« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月18日 (金)

シーベルトと時間 白血病と死

17日21:30頃、孫達が放射能被曝の恐れがあるので、我が家に一時避難してくることにした。過剰反応であるとたしなめられるかも知れないが、何が起こるかわからない世の中。

特に東電の情報公開の遅さで、不信感が募り、いたずらに不安が増幅されている。テレビではこの程度の放射線であれば人体に影響がないと話しているが、放射線の強さと被曝時間が問題である。

16日からやっと都道府県別に放射能濃度を1日2回測定し、文科省のホームページで公開することになった『文科省による調査(全国の放射能濃度一覧)』。どうしてこんなに対応が遅いのか腹立たしい。

また、福島県のシーベルトの測定値が公表されていないのは如何なる理由なのか。その数値が一番の問題だと思うのだがsign02

いずれにしても、私は3月19日から4月8日までブログを休むことにした。この期間までに原発問題が終息することを願っている。

※※ 追伸

原発問題で一番中立的な立場でコメントしている人がいると息子が教えてくれた。竹田邦彦(中部大学)のブログを是非見て下さい。http://takedanet.com/

政府やNHK、解説者のゴマカシを指摘している。戦争当時の大本営発表に似ている。史上類をみない最大の危機なのに、平然とゴマカシ発言をする関係者に憤りを覚える。何て恐ろしい世の中なのだsign02

 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

オランダ アンネの隠れ家

この行列は何だろう?

1

この銅像を見て初めて判った。

2

アムステルダムの隠れ家で綴った『アンネの日記』で有名なアンネ・フランクがナチス・ドイツのゲシュタポから身を隠していた家。

その屋根裏部屋を見学したくて多くの観光客が入場の番を待っているのだ。

私は『アンネの日記』について忘れられない思い出がある。

それは過去ブロで紹介した『親身になってくれた教師』S先生が中学校3年生の時、昼食後に『アンネの日記』の読み聞かせをしてくれたことだ。

S先生は平和教育を推進していた教師の一人であったが、今思うと素晴しい教育実践をしていたのだなあと感心する。

父や一部の先生が「偏った教育をするアカの先生」と批判していたが、勇気ある実践者であったと思う。そんな訳で、アンネの隠れ家を訪れる機会を得たことを、大変嬉しく思った。

アンネの隠れ家(隠し扉→階段→屋根裏部屋)にひっそりと身を隠していたが、密告により逮捕される。こんな美しい景色を見ることもできなかったのだ。隠れ部屋の小さな窓は運河側ではなく、中庭に向いて方角にあった。

3

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

計画停電 消灯義務化は? 

東京電力は13日、東日本大震災の影響で電力供給が大幅に不足するとして、地域ごとに交代で電気を止める「計画停電(輪番停電)」を14日から実施すると発表した。

埼玉県に住んでいる孫達の地域は、2グループなので午後5時頃まで約3時間の停電とのこと。JRや私鉄もこの停電に合わせて運行計画を練り公表した。信号機もストップするので警察官が手信号で交通整理をするような手はずを採った。

ところが、実施間近になって電力需要が抑えられたので停電をしないと公表。それから数時間経って、今度は停電もあり得るとのコメント。実施→実施見送り→実施もあり得ると二転三転。

とに角、呆れてものが言えない。先ず計画停電を実施し、その後の混乱や障害等をつぶさに把握し、今後の対応策を練る姿勢が重要と思う。

なお、政府は異常事態に備えて、産業界に対し業務用の暖房、照明や夜間のネオン自粛を要請。国民にも不要不急の電気機器の使用を控えるよう協力を求めた。

一方、隣国の韓国では、原油高で消灯義務化する措置を始めた。即ち、百貨店やスーパーは営業時間以外、ナイトクラブなどの看板は午前2時以降の消灯すること。

ゴルフ場の夜間照明も禁止され、金融機関や大企業の看板は午前0時以降、ガソリンスタンドについては昼間の消灯が義務付けられた。

違反すると最高300万ウォン(22万円)の過料をとられるとのこと。

この措置は過去に2度発動された。1997年のアジア通貨危機と、米英軍がイラクを攻撃した2003年に発動。

今回の省エネ措置は、ドバイ産原油1バーレルが5日連続100ドルを超えたときに発動され、100ドルを割り込む日が5日続くまで続くそうである。

戦時中は灯火管制、戦後の混乱期の停電を経験した私どもにとっては、この歳になって計画停電の及ぼす社会的・経済的ダメージの大きさに戸惑いを感じている。

さて、今回の巨大地震が想定外の自然災害とは言え、被害の甚大さに言葉を失うとともに、災害復興に向けて全国民の英知と力を結集しなければならない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

放射能 広島型原爆の約400発分 

3月13日の道新記事の一部に物騒な内容。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

小出裕章・京大原子炉実験所助教は「1号機の規模なら、広島型原爆の約400発分の放射能が何日もかけて漏れる恐れがある」と懸念。

今回は万が一に備え、国が原発の半径20㌔圏内で住民を避難させたが、「仮に事故が起きれば、被害を受けるのはもっと広範囲。100㌔、200㌔という単位で避難しなければ危ない。

今回は避難計画や事故への備えが全く足りないことが浮き彫りになった」と話している。

最新技術の粋を集めたはずの原発で、福島第1原発1号機の原子炉建屋の爆発、続いて3号機の爆発、そして2号機も爆発寸前(7日現在)。

今回の事故は震災時に動くはずの非常用ディーゼル発電機が運悪く2機とも損傷し、冷却装置がとまったのが原因。

地震被害に対する国や電力会社の想定が甘かったとの指摘は強い。

我々素人ですら、近くに活断層があるのに原発をつくり、万一に備えたディーゼル発電が動かないなんて、呆れてものが言えない。

韓国が今回の大災害を「日本沈没」という見出しで報道したようであるが、安全神話ももろくも崩れ、日本の世界的評価も地に落ちてしまった。これも想定外でしかたのないことだろうか。

最近は誤魔化しやウソが横行し、ばれたら「御免なさい!」と頭を下げるトップの姿が多すぎ腹が立つ。

とに角、文句ばかり言ってはいられない。今は格納容器が壊れないことを祈るのみである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

教育委員会と警察署 連携に関する協定書

子ども達はあと数日で春休み。この時期、気を許すと生徒指導上いろいろな問題が起こる時期でもあります。

それらの問題は学校だけでは解決できない場合もあります。従って、私は教育長時代に北海道警察署と次のような協定書を結んだのです。

  ○○町教育委員会と札幌方面○○警察署との連携に関する協定書

○○町教育委員会(以下「甲」という。)と札幌方面○○警察署(以下「乙」という。)は、少年非行が多様化、深刻化している現状を踏まえ、児童の健全育成の推進に向けた連携について、次のとおり協定する。

(協定書)

第1条 この協定書は、甲と乙との間で、児童生徒の非行等に関する情報を共有することにより、緊密な連携の下に非行の再発防止及び未然防止並びに犯罪被害の未然防止を図り、もって児童生徒の健全育成に資することを目的とする。

(名称)

第2条 この協定書に基づく連携体制の名称は、「子どもの健全育成サポートシステム」とする。

(関係機関)

第3条 この協定書において連携を行う関係機関は、次に掲げる機関とする。

 (1) 甲及び町立学校  (2) 乙

(連携の内容)

第4条 関係機関は、児童生徒の個々具体的な情報について、相互に連絡を行うとともに、必要に応じて協議を行い、具体的な対策を講ずるものとする。

(連絡の対象事案)

第5条 この協定に係る連絡の対象事犯は、次に掲げるもののうちで、警察署長又は町立学校長がそれぞれにおいて連絡を必要と認めるものとする。

(1) 警察署から町立学校への連絡対象事案 

ア 逮捕に係る事案

イ 逮捕以外の検挙、補導に係る事案のうち、次に掲げる事由により継    続的に対応することが必要と認められる事案

(ア)児童生徒が粗暴行為等を行う非行集団の一員である場合 (イ)他の児童生徒に影響を及ぼす場合 (ウ)複数で非行に及んだ場合 (エ)非行を繰り返している場合 (オ)不良行為を繰り返し保護者の正当な監護に服さないなど、ぐ犯性が強い場合

(2) 町立学校から警察署への連絡対象事案

ア 児童生徒の非行の再発防止及び未然防止のため、警察署との連携が必要と認められる事案  イ 学校内外における犯罪被害の未然防止や児童生徒の安全確保のため、警察署との連携が必要と認められる事案

(連絡の方法等)

第6条 連絡の方法等については、次のよるものとする。

(1) 連絡担当者  連絡担当者は、町立学校においては教頭、警察署においては刑事・生活安全課長とし、それぞれ当該学校長又は警察署長の指示に基づき、連絡の業務を行う。

(2) 連絡方法  連絡は、双方の連絡担当者間において、面接又は電話により速やかに行うものとする。

(3) 連絡における留意事項

ア 連絡に当たっては、保護者との連携に十分配意するものとする。 イ 相互連絡した事案については、学校長は教育委員会教育長に、警察署長は北海道警察本部長に報告するものとする。

(秘密保持の徹底等)

第7条 相互連絡する情報は個人情報であることから、次のことを厳守するものとする。

(1) 秘密保持の徹底  提供された情報については、秘密の保持を徹底するとともに、この協定の目的を達成するための活用に限定することとし、これを逸脱した取扱いは、厳に禁ずるものとする。

(2) 連絡の範囲  連絡の範囲は、対象事案に係る児童生徒の氏名、事案の概要及び児童生徒の非行等の防止のために最低限必要の情報とする。

(適正な措置)

第8条 対象事案に関係した児童生徒の処遇に当たっては、この協定の目的を踏まえ、単なる制裁にとどまることなく、健全育成の観点から教育的効果を伴った適正な取扱いとなるよう配意するものとする。

(協議)

第9条 この協定を円滑に実施するため、教育委員会教育長及び札幌方面○○警察署長は、必要に応じて協議を行うものとする。

(経費)

第10条 この協定の実施に係る経費は、甲及び乙がそれぞれ負担するものとする。

 附   則

この協定は、平成○年○月○日から施行する。

この協定締結を証するため、本書2通を作成し、甲乙両者が記名押印の上、各自その1通を保有する。

 平成16年○月○日

   甲   ○○町教育委員会教育長

   乙   札幌方面○○警察署長

私が協定締結したのは、教育長時代にこんな事犯『生徒の家出と学校の対応 』『メール友達のワナ』に遭遇し、警察のお世話で解決したからです。

非行問題が起こった時には、戸惑って時間だけを浪費してはいけない。学校と警察署が速やかに情報を交換し問題解決に当たる姿勢が大切であると思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

オランダ のどかな光景

                         ザーンセ・スカンス(風車の村)の散策路と羊。

7 1

エダム村(チーズで有名)で犬と戯れる私。        車窓からの景色。

3 4

アムステルダムのトラム(電車)3番の終点から数分の所にある公園で。

2

近代美術館とゴッホ美術館のミュージアム広場?で出くわしたユーモラスな光景。彫刻だったかな?

5 6

のどかな顔を見せているオランダが100万人もの移民を抱えていて、大きな社会問題になっているとは全く知らなかった。

参考までに、ブログ『人民新聞[海外] オランダ移民政策の現在日本の今後にどう生かせるか?を覗いてみて下さい。悩める国、オランダの素顔の一面が見えてきます。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

東北地方・太平洋沖大地震 世界で5番目の規模

3月11日午後2時46分頃、三陸沖を震源とするM8.8の大地震が発生した。この地震は観測史上最大の巨大地震であり、世界で5番目で気象庁も想定外の規模とのこと。

関東大震災はM7.9、阪神・淡路大震災はM7.3であったが、大都市直下型であったので大被害をもたらした。

しかし、今回の大地震はこれまでの地震を上まり、10mを超える大津波が太平洋沿岸を襲い、日本海側にも数m?の津波が押し寄せた。

私は震度7の激震を経験したことがない。テレビに釘付けで災害の様子を見ていたが、千葉・市原の石油コンビナートの火災発生や福島第一原発の放射能漏れの恐れなどが気がかりだ。

また、大津波による被害の大きさも計り知れない。加えて、交通機関のストップとか停電、ガス供給ストップ、電話の不通などで不安が増幅している。

幸いにも札幌では1分以上の大きな横揺れが続いたが、棚からの落下物もなく特別被害はなかったようだ。

しかし、今後1月以内に大きな余震が発生するかも知れないと専門家が言っているので、それなりの準備をする必要がありそうだ。

早速、リックに入れている非常用物資を再点検し災害に備えたいと思っている。

被災された人達に心からお見舞いを申し上げるとともに、命を落とした59名(21:00現在)の人達に衷心からお悔やみを・・・・・・・weep

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月11日 (金)

1週間病欠した子への対応

高学年ともなれば病気で数日休んだ場合、本人も保護者も学習の遅れが大変気になるわけです。6年生担任の時、S君が1週間病欠しました。算数は5時間分学習していないので、

「勉強の遅れを取り戻すために、土曜日に泊りがけで先生の家にこないかsign02一人で嫌だったら、好きな友達を誘って来てもいいよsign01」と言ってしまいました。

土曜日がきて驚きました。約束の時間に帰宅すると

子ども達 「先生、お帰りなさい」と5人のクラスの子ども達が出迎えたわけです。

担任   「おお、みんな来てくれたの。S君も幸せだね。こんなに沢山友達がいるのだから」 と応えざるを得ませんでした。

私がS君に教えていても、友達がワイワイ遊びだしたので、S君は勉強に集中することができず、1時間半ぐらい勉強し、後は仕方なく遊ぶことにしました。

担任  「日曜日があるから、残りは明日しよう」と言い、夕飯まで遊びました。

S君は泊りがけで来ているのでその積もりでいましたが、他の4人も一緒に泊りたいと言い出したので、親に電話をさせ了解をとらせました。

しかし大変です。

教員の公宅は6畳の居間と寝室、4畳半の勉強部屋の間取りです。夫婦と娘・息子の4人家族の我が家てすので、クラスの子ども達が泊る部屋もなく、布団もお客用が2組しかありません。でも、子ども達はそれでもいいと言って、ワイワイ ガヤガヤ言いながら床に入ったのです。1組の布団を3人で・・・・・。

翌日の学習予定が、どう進んだかは想像におまかせします。

子どもが帰宅した後、5人の母親からお礼の電話をいただきました。勿論、S君の親の喜びの声も届きましたが、私は恐縮して、所期の目標通りに勉強することができなくて申し訳ないと詫びました。

数日後、教頭から

「S君のお母さんから、先生の配慮が大変嬉しかった旨の電話があったよ」と伝えられました。こんなことでも保護者の信頼が極めて深まるものなのだ、ということを学んだのです。

このことは、私のその後の学級経営や子どもへの対応の仕方に大きな変化を及ぼしたばかりでなく、心の通い合うプラス・アルファの姿勢が非常に重要であることを強く学んだのです。

一時期、サラレーマン化した教員が批判され、教員の聖職論が強く唱えられたことがありましたが、両極端に偏るのではなく、一寸した思いやりの心が子どもや保護者から信頼を得るもとになるのだということを、若い教師に訴えたいのです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

岩見沢食中毒事故 教育長倒れる

9日午前、岩見沢在住の友人から電話がきた。

「岩見沢の教育長が倒れたんだとさ!今朝の新聞にすい臓ガンで入院したと載っていたよsign02 まだ、63歳だから大変だよね!」

「TVを視ていると謝罪会見に1度しか顔を見せず、市長や教育部長が説明していたので変だなあと思っていたのだけれど、きっと以前から体調が悪かったんだろうねsign02」とのこと。

この話を聞いて私も納得した。謝罪会見で市長が前面に出て頭を下げているのに、最高責任者である教育長が姿を見せていないので不思議に思っていた。

学校での事件・事故に際して、校長が前面に出ず、教頭に説明させる事例がよくある。それは、校長が出れば後がないとの発想で、一種の責任逃れの布石のようなものなのだ。

今回の食中毒事故でも、教育長がそのような姿勢でいるのではないかと疑っていた。だから、過去ブロ『岩見沢食中毒と 教育委員会の誠意』で教育長の姿勢を厳しく批判したが、病気であるならしかたがない。

とに角、1日も早く全快し、学校給食共同調理場の改善に向けて敏腕を発揮してくれることを願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

オランタ土産 木靴

オランダ土産の定番は木靴。ザーンセ・スカンス『オランダ 風車村: こんな人が教育長! 』へ行くまで知らなかった。こんな大きな木靴に驚く。

6

               木靴を売っているお店の内部。

2

大小さまざま、色とりどりの木靴が所狭しと陳列されていた。

   孫の土産の小さなもの                 鉢かわりの木靴

3 4

小さないろいろな機械を使って手早く作る。さすが熟練工。

2_2

この木靴は素足で履くのではなく、厚い靴下を履いたうえで履くとのこと。湿地帯では普通の靴では湿ってくるが、その点木靴は心配ないそうだ。今でも農村部で利用されているとのこと。娘が木靴の形をした貯金箱を母の土産として買ってきた。

このお店屋さんも国旗を掲げていた。いたるところで国旗を見たが、日本ではあまり見うけない光景だった。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

片目失明 誠意のない学校

運動能力に優れていたA君。小学校時代はミニバスケット・クラブに所属し、とてもドリブルとランニング・シュートの上手な子だった。

1

                               (写真の中央の子がA君)

確か、A君が中学2年生?の時だったと思うのだが、母親から電話があった。話の概要はこうだ。

・A君が片目を失った。

・理由は学校帰りに友達と二人で○○のスキー場で滑っていたとき、友達のストックがA君の目に刺さった。

・その日はスキー部の活動が終了し、それぞれが学校に保管していたスキーを自宅へ持ち帰ることになった。

・ホームルーム担任が1度見舞いに来ただけ。あと数回、校長や教頭と電話で話した。

○学校側は、教育課程外(放課後)に起こった事故であり、学校側として責任を負いかねる。また、通常の通学路で起きた事故ではないが、下校中の事故なので学校安全会(現:日本体育・学校健康センター?)から見舞金や治療費が支給されるようする。

残念ながら、それ以上のことは何もできないので悪く思わないでくれとのこと。

・我が家は経済的に困っていないので、お金のことはどうでも良いのです。ただ、学校側の誠意のなさに腹が立つ。

・やり場のない気持ちを先生に分かって欲しくて電話した。

この話を聞いて、私は直ぐ中学校長に電話しました。校長は学校側として安全会の適用になるよう努力したし、担任も見舞いに行った。特別こちらに落度がないので、もうこれ以上のことは何もできないとのコメント。

私は、「A君の親の気持ちを伝えたまでですが、不安の除去に努められては如何ですか」と告げて電話を切った。

今思うには、進路指導や失明しても立派に生きている人の事例などを話して勇気づけ、A君が小さな夢や目標を抱くような心のケアが必要であったのではないかと思う。

なお、義眼を入れたA君は地元の工業高校へ進学し、その後、母校の実習助手として立派に活躍していることを母親から聞いた。

如何でしよう。過去ブロ『事件・事故が起きたとき 『あゆみ』紛失事件』と比較してみると、学校側の誠意とは何かの答えが見えてくると思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

事件・事故が起きたとき 『あゆみ』紛失事件

学校で事件・事故が起こったときには、誠意ある対応(謝罪と礼を尽くした対応)が望まれます。

これに関わる事例を紹介します。

   『あゆみ』紛失事件  ~誠意ある対応~

ある学校の担任が、放課後のスポーツ少年団の指導を終え職員室にもどりました。まだ、時間に若干余裕があるので、『あゆみ』の所見欄を書こうと思ったのですが、見当たりません。机の引出、バッグなど捜しましたが見つかりません。

早速、教頭に連絡。全職員でいろいろ捜しましたが矢張り見つかりません。

次の日から、放課後、校長と担任の二人で全生徒の家庭を訪問し、紛失したことと、新しい『あゆみ』を作成しなおすので、許して欲しいと謝罪に回りました。

親達は、すぐ謝罪に来たことと、校長も来たので学校の誠意が感じられるということで、許して下さったのです。

また、こんな事例もあります。

 交通事故死を起こした教員の対応  ~遺族の方が請願書の筆頭に~

転勤してまだ1年未満のD教諭が、前任地の校下で除雪中の老人を撥ね、死亡させてしまったのです。

当該校長は、お通夜の日から49日間、D教諭を同伴して勤務時間終了後に、冬の夜道にも関わらず、約1時間がかりで遺族宅を弔問し続けました。

遺族の数人が、謝罪の気持ちは十分に分かりましたし、家の母にも碑があったと思いますので、D教諭に寛大な措置を採ってくださるようお願いしますと申されました。

校長、D教諭の誠意ある対応に応えて、遺族が居住している町内会や前任校の職員達など、多くの人の署名した請願書が出されました。

それから数か月経って、北海道教育委員会から行政処分が下されました。請願書の筆頭に、遺族が名を連ねる事例は今まで見たことがなく、今回の処分も異例中の異例措置であるとの報告をうけました

誠意ある言動・態度が人の心を動かし、行政側の心をも動かした事例です。

                                        <続く>

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

事件・事故が起きたとき 多面的な角度からの判断

事件・事故が起きたとき 、「多面的な角度からの判断」(学校だけの判断は禁物)が大切。

農村地帯の或る中学校に隣接した農家の方が、抗議と要請に来られました。理由はグランド側に植えたある木々で日陰になり、米の収穫量が落ちて困る。さっそく伐採して欲しいとのことでした。

校長は「農家の方々の訴えがよく分かるので、PTA会員を動員して伐採したいが如何か」と私のところへ相談に来られました。

この話を聞いて、学校側の独断で伐採することは、非常に危険性があるのでよく調べ、関係者と相談する方が望ましいと助言しました。そのように助言した理由は、過去にこんな例があったからです。

   タイムカプセル内の一部作品を廃棄 ~教頭の独断~

卒業生が作文・習字・絵を記念の一つとしてタイムカプセルに容れ、20年後に開けて卒業当時を偲ぼうと、グランド隅に埋めたのです。

ところが、台風の影響でグランドが水浸しになり、タイムカプセルも泥水で浸水し、卒業生の作品の一部が判読できないほど傷んでしまいました。

それを知った新米の教頭が、その作品を廃棄処分してしまったのです。

その事実を知った卒業生の一部が、教頭に強く抗議しました。その教頭は僅か1年で辺地へ転勤させられました。

また、こんな事例もあったのです。

   木の伐採  ~校長の排斥運動に発展~

小学校の周年事業の一環で前庭に記念植樹を行いました。数十年経ってから、その学校で環境美化の一つとして花壇作りをすることになり、邪魔になった数本の木を校長の許可をもらって伐採しました。

ところが、校長の判断は間違っていると地域住民からクレームがつき、「地域を知らない校長はいらない」と排斥運動が起こったわけです。

たかが木一本といえども、そこに植えられた歴史があるわけです。そのことを知って、当時の関係者の意見を聞き判断すべきだったのです。

前述のグランドの木の問題は、訴えてこられた農家の人も出席して、臨時同窓会が開催され、記念木として2本?残し、他は伐採することで、同窓生も訴えにこられた農家の方も了解され、ことが円満に処理されたわけです。

                                      <続く>

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

極端な 三寒四温

冬、三日ほど寒い日が続いたあと、四日ほど暖かい日が続くような気候の型を「三寒四温」と言う。しかし、今年の札幌は異常のよう。

ひな祭りの日の前日はこんな天気。ぽかぽか陽気で道路のアスハァルトも顔を出す。

1

ところが、4日の午後1時は一転してこんな雪の山。

2_2

1日の降雪量の多さは3年振りとのこと。青空駐車の車もこんな姿に変身。

3 民間業者に委託していた排雪も3月に入ったのでもうしてくれないとのこと。

一体、この雪が融けるのは何時頃になるのだろうか。

今年は春が駆け足でやってくると期待していたが、この調子では予想もつかない。

雪の始末が大変なので、早く南国で心身共にリラックスしたい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

事件・事故が起きたとき スピーデーな対応

児童・生徒を預かる学校は、日頃から事件・事故への未然防止策をとっていなければなりません。しかし、不幸にしてそれに巻き込まれた場合、次のように対応することが望ましいのです。

①「迅速な意志決定と行動」(スピーデーな対応)

 こんな事例がありました。

      素早い対応  ~傷害事故~

家庭科の実習で教室移動の際、ある子の振り回した手提げ鞄がクラスメイトの背中に当たり、中に入っていた果物ナイフの先で、傷わ負わせてしまうという事件が発生しました。担任は直ぐ市立病院に搬送し、校長は医師と教育委員会への対応。

教頭の私は被害者宅への家庭訪問。ところが親は不在。祖母に経過を報告し、謝罪と学校内で起こった事故の責任は学校にあるので、何かありましたら、私にご連絡願いたいということを告げ、学校へ戻りました。

急遽、臨時職員会議を開き、事故の概要と再発防止の指導体制の徹底を指示しました。

その子の傷は、あと3ミリずれていたら、中枢神経を損傷する大変な事態になっていたことを手術担当医から言われ、ことの重大性を改めて痛感させられました。

放課後、担任と私で子どもを見舞い、その足で再度、家庭訪問をしました。母親も帰って来られて

「何かの弾みでこうなったのでしようから、今更とやかく言いません。幸いにも大事に至らなかったのでほっとしております。また、学校側の誠意も十分に感じ取ることができましたので、これ以上問題にすることはしませんので、ご安心下さい。」

と言われ、誠意を持って速やかに対応したことが良かったことを思い出します。

②「疑惑を生まない徹底した情報開示」(オープンな情報開示)

事例については過去ブログ『尖閣ビデオ流失と 教育現場の情報公開』を覗いて下さい。

③「多面的な角度からの判断」(学校だけの判断は禁物)

                                    <続く>

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

17小中で学級崩壊 手立ては?

学級崩壊に関する全道調査によると、札幌市を除く道内全小中学校1571校で、小学校が16校、中学校1校1学級であったことを、定例道議会一般質問で明らかにした。

ただし、学級崩壊までには至らないものの、その兆候が見られたと回答した学校も、小学校60校67学級、中学校11校15学級あったとのこと。

私は、この調査結果を100%信用していない。11年前に学級崩壊や指導力不足教員の調査の折に、元道教委○○教育局生涯学習課長をした校長から

「正直に報告すると後が大変ですよsign02 どのような実態であるのか、それに対して校長としてどのような指導をしたのかなど、根掘り葉掘り聞かれ報告事項の処理も大変ですよsign01 

また、正直に報告しても教職員加配があるわけでもなし、適当にした方が得策ですよ」とのこと。

確かに、そのようなことも言えるが、学級崩壊で悩んでいる教員が結構いるのだから、改善に導いた取組みの実践事例を収集し、指導資料として速やかに希望校に配布することを勧めたい。

なお、私もこんな実践事例学級崩壊を作らない 授業例を持っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

お久しぶりの お雛様

15年振りにお雛様を飾った妻。平成9年から公宅住まいが中心であったため、お雛様はいま居住している家に置いてきぼりの状態だった。でも、お内裏様だけは飾っていた。

5

このお雛様は妻が結婚した時に持ってきたもの。

 2                     『お内裏様』、『3人官女』と屏風は約70年前に作られたものだそうだ。

六段目は箪笥、長持ち、鏡台、火鉢、針箱などの嫁入り道具。

そして七段目は御駕籠と御所車。3

我が家では娘が誕生した時に『五人囃子』を購入し、六段目、七段目の道具類は知人から譲り受けたもの。

アルバムを開いてみると、娘を抱いた祖父母の姿やニコニコ顔の母子の姿が写っている。

毎年、娘の健やかな成長を願って、雛あられ、菱餅、白酒を供えると共に、ちらし寿司を食べたことが懐かしく思い出される。

『桃の節句』を節に、春が駆け足でやってくるようだ。

6_3 なお、書斎だけはもう春のようhappy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

春期学力増進 呼びかける学習塾

“花に嵐のたとえもあるぞ、さよならだけが人生だ”と書き残した詩人は誰であったか。三月は花と時ならぬ嵐とお別れの季節である。

確かに暦の上では春とはいえ、重い空の色にも、吹き抜ける風にも、まだまだ寒々とした季節だが、木枯らしに身をまかせている裸の小枝のあちらこちらに思わぬ春のふくらみを見つけてびっくりする。

1

よく観るとまだ小さな花芽や葉芽が3_2 、確実に近づいている春を告げている。冬芽がやがて来る春を待ちつつ、厳しい冬の寒さから小さな生命を守っているのを見ると、自然界のはかりしれない奥深さを感じさせられる。

それに比して俗世界はどうなのだろう。

朝刊に学習塾の折込チラシが花盛り(9枚も)。「春期講習会生受付中sign01」とのことで、あの手この手でPR。

一方、朝刊の記事には、ハンドル奪われバス横転。就職活動の帰り道で鹿児島大学3年生の犯行。更に、入試中、問題ネット投稿。京大、同志社、立教大、早稲田大・・・でも。

2008年の秋葉原通り魔事件の犯人も短期大学卒業生。世の中、掃いて捨てるほど大学があるのに、どうして小学校低学年から学力、学力と騒ぎ立てるのか(・A・)イクナイ 

せめて、春休みぐらい学習用具を整理したり、新学期に向けての準備などをし、時には親子で春の息吹が感じられる自然体験をすることも必要ではなかろうかsign02

もっと親子ともども、心に「ゆとり」を持つことを勧めたい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »