« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

6年前と比べて 日本は良くなったのか?

今日は大晦日。今晩はご馳走を食べ、NHK紅白歌合戦、ゆく年くる年を聞きながら新年を迎えることになるが、2010年は6年前に比して住みやすい世の中になってきたのだろうか?

丁度、教育長時代の「仕事納め」の挨拶がPCに残っていたので比較してみた。

2004年もいよいよ明日一日で幕を閉じますが、この一年間を顧みますとまことにいろいろな事件や災難の多い年であったと思います。その一つには

・地球温暖化の影響を受けてか、日本列島全体が大きな災害に見舞われました。本町でも台風18号による被害が予想以上に大きく、財政難に拍車をかける結果となりました。

・また、町村合併という大きな嵐の吹く中で自立に向けての行財政改革の歩みがストップし、多くの課題が先送りになってきたばかりでなく、人々の心に先行き不透明な不安感を増幅させる結果になりましたが、真に残念なことと思います。

・一方、物のあふれる社会の底流で進んでいる負の変化にも唖然とする思いが致します。とりわけ、子ども達が危ないと思う事件が相次ぎましたし、ニートと呼ばれる若者が68万人、フリーターは217万人にのぼると推計されております。

もっと驚くことは、厚生労働省の調べによると、北海道における十代の妊娠中絶件数が都道府県別で全国一位であり、若者の性感染症も多いとの報告があります。

また、木の実や野草などを採って食べたことがない、日の出や日の入りを見たことがない子どもが40%程度いることも驚きであります。

しかし、非常に残念に思うことは、世の大人たちは、今、学力低下に対して大騒ぎしていますが、何故か、子ども達の体験不足、健康問題、自立心や社会性の欠如などを指摘する声が、保護者や教師側から殆ど上がってこないのが実態であります。

これらの子どもをとりまく様々な状況は、決して子どもだけが悪いのではなく、そのように育てた親の家庭教育や学校の教師を含めた世の大人たちのものの見方や考え方に問題があるわけです。

従って、21世紀を担う子どもの教育は大人の教育も平行して行わなければならないと思うわけです。

また、多くの経験と智恵を持ち合わせている高齢者についても、行政がレールを敷いた上を走らせるのではなく、高齢者自らが、自らの問題としていろいろな活動に取組むよう、行政側の強い指導姿勢が大切であると思うわけです。新しい方向に舵をきるには大きな勇気と決断が必要です。

教育委員会は、生涯学習をサポートする役割を担っておりますので、社会教育・社会体育の事業推進に当たっても、先ほどのような状況を十分に認識し、子どもであろうと高齢者であろうと、または成人であろうと、それらの人々のものの見方や考え方をどのように変えていくことが大切かを検討し、確かな方向性のもとに具現化していくことが重要であり、このことが今後の課題であろうと思うわけです。

いずれに致しましても、教育の成果が現れるには多くの月日を要しますが、皆さんが、現段階において一番ベターと思った中で懸命に事業を推進されてこられましたし、少しずつ町民の意識も変ってきたように思います。

また、時には私の防波堤になってくたこともあったと思います。有難うございました。皆様の一年間のご努力に心から感謝を申し上げます。

今年の一年間を表す言葉が「災」てありましたが、新年は災い転じて福となす年になることを願っております。最後になりましたが、どうぞ皆様、ご家族お揃いでよい年をお迎え下さい。一年間、本当にご苦労さまでした。以上で仕事納めの挨拶と致します。

如何ですか。今年は諸々の不正問題が明るみになりました。政治資金規正法や大企業や一部資産家の脱税行為、生活保護・雇用保険の社会保障を狙う詐欺横行など、いろいろな分野で規範意識や道徳心の欠如が見られました。

何か「日本沈没」寸前の姿を見たような錯覚に?陥ります。来年を「立ち直れ日本」の元年として出発しようではありませんかsign02

終わりになりましたが、私のブログをお読みなったり、コメントをお寄せ下さり、意欲の喚起にご貢献下さいました皆様に心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

どうぞ、ご家族お揃いでよいお年をお迎え下さいsign03

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

子ども本来の姿 孫の冬休み

埼玉県に住んでいる孫(幼稚園年中、小学3年)が24日の終業式を終えて、北海道の我が家へ直行。目的はスキーや雪遊びをしたいとのこと。会社勤めの息子は数便遅れて到着。

翌日から早速、近くの公園でソリ遊び。

10

Photo 9

4 8

27日、28日は家から車で30程度の場所にある北広島後楽園スキー場で初すべり。

1 2

3 6

29日は庭で雪だるまを作りご満悦の孫。10日までの冬休み。だから、2日には帰らなければならないようだ。恐らくまだ居たいと訴えることだろう。

明日30日にまたスキーに行く予定でいるが、大雪警報がでているので行けるかどうかsign02

僅かな期間ではあるが塾や習い事のことを忘れ遊びに熱中する姿は、昭和生まれの私達の小学校時代に似ている。この遊び体験が無駄でないことを後で分かることだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

挫折体験と 幸福観

月刊誌『サインズ・オブ・ザ・タイムズ』の2011.1号のP10に共感を覚える内容が掲載されていました。作家・精神科医であり東京拘置所医務技官を務めたことのある異色の人。一部を紹介しよう。

      挫折は幸福になるための要件

                                  加賀 乙彦

私は父の勤務で東京から地方の小学校に転校したときに、ひどいいじめに遭いました。その時に私は、いじめに勝つためには我慢することが大事で、人生全体から見たらたいした時間じゃない。

今は嫌なことに対処するレッスンをしてくれているのだと考えたんです。父はいずれまた転勤するので、次の学校に行ったときに、きっといい友だちがみつかるだろうと思っていました。

逆境に強い人は、さまざまな生活スタイル、多種多様な価値観の人たちと触れ合い、いろいろな考え方や生き方があることを知っています。ですから、職場や学校で自分が否定されるようなことがあっても、そこでの評価は絶対的なものではないので、必要以上に自分を追い込まずにすみます。

多様な人間関係は物理的、精神的逃げ場や支えとなると同時に、視野を広げ、私たちを強くしてくれるものです。

一方、逆境に弱い人はね時間的にも非常に狭いところで生きているような気がします。「今、ここ」にとらわれていて、自分の置かれた状況を長い目でみられないし、見ようとしないのです。

もし彼らが長い目で物事を見、考える習慣があれば、人生という長丁場の一部として、自分を主人公にした長編小説でも書いているようなつもりで、「今、ここ」を眺めてみることができます。

そうすれば、それまでどっぷりとつかっていた苦しみを、ちょっと引いて見られるようになります。

そしてそのつらさをこれからの人生で生かそうと未来志向で生きはじめたとたん、不幸は不幸でなくなります。それどころか、幸福を見いだすための貴重な財産になります。

いじめをバネにして発奮し、大成する人が世の中にはたくさんいます。自分がつらい目に遭ったからこそ、他者の痛みを思いやれるようににもなります。

幸福という糸だけで織られた人生など存在しません。長い人生、誰もがどこかで必ず、つらいこと、思うようにならないことに遭遇します。ずっと順風満帆で来た人がある程度の年齢になって挫折すると、ちょっとしたことで大きなダメージを受けてしまいます。

その点、子ども時代に挫折体験を乗り越えてきた人は、つまずいたときに上手に転ぶことができます。たとえ足の骨を折ったとしても、首の骨まで折ることはありません。そういう意味では、いじめや挫折、特に若い頃の苦しみは幸福になるための要件だと言っても過言ではありません。

だから、若い人たちには失敗を恐れずに挑戦してほしい。傷つくことを恐れずに人と深く関わり、希望を持って自分の世界を広げていってほしい。辞書では、成功の反対は失敗ということになっていますが、実際の人生においてはチャレンジしないことなのです。・・・・・・・(中略)・・・・・・・・

常に希望を胸に抱き歩き続けていける人は幸福だと思います。希望や夢に向かって努力するという行為自体が強力なエンジンとなって絶えず前へ前へと人間を進ませ、たとえその願いは実らなくても、生きがいや喜びを生み出していきます。

そういう意味では、周囲の状況や運ではなく、その人が世界とどう関わっていくかという、人間の生きる姿勢が幸福をつくるのだと思います。

スプール(フランス語:しなやか、柔軟)な精神、しなやかな生にこそ希望があるのです。

2008年6月の秋葉原通り魔殺傷事件があったとき、加賀さんは現場にちょうど居合わせたそうです。そして犯人の青年に対して「この人は自分で自分を不幸へと追いやってしまっているなぁ」と感じたそうです。

幸せになりたいと人一倍強く願っているのに、もがけばもがくほど、逆に幸福から遠ざかっていく、自分で自分を不幸にしてしまう人たちが年々増えているように思うとも指摘しています。

リストラになった。給料がダウンして住宅ローンが返済できない。体調を乱しやる気が全く起きない。現在の職場は将来性がない。やってもやっても努力が報われない。などと、マイナス要因が次々と派生していますが、視点を変えてみるとプラス面も見えてくるはずです。

私の幸福観は過去ブログ幸福の方程式 ?にも書きました。

「もう半分しかない」と嘆くのではなく「まだ半分もある」と見ること。また、くよくよ考えても結論の出ないような場合は、ケセラセラ(なるようになるさの意:英語ではWhatver will be ,will be)との考えで私は生きてきました。

こう考えるようになった基盤は、終戦後の食料難時代や10人兄弟で父の死後(43歳)の生活苦、円形脱毛症や自律神経失調症など数々の病気を体験し、その時の苦しみと比較することによって現在の生活は全てバラ色に見えてくるのです。

人間、気持ちの持ちようによって明暗を分けることと、危機管理のもとでのプラス思考の大切さを体験的に学んできた私です。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

デジタル通知簿

SACCYさんの12月23日のブログ<http://geocities.yahoo.co.jp/gl/saccy_2004>を見て驚いた。デジタルの通知簿(通知表・通信簿)が流行っているようだ。

早速、イクターネットで調べてみた。通知表の所見欄、デジタル化していますか?」 | 集計結果発表 ...http://www.justsystems.com/jp/school/hokago/vote/0812.html嫁さんに聞いてみると、孫がお世話になっている学校では手書きの所見欄とのこと。でも、デジタル化のことは知っていた。

1

恐ろしく便利な世の中。便利であればあるほど危険も増す。光と影に似ている。光が強ければ強いほど影が濃くなる。

北海道では今年もPCのメモリー紛失で減給処分を受けた教員がいた。管理職からいくら注意を促されていても危機意識に欠ける教員がいるものだ。この点が一番気がかり。

私は「通知表の所見欄のデジタル化」には条件つき賛成の立場。その条件とは下記の通り。

①所見の字数を○○字以内と統一する。

②書き上げた所見をプリントアウトし誤字・脱字・文章表現等について点検を受ける。(同学年の教員、学年主任→教務部長→教頭→校長)

③2度目の点検時には点検済みのプリントを添えて、再度点検を受ける。

④保護者のアンケートで多数の賛成を得ること。

⑤メモリーを紛失した場合は、直ちに校長に報告すること。

⑥絶対に紛失しない旨を記した誓約書を提出し、万が一紛失した場合は全保護者宅へ謝罪のための家庭訪問をする。また、休職等の行政処分を受けても不服を申し出ないこと。

⑦半数以上の保護者から失態についての許しが得られない場合は、依願退職願いを提出すること。

このような厳しいかたちで自己統制しておかなければ、危機を招くことになることを肝に銘じるべきである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   ≪クリックありがとう!≫

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

ブログ・ランキング 為替や株でなくて良かった

ブログを開設して2年2ヵ月になるが、面白いことにブログ・ランキングの上位にいるためには、配慮しなければならない点について気づいてきた。

38年間の小学校と8年9ヵ月の教育行政勤務。だからブログは『教育論・教育問題』のジャンルにし人気ランキングにも参加した。

珍しいことに、12月25日の午前中のランキングには驚いた。これで2回目。

1

2_2

難しい理論や長い教育実践例より、短く写真入りの記事のほうがランクが上位となる。また、教育界の暴露記事には人気が急上昇する。全く教育論・教育問題に関係ない日記や旅行のことでもアップするから可笑しなものだ。

それにしても、ランクそのものは相対的な位置付けなので更新する人が多ければ、必然的にランクが下がる。下がったからといって何ら意味を持たないが、ランク社会に生きてきた人間にとっては、それが書く意欲に結びついてきているから不思議。

株価や為替相場の上下と違って損も得もしないし誰にも迷惑をかけない。ただ、ボケ防止に役立つと考えているから続けることができる。

これからも、日々の小さな発見や喜び・驚きなどを交えて書いていこうと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

韓国からのエアメール

今日、妻宛にこんな封書が届いた。

1_2

開封してみるとこのようなカード。

2

3 4

商魂逞しい韓国の一業者。ロッテホテルの格安宿泊の抽選に当たったといって、海苔・漢方薬・油・メガネ・食品などの買物旅行へ数度訪れた店の一つから賀状が届いたわけだ。

以前には韓国のメガネ屋さんから、「メガネの調子は如何ですかsign02」と結構上手な日本語で電話をいただいたことがあり感心させられた。

日本の経済活動が韓国に追い越された部分もあるというが、このような韓国からのメッセージを見聞きし、日本もボヤボヤしていられないのではないかと危機感を覚えた。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

ガン全快 記念の旅へ

過日、義兄から「良い旅ができました」との電話。4年前に妻が甲状腺がんに見舞われ、全快したので記念の旅に出発。旅行先はホノルルからハワイ五島を巡る船旅。

2_2 1_2

義兄の大きな喜びは、次の短歌から思い知ることができる。

  甲状腺がん手術の妻を詠う

                             2006年12月25日

6月23日 伊藤病院医師より妻甲状腺がんの最終告知受ける

  妻のがん告知を受けし朝より 庭の花々色あせて見え

7月15日

  座敷間に日々線香の漂いぬ 妻の手術の首尾よかれしと

7月18日 入院の日取り決まる

  入院は3ヵ月後と告げられる 妻のブルーにわれは無口に

8月11日 入院日程早まる

  がん手術予定一月早まりて 妻の喜びわれも共にす

9月26日 手術日

  妻のがん手術終わりて結果良し 暗雲去りて秋空高し

  苦難越え手術首尾よく終わりけり 妻の寝息は安らぎの唄

  切除せしがんの肉片さらばなり 代わりて妻の笑顔戻りぬ

10月16日 昭和記念公園のコスモスを見る

  がん癒えし妻と登れば丘の上 コスモス揺れて紅白招く

  がん癒えし妻の歩みは確かなり コスモスの咲く小春日の丘

11月初旬 自宅にて

  がん癒えた妻の歌声伸びやかに 秋の日注ぐ庭に届きぬ

                                    <昇雲>

人生で病気ほどつらいものはないだろう。仏教で病苦は、生、老、病、死の四苦の一つに数えられ、人間の持つ最も大きな苦しみの一つとされている。

その苦しみから解放された義兄の心情がよく伝わり胸がつまる。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

クリスマス用 タペストリー

数日前より我が家の玄関の壁がチェンジ。クリスマスが近づくと妻が自作のタペストリー(壁掛け)を飾る。

1

その下にはこんな飾りもの。

2

妻は手芸・縫物・陶芸・ガーデニングなどの手仕事を好む。

ところが「血は争えない」(血統上の特質がはっきりと表われていること)。これは息子の中学時代の作品。

4 3

小物入れは米粒彫り?と言うのだろうか。とに角、ひと彫りひと彫り丁寧に彫っていく。よく飽きないものだと驚く。根気のいる仕事。

しかし、極め付けは「トムクルーズの絵」。これは「ちぎり絵」(ちぎった紙を台紙に貼って表現した作品)?貼り絵?雑誌のカラーの部分を1~2mmぐらいに切り、ピンセットでつまみながら貼っていく。

くしゃみも出来ない。側で覗いてみたら、肩が凝ってくるような細かな手仕事。息子は間違いなく妻の血を引いている。本当に「血は争えない」と痛感する。

似たような事例によく出くわす。

「先生、家の子はどうして徒競走が遅いのだろう?いやになっちゃうわsign02」と嘆く保護者。

「貴方の小学校時代と同じですよsign02」と言うと「あら、恥ずかしい、先生そうだったsign03」と笑いながら話す教え子。この子も親の血を引いたのだと思う( ^ω^ )

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

全国体力テスト 今後の取組み方

文科省は16日に全国体力テスト結果を公表した。北海道は小中とも3年連続で全国平均を大きく下回った。

道教委は7月に「体力向上支援プログラム」を策定し、学校に縄跳びの励行などを呼び掛けている。

北海道は学力テストも全国下位にとどまっていることから、朝はドリルや読書、放課後は補習や読書にあてているので、運動まで手が回らないと難色を示す学校もあるようだ。

私は、体力づくりを余り難しく考えていない。神経質になることはない。業間の20分~25分休みに思いっきり遊ぶことを奨励すべきであると考える。

2

スポーツや遊びは臨機応変、即座に身の安全やゲームの進行の変化、修正能力、パワーを必要とするものが多い。

しかし、実態はある程度強制されないと、教室から外へ出て体を動かすことが大好きにはなれないようだ。

このような実態を打破するためには、先ず教師(小学校の場合)が先頭になって子どもと遊ぶことも解決法の一つである。毎日、業間に遊ぶことが困難な場合は遊べる日を週2~3回設定ておくことである。

そして、男子と遊ぶ日、女子と遊ぶ日、クラス全員で遊ぶ日などを週プロに位置付け、子ども達に遊びの種類を相談させておき、朝の会に「遊び係」から連絡するようなシステムにしておくことが大切。

私が勤務した2校では、『遊びの種類』という本を買って普及させた。また、サーキット・コーナーで行間体育を奨励したこともあったが、やはり自由遊びの方が子どもにとって魅力的であり、継続できることも実践から明らかになった。

子どもと遊べなくなった教師は、もうお仕舞いsign02 (失礼!) 体力が続かなかった場合は、審判をしたりしてそれなりの役割を果たすべきであると思う。

とに角、休み時間に子どもと外で遊んでいる教師の姿は殆どないのが実態。先ず、その点から打破することが重要ではなかろうかsign02

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

冬至と 二十四節季

今日は冬至。弱りきった太陽も明日から日を追って元気を取り戻してくれるはずだ。

<一陽来復>(イチヨウライフク:①冬が終わって春がくること。②新年が来ること。③悪いことがつづいた後で、ようやくよい方向に向かうこと)という言葉があるが、今日はカボチャを食べて、またファイトを燃やしていこうと思う。

今朝は6:50というのに外はまだ薄明るく街灯も点いている。と言って文句は言えない。緯度の高いオランダでは恐らく9:00過ぎでなければ明るくならないだろうsign02

1 2

さて、1年を24等分した旧暦での季節の表し方を「二十四節季」と言う。即ち、ひと月を2等分している。しかし私が関心を持っている暦は8日のみ。

1月 大寒(寒さが最も厳しい頃。風邪予防に万全を期す)

2月 立春(寒さもあと少しと思い気分転換する)

3月 啓蟄(ケイチツ:冬ごもりの虫も目覚める頃。春光を浴びての散歩を楽しむ)

   春分(昼夜の長さが等しい日。明るく元気な気持ちで墓参りへ)

6月 夏至(昼がもっとも長くなる日。旅行に最適なので計画化する)

8月 大暑(1年でもっとも暑くなる頃。孫と海水浴を楽しむ)

9月 秋分(昼と夜の長さが等しい日。墓参りをし心を清める)

12月 冬至(昼が最も短くなる日。カポチャを食べ、体力をつけて元気に年越しを)

いわばこれ等が私の節分(季節のかわり目)なのだ。それにしても昔の人は、長い年月をかけてこのような自然現象の一般化を図ったものだと感心している。

追記: 昨日、皆既月食を見た。うっすらと赤い月が夜空に浮んだ。2007年以来、3年4か月ぶりとのこと。光が弱くて撮影に失敗。デジカメではやはりダメなのだweep

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

車と大学生

北海道新聞(10.4.24)の『妄言有情』に標記の記事があった。きっと共感を覚えたから切り抜いていたのだろう。紹介しよう。

          車と大学生

                    松尾つよし(教育評論家=札幌在住)

数年前に、アメリカに留学していた日本の大学生が、親に買ってもらった日本製の車に乗っていて殺された事件があった。

私の友人は、たまたまそのころその大学の研究員をしていたので、帰国したとき詳しくその話を聞くことができた。

「アメリカの学生は親に車を買ってくれなんてだれも言わないよ。成人しているんだから買ってくれないことを知っている。

だからキャンパスで見かける車は、タダかバイトで稼いだ金で買った二,三万円のやっと動くようなポンコツ車が多い。

たまにいい車を見かけると、それは教授か職員の車なんだよ。

殺された学生に同情するものは少なかった。スラングで『ざまみやがれ』と言った者もいた。アメリカでは学生自身はみんな貧しいんだ。みんなハングリーで育つんだよ」

臨床心理学者の河合隼雄さんも自らの経験からこのように言っている。

「日本の親が子どもの幸福を単純に考えすぎているからです。悩みがないとか、よく勉強できるということが良いと思いすぎている。

米国の金持ちの子どもを見たら分かりますけど、大学へ行って親に自動車を買ってもらうなんてことはほとんどないです。日本は平気で買ったりするでしょう」

今の親は子どもの悩みをうんと少なくして、その分だけ勉強させようと思っている。いわば、「人生勉強」を減らしてしまっているのだ

「子育ては子捨てなり」と言われる。子どもの成長とは親から離れていくこと。子育ての目的は、子どもが独りで生きていける力をはぐくむことにある。

昔の親は特に偉かったとは思わないが、幸いにも金がなかったし、忙しいし、子どもが多いし、ちょうどバランスがよかった。

日本は急に金持ちになったから、下手な成り金になってしまった。成り上がり者の教育しかできないということか。

豊かになるということは、親として子どもとの付き合いがすごく難しくなるということなのだ。」

如何ですかsign02 今から12年前ですので家庭経済に若干ゆとりがあったでしょうが、今でも示唆に富んだ内容であると思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

滞納給食費 天引き

政府は18日、滞納している給食費や保育費を、自治体が子ども手当てから天引きできるようにする仕組みを、次期通常国会に提案する「子ども手当法案」に盛り込む方針を固めたとの報道を目にした。

この法案が可決されれば、給食費や教材費、遠足などの校外活動費を滞納した場合に、市区町村が子ども手当を担保に差し押さえたりすることができるようになる。ただし、単年度限定の法案のようだ。

文科省によると、公立小中学校の給食費の未納総額は、09年度で推計約26億円。これで学校泣かせの給食費等の問題は解決されことだろう。

2

私も教頭時代に未納問題について悩んだ(過去ブロ学校給食費 未納問題)。しかし、差し押さえに対してクレームをつける保護者の出現も予想されるので、一層のこと給食費無償化方式(子ども手当から給食費を天引きする)へと大きく舵をとってはどうだろうか。

しかし、財源確保ができた場合の話である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

名物菓子 「ナヴェット」

年末になり戸棚を整理していたら珍しいお菓子が出てきた。名前は「ナヴェット」。

1 2

この名物菓子はフランスのマルセイユのサン・ヴィクトール修道院のすぐ近くにある、1781年創業の一番古いパン屋で売っていたもの。

オレンジの花の香がするこの素朴なお菓子は、200年以上にわたり同じ一家により作られ、製法は秘密とのこと。

5回も道行く人に訪ねて、やっとたどり着き買い求めたものだけに貴重なお菓子。乾燥しているため1年以上も保存できるため、船乗りたちが長い航海の際に持っていったそうである。

サイズは長さ20cm、幅3.5cm、厚さ2cmほどである。

早速食べてみたが、特別お腹を壊すことがなかったので、この正月にテレビを見ながら食べることにした。

なお、南フランス旅行の出発点であったマルセイユのスナツプを数枚UPしておこう。

3

Photo

Photo_3

5 4

この町は地中海の良港を巡る激しい覇権争いの舞台になった。また、アフリカや地中海に面した国々へ行くための中心地でもある。

従って、パリに次ぐフランス第二の大都会で国際色豊かなところである。機会があれば再度訪れたい町。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

漢字力不足 劣化現象

年賀状は15日~25日まで投函すると元旦に配達になるので、ただ今書いている最中。ところが、夜中にトイレに行き再びベット・インすると同時に思い出したことがあった。

「昨年」と書くのを「晩年」と添え書きしてしまった。「昨」を「晩」と誤記。該当者は3~4人?なのだが、300枚以上を再点検。

何故だろう。今年はミスの連続なのだ。PCに入力していた住所録から喪中の人のチェックが甘かったこと。また、人によって使い分けている賀状(イラストや書式の異なるもの)の住所録に重なりがあったのだ。

そんな訳で、16枚もダブッテ印刷してしまった。でも郵便局で交換できたのでほっとした。

それにしても、漢字力の低下はひどいものである。

中学1年の時に漢字の100題テストで32点?しかとれなかった私も、教員時代には広報係や研修係をしていたので文章を書く機会も多く、人並みの漢字力はあったと自負していた。

ところが、タイプライター → ワープロ → パソコン という具合に利用していくと、いつの間にか漢字力が反比例して衰えてきたようだ。これもパソコン依存症の一つではないかと・・・・・。

それに注意力も極めて劣り、ブログでも誤記に気づかないことが多くなった。「教育長までしているのに誤記とは何たることかpout」とお叱りをいただいたこともあったので、気をつけなければいけないと思っている。

また、「・・・です」、「・・・ます」調と、「・・・である」調の混用があったりで、教員をしていたとはいえない状態になりつつある。嘆かわしいというより恥ずかしい心境。

と言って、ブログを止めれば痴呆症や認知症の危険が増すしsign02 とに角、少し悩んでいるが、高齢者になって人間力?の劣化が始まったのだとご理解いただき、お付き合いして欲しいと願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

兼高かおる 見逃した番組

12月16日の昼。娘に電話したところ「お父さん、兼高かおるが出ているよ。見ているsign02」とのこと。急いでテレビのスイッチを入れると既に終わりの方。

1

NHKの13:05からの『スタパ』に兼高かおるが出演。旅の極意を指南と番組案内に書いてあったのだ。またもや残念。しかし、一部視聴した中で知ったことがあった。

『旅の心得』として

①荷物は最小限に!

②日本を知ること(理由:話題が多くできるから)

『海外での食事を楽しむには?』

①その土地の食べ物が一番良い。(理由:話のタネにもなるし、知識にもなるから)

②楽しい人と一緒に!

この話を聞いていた妻が「私達の旅行と同じだよねsign02 トマト、レタス、果物、ハム、パン、チーズ、魚や野菜などもその土地の食材を調理して食べるもねsign03とのこと。全くその通り。

なお、明るいニュースの紹介。

20日(月) 夜8:00 NHK総合の『地球イチバン』で再び兼高かおるも出演し、大冒険の旅をつまみに大放談とのこと。今度忘れたら困るので録画予約をした。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

計算力向上と研修計画

全国的に計算力向上に取組んでいる学校が多いと思うが、私も実践したことがあるのでその計画の一部を紹介しよう。

     研究主題名  確かな計算力を育てる指導

 算数科における基礎的能力の中で、「数と計算」領域ほど他領域との関連の深いものはなく、すべての領域の中の基礎となる重要な領域である。ところが、この計算力の向上については、練習一点張りの計算技能であったり、原理的な内容を極端に強調した傾向があった。望ましい方法は原理と練習の調和が必要であり、それを支えている基本的な考え方をも大切にした授業でなければならない。

     研究内容・視点

(1)数と計算領域の中でも特に重要と思われる題材について研究実践する。

(2)子どもの実態をとらえて学習指導に生かすため、諸テストを実施する。

(3)学び方の内容を明らかにしていく。

(4)計算技能の定着化のため、「計算練習帳」を改善する。

(5)計算練習の意欲化を図る実践事例を交流する。

  ※五つの視点 ①教材分析を通して ②子どもの実態をみつめて 

             ③学び方に親しませて ④一人で練習して ⑤励ましを与えて

     研究の仮説

(1)仮説1 算数の学び方を身に付けるとそれが他に転移し一人一人の学習成立に役立つ。

ア 取組みの内容・方法

 ①題材の底を流れている一貫した考え方や方法を学び、それを基にして考えていく。    

 ②具体的な操作活動を通して自分で考え、自分で確めながら学ぶ。

  ・具体物で操作してみる ・図に書いてみる ・簡単な数に置き換えてみる

 ③学びの過程を身につけて学ぶ

(2)仮説2 定着のための練習を長期的展望でたて、練習する機会を多く持たせることによって確かな計算力が育つ。

ア 取組みの内容・方法

 ①練習時間を確保するため指導計画を改善する。

 ②基礎的・基本的内容の定着化を図るための指導時数の重みづけをする。

 ③一人一人の子どもに、何を(練習内容)、どこまで(達成目標)、いつまで(時期)の目当てを持たせ努力させる。

 ④ドリル帳を利用させる。

(3)仮説3 学習指導に生徒指導の共感的理解の手法を生かすと、子どもはやる気を起こし、自ら強い課題意識をもって学習に取組むようになる。

ア 取組みの内容・方法

 ①授業場面での発問と受容の間に共感的理解に裏打ちされた接し方で臨む。

 ②意欲を育てる動機づけ(進歩した喜びを味わわせる)

     研究方法

(1)授業実践を充実させる実践的な研究・研修とする。

(2)原則として火曜日を研修日とし、共通理解と協働体制を軸に推進する。

(3)全体研修、全校授業研を通して課題の解明に当たる。

(4)授業研究での題材は研究係が選定する。

(5)開かれた研究を目指すため、他校の研究会に参加したり、他校及び教育研究機関等から講師を招く。

(6)子ども達の変容をみるため、標準化されたテストを利用する。

(7)全体研修が日程上開催できず、研究推進に支障あると判断した場合は研究推進委員会がその機能を肩代わりする。

(8)各期ごとに研究紀要を発刊し研究のあゆみを残す。(1期 59/4~60/7  2期 60/8~61/12)

      授業研究の計画

   6月 4年 かけ算とわり算      7月 3年 かけ算1  

   9月 6年 まとめの復習      10月 5年 通分の意味

  10月 1年 ひきざん(2)       11月 3年 わり算(2)

  11月 5年 分数の計算       11月 2年 かけ算(2)

  12月 1年 100までの数        2月 4年 分  数

   2月 2年 たしざんとひきざん    4月 4年 大きな数

   5月 6年 分数のわり算       5月 2年 1000までの数

   6月 2年 たし算とひき算(2)

研究の全体構造、研究内容(仮説1~3に関する研究・実践の具体的視点・方法については略す)

この研究は次のような意図で設定した。

①誰でも、実践でき、変容が容易に評価できるジャンルを取り上げ、教職員の研究意欲の高揚を図る。

②主任命課闘争の一環として取組まれていた指導主事訪問拒否体制の打破を図る。

③学力テストに反対する教職員の意識改革を図る。

④開かれた研究の推進と公開研究会開催を図る。

⑤授業者からみて取組み易い教材に集中しがちであった授業研究の打破を図る。

⑥4月から授業研究に取組み教職員の意識改革を図る。

⑦教材の事後テストを二回分印刷しておき、1月後に再度そのプリントでテストを実施し、計算力の把持状況を把握(把持テスト)する。また、補充深化学習にも生かす。

これは、私が26年間携わった研究推進で一番ユニークなものであり、教職員一人一人が充実感をおぼえたとの批評(アンケート調査による)をいただいた研究であった。

また、全校職員を同一歩調で取組ませることの困難さを克服できたし、保護者からも好評を博した取組みだった。

このように、たかが計算力といっても馬鹿にできない取組みなのである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

お年玉の相場と 卒業はいつ?

これは郵便局員に勧められたもの。こんなものまで売っているとは全く知らなかった。もう売り切れ寸前とのこと。

Photo_2 Photo_3

子供用のお年玉セット。縦11cm、横7.5cm、高さ1.5cmの直方体。中身はチョコレートが入っているとのこと。

幼稚園児と小学生の孫達には、これまで『のし袋』に入れてのプレゼント。

さて、お年玉は何円ぐらいが相場なのか最近疎くなったので調べてみた。

読者アンケート調査結果は下記の通り。(データは最多回答金額)

・0~2才(乳幼児) 1,000円  ・3~5才(幼稚園、保育園) 2,000円

・小学校低・中学年 3,000円  ・小学校高学年   3,000~5,000円

・中学生、高校生  5,000円  ・学生、社会人  10,000万円

なお、社会人とは18~20才までが対象。

次にお年玉の卒業年令は、高校卒業・・・28%、20才・・・15%、大学卒業・・・57%。

我が家の支出は、甥・姪の子⇒大学生・・・5,000円×2、中学生・・・5,000円、

小学生(3,000円と2,000円)、孫⇒小学生・・・3,000円、幼稚園・・・3,000円

合計26,000円となる。

民営化された郵便局も、あの手この手の利潤追求。時代も変ったものだなあと痛感した。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

学校の目標 画餅に帰していませんか

今、どの学校も年度反省の最中でしようが、学校像が画餅に帰して(絵に描いた餅)いませんか。

かく言う私も現職時代を反省し、教育長になってから校長会へ次のような資料を提供して改善努力を促しました。下の内容はその一部。

      具体的な達成目標(数値目標)

□子ども

①自分なりに夢や目標をもち、実現のための計画を立てることができる。

②読み書きの学年内容を確実に身に付ける。(16年度定着度テスト平均87%→90%)

③一日の学習の中で、1回以上自分の考えを挙手して発表する。

④校内事故や問題行動を20%減らす。(16年度事故報告40件→32件)

⑤目標をもって運動に取組み、自分の進歩や上達を記録や級で確認する。

□教 師

①学級の90%以上の子どもが「先生を好き」と言える。

②研究授業を一人年1回実施し、学年・教科で授業力を磨きあう。

③地域の人材や外部講師を招いた授業を、月1回以上実施する。

④現地学習や体験学習を取り入れた授業を、月1回以上実施する。

   学校・家庭・地域との連携の中で達成を目指す重点3項目

①明るい挨拶 実施率100% ・自分から進んで挨拶します。

②家庭学習 実施率100% ・毎日、机に向かって家庭学習をします。  (時間のめあす 低学年→20分 中学年→30分 高学年→?)

                     <資料:静岡県浜松市立白脇小>

1 楽しい学校 わかる授業

 ・児童意識調査で「学校が楽しい」を99%以上にする。

 ・本時の目標の板書を90%以上の授業で実施する。

 ・読み、書き、計算の定着率を85%以上にする。

 ・算数(3~6年)で、少人数学習を年間4単元以上行う。

2 心に寄り添う指導

 ・「おはようございます」の挨拶を90%以上の子どもが行う。

 ・昼休みには週2日以上、子どもと触れ合う。

 ・読書好きな子にし、図書室の本を月4冊以上借りる。

 ・靴、かさの整頓の確認を週2回行う。

 ・家庭学習の習慣化のため、週5日行うよう意図的な指導をする。

3 開かれた学校

 ・保護者対象の学校評価を年間2回実施し、結果報告を行う。

 ・学習ボランティアを積極的に活用する。各学年、学期に1回以上。

 ・懇談会、三者面談の参加率を70%以上にする。

 ・ふれあいキャンプ、古紙回収、バレー大会に100%協力する。

4 安全・安心な学校

 ・いじめ、不登校、交通事故を年間0件にする。

 ・病院につれていく校内事故を学級で年間2件以内にする。

 ・学校敷地内で外来者に会ったら職員の声かけ100%。

                          <資料:浜松市立西小>

如何ですか。この資料は平成16年度のものです。評価可能な目標を設定しているところがユニーク。7年経過した現在、どんな反省に基づきどのように改善されてきたかが気になります。

学校改善は教職員の意識改革が大前提となります。しかし学校格差の大きいのも事実。

私が教育長をしていた町では、保護者全員に学校評価を実施し、次年度の学校経営に反映させた学校は40%のみでした。

教職員に『やる気を喚起』させるのに時間がかかります。しかし、待ったなしの課題もあるので、観点・視点を焦点化し、PDCAのマネージメント・サイクルが機能する学校経営に期待を寄せています。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

  《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

ノーベル賞 授賞者のサイン

ノーベル賞(Nobel Prize)の歴代授賞者の恒例の慣わし。それはノーベル博物館内にあるカフエ内の椅子の裏にサインすること。

化学賞の栄誉に輝いた根岸英一氏のサインはBest wishes。意味はご多幸を祈ります(手紙の結びや贈り物にそえる文句)だそうだ。丁寧な言い方では With (my) best wishes.

ちなみに、「どうぞご家族のみなさんに宜しくお伝え下さい」は、Please give your family my best wishes. となることが英和辞典に書いてある。

早速、私は年賀状にこの言葉を取り入れた。

1

こんな簡単な英語を知らなくて、よくも高校や大学で英語の単位を取れたものだと呆れる。

ところで、この根岸氏のサインの話題が教室でなされただろうか。

教科書を懇切丁寧に指導することは当然だが、一歩横にそれてこのような旬の話題を取り上げ、 one phraseやone sentence から発展的に触れることも子どもにとって忘れられない思い出となることだろう。

私にもこんな思い出がある。高校2年生の英語の時間。池田先生が「佐藤君、窓を開けてくれませんか?」と英語で指示しました。彼が窓を開けたら皆に向かって「どうして今、窓を開けたか分かりますか」とのこと。

クラスメイトが怪訝な顔でいると「今、誰かがオナラをしたので臭いです。だから窓を開けてもらったのです。窓はwindow  オナラ・屁はwind :臭いや香りもwind おう(ow)臭いと言って窓を開けるから wind+ow=窓になったのです」との駄洒落なのですが、この言葉は何時までも覚えている。

また、道教委に居る時、ある高校の英語の先生が、「単語の前にnonがつけば、no not と同じ意味で否定することなのですよ。stopの前にnonを付けて non-stop(止まらない)、non-metal(非金属)・・・・で、非・・・・、不・・・、無・・・・の意味になるのですよ」と教えてくれた。

カリキュラム管理に邁進するのみでは面白い授業にはならないと思う。今教えている内容に関連する発展的なことにも触れる『心のゆとり』が欲しいものである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

笑いで ガンに対する抵抗力アップ?

先週の日曜日、北広島市芸術文化ホール『花ホール』で『ふれあい笑劇場』の公演を観賞してきた。

1_2

このふれあい笑劇場がスタートして9年目を迎えたのこと。

出演者は北広島市と栗山町(注:鳩山前総理の先祖の神社があることと、議会基本条例を全国に先駆けて制定したことでも有名)の人達との合作。

三つの演目?の中で『シルバー結婚行進曲』が一番笑いを呼んだ。

卒寿(90歳)を迎えるという寅太郎が結婚したいと言い出し、矢島家はてんやわんやの大騒ぎ。新婦は喜寿(77歳)とのこと。

仲人や新郎新婦のお祝いの言葉や司会者の台詞が絶妙。

とに角、笑の連続。収容人数600人のホールも満席。

出演者の中には確か90歳を超えている人もいるとのこと。

劇の中の来賓挨拶に北広島市長も出演。

「クラーク博士はBoys ,Be Ambitious!と言いましたが、これからは Gigi and Babas, Be Ambitious ! ですねsign02」との名句。

2_3

いずれにしても、単なる笑いだけではなく、身の周りや現代社会の抱える問題を風刺するなど、多岐に及ぶ笑いを創りだしてくれた『香いちろう』先生に心より感謝、感謝。

なお、これまで検証されている『笑いの効果』は下記の通り。

①ガンに対する抵抗力をつける。 ②免疫力を高める ③自律神経の活性化 ④ストレス軽減 ⑤激痛緩和 ⑥緊張緩和

とに角、『笑いに勝る良薬なし』が医学的に解明されたとのこと。だから、これから、私の大好きな『綾小路きみまろ』のCDを買いに行こうと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

霜月の陶芸作品

妻の陶芸作品二点が焼きあがった。

1

シーサーは、沖縄県などでみられる伝統の獣の像。建物の門や屋根、村落の高台などに据えつけられ、災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けの意味を持つ。名前は「獅子(シシ)」を沖縄方言で発音したものとのこと。

2

3                                                          陶香炉は香り入りのヤンキーキャンドルを灯し、香りと灯を楽しむもの。

玄関にラベンダーやローズ、セイジなどの香りが漂ってくると癒し効果抜群happy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

首長の発言と しつけ 

最近、政治座談会や国会の予算委員会等の論議を聞いていると、発言している途中に意見を言い出す政治家などの姿を目にします。本当に見苦しい。これらの人達は小学校時代から『しつけ』られてこなかったのだろうsign02

教育長時代にもこんなことがあった。

部課長会議において、ある課長が発言している最中に、町長がそれを封じ強引に自分の考えを述べだしたのだ。

課長はマタカといわん顔で一端引き下がったが、顔を赤くして我慢している様子。そして、会議終了後に「町長は我がままで困るよなsign02」との陰口。

堪りかねた私は、同じような場面に遭遇した機会を捉えて、

「町長、今、部長が発言している最中です。人の話を最後まで聞きその後に町長の考えを述べることが正しいのではないですかsign02 

町長は日頃よりボトムアップの姿勢が大切だと職員に言っているのですが、今の議題はトップダウンで行おうとしているのですか。危機管理はトップダウンが望ましいと思うのですが、一般的な行政執行はボトムアップを尊重し職員の創造性を伸ばすことが、やる気を起こす基になるのではないでしょうかsign02

町長に対して、このような意見を述べることは大変失礼とは思いますが、直した方が良いような気がします。また、部課長も町長の陰口を後で言うのではなく、正々堂々とこのような会議の場で異議を唱えることも重要と思うのです。如何ですかsign01」と主張。

一瞬静まりかえった会議室。終了後、部課長が私に「教育長、よく私達の思いを代弁してくれましたね。ありがとうございました」とのこと。

その後、町長室に出向いた私は、失礼を詫びると共に職員に陰口を言われないような態度で望むことを要望。

腹の虫がおさまらないにも関わらず、町長は

「今日は先生に叱られちゃったなあhappy01これからも変なことがあったら指摘してくれないかいsign03」との弁。

さすが太っ腹な町長だなあと感心した。

この例は、小学校時代からしつけられなかったのも一因ではなかろうかと思う。

そこで、参考までに紹介したい。

以下は私が児童数約1,900名(37学級)の学校に勤めているとき、当時の先進校の実践を参考にして『学習規律』を設定し、定着させようと強い働きかけや指導した内容なのだ。

<基本的な学習規律>

○学習直前  

・休み時間は、次の時間に使う教科書やノートなどを机の上に出してから遊 びに出る。

・チャイムが鳴ったらすぐ席に着き、自分なりの学習をしながら先生を待つ。

・授業の始めと終わりの挨拶は起立して行う。

○学習態度   

・挙手は「ハイ」と1回だけ言い右手を斜め前に上げる。

・指名されたら「ハイ」と元気に返事をする。

・机上には筆入れは出さず、使う鉛筆はノートの上に揃えて置く。

・授業中は勝手に立って歩かない。

・答えを口走らない。

<一般的なしつけ>

○話し方

・発表や話はゆっくり語尾をはっきり言う。

・発表は結論を先に言い、理由づけを正確に行う。

○聞き方

・間違った発表があっても笑ったりいやがらせの態度をとらない。

・意見や質問は相手の話が終わってからする。

○書き方

・学習中のノートは先生の指示で書く(低学年)。

・ノートは教師の板書と同時に書く。

・シャープペンシルは使わない。

<教 師 側>

■授業に必要な教具や配布する資料等を事前に用意しておく。

■チャイムが鳴ったら直ぐ教室に入れる姿勢をとる。

■何かの都合で教室に行くのが遅れた場合は、自学自習しているようにしつけておく。

  にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ   《クリックありがと!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

授業づくりと『学習規律』 ①

学級崩壊や授業崩れの学級を訪問して分かることは、授業開始の時間であるにも関わらず着席していなく、廊下や教室内で遊んでいる子が多い学級です。丁度、テレビドラマの『やんくみ』の3Dクラスのような学級です。

このような学級になった原因はいろいろありますが、その一つに『学習規律』を身につけさせる指導に手落ちがあったと思われます。

できるだけ全員が足並みを揃えて学習に集中し、かつ限られた時間内で学習効率をあげるためには、全校げて学習規律の育成に努める必要があります。

インターネットで調べてみたところ、島根県のある小学校の実践が目に留まりました。この学校では、下記のような学習規律を設定し取組んでいるのです。

     学習規律10項目

①学習用具を自分で用意することができる。

②鉛筆を自分で削って準備することができる。

③引き出しの中を整頓することができる。

④時間になったら遊びをやめて、授業の準備をすることができ る。

⑤椅に正しい姿勢で座ることができる。

⑥授業開始・終わりの挨拶をすることができる。

⑦友達や先生の話を黙って最後まで聞くことができる。

⑧指名されたら「はい」と返事ができる。

⑨みんなに聞こえる声で話すことができる。

⑩鉛筆を正しく持つことができる。

しかも、学習規律10項目の得点と島根県学力調査結果との相関関係も調べているのです。

学習規律と学力調査結果(H18年5月島根県実施)の相関関係(5年生)

      学習規律の得点   国語(平均点)  算数(平均点)

      8・9・10点の人      82.7      82.7

      3~7点の人        64.6      64.6

      0・1・2点の人       46.9      50.9

この傾向はほぼどの学年にも当てはまり、学習規律がきちんと身についている児童は学力も高いと指摘しています。

私も算数・音楽の教科担任や補欠で他学級の授業に臨んだとき、学習規律が身についていない学級では、学習開始までの時間が遅れたり、注意事項が多くなり不快感を抱いて授業をしたことがありました。

特に算数では、集中力が欠如しているため思考が深まらず、結果的に学力があまり伸びない学級も。

従って、このようなことをなくするために、『学習規律』の手引きを作成し、繰り返し指導に当たっている学校もあります。

ここで気をつけなければ点は、授業づくりの前提となる『学習規律』を身につけさせるためには、教師側と子ども側の両面から捉えなければなせないということです。

特に子ども側の育成には、一方的な押し付けではなく学年の発達段階に即した理由を認識させる必要があります。

そして、子ども達と話し合って、最低限度の約束事を設定することが重要です。その具体的内容の一例を明日UPします。                    (続く)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

暖冬の公園

久しぶりに妻と平岡公園西部地区へ。数日前に降った雪も見事に融け春先のような気候。小さな感動場面を数枚UPしてみる。オシドリ夫婦かな?

2_2                    

                       パークゴルフ場

3

             タンポポの狂い咲きとナナカマドの実が鮮やか。

5 4

                    この階段を登ると梅林。

6

          賑わった梅林祭りがウソのよう。老木の生命力に驚く。

9 7

                    威容を誇る『梅の香橋』

8

気温10℃。木道やパークゴルフ場の柔らかなラフの上を約2kmほど歩いたので、気分爽快な昼下がりとなった。

また、『ハンカチ王子』こと斉藤祐樹が日本ハムと仮契約をしたとの朗報。ファンの一人である私にとって、今日は素晴しい一日だった。

                                 (記:12/6 17:00)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

兼高かおる 残念聞き漏らした

今朝は4時15分に目覚めたので、ブログを更新しながら途中からラジオのスイッチをON。『ラジオ深夜便』で優しい語り口の女性の声。海外旅行生活について何かを話している。

「今の人達は余裕がないですよね。忙し過ぎないsign02 余裕を持って自分を活かせば、人に貢献できるのですよhappy01・・・・・・・。」

アナウンサーが「今朝は昨日に引き続き兼高かおるさんにお話を伺いました」で番組終了。

私は、「えっ、兼高かおるだったのかsign03 知っていれば最初から聞いたのに・・・・」と一人語。

1

上品な言葉遣いで世界の人々と親しく接する番組『兼高かおる世界の旅』の彼女。

既に亡き人と思っていた彼女の声。私より10歳年上(82歳)でありながら、現在も世界の旅は継続中とのこと。

『兼高かおる世界の旅』は、私が教員になった昭和34年に開始されていたが、当時はまだ一般家庭にテレビが普及していなかったので見ていなかった。下宿生活4回目の農家で初めて視聴した番組。

この番組は1,586回も継続され、取材での移動距離は地球180周分に達し、140ヵ国にも及んだとのこと。

敬愛する彼女だったので、横浜に行ったときは彼女が館長をしていた『人形の家』(山下公園にあり、後任は石坂浩二)を訪れたものだ。

「旅は冒険がつきものですのよsign01・・・・・・・チャレンジするから喜びもあるのです」と語る彼女に多くの共感を覚える。

私の旅好きは、おそらく『兼高かおる』に感化されたものではないかと思う。パリに2週間、南フランスに2週間、グアム島に6週間、ハワイ島に3週間。いずれもコンドミニアムでの自炊生活。

現地のスーパーやマルシェでの買物。現地人との触れ合い。語学能力がゼロに近いので数個の英単語と身振りでの交流。緊張と喜びが交差する旅。そこに魅力を感じている。

なお、飛行機はマイレージの特典航空券で無料。米・乾麺・調味料などは日本からの持ち込み。一部屋を2,3人で泊ると一人当たりの宿泊費が1日2,000~3,000円で済む。

来年は3/13~4/20までグアムのレオパレス・リゾート内のラ・クエスタEに宿泊予約が完了。

2

南国で水泳とウォーキング、熱帯魚の観賞で心と体の健康維持が目的。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

難聴児の指導に学ぶ

6年生担任の1学期末にF君が転校してきました。母親の話によると、

『幼稚園の頃、3,4日高熱が続き、その時にうった注射がもとで耳が聞こえなくなった。難聴学校へ入れようか迷ったが、全国の有名な病院でいろいろ治療したおかげで少し回復し、普通学級でも何とかやっているので、宜しくお願いします。』とのことでした。

早速、座席換えし一番前に座らせました。授業中、ノートをとることなくジット見つめ、時々「何ですか」と聞き返す子。

声だけでなく教師の唇の動きを見て内容を判断していました。健常児に比べ耳と目で集中するので、かなり疲れるようでしたが、何でもないですと自分に言い聞かせる子でした。

早口の私は、彼のお蔭でゆっくり話すよう気をつけるようになりました。F君には数名の気持ちの優しい友達をつけ、いろいろサポートしてもらいました。

大らかな性格で友達から「何ですか」とヤジられても、余り気にしない子でした。親はF君の進路を大変心配していたようです。

ある時、「お宅の子は、理数関係に優れた能力を持っています。できればそちらを伸ばして欲しいですねsign02」と私から助言があったそうです。

それから夫婦はタッグマッチで数学・理科を中心に指導を継続したそうです。公立高校も無事に合格し、その後、歯科医を目指して涙ぐましい努力を重ねました。確か、3浪した後、国立大学の歯学部に入学そして卒業し、現在、札幌で歯科医院を開業しております。

親の心情、子どもの状況等、教師の子ども理解と励ましの姿勢が、子どもの成長に限りない光とエネルギーを与えることになることを学ばされました。

なお、F君が結婚する際に母親が私の消息を調べ、わざわざ公宅まで訪ねて来てくれたのです。勿論、結婚式では『松のテーブル』に案内され、歓待を受けたのです。その席に東大の女教授第一号の方と同じく東大で数学を教えてる教授が、

「私の甥が大変お世話になったそうですが、先生は数学が専門と聞きました。、研究ジャンルは何ですか」と質問され、穴があったら入りたい気になったことを思い出します。

来年もまた、4人?の子どもに囲まれたF君からの年賀状が届くことだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   ≪クリックありがとう!≫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

初冬の散歩道

四季折々の自然をめぐる私の散歩道。平岡公園の東側エリア。

1 2

春は桜、秋はナナカマトの並木道。喧騒から離れた癒される場所。

3

公園西部は梅林で観光名所。湿地帯もあり過去ブロ『花見&ウォーキング』でアップした。

宇宙広場は水・金・地・火・木・土・天・海・冥の太陽系を表した広場。雪が薄っすらと積もっている。この奥に木道の遊歩道がある。夏はひんやりとした木陰に覆われている。

4

あと数週間もすると、この斜面でスキーや橇(ソリ)を楽しむ子どもらの姿が見られることだろう。

       (追記:12/5 今朝は黄砂飛来の影響で基調色が薄赤の景色)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

散歩での気づき 乱塾時代と受験戦争

晴天に恵まれたので散歩に出発。

上野幌東小学校前にこんな掲示版。

2_2 1_2

降雪の多いこの地域に太陽光発電とは凄い試みだなあと驚く。学校の屋上で工事をしている様子がうかがえる。

平岡公園小学校の横を通るとサッカーコ゜ールが横に倒して保管されている。子どもがぶら下ってゴールが倒れて怪我をした人が、今年だけで約40人弱(北海道で)いたとのこと。危機管理はOKと頷く。

3

学校の直ぐ近くに沢山の学習塾。

5 4

7 6

9 8

10 11

「乱塾時代」という言葉は「受験戦争」時代に生まれた造語であると認識してきたが、少子化時代にもかかわらずこれほど学習塾があるとは予想もしていなかった。

実績をPRし児童生徒募集に汗水流す塾経営者。少子化時代を生き抜く商魂逞しい戦略は保護者の心をトリコにしているような気がした。。

私の経験から言えば、塾に通っているから学力が向上するとは一概に言えない子が多かった。学力向上は本人の「やる気」と「自主的・能動的」な学習態度・能力に関わっていたように理解している。

数人の大学教授の話によると、最近の学生は与えられた課題に対して的確に対応できる能力を持っていながら、卒論で何を書いてよいやら分からない大学生が増えてきているとのこと。この傾向は東大、京大でも同じ傾向とのこと。考えさせられる問題である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

犬小屋で生活? 奇妙な行動

4校目の学校での話です。

全員着席して授業を受けているはずが、いつの間にか一人足りません。不思議なことに座席が空いているのです。「N君はどこに行ったかからないsign02」との問いに、数人の友達が机間の後方を指すので、そっと覗いて見ました。そこには、真剣にハイハイするN君がいるではないですか。5年生になっているのに面白い子だなと思いましたが、そっとしておきました。

ところが、全校朝会の折に奇行が始まったのです。やはりハイハイしているのです。私は他の先生方から指導力を問われるので気にしながらハラハラしていたのですが、本人は全然気づかずにハイハイを続けていました。

学級に戻って注意すると、クラスメイトは「何時もそうなの。○○先生にもよく怒られていたんだよsign01」とのこと。

家庭訪問の折、母親の言うことには、「私は○○県から駆け落ちして来たのsign02北海道に身寄りもないので、或るスーパーに住み込んで雇ってもらったの。子どもが直ぐできたけれど、保育所もないから、Nを犬小屋の側に紐でつないでいたら、いつの間にか犬小屋に入って餌まで食べていたんだ。その子がこんなに大きくなってねhappy01」と子どもの成長を喜んでいました。

「お母さんのしつけがなっていない。子どもの好きなようにさせていると、よくこれまでの担任に怒られましたが、二人で働いているので目にかけてやることができないのsign01」とカラカラ笑いとばす母親でした。

それから数日して、またN君の奇行が始まった機会を捉えて、クラス全員に彼の生育歴、親の心情などを教科の授業を中断して話しました。

本人には”5年生になったのだから、直すよう努力しなければならない”と諭しました。また、クラスの人達にも、N君のハイハイは直ぐなおらないと思うが、みんな大目にに見てやってくれるようにと頼みました。

有難いことにN君は学級で孤立することもなく、いじめられもせず、無事卒業していきました。

その後、私が教頭昇任になった時、親子でお祝いに駆けつけてくれたばかりでなく、転勤の度ごとにN君は泊りがけで遊びに来てくれました。

社会人として一人前となった彼は、久しぶりにメル友とのトラブルの解決に、私の助けを求めて来訪しました。数日後、解決の報告が電話でありました。

そもそも、師弟関係とはこうなくてはいけないように思っております。亡き父も、教員でしたが、夏季・冬季休業中になると、教え子が我が家に勉強に来ました。その教え子が成人になってからも、「彼女にフラレタのでどうしたらよいかsign02」とか、「結婚したいが、どうしたらよいのかsign02」などなど、相談に来ておりました。

教育は限りない愛情と期待する姿勢が大切であることを、深く学んだ事例の一つです。

いま居る子どもには、その子なりの生育歴があり、生育環境や交友関係、これまでの体験などに差異があるわけです。それにも関わらず、教師は個性的な発達を軽視し問題面だけにとらわれて判断を下し、一方的に正そうとしがちになります。

子ども理解には、過去を現在の指導の手がかりとしたり、子どもの置かれている状況との関係で問題をとらえ、長期的展望をもって働きかけることが大切であると思うのです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

空間が狭まった我が家

私の腰痛に気をつかって、今年の冬囲いは全て妻の仕事。無事終了したら師走を迎えていた。

今まで庭に飾られていた陶芸作品や鉢植えの花も適所に移動。

5_2 4_2

1_3 6_2

7_2 3_2

私の書斎にも花々。急に空間が狭まったが、植物に囲まれて暮らすのも心が和む。

今日、12月1日は朝日が部屋の置くまで射し込み、出窓に置いてあるガラスの置物がきらきら輝き、中には壁に七色の虹を写すのもある。

2_3

眩(マバユ)いような光景に、慌ててシャッターを押したが、逆光で美しさも半減してしまった。

8_2

14:30から雨。折角積もった雪も殆ど消え失せがっかりweep

                                                                         (記:12/1  18:10)

追記:12/2  6:44頃 震度3の直下型の地震発生。数分してまた揺れる。最近、震度1~2程度が数回発生している。不気味このうえない。大きなのが発生しないことを願っている。

なお、気象庁では震度3と発表したが、北広島高速インターチェンジでは4.7、札幌清田区では4と発表。我が家は北広島と清田区に挟まれている地域なので恐らく震度4なのではないかと思う。横揺れがなくガタン、ミシッと家全体が落下する感じだった。(17:15 NHKニュースを聞いて分かる)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

不登校児の 校長室登校

平成21年度における不登校児童生徒数(北海道公立小・中学校)は小学校763人、中学校3,421人、計4,184人で全児童生徒数の0.99%であった。この数字は平成14年度から横這え傾向とのこと。

私は不登校に関して忘れることのできない経験がある。それは、長い間不登校のB君が6年生の修学旅行の4日前から約3か月間、校長室登校をし、その後、教室で友達と一緒に学習するようになった事例だ。

また、学級で俗にいう『お客さん』扱いされていたA君が、B君と共に将棋に興味を示し、校長室で仲良く将棋さす姿。

特にA君は目標を掲げて努力した結果、大きな大会で6位をとり、そのことが契機となって生活態度や弟妹関係が改善されていったことがあった。

この二人の子どもの担任であった女教師が、私に寄せて下さった手紙を紹介し、子どもとの触れ合いの大切さを知っていただきたい。

「校長先生が退職したら、A君がかわいそうだなあ」。これはB君の言葉です。A君にとって将棋との出会いは、彼の人生を大きく変えるすごいことでした。

A君は、まじめで一生懸命で、思いやりがあり、強い心を持った子です。将棋を教えてもらってから、その良さに磨きがかかり、自信が彼を生き生きさせています。そのA君と同じように自分も寂しいことをB君はよく分かっています。

でも、自分のことよりもA君のことを思いやる言葉を言えるようになったのは、校長先生の大きな温かさのおかげです。

初めて校長室に入った時の、こわばった顔がどんどん明るい顔に変り、少しずつ他の人の前でも明るさを出せるようになりました。

私は担任として「校長室にはきっと何日しか居られないだろうから、何とかしなければ・・・・・」と焦っていたのですが、校長先生は何か月も受け入れてくださり、教室に来られるようになった後も、休み時間や放課後、夏休みや冬休み、土曜日の午後、そして中学生になった今も、温かい笑顔で迎え入れてくれます。

校長先生から教わったことは沢山あります。子どもが安心して自分を出せる空気をつくること。子どもの良さを見つけ、伸ばし、自信を持たせてあげること。子どもを決して傷つけず、がっかりさせず、子どもが必要とする間、ずっと受け入れてくれること。

子どもの大きく揺れ動く心を全部包み込む懐の広さと深さ。どんなにすごいことをして下さっても、いやいや大したことじゃないと答える心の大きさ。・・・・・・そういう校長先生の姿を毎日見せていただいたことは、私にとって貴重な学習となりました。

A君とB君と一緒に私も育ててもらいました。A君とB君の担任で良かったと心から思います。・・・・・・・後半略。

如何ですか。校長は暇だから出来るのであって、私達はただでさえ日常の仕事に忙殺されて、そのようなことは無理であるとつぶやく教師の声が聞こえてくるような気がする。

どうでしょうsign01問題行動の子どもを抱え、悩み苦しむ毎日を送るよりは、教師自身の姿勢如何で、子どもは大きく成長することを信じ、出来ることから取組む教師が増えることを願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »