校だよりり②

学校だよりの第1面には、校長、市長、教育長、PTA会長、同窓会長のお祝いの言葉が掲載されています。中でも教育長の記事に強烈な思い出があるのです。

実は依頼してあったA市教育長の原稿を見た時です。まるで小学3,4年生が書いたと思われるような文字です。恐らく教育委員会の誰かに執筆させたものと思い、校長に見せました。

校長先生!教育長から原稿が届いたのですが、小学生のような字で文章も格調のないものですので、誰かに書かせたのではないかと思うのです。一寸見て下さい!」とお願いすると、原稿を見るなり

これは教育長の文字だし文章もそうだ!勝手に直すなよ!」と不愉快そうな顔でいうのです。

「失礼しました。」と言ったものの、内心では「こんなに字が下手でも教育長ができるんだ」とあきれていたのです。

この教育長は札幌師範学校を卒業し、教職の最後が本校の校長だった人であり、現校長は当時の教頭だったとのこと。だから、文字を見たとたん判別できたわけです。

ここに、その文章を紹介します。

    自信と希望を持って

                          A市教育長  〇〇 〇〇

皆さん、卒業おめでとうございます。長い六ヵ年をふり返ってみて、面白かったこと楽しかったこと。あれは苦しかった、つらかった。これはいやだった、悲しかった・・・と。さまざまなでき事が思い浮ぶことでしょう。

たくさんの先生方にお世話になった、叱られもしたが皆親切に熱心に教えて下さった。勉強の仕方も覚えられた。なつかしさで一杯になる。仲よしも大ぜいできた。友達はいつも力になり、助けになった。もっともっとお友だちを大切にしていきたい。

いよいよ皆と一緒に中学生になるんだ。勉強はむずかしくなる。幸い身体は丈夫だ。大いに頑張ろう。中学校の三年間などまたたく間に過ぎてしまう。次は高校だ。高校へ行けたら、大学にも行きたくなろう。しかし、働くことも面白い、幸せかもしれない・・・・と。皆さん、先へ先へと希望を持ち、絶えず前進することを考えて下さい。

いつも明るく、自信と希望をもって進むよう、皆さんのご多幸をお祈りいたします。

この文章、今読んでもすっきりしない。しかし、大校長の写真が私を睨み付けているので、これ以上のコメントは差し控える ┐(´д`)┌ヤレヤレdelicious

    《クリックありがとう!》

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

38年前の卒業式 学校だより①

色あせた一枚の新聞紙。『A小だより』。PTA広報部のスポンサーとして本格的に学校便りの作成に関わった記念すべき新聞。

血と汗の結晶coldsweats01( ´艸`)プププ 兎に角、思い出多い新聞。昭和48年3月19日発行。

そろそろ身辺整理の対象になっている古文書?のような物は廃棄処分しようと思うのですが決断できない。

それで、数回にわたりこの新聞の思い出記事をアップし、それに関わることを記していく予定。

なお、この新聞は卒業記念号で、10段組み(12字/行×57行×10段)の4ページで本格的なもの。

初めに、卒業式次第。

1 修  礼        2 開会の辞     3 君が代 校歌斉唱

4 卒業証書授与    5 式 辞       6 祝品授与

7 教育委員会告辞  

8 祝 辞 ・市長 ・PTA会長 ・同窓会長 ・在校生代表

9 祝電披露      10 答 辞      11 記念品贈呈

12 蛍の光斉唱    13 閉式の辞    14 修 礼

この卒業式を迎えるに当たって二つの問題点が論議されました。

第一は『君が代』斉唱。北教組(北海道教職員組合)の組合員の8割以上が斉唱反対を表明。式場に『日の丸』を掲げるのも反対です。校長との数回にわたる論議の末、校長に論破される。

第二は卒業証書授与。現在はどこの学校でも卒業生一人ひとりに校長から手渡されます。しかし、本校では47年度卒業生が例年より4,50名減少し226名。

したがって、「一人ひとりの児童に手渡した方が感動が大きいのではないか」、とある女教師の要望意見。

それに対して校長は「226名の卒業生一人ひとりに手渡すと、それだけで約1時間もかかる。火の気のない寒い体育館の中で、式に2時間以上かけるのは児童にとって酷である。また、卒業式の感動よりも日常の教師と子どものふれ合いや教育活動の中で感動を与えるのが教師の使命である。」とのこと。

私は、卒業生の担任でしたが校長の言葉に共感を覚えました。

本校では出席簿の1番の児童がクラス代表で卒業証書を一括して受け取ることになっていたのです。この方式に異議を唱える保護者は一人もいませんでした。

今、在校生代表の祝辞と卒業生代表の答辞という形式はとらず、『呼びかけ』形式が主流です。また、式歌も『蛍の光』から『大地讃頌』『旅たちの日に』『巣立ちの歌』などへと変わってきました。

なお、教育現場で一部組合員が、『修礼』は天皇崇拝の行為であるので反対であるとか、教育委員会告辞の告辞は権力の上から下に向かって告げるものであるから使わないようにして欲しいと抵抗を示す教員もいるのです

『修礼』『敬礼』『黙礼』など日本における『礼』の種類と『式辞』『告辞』『祝辞』の意味を知らずして反対を唱えるので、理解させるのに一苦労するのです。

最近は管理職と一般教員との職場内対立を避けるため、児童会の役員が「はじめの言葉を教頭先生が言います。皆さん、お立ち下さい」とか「教育委員会からのお祝いの言葉です。お立ち下さい」と式の進行をする傾向(北海道の例)にあります。

また、ステージがあるのにフロアーに台を置き、『日の丸』をスタンドに立てて闘いの成果として評価する学校もあります。

単純に考えれば、これらのエネルギーを日常の教育活動に発散させて欲しいのです。

なお、私がこのように考えるようになった背景は、新卒時代の経験からではないかと思うのです。下の過去ブロを覗いてみて下さい。

『新年公礼会 君が代斉唱』

http://kyoikuchou.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-f461.html 

  《クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

PTA活動の充実を

過去ブロでPTA活動について下のようにUPしたことがあります。

『PTA必要』 http://kyoikuchou.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-468b.html

PTA活動は学校によって異なりますが、私の勤務した3校目の小学校は質・量ともに活発な活動をしていました。参考までに概略を紹介します。

<教養部> ・講習会 ・研修旅行 ・講演会 ・PTA図書の充実・運営

<給食部> ・パン工場の見学 ・給食アンケート ・給食だよりの発行 ・研究大会参加

<保体部> ・PTA運動会 ・ダンスの集い ・冬期レリリエーション

<補導部> ・交通整理 ・祭りの補導 ・長期休業期間の補導 ・落雪防止の点検活動

<広報部> ・PTA文集の発行 ・PTA便りの発行

<学年PTA> ・学習会 ・懇親会 ・親子遠足 ・親子レクリエーション ・お別れ会

<書記局> ・運動会・学芸会のバザー・売店・不用品即売会の企画・運営

今、PTA役員のなりてがいなかったり、PTA不要論を唱える人達の増加傾向が指摘されていますが、「子どもが健やかに育てる」ためにはPTAはなくてはなりません。

子育ては学校・家庭・地域の協働で行われなければなりません。特に昨今は子育ての難しい時代であり、保護者一人で問題解決できるものでもありません。

子育てに関する今日的な課題を再認識し、皆で解決するPTAになるよう期待する者の一人です。

   《クリックでの応援ありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

女は偉い! 息子の出産を見て

出産予定日が約3週間経った頃、夏休みになりました。部活動は他の仲間に依頼し妻の実家に直行です。

それから九日目の真夜中の1時頃、陣痛発来。義母に告げるとまだ弱いので出産まで数時間かかるので安心していなさいとのこと。10人産んだ祖母も同じことを言うので、安心してまた眠りにつきました。

早朝、義母から産婆さんへ電話すると、昼前には産まれるので後で伺いますとのこと。

書院造の奥座敷に横たわっている妻を見舞うと「貴方、お湯を沸かす準備をしてねsign01」と弱弱しい声で訴えます。

早速、蔵の前にある酒箱をマサカリで壊し、薪(マキ)ストーブにお釜をのせて湯を沸かし始めました。10時近くなのに気温は約30℃。まるで低温サウナに入ったような状態。

時々、産室の前に行って様子を伺うのですが、「頑張って!頑張って!ホレもっと力んで!」との産婆さんの声だけが聞こえます。何しろ男は産室に入ってはいけないと産婆さんに強く言われていましたので、想像するしかありません。

気が気でありません。妻の力む声と産婆さんの励ましの声が交互に聞こえます。その声を聞きながら、何故か私も息を止め力んでいるとは・・・。汗が止めどもなく流れるのです

しばらくして、妻の絶叫と共に「オギャーsign01オギャーsign03」。義母が「元気な男の子ですよ!五体満足で産まれましたよ!おめでとうございますsign01」と祝福してくれたのです。

なお、『母子健康手帳』には ・児の娩出日時(〇年〇月〇日 午前10時45分) ・出産の場所(自宅) ・破水の時期(午前10時30分頃 自然) ・分娩所要時間(約9時間) 

計測値 ・体重3,400g ・身長50.5cm ・胸囲33.5cm ・頭囲34.0cm

母親自身の記録 ・入浴 産後24日目  ・家事開始 産後25日目

また、予備欄には息子の病歴が書かれていました。・麻疹 1歳11ケ月 ・水疱瘡 2歳 ・風疹 4歳 ・おたふく風邪 3歳

今、改めて感心することは『母子健康手帳』に息子の成育状況などを細かに記述している妻の姿勢です。母とは偉いものです。男衆は頭が上がりません。

   《クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

小学生 会計業務に敏腕を!

テストの平均点を出すため、パチパチとそろばんをはじく。終わると、直ぐ後ろで「ご明算」(答えが合っているの意味)との声。

振り向くとH君がhappy01覗き見しながら、暗算していたのです。驚いた私は「H君、凄い腕前だね!それではこの欄の平均点は何点になるの?」と試しました。

教務手帳(子どもの学籍や成績などを記入する手帳)の上に指先だけを動かし、あっと言う間に計算します。勿論、ご明算です。

私も中学時代に珠算の訓練を受けていましたので、読上げ計算は3級ほどの腕前でしたが、見取り算はぐんと腕が落ちているのです。

「どうだい、H君!いつも先生に代わって計算してもらえないだろうか?」と伺うと「イイですよ!」happy01とのこと。

このようなわけで、テストの平均点の算出や教材費・スキー授業のバス代・リフト代などの金銭徴収業務もH君に依頼することにしたのです。

特に金銭徴収は全員が納入するまで3,4日かかるので煩雑です。それで私は、学級会組織に会計係を新設し、その係長にH君を指名しました。クラスメイトも「H君なら間違いないよsign03」と激励するのです。

たまたま学校から300メートル近くに郵便局があったので、金銭徴収のたびごとに普通預金に預入れる業務も依頼したのです。勿論、他の会計係がボディーガード役を務め、全くミスのない会計処理をしてくれたのです。

何故、6年生の子どもに会計処理をお願いしたかといえば、私も小学校時代(昭和25年)に学校で月1度開設される『子ども銀行』で、担任の指導の下に出納業務と現金と出納帳が一致するかの点検作業にも携わった経験があったからです。

さて、それから7年目。

社会人になったH君が我が家を訪問し「先生、お久し振りです!僕は今、どこに勤めていると思いますか?」との質問。

「そうだねー、どこかの会社の事務員ではないの!?」と答えると

残念でした。郵便局員です。小学校時代に会計係でよく郵便局へ行っているうちに、僕も局員になりたいと思って、地方公務員試験に挑戦し合格したのです。本当に良かったです。これも先生のお蔭ですよsign03」と・・・・・・。

嬉しい報告です。小学生といえども教師以上の力を発揮する部面もあるのです。私はこの経験から音楽専科を務めたり、学習指導活動の一部を子ども同士の教え合い活動に委ね、成果を収めることができたのです。

学級崩壊を作らない授業例http://kyoikuchou.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-c01c.html

世の先生方、子どもの力を信じ、教育活動に活かせるものは思い切って委ねてみて下さい。子どもも保護者も我が子が認められたということで大変喜び、そのことが他の教育活動のエネルギーに転移するものです。チャレンジすることを勧めます。

  《クリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

『通信簿』の点検活動

学期末、学年末に保護者が手にする『あゆみ』(通信簿)は、点検しなければ所見欄の誤字・脱字や成績一覧表からの転記ミスなどがあります。

6学級規模の学校では、教頭→校長の点検で済むのですが、児童生徒数が500名以上になると点検活動も大変な仕事なのです。

25学級に勤めていた時は、学年内で『回し点検』と称して、自分のクラスの『あゆみ』を他の3人の教員が順番に点検し、ミスがあれば付箋を付けてくれたのです。

したがって、各教員は同学年の教員が記述した『あゆみ』を約130名前後を点検するのですから、それほど時間を要しません。学年の点検が済んだら教頭へ提出。

教頭は新卒など経験年数の少ない教員や文章力が若干劣る教員のクラスを抜き出して再度点検するという流れになっていたのです。

ところが、3校目の赴任校は児童数約1,800名いる学校です。この学校では校務分掌の一つである教務部が点検作業をするのです。

3時過ぎから10時頃まで約7時間。途中、出前のカレーライスかラーメンを食べて一休みもしますが、その日の中に作業を終えるのです。

校長、教頭は一切タッチしないで全て教務部長(教務主任とも呼ぶ)が責任を持つシステムです。まさしく組織の機能を十分に果たしている学校だったのです。

しかし、主任制の反対闘争『国旗』『国歌』問題の対抗戦術の一つとして、『あゆみ』の点検業務は管理職の仕事であるとの組合員の主張で、教員が全く点検活動に関わりを持たない学校が出現

教頭、校長として18~26学級規模の学校に勤めている時は、教頭、校長が全児童の『あゆみ』を点検するのですから大変。厳しいチェックを受けてこなかった若手教員の書いた文章の校正や誤字・脱字の指摘などで、眼精疲労も甚だしいのです。

また、教頭のチェックが甘いため、ミスに気づいていない箇所が何箇所もあるため、本当に腹立たしく思ったこともありました。

札幌のある学校では、保護者の半数以上が大学卒であり、教師の記述した所見の文章に対して、助詞の使い方が間違っているとか、表現力に劣るなどと学校側に抗議してくる者がいるとのこと。

中には保護者の抗議でノイローゼになった教員も出現するなど、たかが『あゆみ』といって簡単に済ませる問題ではないのです。

   《応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

小学校でも 中間・期末テスト?

部活動でソフトボールを指導している時です。ある子が「先生、中間試験の1週間前になりました。練習時間を短くしてくれませんか!?」との要請。

他の先生方に伺うと、「この学校では中間・期末テストを全校一斉に行うことになっているんだよ!」とのこと。

驚きました。国語・社会・算数・理科の4教科で勿論自作テストです。

テスト問題は50問。1問2点。学期末の評価は中間・期末テストの合計点による相対評価です。所謂、5段階評定ですが、「5」と「1」は7%,「4」と「2」は24%,「3」は38%を目安とした割合で評定するのです。

私達の中学・高校時代の評価と変わりがありません。

果たして本校の評定方法が信頼性のあるものかどうかと疑問になった私は、その後、ある実験を試みました。

即ち、一つの単元・教材を指導し終えた後に実施する小テストと中間・期末テスト、学年末に実施した標準学力テスト(教研式学力テスト)の結果を比較してみました。結果は殆ど変わりがありません。

したがって、『あゆみ』(通信簿)への評定は中間・期末テストの成績順でよいわけであり、普段行われる小テストは学習事項の理解度やフィードバック(成績の結果を見て再度指導しなおすこと)に役立てるのみでよいことを知ったのです。

この方式は、日常の成績査定に関する業務を軽減することができたので大変よい方法でしたが、自作問題の作成には結構頭を使いました。

学校には学年・教科別に自作テスト集として実施した問題が累積・保管されています。もしズルをして殆どを模倣すると大変な事態が起こるのです。

それは、保護者が本校の評価方法を知っているため、兄姉のテスト問題を保管していて、下の子のテストに役立てようとするのです。ですから、この点を配意しなければテストの信頼性が保たれません。

50問を45分間で解くことはなかなか難しいのですが、この学校の子ども達は慣れているせいか、相当数の子がクリアするのです。

いずれにしても、何故、今、この評価問題を取り上げたかと言えば、絶対評価に振り回され多忙極める教育現場の実態を知っているからです。

学習指導要録の評定と日常の評価のあり方について一考を要するのではないでしょうか。

少子化、メディア漬け、家庭学習不足、塾依存、学力低下などのキーワードから総合的・主体的に学校教育を見直す好機到来です。

文科省や学習指導要領に振り回されるのではなく、指導・評価の精選も味付けも各学校現場の主体性に委ねられているのですから。

   《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

予定日なのに 産まれてこない息子

妻の計算によると修学旅行前後に第2子出産予定。しかし、居心地が好いせいか息子?がなかなか出てくる気配がありませんε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

もし旅行中に陣痛がきたら困りますので、確か1週間前に実家へ行ってもらいました。第2子は初産と違って安産のはずであると勝手に認識し、産婆さんに取り上げてもらう手はずです。

1日置きに実家へ電話し様子を伺うも全く気配なし。

出産がこのままずるずると遅れると、お腹の赤ちゃんが大きくなり難産するのではないか?と心配でたまりません。

妻はいないし、赤ちゃんは生れてこないし、1学期末の成績査定や『あゆみ』(通信簿)の記入、自炊など1度にいろいろなことが輻輳して、ストレスが溜まってきました。

そんな訳で部活動終了と同時にパチンコ屋に直行。しかしイライラ状態でパチンコをしても、勝つことができませんpout

小遣いは無くなってくるし、ますますストレスを抱えながらラーメン屋で夕飯を済ませ、公衆電話でまた妻に打診するという毎日。

まさか、このような生活が約1月間続くとは夢にも思っていませんでしたweep

妻は陣痛による肉体的な苦しみ味わうのですが、夫は妻子の健康・安全を気遣い、仕事や生活基盤の維持等の精神的な苦しみ味わうものであることを改めて悟った私。

でも、息子の誕生という慶事に向かっての辛抱です。

幸福は遠いところにはない。今、ここの現実との戦いによって勝ち取っていくものである。希望の虹は足下から生れる。希望は力となる」と何かの雑誌に書かれていた言葉を思い出していたのです。

    《クリックで背中を押して下さりありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

コチョウラン 三年振りの花

平成18年に教育長を辞職した時、Photo_3 教育委員会総務係長からプレゼントされたコチョウラン。

華麗な花もやがては枯れ?哀れな姿になっていた。

花屋さんで、「また花咲く時があるのでしょうか?」と質問すると、

「日当たりの良い所で時々水をやると、何時かは花が咲きますよ!」とのこと。

その話を信じていましたが、2年経っても、3年経っても花が咲きません。

ところが3年8ケ月目の今月、見事な花が三つも咲いたのです。

蕾も五つありますので、全部で八つ咲くことになります。縁起の良い春です。

「石の上にも三年」(どんなにつらくても辛抱強くがんばれば、いつかはきっと報われるときがくるということ)。上手な人は毎年咲かすことができるのだそうですが、我が家は3年振り。待っていたかいがありましたhappy01

ランキングに参加しています。1クリックでの応援ありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

スキー学習復活に拍手

北海道新聞『読者の声』の次のような記事に目が留まりました。

       地域も協力してスキー学習充実

              自営業 星野照美   (札幌市手稲区 45歳)

 札幌が世界に誇れるものの中にウインタースポーツと雪まつりがあると思います。海外の観光客に「スノーフェスティバル」や「札幌オリンピック」と言えばすぐ分かってくれます。

2月17日朝刊札幌圏版でスキー学習を復活させた中学校の記事を読み、私はうれしく思いました。指導者や体育教員の不足に加え、用具やスキー場での費用への対策が必要だと考える方もいらっしゃるでしょうが、アイデアを出し合い、足りないものを補ってはいかがでしょう。

 例えば、地区のボランティアとして、スキーの上手なお父さんなどに指導員として協力してもらう方法もあります。また、最近の家庭は子供の数が少なく、スキーの用具もきれいなまま処分されていまうのを見かけます。こうした用具を、もっとリサイクルできないでしょうか。

 この中学校でも、保護者に入念な説明をして実施にこぎ着けたそうで、教育現場と地域との話し合いも大切です。北国の冬の特性が、教育に生かされていけばと期待しています。

私もこの意見に同感です。北国の人間はウインタースポーツを楽しむくらいの生活に潤いと余裕を持つことが大切だと思います。北欧の人達は老若男女をとわずノルディックウォキングを楽しむとのこと。

スポーツや遊びは心身ともにリフレッシュし、健やかな子どもを育てる基礎的・基本的な活動のような気がします。人間を木に喩えていえば、枝葉のような知識を多く覚えるよりも、長くて太い根や幹を育てる方がはるかに重視と思うのです

知育・徳育・体育(食育を含めて)と昔から言われているように、これらは人間を育てる三要素であり、調和ある取り組みが教育で求められているのです。

なお、参考までに下記の過去ブロを覗いてみて下さい。

スキ授業の今昔http://kyoikuchou.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-5bf6.html

《フログランキングに参加しています。1クリックでの応援ありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

卒業に寄せて 

1999年3月。40年間の長い教職生活へのピリオドの年。卒業文集の巻頭言に次のようなことを書いていました。

       卒業に寄せて

皆さん、卒業おめでとうございます。

皆さんは、多くの人達の温かいご支援と自分自身の努力によって、随分たくましく育ちました。大変うれしく思います。

進学するにあたり、こころがけて欲しいことを、はなむけの言葉として贈ります。

一 人生の雨風を恐れずに前進を

人生、いつも穏やかな小春日和というようにはいきません。強い逆風や雨の日もあす。価値あることを新しく始めようとすれば、さまざまな反対や抵抗が起こることも予想されます。

しかし、それを恐れて何もしなかったら向上や進歩はありません。取り組みの過程で不安や多くの苦労がともない、「どんなに一生懸命やったって、だめだよ。私は他の人ほど才能に恵まれていないから」とあきらめがちになります。

しかし、熱意は不可能を可能にします。どうぞ果敢に挑戦し積極的な人生を送って下さい。

二 心にブレーキを

あわただしい毎日の生活の中で、ふと立ち止まって、果たしてこれでよいのかと自分を反省する、いわば”心のブレーキ”が必要です。

現代人はさまざまな欲望という名の乗り物に乗って、ブレーキもかけずに手放しで暴走し、その結果みじめな人生を送らなければならなくなった人が実に多くおります。自制心というブレーキを子供のうちからつちかう必要があります。

三 達成可能な目標を

目標は私達の人生や生活を形造るにあたって大切な役割を持ち、心構えを与えてくれます。

ある人は「目標を持たないことは、目標に到達しないことよりも、もっと懸念すべきことである」と言っています。

目標は大目標より小目標がよく、具体的であればあるほど「やる気」がおきます。達成可能な目標を設定し、自分の物差しで、常に自分を測量することが大切です。

今、11年振りに読みかえしてみると、私達大人にも通用する人生訓ですが、これはある特定の子を念頭においたはなむけの言葉だったのです。

その子はいわゆる不登校だったA君と、落ちこぼれでお客さん的存在だったB君。

この子らは6月上旬から校長室登校(自分の教室には行けないため、校長室で過ごすこと)に努め、午前中に何をしたいかの目標設定と評価を繰り返していくうちに、二学期から教室で勉強するようになったA君。

B君はA君の遊び相手から始まり、将棋を教えたところめきめきと頭角をあらわし、北海道新聞社主催の少年将棋大会で地区で3位をとったのです。

この子等の母親は、我が子が別人のように変ったと涙ながらに喜び、全職員も何かと関わりを持ってきただけに、彼らの変容を喜んでくれたのです。

悩みのない子はいません。好くなりたいと誰でも願っているのです。子どもの発達段階に応じて子どもなりに考えさせ、反省させ、努力しようとする意欲を喚起させる営みも教育のひとつです。

どの学校もそろそろ卒業式を迎えます。教師各々が一人ひとりの子への励ましと期待する姿勢でラブコールをかけて下さることを願っています。

   《いつも応援のクリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

光触媒 魔法の造花

Photo 妻の誕生日に娘からプレゼントされた花。

生花ではなく魔法の造花。

光触媒エコフラワー

カードには以下の説明あり。

「このお花は、吸収した光の量だけお部屋の空気をキレイにします」。

そして、「光触媒の効果」も書かれています。

消臭効果

タバコ・ペット・アンモニア等の生活周辺の気になる臭いを酸化分解します。

抗菌効果

活性酸素による強力な酸化作用で細菌・ウイルス等を分解します。

(MRSAや結核菌等も分解するので院内感染対策にも役立ちます)

防汚・防カビ効果

カビや油分などの種々の有機物質を分解するので、汚れが付着しにくくなります。また静電気が帯びにくいため、ほこりが付着しづらくなります。

シックハウス対策

住宅建材や塗装材などから発生するホルムアルテヒドやトルエン大気中のダイオキシンなども分解、除去します。

Photo_2 さて、左の花(幅約40cmで値段は¥5,900)寝室に置いたところ私の加齢臭が消えたと妻の弁。

値段は大きさによって異なるのですが、半永久的に使え、紫外線や蛍光灯の光を吸収するので夜間でも効果があるのです。

早速、入院している友達へプレゼントすることになり、販売店を探しました。

札幌市を横切る国道36号線の北広島近くにあるコーチャンフォの100m左手前のコンビニの横にあります。

住所:札幌市清田区里塚1条1丁目2-12

TEL:011-885-8784

(有)アートファクトリー という店です。参考までに店のホームページを紹介します。                   http://artfactory8784.web.fc2.com/menu2-2.html

これからの贈物に最適です。なお、今、脚光を浴びている光触媒は下記の過去ブロで書きましたが、

『複式学級から 東大大学院教授へ』 

 http://kyoikuchou.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-c00b.html

シックハウス症の改善や化学物質によるアレルギー改善をはじめ、いろいろな分野に応用されてきておりますので、産学一体となつた研究成果が益々期待されます。

   《ブログランキングに参加しています1クリックありがとう!》 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

パドル? と教育の丘

フランスの諺に「幼い頃、よく尻を叩かれて大きくなった子どもは、成長して尻餅をつくことが少ない」というのがあるとのこと。

即ち、幼い子どもはお尻(教育の丘)を叩かれながら成長することを言っている。

この件に関して、お茶の水女子大学名誉教授 森隆夫の小論が教育雑誌『悠』に掲載(1993.10)されていたので内容の一部を紹介する。

幼くても、アメリカでは、まだ学校での体罰を法律で認めている州の方が圧

倒的に多いが、体罰を加える場所は、子どものお尻と決められている。

ちなみに、体罰を加える日時はあらかじめ保護者にその理由と共に通知さ

れ、校長室で校長経ち合いの下に教頭が体罰を加えるといったように、体罰

が制度化されている。さらに、その際、お尻を叩く棒までできていて、それは

パドル」という小さなオールのような板切れである。

パドルは市販されていて、それには、子どものお尻を叩く父親の髪振り乱した

姿がカラーで描かれていることもある。アメリカの家庭では、このパドルが、

台所等にぶら下げてあって、いつでも子どものお尻を叩けるようになってい

るともいわれるが、実際には、パドルで叩く以前に、パドルを手にする、いや、

手にしようとするだけだ、子どもはおとなしくなるともいわれる。

つまり、パドルは、体罰の象徴的存在、シンボル化しているわけである。

このようにアメリカでは、体罰が学校で制度化されているため、逆に、体罰死といったことが起こらない。

これに反し、体罰を法律上禁止(学校教育法第11条:昭和22年)している日本で、ときに体罰による鼓膜損傷などの傷害事件が起きるのは皮肉である。

冬季オリンピックの開催されたカナダでは、父母と教員の体罰は合法との最高裁判例があるが、頭に体罰を加えたり、定規やベルト等の道具を使うことは許されていない

また、隣国である韓国の学校では、体罰の道具を小・中学校では直径1cm程度、長さ50cm以下、高校では直径1.5cm程度、長さ60cm以下の直線型の木の棒を使うようにし、手足は使わないように指示されている。

いずれにしても、幼児への体罰は別として、言葉が通じるようになった子どもへは、出来るだけ言葉で叱るのが前提であり、何回も言葉で注意しても一向に改善しようとしない場合は、当事者も保護者も知ったうえでの教育的な体罰も検討する必要があるような気がする。

何故かと言えば、生徒指導上でいろいろ注意している最中に

センコウ!殴りたかったら殴ってみれ!体罰できないことになっているもなあ!?ホーラ殴ってみれよ!殴れないのかよ!」

と啖呵を切り、凄んでみせる児童・生徒も出現している。しかし、その挑発にのって体罰しようものなら大変な問題に発展するのは間違いない。

初任者研修で「体罰したら首を覚悟せよ!」と指導してきた私ですが、小中学校時代に体罰もされたし、教員になってから体罰もしてきたので偉そうなことは言えない。

下の過去ブロでその一部を記述した。

身に応えた 体罰http://kyoikuchou.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-0c7f.html

   《いつも応援のクリックありがとう!》

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

修学旅行 出発前の出来事

修学旅行当日の朝。6クラス275人の児童の中で、私のクラスのK子が出発間際になってもまだ登校しません。

焦った私は、30分前にお店をしているK子の家に電話をしたのですが通じません。そうこうしている中に出発の時刻。しかし、引率補助のE教員とK子が間に合いません。

私は、修学旅行係であり当日は会計を担当しているため、先頭車に乗って入館料や乗船料を払うという仕事があります。

発車時刻を5分間遅らせることを決断し6台連なるバスの車掌さんへ連絡。同時に見送りに来ている先生にお願いして、再度K子の家に電話をかけてもらいました。しかし、連絡がとれません。何せ携帯電話のない時代ですから不便です。

遂に5分遅れの出発の時刻。私は止むを得ず出発のゴーサインを出しました。

クラスメイトは「K子は一体どうしたのだろうか?」と心配顔。

実はK子は学校から500メートル足らずの所に住んでいながら遅刻の常習者。ですから、もし修学旅行の日に遅刻したら待たないで出発するからと再三注意を促し警告していたのです。

さて、出発して15分経った頃です。先頭を走っている私達のバスを赤い乗用車が追い越して来ました。すると児童の一人が大きな声で、

「あっ!K子が乗っている!手を振っているよ!」とのこと。よく見ると、S教員がE教員とK子を乗せて国道を飛ばして来たのです。

私達のバスは国道脇に停車し二人を迎い入れることができたのです。

その後、トイレタイムであるドライブインに立ち寄った際に、E教員は

今日は珍しく国道が混んでいて気が気でなかったのですが、時間に遅れてしまいました。本当に申し訳ありません。でも、まさか私達を置いて出発するとは夢にも思っていませんでした。驚きました!」と盛んに弁解です。

K子は

お父さんが学校まで車で送って上げると言っていたので店の裏で待っていたの!お父さんは毎朝、卸市場へ仕入れに行っているのだけれ、今日は特別帰りが遅くなったんだと!」とのこと。

この遅刻事件をきっかけにK子が遅刻をしなくなったのですから驚きです。このことから、たった一つの行為が教育的に最大の効果をもたらしたことを知ったのです。

さて、約束ごとのなかで、一番守りにくいのが「時間」でしょう。そして、一番時間に厳しい世界のひとつは「JR」や飛行機、バスなどの乗り物です。

これらは通常、定刻どおり発車・出発し、数分も待ってはくれません。「待ってくれない」ことと「乗り遅れたら所定の時間に目的地へ着けない」という不利益がもたらされることから、私達は必死になって発車・出発の時刻を守ろうとします。

したがって、これだけは絶対に守らなければいけないとか、してはいけない行為に対して時には毅然とした態度・行為を示すことも、教育活動を推進するうえで大切な姿勢であろう。

特に人命や人権に関わること、多数に迷惑を及ぼすような行為などに対しては、厳しい対処とその後の温かいホローが大切ではないでしょうか。

   《いつも応援のクリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

フラッシュ暗算?

TV画面に4桁の数字が1,2秒おきに表われます。何事だろうと思っていると、子ども達がその数字を暗算で加えているのです。

ある珠算教室での暗算練習のひとコマ。殆どの子どもが正解。人間の能力の限界に挑戦するかのような訓練。それをクリアする子どもの姿に驚愕。

数字を見ると瞬間的に頭の中に浮んでいるソロバンに珠が入るとのこと。昔は読み上げ暗算や視暗算(数字を見て暗算すること)がありましたが、PC画面で数字のフラッシュとは?

今、珠算教室(塾)が大流行で待機児童が可なりいるとの報道です。保護者は計算力が高まることにより、算数や数学の成績が上がると期待して塾通いを勧めているとのこと。

確かに、昔の高校入試の数学問題では約6割?が計算であると言われてきましたが、現在は4,5問程度。ですから4桁の数字を暗算でしなければならない必要性は全くありません。

高校・大学の数学では、取り上げられる数字は大体50以下であり、数字にかわってa,b,cやA,B,C、またはα、β、γ、ω、υなどのギリシャ文字などを媒体として数理関係などを考えていきます。脳開発は別として暗算と数学は直結しません。

ある病院で患者さんに「100から順番に7を引いいって下さい!」と要求し、脳の異常を発見したり活性化を図る試みをしているようですが、この程度の暗算で十分。

小学校の算数では、昔から暗算中心か筆算中心かで論議がなされ、遠山啓らが提唱した『水道方式』による計算体系から筆算中心の算数が重要視されるようになってきた経緯があります。

しかし、今は『100マス計算』が流行しだし、大正時代から言われていた足し算九九、引き算九九、かけ算九九、割り算九九の大切さが見直されてきています。

ただ問題は、「速く」「たくさん」出来れば良いという価値観での取り組みは、数学の発展に支障をきたすと思うのです。一つの問題をじっくりと考えることも大切です。

世界的な数学者の一人であるピーター・フランクル(ハンガリー人)も、「ネットやマスコミから知識が手に入る今、大切なのは暗記ではなくて、頭を使うこと」と指摘しています。

また、算数・数学の国際コンテストで日本の子ども達の「問題を考える力」の不足も指摘されているので、算数・数学を教える際には十分に考慮すべきと思うのです。

   《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

Be Yourself

朝のNHK番組「生活ほっと」の”この人にときめき”に歌手の谷村新司娘の詩織が登場。

そして、詩織が絵の勉強でイギリスに留学している時、英語が上手に話せなかったり、いろいろ悩み苦しんでいる時、ホームスティー先のおばあちゃんがBe yourself と言って慰めてくれたとのこと。

どんな意味?詩織は「貴方らしく」というようなニュアンスのことを言っていたのですが、他にどのような意味があるのかなー?

手元にある英語辞典にはBe yourself が載っていない。Be oneself の意味が「いつもの通り」とあるだけ。yourselfの意味は知っているのに、Beが付くと意味不明?

中学、高校、大学で一応英語の単位は取得しているのに、この有様とは情けない。何か日本の英語教育の欠陥が現れているような・・・・・。

さて、高校2年の時、英語の先生が授業中に

「Mr. Sato, open the window ,please.」と言い、佐藤君が窓を開けると、「何故窓を開けるか分かるかい?」と質問し、「誰かが屁をして臭いから窓を開けてもらったのです。は英語でwindと言い、それにowをつけたら窓なのだ。」

また、強い風が吹いてくると窓を閉めるが、その強い風windといい、窓のwindowは屁や強い風であるwindに関係しているのだよ!」と笑いながら言ったのです。

この英単語だけは一生覚えているから不思議。単語の意味を単に暗記するのではなく、慣用句や語法・用法と関係づけて教えてくれた方が理解も深まるのではないかと素人考えを抱く。

ところで、誰でもいいのですが、Be yourself の意味を教えて下さい。コメントをお待ちします。

   《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

「ひと駅族」って?

ひと駅族」という言葉があることをある雑誌で知った。「健康と体脂肪燃焼のために、本来の通勤経路のひとつ手前で降りて、ひと駅分をウォーキングする人たち」をこう読んでいるとのこと。

20世紀末になって、「ウォーキング」という言葉がにわかに脚光を浴びてきたように思う。その背景には「生活習慣病」という新しい言葉の定着がある。

生活習慣病とは、旧厚生省が新しく作った行政用語らしい。要は不適切な生活を長年続けることで発症するいくつかの疾患の総称なのだ。

ところで、不適切な生活とはどんな生活なのだろう。

①不規則な食事、脂肪分や塩分・糖分の過剰摂取、食べ過ぎなどの悪しき食習慣

②運動不足

③休養不十分

④過度の飲酒

⑤喫煙

⑥ストレス過多  などを指すようだ。

肥満、高血圧症、高脂血症、糖尿病が発症し、やがて動脈硬化→脳卒中、心筋梗塞に至ることも少なくないようだ。

生活習慣病は医師や薬が効かなく自分で治す病気とのこと。正しい食生活と運動不足の解消によって治ると言われている。

さて、子ども達に目を転じると、運動不足、朝食ぬき、睡眠不足、スナック菓子の取り過ぎ、多岐に及ぶ習い事など、まさしく生活習慣病の症状を呈している子が増加している。

このことに関して、危機意識を持ち早急に改善していかなければ、大変な事態になっていくので、関係者の意識高揚と実践努力を訴えたい。

    《応援のクリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年3月 5日 (金)

銭湯で泣き出す娘

帰宅すると妻が「貴方、今日大変だったのだから!?」との報告~(°°;)))オロオロ(((;°°)~理由を聞くと、2歳になった長女を銭湯に連れていったが、浴槽を見て「嫌だ!嫌だ!」と泣き出し絶対に入ろうとしなかったそうです。

他の入浴客がいろいろなことを言ってなだめてくれたのですが、いっこうに泣き止まず。

妻は他の人に迷惑をかけるので、無理やり抱きかかえ浴槽に入ったのですが、益々大声で泣くので、そこそこに出てしまったと嘆くのでした。

今まで妻の実家の風呂に入っていた私達でしたので、娘にとっては生まれて初めての銭湯です。浴槽の大きさや数人の人達と一緒に湯に浸かることがなかったので、驚きと恐怖心を抱いたのではないでしようか。

「初めてだから泣いたんだろう!二度目は泣かないだろうよ!そうだ、プラスチックの玩具を持っていき、気を紛らすようにしたら好いのでは!」と考え、二・三日後に再度挑戦してみました。

しかし結果は同じ。

三回目はお客さんに迷惑をかけたら申し訳ないと思い一番風呂に入ったのですが、やはり泣かれてしまったのです。

職場でその話をすると同僚の一人が「ユニットバスを買ったらどう!」と言うので、畳一枚位の大きさものを買うことにしたのです。

これは丁度、物置に収まる大きさであり、都市ガス利用ですので大変便利な物でした。しかし、入り口はビニールのカーテンであり、足を胸に付くように曲げなければ浴槽に入ることができないのです。

価格は約10万円だったと思うのですが、餞別で支払うことができたのです。

なお、その時の本俸は2等級14号俸で60,700円(現在は206,900円)。今のお金に直して約34万円の買い物でしたが、10年間使いましたのでランニングコストは年間約3.4万、月額は約2,800円ですから安い買い物だったのです。

今のユニットバスは足を真っすぐ伸ばして湯ぶねに浸かることができ、当時と比較すると天国のようなもの。happy01 ありがたやアリガタヤと感謝の気持ちで毎日を送っています。

  《応援のクリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

北教組とカネ

政治資金規正法違反事件で北教組(北海道教職員組合)幹部の逮捕が連日報道されている。また、不透明な金の流れに対する組合員の不満が広がっていると同時に、教育への信頼を著しく損ねたとのコメントも報道されている。

それでは北教組が管理・運用している財源はどのようなものがあるかと言えば、一般会計に関わる組合費と臨時闘争資金。それに約30億円の主任手当がある。

主任手当教務主任・学年主任などへの一人一日200円の手当。その手当は管理強化につながるとの理由で北海道教育委員会(略:道教委)に返還してきたが、道教委は受け取りを拒否しているため、宙に浮いた手当は一括北教組本部の管理となっている

かつては定期大会の会計資料などに主任手当の記載があったが、近年は記載がなく、今はどう管理されているか分からないと指摘する組合員もいる。

また、本部の専従役員が退職する際は約5,6千万円?の退職金を手にしているとの噂が一部でなされていた。

いずれにしても、会計処理の不透明がそのような疑惑を生んでいるような気がする。

教職員組合が発足した当時は、全教職員が組合に加入していたが、最近は35%前後とのこと。また、発足当時から数十年間本部の運動方針に批判的な組合員がおり、内部でのチェック機能が果たされていた。

しかし、反対勢力が新しい組合を立ち上げてから運動方針や闘争方針に対して、反対や修正を求める動きが鈍くなり、組合本部の指令・指示に右へ倣いする組合員が増えてきた。

そのような中から、会計処理の不透明さも生まれてきたのではないかと理解する。これを機会に説明責任を果たし、信頼回復に努めることが重要であろう。

注釈〕 北教組の組合費は支部で異なるが40歳前後で月平均1万円とのこと。この額は高いのかどうか判断し難いが、32歳の私の給与明細書(昭和46年:1971年5月分)があったので参考までに紹介する。

2等級14号俸  

  給料60,700円 扶養2,300円       支給計63,000円

  法定差引額   共済短期1,942円 共済長期2,731円 

            住民税1,100円    法定支給額   57,227円

  校内差引内訳  組合費2,290円 住宅料2,230円  

            給食費900円 親睦会費500円 家族会費600円 

            旅行積立500円 電話料63円  校内差引計7,083円

                         差引支給額(手取)50,144円

この明細書で分かることは、組合費と住宅料が同じであり、組合費は給食費の約2.5倍、共済長期(共済年金)掛金の約0.8倍に相当。

ですから結構高い組合費だったが、組合運動の成果の一つである人事院勧告で給料が大幅にアップした。したがって組合費が高いと言ってコボス組合員の声を聞いたことがなかった。

   《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月 3日 (水)

食アレルギの子どもへの対応

全国どこの地域でも、児童・生徒に栄養バランスのとれた食事を提供することにより、心身の健全な発達に資するとともに、食生活の改善に寄与することを目的として学校給食が実施されております。

しかし、近年、栄養のバランスや食品の安全性、食事のあり方など多くの問題点が指摘されています。また食物アレルギーをもつ児童・生徒へのよりきめ細かい対応を求める声が関係者から強く要請されています。

私も教育長時代に議会の一般質問で、アレルギーの子に応じた献立を速やかに実施すべきとの要請をうけました。

しかし、実態調査の結果、約70名のアレルギーの子がおり、食物アレルギーの種類も多様であることが判明したのです。

人件費を度外視し給食調理員を増員することにより対応することが出来るのですが、そのことが果たしてアレルギーを持つ子への正しい対応なのか、と考えてみる必要があると思ったのです。

行政が手厚く対応した場合、その子が高等学校・専門学校・大学へと進学した時に自分の食生活への対応がきちんとできるのかという疑問です。

私は食アレルギーをもつ児童・生徒に、どのような『生きる力』を育てるべきかを考えてみました。

<児童・生徒に育てる内容>

・アレルギーと食材の関係を知る(知識) 

・食材と献立と栄養のバランスを知る(知識) 

・自分で献立を作り食事が出来る(技能) 

・外食の際に自分に合ったメニューを選択できる(技能) 

・自分の身体を慈しみ苦しみや自分に課せられたハンデーに耐え克服して生きてい

  ける態度や強い心(いやな思いや切ない気持ちに打ち勝つ心)を持ち続ける。

<行政のサポートのあり方>

・食物アレルギーの献立表などの情報を提供する。

 

・アレルギーのある児童・生徒の保護者に個別相談に応じる。

 

・給食時にアレルギー等で特定の物を食べることのできない児童・生徒に対する

  適切な(誤解を生まないような)学級指導をする。

 

・給食費を実態に応じて減額する。

このようなことを述べると、食物アレルギーをもつ子の保護者からお叱りを受ける

と思うのですが、その子ならではの発達課題を克服させる努力が必要と思うのです。

※編集画面とUPした画面が全然違う。HTML画面で修正に努めたのですが改善されません。500回UP記念の悪戯ですかねsign03

    

         《いつも応援のクリックありがとうございます!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

驚異のロング・ベストセラー

妻が友達の病気見舞いに行って借りてきた本。この本に出合えて大変嬉しく思っています。

 体温を上げると健康になる

著者:齋藤 真嗣

体温を上げると健康になる
 

初めて知って実践しようと思った内容や忘れたくない内容を目次から拾って列挙しました。

第1章 体温を上げると病気は治る

    ・体温が1度下がると免疫力は30%低下する 

         ・体温が低いとガン細胞が元気に

    ・体温が上がるだけで内臓脂肪の解消に絶大な効果がある

    ・低体温は病気の元凶、高体温は健康の源

第2章 これが「体温アップ健康法」だ

    ・筋肉量を増やせば、体温は自然と上がる 

    ・ボケ防止に効くのは脳トレよりも筋トレ

    ・筋トレは三日に一度、毎日するのは逆効果

    ・朝食時に枝豆とタラコと梅干しを食べる 

    ・女性はもっと紫外線に当たりなさい

第3章 ストレスが低体温人間をつくる

    ・自律神経のバランスが崩れると低体温人間になる

    ・ドロドロ血液の原因は低体温だった

    ・老化防止には体温を上げるのが一番

第4章 低体温を防ぐ理想の生活習慣

    ・睡眠薬の服用は、睡眠障害を悪化させるだけ

    ・熟睡したければ、寝る前に体を温めなさい

    ・夜10時に寝て、朝5時におきる生活がベスト

    ・飲み物は水を温めた白湯が一番

    ・雨の日も風の日も毎朝30分、外を歩きなさい

    ・りんごとにんじんを入れた生ジュースを毎朝飲む

    ・夕食後4時間空けなければ寝てはいけない

    ・お風呂の温度は必ず41度に設定する

    ・神様が定めた人間の体温は37度

新聞広告を読むと、39週連続ベストテン入り!65万部突破!

我が家では早速この中の幾つかを実践しています。特に体温が35.2度の妻は気にし過ぎで一日に3度も測っています。

私は35.8度ですのでまあまあですが、運動の仕方等について留意しようと思っております。

   《応援のクリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

心が通い合う 行政執行の一例

note雪やこんこ あられやこんこ 降っては 降っては ずんずん積もる

山も野原も 綿帽子かぶり 枯れ木残らず 花が咲く snow

この歌は昭和24年から一貫して2年生の教科書に登場していたが、60年を最後に掲載されなくなった。

札幌もこの歌のように凄い降雪の日 もある。Photo_5

ところが困ったことは、家の近くに設置されている消火栓がすっぽり隠れてしまうことだ。

それで、隣の小父さんが小型除雪機で雪を吹き飛ばしてくれている。

その姿を見て、ボランティア精神に富む素晴しい人だなあと感心していた私。

しかし、いつしか私も感化され、雪かきではねることの出来る範囲内で、小さなボランティア活動をするようになっていたのだ。

Photo_3                                    消火栓が顔を出すとやはり気持ちが良いhappy01

ところが数日前のこと、娘が

「お父さん、消火栓横の鉄柱にお礼のステッカーが張られていること、知っていた!」とのこと。

急いで見に行くと、こんな内容で張られている。

早速、隣の小父さんに報告すると、

「私も知らなかった!いつから張られていたのだろう!?」とhappy01

Photo_4

行政の一寸した心づかいが、私の心にもheart04大きく伝わってきた。これも血の通った行政執行の良い見本の一つだ!

   《応援のクリックありがとう!》

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »