« 久しぶりのウォーキング | トップページ | PTA文集 »

2010年4月20日 (火)

トキシャケ料理 石焼

妻の得意料理の一つに「石焼」がある。母方の祖母が秋田出身だから、祖母→母→妻へと伝授されたものらしい。

秋田県男鹿の名物料理の「石焼」とは料理法が違う。男鹿では焼けた石を魚貝が入った桶の中に入れ、味噌味で食べる。

一方、我が家の石焼は食材に違いがある。トキシャケ、コンニャク、ネギ、タケノコを使う。時にはフキを入れることもある。

何故「石焼」と言うのか定かではないが、母の弁ではトキシャケとコンニャクを石のように角型に切るところから命名したのではないかとのこと。

兎に角、味噌を入れこつこつと煮てたべるのだが、油ののったトキシャケの味が他の食材と調和して絶品の味。

そのトキシャケ(トキシラズ:回遊中のシロザケ)とカラフトマスを漁獲する日本200カイリ内のサケ・マス漁が15日、解禁された。最大の基地、根室市の3港から計24隻が太平洋へ出漁。今月の21日前後に初水揚げするらしい。

春を告げる味覚トキシャケと早く出会いたい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

     《応援のクリックありがとう!》

|

« 久しぶりのウォーキング | トップページ | PTA文集 »

家庭教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121326/34261802

この記事へのトラックバック一覧です: トキシャケ料理 石焼:

« 久しぶりのウォーキング | トップページ | PTA文集 »