« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

「北海道家庭学校」創設者の映画 「大地の詩」

オホーツク管内遠軽町の児童自立支援施設「北海道家庭学校」の創設者、留岡幸助(1864~1934)の生涯を描いた映画「大地の詩 留岡幸助物語」が、5月からの札幌本上映に先駆けて、3月4日から6日まで新札幌のサンピアザ劇場で上映される。

1 明治24年、北海道三笠(旧産炭地)にあった空知集冶監に教か師(囚人を教えさとす宗教家など)として赴任、囚人の生い立ち調査から、犯罪の芽が幼少期に発するという事実を知り、家庭教育の大切さに気づいて、東京・巣鴨に「家庭学校」を創設、少年感化事業、そして福祉の先駆者となった留岡幸助の生涯。

後に彼は、都会の教育に無理があることを知り、「人は本来自然と一緒にいるべきなのに、自然と離れてしまったために健康も精神も破壊させられる」と北海道遠軽に分校(現・社会福祉法人北海道家庭学校)を開設。

その教育は今もなお受け継がれ、その土地は「留岡」という地名になって現在に至っている。

私が「北海道家庭学校」の存在を知ったのは、4校目の学校へ行ってからだ。過去ブロ『北海道家庭学校の 今と昔』を参照のこと。

特に彼の語録で印象に残っているものが二つある。

一つは「流汗悟道」。座右の銘にしている。

他の一つは「我が国の教育は情味がたらぬ。情味がたらぬということは、色々な悪結果を生む。学校さえやれば子どもは良くなると思っている親。学校が二分で、家庭が八分なのだ。」

なお、5代目校長であった谷昌恒の教育論(一例:心の扉)から、私は多くのことを学んだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

ホノルルとパンケーキ

昼前にハワイの景観を撮ったビデオを見ていた。

3

娘のブログ友達の紹介で探し求めたのがエッグスン・シングス(カラカウア通り沿いでアラモアナ通りとちの角近く)。昼近くに行ったところ、日本人観光客で行列ができていた。パンケーキと卵料理が評判。注文したのはこれ($9.95)

1_2 2

妻が「久しぶりにパンケーキでも焼こうかsign01」と言って、作ってくれたのがヨモギ入りのもの。

4 このヨモギは、昨年5月に摘んできた柔らかいものを、すり鉢でつぶし冷凍庫に保存していたもの。

食べると、春を先取りしたような香りと味が口一杯に広がる。

蜂蜜、バター、こしあんを塗ったら更に美味しかった。

「今年の春は、少し多めに採ってこようねsign02」と満足顔の二人。

我が家では、ギョウジャニンニク(別名:アイヌネギ)も食べつくし、後はフキの塩漬けが少々残っている程度。5

今年は、支笏湖方面でアズキナ(左の写真で地元ではピョンと呼んでいる)、夕張山系でシドキ(俗名:モミジガサ)も採り、保存しておこうと思う。

農薬や化学肥料抜きの山菜は安全・安心だ。

春が待ち遠しい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

バッシングも当然 岩見沢集団食中毒

「これじゃ起こるべくして起きたとも。食中毒の調理所にかねて保健所から再三の指摘。原因を手操るとサラダの向こうに人の油断と緩みが。」(道新夕刊の直線曲線の記述)

1,500人を超す被害者を出した岩見沢市の集団食中毒で、共同調理所は、これまでも繰り返し保健所から衛生面の不備を指摘されていたにもかかわらず、改善を怠っていたとのこと。

発生原因は厚生労働省が定める大量調理施設衛生管理マニュアルの規定から外れた設備や作業方法を再三指摘されていたにも関わらず、改善されてこなかったところにあったようだ。具体的な原因は下記の通り。

①かまと付属アームについて、80度で5分間以上の熱湯消毒をしなければならないのに、52~53度のぬるま湯で洗浄消毒を行っていた。

②加熱前の生ものを置く汚染区域と、加熱後のものを置く非汚染区域が接近していた。

③食材を保管する食品庫で露出した状態の食材と、外部から持ち込んだ段ボール箱など一緒に置いていた。

④手洗い設備の少な過ぎる。

⑤25度以下の室温を保たなければならないのに、29度の室温があり、菌がより繁殖しやすい環境だった。

⑥ゆでたブロッコリーをざるに入れ水で冷やす際、床に近い場所にざるを置いていたため、水が床から跳ね返る状態だった。

このように、多くの手抜きがあったと疑われるほど、管理全体のズサンさが指摘されている。

なお、報道されていないが、正規調理員が病欠や年休行使の際に、臨時調理員が仕事をすることになっているが、その人達の衛生面の意識も問題になってくる。岩見沢市の場合、臨時調理員の登録制と定期的健康診断及び検便などのチェツクも厳密になされていたのかどうかも疑問視される。

今回の食中毒は老朽化していた施設に問題があったかのように受け取られがちであるが、そのような施設は全道には沢山あると思う。要は、調理に携わる人の気の緩みが一番の問題である。

今後は再発防止に向け、調理職員に対して、食の安全についての再教育を徹底し、衛生面の基礎知識をあらためて身に付けるとともに、子供たちの健康を預かる仕事に就いているという自覚をしっかり持たせて欲しい。

更に、最高責任者である教育長は年に数回、調理所を視察し、調理過程の問題点と施設の改善点を具体的に把握しなければならない。そして、理事者に改善を強く要請する姿勢がなければならない。

市長は今回の食中毒に関わって、改善を怠った責任から、自らを減給処分とする考えを示したが、直接の責任者である教育長や学校給食課長、調理主任?道の栄養士も、自らの責任のとり方についても、厳しくなければならないと思う。

他の市町村も今回の問題を他山の石として、あらためて調理所の態勢を総点検して欲しい。

【注釈】 文科省が97年に改定した基準では、床などを乾燥状態に保つドライシステムの採用を求めているが、各自治体の財政状況から改善されていない調理所が多数をしめるようである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月25日 (金)

春を告げる カサブランカ

2月24日、書斎に待望のカサブランカが咲いた。微(かす)かな甘い香りで清楚な花。我が家の庭に咲く夏のカサブランカは甘く強烈な香りなのだが、この沖縄産のは優しい香り。

1

この花を見て、アカデミー作品賞を受賞し不滅のラブロマン映画『カサブランカ』の主演女優のイングリッド・バーグマンを思い出し、早速、ビデオで『カサブランカ』の観賞。

今、エジプト、リビアなど北アフリカに熾烈な民主化運動が勃発しているが、モロッコの首都カサブランカは平穏を保っているのだろうかと少し気になった昼下がり。

追伸:2月26日のカサブランカ  2日間日差しが差し込んだため4つも開花。

2

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

荒れた中学校 再生に向けての実践姿勢

校内暴力、ツッパリグループによる対教師暴力をはじめとする粗暴行為の頻発。教師への不信感の増幅。教師間の足並みの乱れ。生徒指導主任達が自分達の無力さに歯がゆさを感じつつも、打つ手が分からないA校の教師集団。

この中学校では、問題行動生徒への説諭、その保護者への協力依頼、輪番での校内巡視、PTAとの合同環境整備、保護者の授業参観、関係機関との連携、長期休業中の学力補充等々、考えられる限りのことに取組んだ。

しかし、一時的な効果はあったが、生徒の突発的問題行動は止まらなかった。対応に疲れ切った教師、問題行動に走る生徒ばかりか、一般の生徒にも背を向ける教師など。

春休みに校長、生徒指導主任を中心とした有志の教員が、A校の改善を目指して研修を行った。生徒の教師に対する信頼感の回復と、生徒とともに歩み、活動する教師の姿勢、活力ある学級、学校づくりが基幹になるとの結論に達したとのこと。

そこで教師の実践チェックポイントを設定し共通実践に取組んだところ、教師の目の輝きとともに、生徒の言動にも光り輝くものが出てきたとのこと。

             (参照:教育雑誌『悠』 1992.12 子供の生き方研究会 山本修次)

上の事例は荒れた学校の一般的な様相である。しかし、荒れを経験して初めて気づくものでもある。教師は生徒と向き合い、共感的に理解し、苦楽を共にする姿勢から信頼関係が醸成されるこを実践的に会得するものであろう。

参考までにA中学校の実践チェックポイントを紹介する。

○生徒とともにいる時間(活動する時間)をできるだけ多くもとう。

●一人一人の生徒に声をかけよう。

○一人でも多くの生徒の名前を覚えよう。

●生徒の長所をみつける努力をしよう。それをほめ伸ばそう。

○生徒の相談には必ずのろう。

●一人でも多くの生徒が活躍できる場をつくろう。

○生徒のだれでもがリーダーを経験できる機会をつくろう。

●失敗してもじっくり待ち最後までやらせよう。

○生徒とともに活力ある学級づくりをしよう。

●学活の時間や委員会活動を活発にしよう。

○教室の掲示を盛んにしよう。

●学級のスローガンをつくろう。

○教師の強がりはやめよう。

●新1年生への指導は「しめる指導からあたたかい指導」にしよう。

○家庭や地元にはできるだけ足を運ぼう。

●問題が起きた場合には全員で動こう。

○問題行動には、き然とした態度であたろう。

●授業の始めと終わりはけじめをつけよう。

○自作の教材わつくり、わかりやすい授業に努めよう。

生徒指導の基本は、生徒一人ひとりに限りない愛情をもって、本気でかかわり合っていくことであろう。時には指導の効果が見られず焦り、投げ出したくなることも多いがその心に負けてはならない。根気強く、その子の心に寄り添って、共に歩む姿勢が求められよう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

岩見沢食中毒と 教育委員会の誠意

岩見沢市の集団食中毒問題で、岩見沢市教委は21日、休校している9小中学校のうち、小中各2校で22日(22日:午前授業 23日から平常授業)から授業を再開することを決めたとの報道。

4校の再開は、これらの学校・学年で登校可能な児童・生徒が7割を超え、また岩見沢市医師会から、症状は二次感染の可能性の低いサルモネラ菌が原因との見方を示されたことなどから決めたようである。

問題は、まだ休んでいる児童・生徒(3割以下)に対する学習保証をどうするかである。特に、系統性の強い算数・数学は1週間休むと4~5時間分(小学校:1単位時間45分、中学校:50分)進むので、その分の授業の遅れをどう取り戻すかである。

登校再開した児童・生徒は6時間授業で対応することになっているが、現在も休んでいる児童・生徒への対応も明確に示すべきである。

市教委は22日の小中学校のPTA役員向け説明会で、児童・生徒の心のケアのため、スクールカウンセラーを各校に派遣することを報告。

しかし、これで事を済ませてはいけないと思う。

学校給食共同調理所が食中毒の発生源であることが判明したので、教育長や学校給食課長が関係学校を訪問し、PTA総会(臨時)で先ずお詫びし、その後、きちんとした説明責任を果たすべきである。

また、PTA総会に来られない保護者に対しても、文書をもって教育委員会の誠意ある態度を示すべきである。

もし、時間的余裕がないとの理由でそれを回避したなら、その危機意識のなさが今回の集団食中毒を引き起こす誘因になったとも思われる。

岩見沢保健所が設備の改善なども指示するとのことであるが、老朽化した設備にも関わらず、予算がないとの理由で改善されていないのであれば大きな問題である。

子供の命に関わることなので、万難を排して改善しなければならない。特に、市理事者に予算化するよう強い働きかけが必要である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

マーガリンは有害?健康被害をもたらす 

高価なバターの代用品として登場したマーガリン。以前は人造バターと呼ばれ、安価なため一般家庭にも広く使用され、学校給食でも食パンに塗って食べるよう指導していた。

ところが、カリフォルニアで自然食品業界のためのコンサルティング会社を経営していたフレット゜・ロー氏が、ある実験もとにマーガリンの危険性を指摘した。詳しくはブログ『食用油・マーガリン危険な食品です』を参照のこと。

実は、マーガリンの主成分であるトランス型脂肪酸がさまざまな健康被害をもたらすことが明らかになっていたのだ。

これに対する各国の反応はこうだ。

△ ドイツ  マーガリンの害を最初に指摘した国で、製造を規制している。

△ オランダ  トランス脂肪酸を含む油脂製品をすべて販売禁止している。

△ デンマーク  トランス脂肪酸の含有量を制限している。

△ フィンランド  多くの消費者はトランス脂肪酸ゼロのマーガリン「ベネコール」という商品を使用している。

△ アメリカ  食品医薬品局(FDA)が2006年1月から栄養表示のラベルにトランス脂肪酸表示を義務付けた。

日本では、毎日の平均摂取量が欧米に比べて少ないという理由で、規制が行われていません。しかし、日本で売られている食品では、トランス酸含有量はメーカーによって大きな差があり、1%以下~40%もの多量に含まれている製品などいろいろあるとのこと。

アジア圏でも韓国や台湾では表示義務規制がすでに始まっているのに、日本ではそのような動きすらみうけられません。

私達消費者が声高らかに訴えなければ、国を動かすことができないと思う。企業を擁護する体質から抜けきらない政治から脱却しなければ・・・・・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

オランダ料理 日本的な食材

その国の食文化に触れることも海外旅行の楽しみの一である。オランダ旅行では伝統的な郷土料理を求め、アムステルダム市内を探し歩いて、やっと見つけた場所が此処。

1

店の看板に日本語。そして気楽に入れそうな店。店の前で迷っているのは中国人。アジア人に会ったら「ニンハオ」か「アンニョンハセヨ」と言って反応を見ることにしている。

2 3

田舎料理の代表格であるスープとサケ料理。スープはどろどろした豆の介護食のような食感。豆をことことと長時間煮詰めたもの。

4 5

感じの好いウエイトレスで店の雰囲気も明るい。

帰りに、「また、お立ち寄り下さいねsign03」と言っているのだろう。彼女の笑顔のポーズが今でも印象に残っている。

6

このオランダ旅行は10/19~10/23の4泊5日の短期間だったが、早朝から21:00頃まで精力的に見て周り、充実した旅行だった。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

社業の利益で 高齢者タウンづくり

道新(2月19日付)に明るいニュースが掲載されていた。教頭時代に講演をお願いしたことのある人物の話題。全文を紹介しよう。

         懇親施設や住宅整備

ベアリング製造の北日本精機(芦別市、小林英一社長)は、自社工場などを展開する芦別市西芦別町で高齢者タウンづくりに今年から本格的に乗り出す。第1弾として市から有償で研修施設を譲り受け、4月にも改装工事に着手する。

独り暮らしのお年寄りが増える地域の現状を憂えた小林社長が「民間企業としてできることを」と2億5千万円を確保して構想を練っている。

拠点となる西芦別多目的研修センターは鉄筋造り平屋約1千平方㍍。改装後は独居老人向けの懇親施設とし、希望者にはベアリング製造に関連した軽い作業をしてもらうなど収入確保策も講じる。

地域内に高齢者向けの賃貸住宅をまず10戸程度建て、入居者は近くのパークゴルフ場や旧小学校体育館などで運動できる。

小林社長は「社業で得た収益を地域で生かし、社会崩壊にブレーキをかけたい」と話している。

この会社については『北日本精機株式会社』を参照のこと。 

私は、小林社長のグローバル化社会における企業戦略と、地域を大切にする精神に惚れ込んでいる。

自分や身内の資産づくりを第一に掲げる企業経営者の多い中で、財政破綻をきたした夕張市と同じ条件にある旧産炭地で、社会的、経済的弱者?に目を向けるその精神に感服とている。

高齢者といえどもまだまだ働く意欲のある人もいる。自分の出来る範囲内で汗を流すことは、健康維持にも有益であり、少しでも社会に貢献しているのだと思うと、明るい気持ちになれることだろう。

コマは動くことによって安定を保つことができるが、人間も同じではないかと思う。動けるうちは積極的に動くことが長生きの秘訣ではなかろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月19日 (土)

グアム旅行計画 大変更 

孫達に「春休みに、グアム島で熱帯魚を観たり、プールで遊ぼうねsign01」と約束していたが、計画を大幅に変更しなければならない事態になった。

1

それは、宿泊予定のレオパレス・リゾート・グアムの宿泊料金プランが2月になって変更になったからだ。

2 計画では3/13~4/20の宿泊。孫達が7泊する期間のみ2ベットルームを借り、他は1ベットロームのコンドミニアムを予約。

しかし宿泊プラン料金の改正により、15泊以上のロングプランが廃止され、10泊以上プランのみがロングプランとなった。1ベットルームが2,700円アップの8,700円/泊。

結果的に、初めの積算に比して約16万円のアップ。JAL特典航空券を利用している私にとっては大変なショックである。

実は、成田⇔グアムをJALのマイレージを貯めて、無料の特典航空券で旅行するためには、330日前から予約しないと、なかなか取れない。

私は7月に事前視察に行ったため、その後に特典航空券をとろうとしても希望日が満席で、やっと取れたのが往路が3/13、復路が4/20日の39泊になってしまったわけなのだ。

孫達が喜んでいるのでキャンセルするわけにもいかず、宿泊期間の短縮を考えた。

即ち、特典航空券をキャンセルし普通料金(225,100円/2人~税金など込み)で行くことにした。

それでも期間が迫ってきているので、空席探しに時間を要したが、結果的に3/25、4/4に空席が3席あり予約できた。これで宿泊が28泊短くなったのでほっとしたhappy01

なお、今年から千歳⇔成田⇔グアム便利用は成田で前泊後泊しなければ利用できなくなってしまった。JALのフライト計画は道民に冷たすぎる。これからは千歳⇔ソウル⇔海外という具合に格安路線を検討した方がよさそうである。

今回の旅行変更に伴って、①航空券の確保 ②特典航空券のキャンセル(キャンセル料は3,000円/人の方が得。4万マイルが戻ることになる) ③レオパレス・リゾート・グアムの予約変更とキャンセル ④成田市内の予約ホテルのキャンセル ⑤新たなホテルの予約 等で2日間を費やした。

付け加えておくが、レオパレスリゾート・グアムの場合は41日以前のキャンセル料はないが、40日前~31日以内の場合は期間によって支払金額の10%が取られるので注意を要する。

日本人相手の日本的経営手法は、いずれ行き詰まるのではないかと思った。その例として、ゴーデン・ウイーク、夏休み、冬休み、年末年始などは別料金。

私が泊るラ・クエスタEはオフシーズンの8,700円がオン・シーズンで12,700円、年末年始のピーク時は28,200円に跳ね上がる。

ハワイ旅行も日本の旅行社を通すと、シーズンによってホテル代が高くなり、現地に直接頼むとシーズンに関係なく同じ宿泊料金なのだ。

今、韓国・中国・台湾・香港などから北海道へ観光旅行に来ているが、このような料金設定であれば、やがて客足は遠のくことだろう。「損して得取れ」の商法も廃れた日本を哀しく思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

岩見沢食中毒 衛生管理と日常点検 

岩見沢市で発生した学校給食?による食中毒(1,259人に症状)問題に対して、道教委は16日、学校給食の衛生管理徹底を求める文書を全市町村教委に通知した。

また、調理した市立学校給食岩見沢共同調理所で、衛生管理がマニュアル通りに行われていたかなどをチェックするため、担当者1人を岩見沢に派遣したとのこと。

『大量調理施設衛生管理マニュアル』により具体的な内容を理解して欲しいのだが、日常的に膨大なチェックが必要なのだ。概要のみ紹介しょう。

Ⅰ 重要管理事項

 1 原材料の受け入れ・下処理段階における管理(5項目)

 2 加熱調理食品の加熱温度管理

 3 二次汚染の防止(12項目)

 4 原材料及び調理済み食品の温度管理(4項目)

 5 その他(施設設備の構造、施設設備の管理、検食の保存、調理従業者等の衛生管理)

Ⅱ 衛生管理体制

 1 衛生管理体制の確立(15項目)

標準作業書の手洗いマニュアルはこうだ。

①水で手をぬらし石鹸をつける。 ②指、腕を洗う。特に、指の間、指先をよく洗う。(30秒程度) ③石鹸をよく洗い流す。(20秒程度) ④使い捨てペーパータオル等でふく。(タオル等の共用はしないこと) ⑤消毒用のアルコールをかけて手指によくすりこむ。  (①から③までの手順は2回以上実施する。)

このように、細かなマニュアルが器具等(調理機械、調理台、まな板・包丁・へら等、布きん・タオル等)の洗浄・殺菌、原材料等の保管管理、加熱調理食品の中心温度及び加熱時間の記録などについて示されている。

また、従業者等の衛生管理点検表はこうだ。

①健康診断、検便検査の結果に異常はありませんか。 ②下痢、発熱などの症状はありませんか。 ③手指や顔面に化膿創がありませんか。 ④着用する外衣、帽子は毎日専用で清潔なものに交換されていますか。 ⑤毛髪が帽子から出ていませんか。 ⑥作業場専用の履物を使っていますか。 ⑦爪は短く切っていますか。 ⑧指輪やマニキュアをしていませんか。 ⑨手洗いを適切な時期に適切な方法で行っていますか。 ⑩下処理から調理場への移動の際には、外衣、履物の交換(履物の交換が困難な場合には、履物の消毒)が行われていますか。 ⑪便所には、調理作業時に着用する外衣、帽子、履物のまま入らないようにしていますか。 ⑫調理、点検に従事しない者が、やむを得ず調理施設に立ち入る場合には、専用の清潔な帽子、外衣及び履物を着用させましたか。

このようなマニュアルに基づき、毎日、月毎、三か月毎に1度点検するようになっているのだが、気の緩みによって食中毒が起こることがある。

今回の食中毒発生の原因が、共同調理所で作られた給食と断定された場合、児童・生徒らの入院、治療費を市が負担する方向で検討されているとのことであるが、依然として休校(9校)している学校が再開する見通しが立たないとのこと。

そうなると、学校が再開しても授業時数が大幅に不足するので、教育課程管理面にも大きな影響を及ぼし、当然、春休みの短縮措置をとらざるを得ないことになるであろう。

とに角、早く原因究明がなされ、子ども達の健康が回復することを願っている。

それにしても、このような危機的場面に遭遇しているにも関わらず、職員1名の派遣で原因究明を図ろうとする道教委の姿勢にも甘すを感ずる。

何か、全体的に危機意識が薄いのではないのかと腹立たしくangry思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

保護者会の持ち方

過日、ある子育て中の方が「今日は授業参観日なの。参観後、懇談会もあるのだけれど、つまらない内容なので、授業を観たら直ぐ帰ってくるのsign01」とのこと。

この話を聞いたので、今回は保護者会について簡単に触れてみようと思います。

保護者会は一般に1年間に4回開催されることが多いようです。第1回目は新学期早々であり、他は学期末それぞれ1回が一般的です。

年4回程度ですから、なおさら、保護者は忙しい中にも時間をさいて、期待と不安、そして関心をいだき学校に足を運ぶのです。

ところが、学期末の学級懇談会で、担任がありきたりの通り一遍の子どもの様子を述べ、保護者の目から見た我が子の成長ぶりを、1人ずつ語ってもらうと言うパターンが多いような気がします。

そのような内容の懇談会に親は残念ながら関心を示しません。したがって、授業だけ参観して足早に帰る保護者も多くなります。懇談会に残るのは、学級の役員の方と熱心な一部の方々だけとなります。

懇談会に出て良かったと誰もが感じてくれるような内容、進め方、話し方、資料の用意を担任はきめ細かに計画・準備しておくことが大切なのです。

参考までに保護者会に好評だった内容の一部を紹介します。

① 子育てのポイント

・大阪レポート ・遊びと成長の関係 ・賞と罰の効果 ・小遣いの与え方 ・テレビ視聴 ・TV・PCゲームの光と影 ・子育て上手といわれる母親の姿 ・性教育 ・出会い系サイトの罠 ・子どもの生活実態 ・朝食と脳細胞の活性化 ・子どもの生活習慣病の改善策 ・就寝時間と成績 ・青少年保護条例と子どもの実態 ・警察とタイアップした校外生徒指導などなど。

② 家庭学習の取組ませ方

・家庭学習の時間 ・ドリル帳・ワークブックの与え方 ・家庭学習とおやつや飲み物 ・家庭学習とラジカセとテレビの関係 ・学習時間帯と曜日の設定などなど

できれば、話題にして欲しい内容・項目のアンケート調査(選択肢を列挙しておく)をし、順位を決めておくことも効果的です。そして、話合いは学級役員が司会をし、担任が説明するという具合に役割分担を決めておくことも大切です。

保護者会を軽視していたら保護者から信頼を得ることができないことを肝に銘じておくべきです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

オランダ 風車村

『オランタ゜発 ヨーロッパ・スタイルブック通信』のブログを覗いたら、『オランダ風車村から』のきれいな写真。懐かしくなって私もアルバムを開いた。

アムステルダムの北およそ15kmにあるザーンセ・スカンス。

1

オフシーズンのため日本人観光客に会ったのはただ1人だけ。イタリアに滞在とのこと。中国人のツアー客にあったので、サービス精神を発揮した私。

2_2 3

5

オランダ=風車。 ロッテルダムから約10kmのところにある世界遺産のキンデルダイクは19基の風車で有名なため、ツアー旅行の定番になっている。

しかし、私達は個人旅行でアムステルダムに宿泊していたので、風車見物にはザーンセ・スカンスが一番近い。

この村は日本でいえば「明治村」のような所。時計博物館、古民家、木靴づくり、チーズ作りも見られる。パンケーキを食べさせる小さなレストランやみやげ物店もある。

ザーン川の対岸にある村の散策も楽しい。ゆったりとした時の流れに身をまかせ、雑念の入る余地のないくらい十分に満足感に浸れる。

6_2 

7

帰りもバス。乗客(始発)は娘と私の二人だけ。

8

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

食中毒 学校給食が原因か? 検食簿は

北海道岩見沢市市内の小中学校9校で14日、児童・生徒840人と教職員15人が腹痛を訴えて休んだ。岩見沢保健所は10日の学校給食が原因の集団食中毒とみて、給食のサンプルの検査を急いでいるとの報道があった。

このニュースを聞いて、過日、テレビドラマ『スクール』で民間人登用の校長が、「検食簿をつけて下さい」と1人の職員に言われ、戸惑っていた場面を思い出した。

学校給食法に基づく「学校給食衛生管理基準」では、「検食を行った時間、検食者の意見等の結果を記録すること」と定められている。

検食の方法は

① 児童生徒の摂食開始時間の30分前までに行い、異状がった場合には、給食を中止するとともに、共同調理場の受配校においては、速やかに共同調理場に連絡すること。

② 検食の際には、食品の中に人体に有害と思われる異物の混入がないか。

③ 食品の異味、異臭、その他の異常はないか。

④ 一食分として、それぞれの食品の量が適当か。

⑤ 味付けや香り、色彩、形態などが、適切になされているか。 などなど・・・・。

この検食簿の様式は教育委員会から示されることになっているのだが、殆どの学校ではなされていないのが実態である。

私は、教頭になって2校目の時、初めて検食簿なるものを目にし、校長に代わって毎食ごとに記録していた。しかし、煩雑な事務や電話応対で検食する時間も余りなく、まして毎回記録するのも大変だった。

そこで考えたのは、昼に職員室で給食を摂る教職員に輪番で記録してもらった。また、児童が給食を摂食して違和感を覚えた時には、速やかに職員室まで連絡してもらい、そのことを校内放送で緊急連絡し、注意や中止を指示をした。

今回のように学校給食が原因?で集団食中毒が発生した場合は、当然、学校の責任者である校長の検食結果が問われることになる。もし、検食を実施していなかった場合は、当然校長の責任が問われよう。

それよりも、教育委員会が学校現場や共同調理場の責任者にどのような指導をしていたかも問われてくる。場合によっては、教育長にも責任が課せられて当然なのだ。

とに角、子供の命を預かっている学校現場や教育委員会は、手抜きのないようチェックを強化しなければならない。そのための方法やチェック内容の吟味も必要であろう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

川柳 小学校の授業に導入

5歳の孫からのFax。「おばあちゃん いつもにこにこ やさしいな」と幼稚園で作った川柳の一首を送ってきた。埼玉県のある幼稚園では川柳まで教えているのかsign02と感心した。

ところが、道内でも川柳を教育に取り入れている小学校があることを新聞で知った。同じ五・七・五の俳句と比べ決まり事が少ないため、子供でも親しみやすく、表現力や感性を磨けるからだとのこと。

実践している教員の意図・ねらい・成果を拾ってみた。

①自分の気持ちを短い言葉で表現できるようになってほしい。(江別市小2担任)

②川柳を作り続けると、自分の生活を振り返る良い機会になる。(オホーツク管内湧別町小6年担任)

③子供たちが小さな喜びを見つけるようになった。(恵庭市小6担任)

④子供たちが怒ったり悲しかったりと、心を揺り動かされた出来事を題材にし、人に興味を持ち、いずれは社会に関心を持つきっかけになるかもしれない。

全日本川柳協会は毎年、小中学生対象に作品を募集しているそうである。昨年は4861人が応募した。

2011年の募集作品の題は、小中学生のジュニア部門が「のんびり」「魚」「握る」の3題。投句料は小中学生は無料。詳しくは全日本川柳協会ホームページにあるとのこと。

なお、新聞に掲載されていた川柳3首を紹介する。

■ひきざんが すごくできるよ おもしろい (釧路市・美原小1年 松沢佑人)

■お母さん いつもせんたく ありがとう (小樽市・塩谷小4年 椎 朱里)

■参観日 初めて体育 わくわくだ (オホーツク管内湧別町・上湧別小6年 坂本奈央)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

加湿器と風邪・カビ

昭和60年当時のことであるが、A市のある小学校で初めて電気暖房システムが導入された。ところが、その年の風邪の罹患率が市内でトップという異変が起きた。

石油ストーブ暖房に比べて、校内全体の室温が高いのにどうしてなのかと検討した結果、換気が不十分ではないのかとのことで、ロングタイムに窓を開け新鮮な空気を取り入れた。

しかし、効果は余りなく、暖房費だけが他校の数倍も高いことから、いつの間にか元の石油ストーブに切り替えられた。

今思うと、湿度が低過ぎたからではないかと思われる。

石油ストーブの場合、蒸発皿に水を一杯入れてストーブの上に置き、絶えず水蒸気をたてていた。それに比して、電気暖房では空調関係に難点があったように思う。

さて、最近インフルエンザー感染が流行し始めてから、各家庭でも湿度に高い関心が集まってきたように思われる。我が家でも加湿器を二台も購入した。

2そして、 室内の湿度を50%~60%に保つように留意していた。

ところが、2か月後、窓枠の下方に異変が起きた。

水蒸気が水滴になり窓枠の埃(ほこり)に付着して、黒カビが発生したのだ。カビは健康を害する要因にもなるので、すぐ加湿器の使用を止めた。

代わりにバスタオルを適度に絞って湿度を30%~40%程度にしていたら、カビは発生しなくなった。

我が家ではオール電化のため深夜電気(23:00~7:00)で蓄熱し、放熱するシステムなため、晴天時、二階が26~30℃まで上がり玄関が一番低い温度となる。

したがって、玄関から二階の吹き抜けの天井にシーリングファンを取り付け、温かい空気を下の方へやることもあったが、カビの発生と共に使用しなくなった。

1

インターネットで『室内の湿度適正に保ちましょう』を参照にして湿度管理に努めているが、ある情報を絶対視するのではなく、その家庭の間取りや部屋の大きさ、室温等を考慮し、その家に適した湿度を知ることも重要であると思った。

なお、学校訪問や地域授業参観に行った時、教室内に湿度計が置かれていない学校が多いことにも驚いた。

インフルエンザー予防は「手洗い、うがい」の励行ばかりでなく、教室内の換気と湿度管理にも十分留意する必要があるのではないかと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

アムステルダム中央駅 交通の要所

世界のベストエアポートに選ばれたことのあるオランダのスキポール(Schiphol)空港。その地下にあるスキポール駅からアムステルダム中央駅まで、1時間に6本の割合で列車が出ている。所要時間は約20分。

1

この駅が東京駅のモデルになった中央駅。ネオ・ルネッサンス様式の赤レンガの建物。アムステル川の河口に人口の島を築き、基礎には8687本の杭を打って5年がかりで建てられたとのこと。(旅のガイドブック『わがまま歩き』32参照)

アムステルダム中央駅前はトラム、バス、メトロの停留所が沢山あり、近くに遊覧船の乗り場もあるので混雑している。また、駅を背にして左側にあるGVB(市営交通案内所)でアムステルダム・ダフカールト(トラム、バス、メトロに乗り放題のパス)を購入できるので、知っておくと便利。

2

3 5

オランダ名物?のコロッケは普通のレストランにはなく、中央駅にあることが帰国時に知った。自販機で買えるのだが、作っている様子が窓越しに見える。とても美味しかったことを付け加えておく。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

テレビドラマ『スクール』と校長

江口洋介主演のテレビドラマ『スクール』で、民間から採用された校長の悪戦苦闘ぶりを紹介している。しかし、扱っている内容やドラマの教頭・教務主任等の言動・態度は学校現場からかけ離れており漫画的であるが、校長対教職員の関係には真実味を帯びたところもある。

是非とも、卒業式まじかになったら国旗・国歌に対する校長と教職員の対立場面をリアルに再現したドラマも作って欲しい。

さて、私は38年間の小学校勤務で、15人の校長に仕え平均2.5年に1人の校長の割合だった。

辺地の小規模校では新採用校長か健康を害した校長。又は学校経営能力に若干問題のある人か他管内(北海道は14管内に分かれている)からの転入校長が一般的であった。

しかし、その反対に管内の中心的学校や大規模校には、経験豊かな退職組?校長(その学校で退職を迎える校長)か校長会の主要な役職につく人材が発令された。

時に、生徒指導上の問題を多く抱えている学校には、若かりし頃からその道で名を成したベテラン校長が赴き、課題解決に汗水を流した事例も幾つかあった。

ところで、北海道では一時期、校長人事に各派閥が深く関与していた。派閥については過去ブロ『ストレス 酒びたり 早死に』に詳述したが、人事の時期になると各派閥の会長・事務局長が北海道教育委員会○○教育局に直参し、具体的な学校名をあげて△△氏を○○学校にお願いしますと要請活動に精を出す姿を2年間見させてもらった。

校長人事は局長、教頭人事は次長、相談役が指導主幹と役割分担がある。時には、酒席を設けて接待し、人事面で優遇してもらおうとの意図を露骨に表す派閥の幹部もいた。

このような悪しき慣行が日常的に行われていたので、北海道では平成6年に「官官接待の廃止」を打ち出した。その後のことはよく分からないが、教育長になってからも教育局の幹部を接待する場面は無くなっていた。非常に好ましいことである。

とは言え、問題の根は深い。各派閥が優秀な若手教員を北海道教育委員会の指導主事に送り出し、その指導主事がやがて教育局の生涯学習課長→次長→局長という具合により責任のある立場につき、人事面で自分の所属する派閥に有利になるような人事をしている事例も多く見受けられる。

これは、派閥首領の先見性とストラテジーが実を結んだことの証なのだが、いつまでたっても「血は水より濃い」とか「同じ釜の飯を食った仲間」との同窓意識はまだ消えていないようだ。

ポスト争いは政治だけの世界ではなく、教育界にも依然として横たわっているので驚く。

話は変るが、最近の嬉しいニュースの一つとして、道徳教育を真面目に推進しようとする動きが現れてきたことだ。

ある学校では昨年問題になった「いじめによる自殺」問題を取り扱った新聞記事を道徳の時間で取り上げ、『地域授業参観日』に公開するという学校も現れてきたとること。

この学校は組合意識が強く、「特設道徳」反対を掲げて道徳の時間を形骸化してきた学校なのだ。それが、校長が変わり教職員も異動で変わることによって学校が一新した事例なのだ。

従って、人事は蔑(ないがし)ろにできないし、校長の指導力も学校改革に大きな力を発揮するものなので、適材適所を基本とした公正公平な人事になるよう関係者に望む。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

Birthday Memorial News

アルバムを整理していたらこんな紙が出てきた。表題は「Birthday Memorial News」で「おぼえていますか?なつかしのニュース」(平成2年7月作成)とある。内容はこうだ。

あなたのお誕生月の主なニュース(昭和13年○月)

★ 1日  石炭配給に切符制度を導入。

★27日  漢口陥落の勝報で祝戦提灯50万個の注文が殺到。

★30日  東日社屋にプラネタリウムが開場。

お生まれになった年の10大ニュース

 1月  女優の岡田嘉子国境を越えソ連へ亡命。

 4月  全50条にわたる国家総動員法公布。5月5日施行。

 4月  電力管理法・日本発送電株式会社法公布。電力の国家管理。

 5月  華北・華中の両方面軍連結。日本軍が徐州を占領する。

 6月  閣議で大規模な戦時下物資動員計画案を決定。

 7月  関西地方に豪雨。死者・不明933名、流失家屋1万戸。

 7月  張鼓峰で国境紛争が発生。29日には日ソ両軍が衝突。

 7月  オリンピック東京大会・万国博覧会の延期を決定。

10月  日本軍は27日、武漢3鎮を占領。

11月  近衛首相が東亜新秩序建設と日中満の相互援助を提唱。

七五三の頃(昭和18年)

☆ 風俗・流行

外国語排斥のため、セーフはよし、アウトはだめ。ジャズなど、米英楽曲1000局が演奏禁止。薪やたきぎなどが、配給制になる。

☆ 物価

ラーメンは戦時下、製造販売中止。国鉄初乗り10銭(山手線初乗り運賃)

20歳の頃(昭和33年)

☆ 風俗・流行

皇太子妃殿下が民間から選ばれたことなどからミッチーブ゜ム爆発。

フラフープ、東京のデパートで発売。全国的に大流行。

プレスリーを元祖とするロカビリー、10代の間に広まる。

☆ スポーツ・ニュース

プロ野球ブーム起こる。火つけ役は巨人軍の新人・長嶋茂雄選手。

72歳になった今、時の流れをしみじみと感じ、あの日の自分を見つめ、貧しさと戦いながらも現在の幸せを得たことに感謝している。何事も辛抱して本当に良かったsign03

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

拡大コピー機と学校予算

平成9年のことです。数名の先生方から拡大コピー機を購入してもらえないかとの強い要望。そこで、利用のメリットと予想される利用の場と頻度を調査するよう命じた。

数日後の調査結果によると利用の場は下記の通り。

① A4サイズの国語、算数(主に低学年)、音楽等の教科書のページを全紙に拡大し、書き込みや作業・活動の指示、学習指導の焦点化に役立つし、児童の学習意欲の喚起に結びつく。

② ブリントサイズの教材を、学級新聞などの教材として大きく拡大して指導に役立てることにより、学習の集中力もアップし学力向上に結びつく。

③ 入学式・卒業式・運動会・学芸会等にはオリジナルな横断幕を作成できるし、校内の案内図も拡大して掲示できる。

④ 教材用の大きなデータも拡大することによって利用しやすくなるし、教材作成の時間とコスト削減につながる。

先生方は授業場面での具体的な利用法も提示してくれ、確かに素晴しいものであることを認識した。しかし、教材店に問い合わせると1台が何と90万円程度するとのこと。

購入は校長である私の一存で決めるわけにはいかないので、事務職員に命じて、学校配当予算の中で、絶対に必要な消耗品費と修繕費を算定し、教材教具購入に使える予算を割り出してもらった。

その結果、拡大コピー機1台買うことによって、他の教材教具を買うことができないばかりか、消耗品費や修繕費も削減しなければならない事態になるわけである。

教材店の社長にも掛け合い、「本校が管内で最初に拡大コピ機を買うことにより、公開研究会や民間教育団体の会議等に多くの先生方が訪問する。その際に、この製品をアピールするので、仕入れ値で売ってくれないか。損して得取れですよsign02」と懇願した。

社長との交渉が成立したので、急遽、臨時職員会議を開催した。嬉しいことに教職員の大多数が購入に賛成してくれ、コスト意識の高揚も感じられた。

それから、数か月後、本校で「管内 算数数学研究協議会」の役員会が開かれた際に、このコピー機を紹介すると、驚きながら「うちでも欲しいなあー」との声。

次の年、この役員会に出席していたある校長の学校で、カラーコピー機を購入し、学級の集合写真や職員写真を拡大コピーし掲示したので、学校に訪れた人達はビックリ仰天していたとの喜びの報告。

さて、それから3年後、A町の教育長として学校訪問をした時、各小中学校に拡大コピー機が備品として購入されていたのだった。校長時代にあれほど苦労して買ったコピー機が、A町の学校配当予算内でスムーズに買えたとは驚きであった。

それにも増して、学校予算の増額を求めて北教組(北海道教職員組合)支会役員が教育委員会にくるのでムカついた。他の市町村の実情を余りにも知らなすぎたからである。

「私達の教員時代は、教具を自作したりしたのだが、今は新出漢字のカードまで市販のものを買っているし、理科セットも当然のように買っているではないかsign01 もう町財政の赤字額が八十数億になっており大変かな事態なのだ。夕張市のように財政破綻してもいいのかsign02」と執行部を咎めた。

そのA町も国民健康保険料を上げざるを得ないようである。おそらく、学校統合を真剣に考える時期にきているのかもしれない。これも、少子高齢化社会が背負った宿命なのだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

自家製 味噌づくり

我が家では20年前から自家製の味噌を作っている。市販のものより深みのある味。小さな孫達もその味の違いが分かるとみえて、我が家から調達する。

従って、毎年娘・息子と私達の3軒分を作っているが、今年もその時季が到来した。原料の大豆は友達の農家から。こうじは札幌から車で約25分行ったところにある長沼町の醤油メイカーから買ってきたものであり、全てが地元産。

先ず、単純な作業過程を写真で綴ってみる。

1_3

2_4

3_3 4_2

5_2 7_2

8_2 9_2

次に、手づくり味噌の作り方を説明する。ただし、1容器に大豆2.5kg、こうじ3kg、塩1kg、豆の煮汁800CC~1,000CCの場合。

       作  り  方

① 大豆は水洗いをして一晩水につけておく。(割ってみてほしがない状態) 

② 親指と小指に挟んでつぶれるほどに柔らかくなるまで煮る。

③ 大豆が熱いうちにつぶし、煮汁(種水)はとっておく。

④ こうじは予め固まりをほぐして塩とよく混ぜておく。

⑤ 人肌程度にさました大豆と④をよく混ぜ、種水で加減して耳たぶ位の硬さにする。

⑥ ボール状にして容器に打ち付けるように空気を中にいれないようしっかり詰める。

⑦ ふり塩と圧しぶたをして、食品保存ラップ(ヨモギで出来ている食品の精度保つ袋)で密閉する。

⑧ 直射日光の当たらない風通しのよいところに置いて、ゆっくりと味噌の熟成を待つ。(我が家では縁の下に保存)

⑨ 溜まり上がってきたら(7月~9月)に上下をかき混ぜる。(天地返し)

⑩ 1年ほどで食べられる。お好みのところまで熟成したところで冷蔵庫に入れておく。

手作り味噌は熟成するまで時間を要するが、成果を急ぐ社会に身を置く私達にとっては、何故そこまでするのと疑問に思うかも知れない。しかし、急がずに出来上がりを待つことも喜びの一つなのだ。

何か、教育の道にも通じるような気がする。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

「学校の掃除」考 ②

 仏教と掃除

昨日UPでご理解いただいたと思いますが、子供に学校の掃除をさせている国々としては、先ず第一にアジアの仏教的伝統をもつ諸国があげられます。仏教では、人間修行の方法としての掃除という考えに立っています。

日本では、その考え方が寺院教育から寺小屋を経て、明治初期の学校へと連綿として受け継がれ、今日の学校教育の中に定着してきました。

仏教と掃除の関係では、正月のトシの神を迎えるために暮れのすす払いや、盆の墓掃除など、けがれや不浄を忌む仏教的・伝統的な仕事の一つとなっています。

 学校掃除の教育的意義

子供による学校掃除に、教育的意義があると考えている国々は日本ばかりではありません。

例えば、ガーナでは、身の回りを清潔に保つ習慣を育成するのに役立つと考えており、ウガンダでは、協調性や公共心を養うのに有効であると考えています。また、タンザニアでは、掃除によって子供に労働の価値と意義を学ばせようとしています。

しかし、子供型の国についていえば、教室はすべての国において子供が掃除をしていますが、窓とか便所については、子供に掃除をさせていない国もあります。

日本では、学校掃除の教育的意義を次のようにとらえています。

① 子供の人間形成に役立つ。~「床の光は心の光」で掃除は心の掃除につながる。

② 清潔に対する態度・習慣を育成する。

③ 健康の増進を図る。~学校を清潔に保つことが子供の健康維持に不可欠である。

④ 公共心・協調性の育成を図る。

⑤ 勤労の価値の学習に役立つ。~労働の一端を体験させることになる。

以上、学校の掃除について紹介してきましたが、保護者の中には欧米型を主張し、子供に学校の掃除をさせるのは違法であると訴え、敗訴した事実もあるのです。

しかし、荒れた学校を掃除で立て直した学校もありますから、たかが掃除と言って侮ることのできない教育的要素を含んでいるのです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

「学校の掃除」考 ①

戦後、我が国の教育から多くのものが投げ捨てられてきましたが、今なお残っている貴重なものの一つに、子供による学校の掃除があげられます。

そこで、今回は「学校の掃除」についての教育的な意義や諸外国の状況等についてお話します。

◎ 世界の学校掃除の分布

我が国では、親も教師も、学校で子供に掃除をさせることは当然のことであり、外国でも全部そうさせているかのように思っている方が多いと思います。しかし、多くの外国では、子供に掃除をさせていないのです。

10数年前に、世界の105ヵ国についての学校掃除に関する調査によりますと、「清掃員型」「清掃員・子供型」「子供型」の3類型に分類できそうです。(参照:沖原 豊著 学校掃除)

《清掃員型》

この型は清掃員が学校の掃除を行い、子供にはさせないことを指します。この型に属する国としては、欧米諸国、北米・中米・南米諸国、中近東及び北フリカ諸国、その他オーストラリア・ニュージランド・南アフリカ共和国などです。

子供に掃除をさせない理由

① 掃除観  肉体労働を軽視する古代ギリシャ・ローマ文化の影響で、一般に掃 除を卑しい仕事とみなし、歴史的に召使い奴隷によってなされていた。

② 学校観  知育が学校教育の中心であるべきで子供に掃除をさせる必要はない。

③ 合理主義  子供に掃除をさせるよりは、専門の職員がこれを行った邦がいとする合理主義的な精神から。

④ 労働者の雇用機会  子供に学校の掃除をさせると、労働者の雇用の機会を奪うことになる。

《清掃員・子供型》

この型は、基本的には清掃員に学校の掃除をやらせますが、子供にも掃除を行わせている場合です。この型に属する国としては、旧ソ連、東ヨーロッパ諸国及びキューバの社会主義国であります。

旧ソ連では教育と労働、生産活動と学習の結合が重視されています。掃除は社会の利益のために行われ、子供の多面的な活動の一つの形態として重要な意義をもつものであると考えられています。

このような観点からロシア共和国では、基本的な掃除は清掃員によって行われますが、子供も当番制で黒板ふき、机の整頓、花壇の手入れ等を行っています。

ポーランドでは、子供は教室、校舎、校庭、周辺地域の緑地、公園、道路などの清掃を要求されています。ハンガリーでは、清掃員が床ふき、窓ふき、トイレの掃除を行い、教室内のゴミヒロイ花壇の手入れは子供が行うことになっています。

《子供型

この型は、子供に学校の掃除を行わせる場合です。この型には、日本をはじめ、韓国・北朝鮮・中国・ベトナム・インド等のアジアの仏教的伝統をもつ諸国や、ガーナ・ギニア・タンザニア等の東部・中部・西部アヌリカ諸国などが含まれます。                            <続く>

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへクリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

フリージアと切手

1月28日にUP(書斎の花)した時は一つしか咲いていなかったフリージアが、今日、黄色い花を咲かせた。また、カサブランカの蕾も2つ。節分の日差しを一杯浴びている。

1_2 2

ところで、23年のお年玉年賀はがきの当選番号を調べたら、4等が11枚も当たっていた。今年は何だか運が良いみたい。 

1_3

              (記:2/3 14:20 晴天なのでこれから散歩へ)

追記:フリージア<ピンク>は改良種。フリージアの香りには、新緑の香りと揮発性の爽やかなスーッとする成分が含まれており、この芳香成分は血圧を下げる効果があるとのこと。年齢とともに体力の衰えを感じ、ふと不安になったとき、ビンク色のフリージアを飾り気分一新していたら如何でしょう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

スイスへのスキーツアー

喜寿(77歳)を迎えた義兄が、スイスのツエルマット(マッターホルンの麗の街)へのスキーツアー(参加者約30人)から帰国した。

6日間、快晴に恵まれ3,500~3,800mクラスの山頂からマッターホルンを見ながらの滑走(1日約25km)は実に快適で、アルプススキーを堪能してきたとの報。

5

義兄から寄せられたエビソード等を紹介する。

①ゴンドラ 120人乗りの大型ゴンドラ(日本にはない)があり、入口でセンサー付きリフト券自動チェックで人数をコントロール。ゴンドラの中はおしくらまんじゅうの如し。

②リフト 小型ゴンドラと4人乗りリフトが交互に入ってきて、スキーヤーを運ぶシステムは珍しい。

③ティーバー T型のリフトあるが、長い間バーを握っているので、手足が痛いほど冷たくなった。

④ いびき 友人は不眠症なので今回医師が通常の2倍の睡眠薬を処方したそうで、そのせいか夜中の2時頃に大きないびきと40秒程の無呼吸状態となった。

私は友人が死んだのではないかと思い、此処で死なれては大変と大声で“生きているかsign02”と叫んだ。

友人は耳栓をしていたが、私の声が大きかったので飛び起き“どうしたんですか?”と答えた。こちらが心配していることも知らずぐっすり眠っていたようだ。数日後は薬が慣れたせいか状態はやわらいだ。

⑤おしっこ 私は寒がりで下にはズボンからパンツまで4枚着た。何せマイナス20℃だから重ね着だ。

トイレでおしっこをする時が大変。大切なものを出すのにひと苦労。おまけに便器は高いので足の短い日本人にはやり難い。子供用がビッタリだ。

3_3 ⑥スキースクール 小学校1~2年の子供がコーチについて結構急なコブの斜面をボーゲン(八の字)スタスルで降りているには驚いた。これでは上手になるのも当たり前かsign02

大人のスクールでもコーチは日本の様に手取り足取りは教えず“俺のように滑れ”とどんどん先頭に立って滑っていくようだ。

過保護はどうもいかん様だ。

⑦展望台 クライネ(小さい)マッターホルン(3,883m)の頂上に展望台がありそこへ登ったが、酸素が薄いのでふらふらになってしまった。

でも、頂上からの眺めは素晴しかった。 

なお、お土産はこれ。6

スイスのチョコレートと南フランスのボディミルク。

品名はRose 4Reines。東京で人気のある商品であるロクシタンの化粧品。

製造元はフランスのプロヴァンス地方のマノスク村。工場見学ができることを知っていたら2年前の南フランス旅行の時、立ち寄ってくれば良かったと妻の弁。

有機栽培で造られたもの。グラースローズ、ブルガリアンローズ、モロッカンローズ、ターキッシュローズーこれらの4つのバラの香が重なりあい生まれた、ロクシタンローズの香り。

肌にのせると、まるで自分自身から香っているかのように、自然に女性らしさをかもし出してくれると妻は絶賛する。良いお土産をもらって喜んでいる。

<追記:この記事を見た妻が、「貴方も数年前から使っているでしょうsign03」と言われ、それがロクシタンだと忘れていた。高齢者になるとブランド名も忘れてしまうから、情けないcoldsweats01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

「ピグマリオン効果」 信じて実践しよう!

ギレシャ神話にこんな話があります。その昔、キプロス島にピグマリオンという王様がいました。ピグマリオン王は、なに不自由なく暮らしていたのですが、ある時、美しい象牙で作られた女性の像に魅せられ、人間に変えて妻にめとりたいと願いました。

神アフロディテに願いをかけ、何百辺となく真剣にお願いしました。その様子にすっかり心打たれた神アフロディテは、その女性の彫像に命を与え、ピグマリオンの願いをかなえてあげたというのです。

この話は、神話ですので実際にはあり得ないことですが、周りの人の励ましで、その気にさせると本当にかなうことがあるというのです。これを「ビグマリオン効果」と呼んでいます。

■成績の伸びと ピグマリオン効果

教育の分野でもこのような話があります。

ある心理学者がごくありふれた知能検査を小学校で実施し、担任教師に偽ってまったくでたらめに子供を指名し、今後能力が伸びると予告しました。それから8か月後に知能検査を再度実施したところ、その子供たちの知能が伸びていたという報告はよく知られています。

これは伸びると予告された子供に対して教師が投げかけた期待が、その子に伝わり、それに応えようとして努力した結果であると言えます。

この話が本当かどうか、実験した学校がアメリカにあります。担任が専科の教師に「私のクラスの○○さんをはじめ、子供の知能が随分高いのに驚いた。」と偽りの話を聞かせました。

一定の期間を経てから、そのクラス(実験学級)とそうでない学級の成績の伸び具合を比較しますと、暗示をかけられた実験学級の方が゛極めて成績が向上したという報告もあります。

このように、子供たちにさほど能力があるとは思えなくとも、その指導者が期待を寄せ暗示をかけると、それなりの効果が出てくることが明らかになっております。

■子供への接し方と子供の能力の向上

ピグマリオン効果がみられるためには、指導者の期待が画一的・一般的なものになってしまってはあまり効果がありません。確かな児童理解に基づき、1人ひとちりの特徴に応じた期待を投げかける必要があります。

また、指導者の抱く期待を上手に表情や言葉で伝達することも大切です。要は、子供の努力している姿を認め、適時・適宜に感情を込めて称賛・称揚し、期待をかけていることが子供の心に伝われば、子供もそれに応えてくれるわけであります。

指導者である教師も親も、「ビグマリオン効果」を信じ、実践してみようではありませんか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

オランダ エダムの風景

ブロク『オランダ発ヨーロッパ・スタイルブック通信http://bon-voyage.cocolog-nifty.com/nl/』を見ていて、私も2007年10月下旬にオランダ旅行したのに、ブログの旅行カテゴリーにUPしていなかったことに気づく。

早速、印象に残っているエダム(Edam)からUPする。アムステルダムから北へ約25km行くと、チーズで有名な町がエダム。小さな町だが、かつてはゾイデル海に面した港町として栄え、今でも昔の町並みをよく残している。

1

箱庭のような美しさ。

2

跳ね橋もある。

3

小さなホテルの庭。

5

老舗ホテルと内部のレストラン。

6 7

時間が止まったような静けさ。

8_2 9

ヨットだろうか?クルーザーかな?

10 11

とに角、余暇の楽しみ方が日本とは随分違うような気がした。機会があれば私が案内して妻にも見せてやりたい。

アムステルダム中央駅に向かって右側奥からエダム行きバス(110,112,116,117番)で約40分。途中の田園風景も良い。

エダムに着いたら、運河に沿って右方向へ歩くと12

スペール塔が見え、町の中心広場(ダム広場)に出る。

小さい町なので2時間もあれば散策できる。なお、この時季は旅行客もいなかった。

<追記> 娘のブログ友達である「海外旅行の達人」のお世話で、成田→スキポール空港(オランダ)間をエコノミークラスの料金でビジネスクラスへ。フラットになる座席、まるでベットに寝るのと変わりない居心地。

生まれて初めてビジネスクラス。「行きは良い良い、帰りは辛いnote」で、思い出おおい旅でした。達人に感謝sign01感謝ですsign03

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

リフォームのシャツ

亡母の紬(つむぎ)の着物を妻がリフォームした。着てみると凄く軽いのでビックリ。

1

二つのポケットにボタンも付けてもらった。屈んだ時に物が落ちるのを防ぐため。

左のポケットには敬老手帳・敬老優待乗車証・Suicaを入れ、もう一つにはウォークマンか携帯電話を入れる予定。

既製のMサイズのシャツはどれも袖丈が長めだったので、今度は満足のいける長さにしてもらった。

紬は丈夫なことから古くから日常の衣料や野良着として用いられたそうである。

このことから材質が絹であっても正装に用いてはならないとされ、外出着若しくはお洒落着として用いられることが多いが、近年では略正装程度であれば用いる場合もある(着物の場合)とのこと。

グアム旅行に間に合ったので良かった。普通、気温が高いと半袖を着るが、グアムの紫外線が強いので長袖にした。

半袖で日焼け止めクリームを塗るのはいいが、後で石鹸で落とすのも結構厄介なものだ。だからが外出はすべて長袖のシャツにしている。

三月に入ったら旅行準備に取り掛かろうと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »