« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

教員と精神疾患

28の毎日新聞の記事。

09年度にうつ病などの精神疾患を理由に退職した国公私立学校の教員が計940人に上っていたことが28日、文部科学省の調査で分かった。病気を理由にした退職者1893人の半数(49.7%)を占めている。精神疾患で退職した教員数が明らかになるのは初めてで、本格的な教員のメンタルヘルス対策が求められそうだ。

 精神疾患で休職する公立校の教員は年々増加し、09年度は5458人と病気休職者の6割以上を占めた。事態の深刻化を受け、文科省は今回の調査から病気退職者の中に精神疾患の項目を設けた。

◇相談できる場を…教員のメンタルヘルスに詳しい伊藤美奈子・慶応大教授(臨床心理学)の話

 教員はまじめな努力家が多く、人に助けを求められず、うつ状態になりやすい傾向がある。子供だけでなく保護者の対応にも疲弊することがあり、教員が精神疾患を抱えてしまうと、指導を受ける子供にも影響して悪循環に陥る恐れがある。教員は一人だけで悩みを抱え込まず、学校の中にも外にも相談できる場があることが重要だ。教育行政側はサポート態勢を整備する必要がある。

また、北海道新聞夕刊(29日)の『直線曲線』には

病気で退職の6割近くがうつ病などの精神疾患。公立学校の教員に多忙やストレスがずしり。放課後にはモンスターペアレントも徘徊(はいかい)して。

とある。私が40年間小学校勤務をしていて精神疾患になった仲間は1人。ところが、A町の教育長になってから、町内で3名の教員がうつ病並びに統合失調症となった。

統合失調症となった50代の男女2人の教員は、指導力が不足しているとの保護者の激しい批判が原因のようだったが、いったん保護者の不信をかうと、その教員を辞めさせようと「いやがらせ」や私生活を含めて、何かとチェックされるようになる。

また、数名の同調者を集めて学級懇談会で集中攻撃に出る保護者もいる。保護者の立場からすると当然の行為であるが、教員側も大いに反省する余地がある。

今は、車社会であり遠距離通勤する教員が多数いるため、職場の仲間に悩みごとを打ち明けたり、相談にのってもらう機会が殆んどない。

したがって、悩みごとを1人で抱え込む教員が多く、問題が大きくなってはじめて学校側が気付くという実態もある。

教員が誠心誠意、子どものために努力している姿が保護者の目に留まったならば、批判はまず起きない。また、子どもとの日常的な触れ合いが十分になされていれば、一寸した教員のミスは許してくれるものである。

教育とは信頼関係のうえに成り立つものであるから、いったん不信感を持たれたらなかなか回復するのが困難となる。そして、不信感の増幅が教員の強いストレスとなり、うつ病や精神疾患を起こすもととなると思う。

多忙は原因ではない。もし多忙が原因ならば全ての教頭が精神疾患になることになるが?めったにいない。(東京都国立市の多くの教頭がうつ的?になった時もあった)

いずれにしても、指導力不足やサービス精神の欠如している教員は意識改革を図り、何か一つでも胸を張ることのできるものをもって欲しい。それが自信となり一寸したストレスを吹き飛ばす基になると思う。

また、“うるさい!どうこう言ったって、オレを首には出来ないだろうsign02 勝手に批判しやがれsign01”と開き直りの気持ちで、自分の心を休めることも大切と思う。

「人は成功から学ぶより、失敗からまなぶことが多い」とも言われている。余計な外部からのインパクトを恐れていては問題解決がなされない。自己研鑽に励み、指導力向上等に向けて積極的・果敢に挑戦して欲しいと悩める教員?に訴えたい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

長生きするには 頭でたべよう

平成2年2月26日の道新の切り抜き。標記の見出しがついている。東日本学園大学の安倍三史氏(当時は学長:元北海道大学医学部長)の講演内容なのだ。参考になるので部分的に紹介しよう。

○命の源泉は、空気、水、食物の三つ。空気は五分、水は五日、食物は二十五日それぞれ絶たれると、人間は生きられない。「タダだからみんな顧みないが、きれいな空気、水をもっと大切にしたい」と呼びかける。

○やせるために、朝食を抜くと、昼食は多く食べがち。そうすると、満腹中枢を刺激しないので、結果的には、一日二食でも、三食の時より食べ過ぎてしまい、肥満につながる。

○「おいしいから」「好きだから」と、偏って食べるのは禁物。栄養などを十分に考えて食べるのが望ましい。

○唾液には、パロチンという若返りホルモンや、殺菌酵素があるので、むやみに吐き出すのはもったいない。たくさん口の中に出して、食べ物と一緒に飲み込むのがいい。

○イワシ、サバなど青い魚にはねEPA(エイコサペンタエン酸)という酵素がある。これを多用すると、頭の働きをよくし、ぼけ予防になる。

○ハンバーグ、カレーライスなどは、それ一品で済ますことが多い。これでは十分な栄養がとれないので、できるだけ単品で食べることは避ける。

○なお、安倍氏の提唱する「食事五十訓」のいくつかを紹介しょう。

・食事は朝・昼重く、夜軽く    ・朝食抜けば便秘する  

・ちょっと待て、その一口が豚になる(腹八分目)

・家族の肥満は妻の恥      ・ビタミンA・C・Eはがん(早期がん)を消す

・オヤツなら運動のあと、日中に  ・インスタント食品はとらぬ(添加物)

・腸のヘドロは掃除せよ(老いは腸から始まる)

・水に浮く大便するな(消化不良、ガス多し)

・繊維が防ぐ10の病気(心筋梗塞、胆石、大腸がん、虫垂炎、痔、裂孔ヘルニア、憩室病、静脈瘤、糖尿病、肥満)

健康に役立つことを実践し、平均寿命(2010年:男性79.64歳、女性86.39)まで生きたいものである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

市電にもAED設置 

陽だまりロードを散歩している時に目にはいったのが↓

Aed1

エイズ(AIDS)なら変だし? と首を傾げていたら「救急医療機器ではないsign02」と妻が言う。

「なるほど、よく高齢者が倒れてドクターヘリの出動があるもねsign01」と言うと、「貴方も無理をしないでねsign03」とのこと。

さて、“車内にAED 函館市電設置”との見出しの新聞記事が目に入った。自動体外式細動器(AED)を路面電車へ設置し(全国で初)、全運転士が救命講習を受けているとのこと。

最近は高齢者の乗客が多く、車内で具合が悪くなり、救急車を呼ぶ例も年間10件ほどあるという。

JR北海道や札幌市営地下鉄は駅に置いているそうだ。経費は、5年間で1台当たり44万~45万円。これを市電の広告収入で賄っているとのこと。

この記事を読みながら、北海道のように医療機関がなく、救急車もない辺地には学校にも1台設置する時代がくるのではないかと思った。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリツクありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

学校職員住宅の 花壇づくり

教育長として入居した学校職員住宅。家の周りはご覧のようにスギナだらけ。

0 1棟2戸建てで教頭住宅と事務職員住宅となっていた。しかし、事務職員の転勤に伴い独身女性教員が入居。

仕事が忙しく、家事もこなさなければならないので、雑草とりまで手がとどかないため、スギナ畑にちらほらとフキが。

口やかましい町民の一部は、何とダラシナイ先生なんだと陰口を言っていたそうだ。

そんな状態の中、11月に転居した私達夫婦は、春になってから花壇作りにとりかかった。

先ず、スギナを抜くために剣先スコップで深く掘り、根が残らないように始末するのに数日を要した。

ブロックやトラック1台分の土も購入。花壇のレイアウトを考えながら一年草の種を蒔いたり苗を植えた。確かこの住宅には2年半住んでいたが、転居前の花壇はこのようになっていた。

1 2

3 4

5_2 6

7_2 

8

玄関前も工夫した。

9

11

「スギナ畑もこんなに綺麗になるんだねsign03」と言って、「この石も飾ってくれませんかsign02」と妻の友人が持って来る。こんな風に活かしました。

12 14

15

色とりどりの花が仲立ちとなり、町民の幾人かとコミュニケーションが深まったことを思い出す。この花壇が現在の我が家の花壇作りの原点になったのだ。

なお、白樺、桜などを使って花を置く椅子やブランコなどは全て私の作品。イビツなところが私の性格を表しているようで・・・・・。

<追加> 妻の助言を受け入れる。作り初めと1年後の花壇を比較してUP。

0 1

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

管理職を怒らせた宿泊キャンプ

昭和62年のことです。

夏休み中にキャンプに出かけるいう家庭が、まだ殆どない時代でしたので、先進校では修学旅行の事前体験学習として、スクールキャンプを教育課程に位置づけていたわけです。

子供達は体育館や教室などでのお泊り会でも大変な喜びようでした。

実施後の感想で、自然の中でもキャンプをしたいという願望の強いことが分かりましたので、教頭を通じてキャンプの許可を求めました。しかし、火災、子供の事故等の危険があるので承認できないとのこと。

「危機管理に十分留意しますので、何とか承認して下さい」と更に懇願してもだめでした。

「何か事故が発生したら私が責任をとります」と言うと、「何を言うかangry貴方は責任をとる立場にないのだsign03 ダメと言ったらダメなのだsign01」とのこと。

私は、前任校での海浜キャンプの実践例をあげて説明したところ、事前計画の細案を提示することとと保護者の行事参加承諾書の提出を条件に、校長と相談するとの回答をもらいました。

Photo_3

早速、学級会を開き、計画案の立案にとりかかりました。キャンプ地は市立公園のキャンプ場を使うこと。キャンプファイヤー、フォークダンス、「肝試し」(度胸試し)などもすることになったのです。

2                                                             このキャンプ計画の樹立に関わって、市役所の公園緑地課の許可や消防署のキャンプファイヤーの実施許可書等が必要であることが分かり、子供達がすべて許可申請手続きをしたのです。

また、キャンプのための臨時保護者会を開催し、父親がテント張りの指導とキャンブファイヤーの準備や警備全般を分担すること。

母親は炊事指導と管理棟を利用してPhoto

臨時救急医療センターの開設・運営を行ってくれることになりました。私は、キャンプファイヤー用の生木の手配を請負ました。

キャンプは、40名の子供達と夫婦同伴の参加者などで、大盛況裏に終了することができましたし、保護者間の人間関係がより緊密になり、父親同士が意気投合する場面も見られ、収穫の多い行事となりました。

キャンプファイヤー前後に教頭や私の妻(娘と息子同伴)も心配して見に来てくれ、「肝試し」にも参加してくれました。

この行事をきっかけに、他のクラスでも卒業記念行事の一つとして、クラス単位で宿泊学習やキャンプを実施するようになりました。

そして、行事参加に対する保護者の自己責任という意識も育っていったわけです。また、私達のキヤンプ実施計画書が、その後の貴重な参考資料となつたわけです。

札幌に住んでいる教え子が、「家の子供は、先生の家も分からないし、夏休みなどにクラスみんなでレクレーションやキャンプをすることがないのですが、どの学校でも禁止しているのですか」と私に聞き、今は保護者どうしの絆もないと嘆いておりました。

少子化時代を迎え、保護者同士が子育ての情報交換や交流ができることが、非常に重要であります。保護者同士の関係が高まってくるほど、学校・教師への協同的な支援体制や具体的な支援がなされてくることになるのです。

子供達に大きな感動をプレゼントするための1事例として、紹介したわけです。時代が違い、価値観も違う世代ですが、参考になる部面もあるのではないかと思っています。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

夏休み期間と 授業時数の確保

札幌市内では市立の全小、中学校計301校が今日(7/26)から夏休み。私達の町内では青少年育成会や班長さんのお世話でラジオ体操も始まった。子どものいる家庭ではキャンプや海水浴等の計画を練っていることだろう。

1 2_2

さて、孫達の住んでいる埼玉では既に21日(木)から夏休みが始まっている。

そこで考えてみると、孫の学校では23(土)、24(日)は夏休み期間としてカウントされる。ところが札幌では23、24の土日を休んで月曜日の25日に1学期の終業式。そして火曜日の26日から夏休み。すると2日間休みが多くとれることになる。更に8月22日(月)が2学期の始業式(小学校)なので、8月20日(土)、21日(日)は休業日。だから実質27日間の夏休みとなる。

私が気になることは、平成23年度、新学習指導要領の完全実施による新しい教育が始まったからだ。そして、標準授業時数を6年間で約1割増加させ、1・2年生で週時間、3~6年生で週1時間増加となった。

したがって、第1学年の場合、週25時間を確保し、1日平均5時間の授業を行うことになった。

東京都内の各学校は、教育委員会とともに長期休業期間を短縮したり、土曜日を学校公開日にしたりするなどして、授業時数の確保に努めている。

夏休み期間は全国各地によって違いがある(参照:夏休み - Wikipedia)が、北海道は授業時数の確保にやや真剣みが足りないような?気がする。

そればかりか、各教科等の標準時数の確保に無神経な先生が実に多い学校もある。

私が教育長をしていたA町では、教務必携(学校側の要望で教育予算で購入)に週の授業計画・教科別の授業予定時数・実施時数を記録し、調整するという機能が果たされていない学校があった。

何故なら、主任命課反対闘争の一環として教務主任や学年主任の指導助言を拒否し、教務必携の記録もしていない実態があったのだ。

そこで、教育委員会として教育課程経営(計画・実施・評価・改善のマネージメント・サイクルを適正に機能させる)の改革を重点に掲げ、各学校の教育計画、教育課程計画の提出を強化し、月1回の実施結果の報告を求めた。

職員団体(北教組)の執行部が教育長交渉を申し入れ、管理体制の強化には反対であると強く迫ってきた。しかし、私は教育課程の適正な実施は直接子どもの教育活動に関わるものであり、いい加減な計画・実施等は許されないものであると説得した。

もし、不満であれば、この問題に関して『町民の意見を聞く会』を開催し、職員団体の意見と私の考えのどちらが正しいかを論議する場を設けたいと提案した。

その結果、強固な姿勢を示していた職員団体が譲歩し、週案(週の授業計画:授業の進度)の提出(校長へ)、学期末に各教科等の授業実施数を学級別に報告することをしぶしぶ了承した。

なお、教育委員会として各学校の月別・学年別・教科別の指導計画と実施時数、改善策の項目を満たした『教育課程の評価表?』なるものをCDに作成し、各学校へ配布した。

お蔭で、その後、各学校の実施状況が把握でき、校長への適切な助言を行うことができた。

現在は、評価制度が導入によって教職員の意識や姿勢が大きく変ってきたようだが、教育課程経営面では、まだ甘さがあるような気がする。

教職員の夏休み期間中の勤務態様の変遷については、過去ブロ(革命勃発 夏休み中の教員は?)を参照願いたい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

岩見沢集団食中毒問題 教育長が辞意表明

友人からFAXが届いた。内容は学校給食集団食中毒問題の責任者の一人だった岩見沢市教育長が辞意を表明した新聞記事。

教育長は病気で3月に入院。5月に退院し、自宅から通院生活を続けていた。その後の回復も思わしくなく、北海道新聞の取材に対し「教育長不在が長期化するのは岩見沢市民全体に迷惑をかけることになる」と述べ辞意を明らかにしたとのこと。

食中毒問題の責任については渡辺市長が減給4ヵ月(10%)としたことから教育長も同様の処分が見込まれる。しかし、辞任すると処分できなくなるため、教育長は相当額を市に寄付する考え。

他の関係職員の処分は市教委に考査委員会を設けて検討していると記述されている。

私は、この報道記事を見ながら処分を含めて責任の取り方が随分遅いなと思った。

聞くところによると、教育長は約11年間(3期目半ば:1期は4年間)務め、学校教育推進に多くの成果を収めてこられたので、市民から高い評価を受けていたとのこと。しかし、年齢も64歳になっているので、そろそろ若手にバトンタッチは?との声も出ていたようだ。

食中毒問題さえ起こさなければ良い教育長だったようだが、学力向上面に力点を置き、学校給食改善の努力を疎かにしたツケがこのような形になったと思う。残念だ。

人間、自分の身の振り方を決めるのに躊躇しがちである。まして責任のある立場や地位にいる人は、自ら身を引くには勇気がいるし、イサギヨサも必要なのだsign02

岩見沢の教育長さん、早く身を辞し病気療養に専念して下さい。長い間大変ご苦労様でした。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

ブラジルのマナウス 四方山話

ブラジルのマナウスという所に約7年間住んでいる妻の友人(A子)が久しぶりに里帰りしたので、早速、中学時代の友人達がクラス会を開催した。

2_2 地図で赤い印のある場所がマナウス。地球上では丁度、日本の裏側に当たり、日本の地図ではマナオスとなっている。

ブラジルと言えばリオデジャネイロやサンパウロが馴染み深く、新しく建設された首都のブラジリアを社会科で教えた覚えはあるが、マナウスについては全く情報がなかった。

だから、地図を見てアマゾン川の流域にあり広大なジャングルの中にある町ぐらいの認識でしかなかった。

ところが、インターネットで検索してみると、19世紀に天然ゴムやコーヒー豆、麻栽培の集積地として開かれて以来、アマゾン内部の経済、交通および流通の要衝として繁栄してきた都市。

現在の人口は約150~160万人の大都市でPhotoアマゾン観光の中心地としても有名とのこと。街の中心部にはパリやミラノ、ウイーンに指摘するほどのオペラ座もあるし、世界有数の高級ホテルもあるとのこと。

ところが、過日、NHKの『世界ふれあい街歩き』でマナウスを紹介していたが、放映されたところは郊外でしかも貧困家庭の多いところだそうだ。

これではマナウスに関する情報発信としては誤解を生むものだとA子さんは嘆いていたとのこと。

彼女はお土産はこのような物。

4_2

3_2

これはマナウスで作られた石鹸だせが、ある動物の油から作られたもの。クラスメイトの誰もがその動物を当てることができなかった。答えは『亀』。説明書きの文字はポルトガル語とのこと。

英語は高級ブティックでは通用するが、現地ではポルトガル語を使うらしい。A子さんが話した珍しい事柄を幾つか紹介してみよう。

①現地ではハンカチを持ち歩かない。現地人は汗をかくことがないから。

②雨の時は傘をさすが、日傘をさすという習慣はない。

③風呂敷が珍しく、スイカを包むと店員や通行人からも珍しそうにジロジロ見つめられる。

④日本食の食材もあるが高すぎて手が出ない。

なお、マナウスに関する詳しい情報は『在マナウス日本国総領事館』http://www.manaus.br.emb-japan.go.jp/を覗くと良く分かるとのこと。

また、マナウスには日本人学校もあるのでホームーページ(http://cliente.argo.com.br/~ass-japao/)を覗いてみても面白いですよsign02ただ、入学・転入するにも諸経費(授業料など)がかかるのは気の毒です。文科省の配慮を望みます。(諸経費( 平成2 0 年度):入学金R $ 1 1 9 6 授業料月額R $ 5 9 8
  バス運営費月額R $ 9 2 P T A 会費月額R $ 7)

さて、A子さんはどうしてマナウスに居住するようになったのでしょうか。理由は、青年海外協力隊の一人としブラジルへ行った娘さんが、現地人と結婚し子どもが産まれた。

子育てに悩んだ娘から助けて欲しいとの強い要請があったので、A子さんは夫を札幌に残してマナウスへ行った。一人残された夫も、その後マナウスに来て、俳句つくりをしながら現地の生活をエンジョイしているそうである。

いずれにしても、勇気のいる決断だったようだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

全校児童で花壇作り 

庭の花を観るたびに思い出すことがある。全校児童が十数名の小規模校の花壇を。

この学校では4月になると花壇作りの話合いが始まる。季節に応じた花を咲かせようと、春・夏・秋の花を調べ、花壇の設計図づくりをする。

1年生から6年生までの縦割班が3班に別れて計画を練る。それを児童集会で発表。そして、種や苗を農協から購入し、皆で植える。勿論、草取り、水やりも児童の自主的活動。

また、時には咲いた花を見つめ詩を書き、それを歌にすることもある。全て、総合学習の時間を使っての活動。

花壇作りの苦労や喜びの発表大会も計画されており、とにかく、特色ある教育活動が展開されていた。

さて、我が家の花壇は妻の設営。花の色や形、丈の長さ、日当たり具合、背景などを考えて植える。私の要望により宿根草を中心にしてもらった。水やりが大変だからだ。

最近、デビューした花々の幾つかを紹介しよう。

1 2

3 4

5 6

7 8

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

56歳でもらった通信簿

平成6年度に転勤した小学校。一般教員として6年間勤めていた古巣の学校である。着任して驚いたのは、以前お世話になった業務主事がまだいたことだ。実に24年振りの再会。

懐かしさで胸が一杯になったが、その彼とも1年間でお別れ。私は道教委A管内の指導主幹として転勤になったからだ。

送別会で彼から頂いた通信簿の「あゆみ」がふるっていたので、記録に留めておこうと思う。

学習のようす(7年)

<国語> お話は流暢でものしりである。特に、昔話をよく覚えていて職員室で面白おかしく聞かせてくれる。(評定5)

<社会> 人付き合い良し、外交も良し。校長室に居ることなく常に職員室でのおしゃべり。こういう児童はあまり見たことはないが、本人はとても明るい心の持ち主で悪気はない。(評定5)

<算数> 数学でき、才能は抜群でこれは全国的に知られている。わが担任もかなわないほどである。(評定5の上)

<理科> 自分で車の免許がありながら、何処かに出かけるにも保護者同伴とは少々いただけない。これからは自分1人でがんばることを願ってやまない。(評定1)

<音楽> 久しく聞かなかったけれど、昨年の忘年会の7年部会に「矢切の渡し」を披露した。なかなかの歌声であつた。(評定4)

<図画工作> 図工についてはあまり見たことがないので今後に期待する。(評定2)

<家庭> 毎日給食の時間が待ち遠しく、美味しい、美味しいと言って食べてくれた。センターでは毎日喜んでいただろう。(評定5)

<体育> とても56歳とは思われない体力に見える。喜んでいるのは保護者だけであろう。昔から体力があり、パジャマ姿で○○までバイクで釣りに行くほど、人には出来ないことをやってのける非常に元気な子どもである。(評定5)

<担任からのお知らせ> 教科全体に見て、1部に偏っているものの非常に良い点数である。今後は今まで以上に厳しいと思うので、保護者に頼らず外交にものをいわせてがんばって欲しい。期待する。

これを査定した業務主事は私の教育長時代に黄泉の国へ旅立った。今頃、天国で大好きだった釣りをしていることだろう。ワタシハ マダ イカナイヨーーhappy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

大江健三郎と星野富広の母に学ぶ

ノーベル文学賞を受賞された作家ね大江健三郎氏の長男光さんは、脳に障害を持ちながら、感性豊かな作曲活動を通して人々に深い感動を与えております。しかし、障害を持つ子供の父親として、苦難の道を忍耐と希望を持って歩まれる大江氏の生き方にも、心を動かされるところが多いと思います。

大江氏は、幼いころの光さんが、散歩の途中で聞いた鳥の声に強く関心を示すことに気づき、それ以後、光さんにいろいろな鳥の声を録音してあげました。

また、数多くのレコードを聞かせてあげています。勿論、光さんを作曲家にしようと思っていたわけではなく、障害を持つ子供の成長を願う親としての、ひたむきな心から始められた働きかけであつたようです。

長野オリンピックのジャンプのテストジャンパー(後に選手となったはず)になった聴力障害の高橋竜二さんの父親の場合も同じではないでしょうか。

さて、私は38年前に『愛、深き渕り』という本を読んで心をはげしくゆり動かされた記憶があります。

登山を愛し、器械体操をこよなく愛したスポーツマンの星野富弘。中学校の体育の教師になって、わずか2か月あまりで、不慮の事故(クラブ活動の模範演技で空中回転したとき誤って頭部より転落、頚部を強打)で、肩より下がすべて麻痺という、あまりにも過酷な障害をおわされる。

手も足も体も、まつたく動かないばかりか、感覚すらない。絶望的な闘病生活の中で、わずか動かすことのできる口に筆を加え、ついに文字をつづり、絵を描けるようになった富弘。

文字どおり、手となり足となって看病をする母、親の子に寄せる愛の姿に心をゆり動かされた私。過日、富弘美術館を訪れて詩画を観ながら母親のひたむきな心と姿が瞼に映り感涙した私でした。

私達は、子供1人ひとりのために、どれだけ大江氏などのような努力をしているか問われている気がします。子供がどんな子であっても、どんな場合にも、親として子供たちの成長のために、いつも心を注いでいることが大切であると思います。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

目指そうスロータウン

誰でも一度は口ずさんだ事のある幼い思い出の曲、「うさぎ追いしかの山 こぶな釣りしかの川・・・」は、作詞家高野辰之博士の生まれ故郷である豊田村(長野県諏訪湖の近く)の里山、里川をうたった代表的な文部省唱歌です。

一方「うみは、ひろいな、おおきいな〜♪」の唱歌も私にとっては懐かしい原風景なのです。今は水族館とニシン御殿で有名になった小樽祝津町で、広い海、岩場の海岸、白波などの眺望と海独特の匂いを嗅ぎながら少年期を過ごした私にとって、海はかけがいのない心の癒しの源なのです。

7年前の秋、20数年ぶりに海の幸と乙部・熊石・瀬棚などの海岸線の美観を味わうため檜山方面に足を伸ばしました。しかし、期待は見事に裏切られました。あれほど美しかった海岸線は、漁船の殆ど係留していない漁港銀座に変貌していたのです。

熊石の鮨屋でウニ丼を所望したところ、ガンゼ(バフンウニ)ではなく、ムラサキウニが盛られていたのです。主人に「ガンゼのウニ丼はないのですか。」と訊ねたところ、海岸線を埋め立てたくさん漁港を造ったため、環境が変わりガンゼは殆ど採れなくなったとのことでした。

さて、上記の事例で分るように、私達はこれまで、効率と便利性・経済性などを重視する町おこしを展開してきたきらいがあります。しかし、このようなスピード社会がもたらす負の部分や副作用とも思われる様々な事象・現象を目にし、このような価値観ではいけないことに今やっと気づき始めたと思います。

これからの町づくりは、それぞれの地域の原点となる文化資源や天然資源を見つめなおし、その保存・再生に取り組むことを中心的な活動テーマにすることが大切であります。

具体的には、地産地消、農家のリフォーム、郷土文化や郷土芸能のリニューアル、里山・里川・里海・ふるさとの心などの保存・再生、近所同士の助け合い、一人一芸・一人一資格・一人一NPOなどによる個人資質の向上、年寄りの智恵を借りる、というような活動を手間ひまかけ、深く追求していくスロータウンを目指さなければならないと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

話題になった「卒業生に贈る言葉」 立教新座高校の校長

「海の日」の朝刊(北海道新聞)に紹介された渡辺憲司校長(立教大学名誉教授:66歳)の言葉に共感・感動した。多くの人達に読んでもらいたいので紹介する。

  • 2010年卒業式を中止した立教新座高校3年生に贈る言葉http://niiza.rikkyo.ac.jp/philosophy/message/principal/
  • 函館市出身。高校3年で父を亡くし、卒業後、母カヨさんと上京。立教大学で日本文学を学ぶ傍ら、家庭教師のアルバイトや定時制高の教師をして働いたとのこと。

    “大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためだ。この悲惨な現実を前に、自分を見つめ、孤独を直視し、大海に漕ぎ出せ”という。非常に勇気のいる発言でもある。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ 

       《クリックうりがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月18日 (月)

    海の日 夢が叶った私

    今日は『海の日』。海と聞けば唱歌『うみ』を思い出す。

    国民学校1年生の時、『ウタノホン (上)』に載っていた作品。小樽に住んでいた私は、夏休みになると毎日のように、オタモイ(小学5年まで)と祝津海岸(小学6年~中学3年まだ)で遊んだり泳いだものだ。

    オタモイの写真はRambling On My Hokkaidoより拝借致しました

    1 4

    父や兄達はガンゼ(エゾバフンウニ)やノナ(エゾムラサキウニ)、アワビ、ツブ、コンブ採りに夢中。岸に1人残された私は、水平線を見ながら唄ったのが『うみ』の歌。

    note行ってみたいな よそのくにnoteの夢が叶ったのは、平成18年6月30日に教育長を辞職してからであり、67歳になっていた。幾つになっても海へ足が向く。

    2 3

    5_2 

    6

    今後は一番近くて安く行けるグアム島にしようと思っている。JALのマイルを利用した特典航空券なので、飛行機airplane代は勿論タダhappy01 また、コンドミニアムでのんびり過ごす予定。

     

     soccer なでしこジャパン 世界1 バンザーイ 6:21 

                澤選手~得点王・MVP soccer

      午前3時からテレビにかじりつき:観ていたかいがあったsign03最高にうれしいsign03happy01

               勇気と希望ありがとう sign03sign03sign03

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月17日 (日)

    やる気を持たせる 親の姿勢

    Photo NHKの連続ドラマ『下流の宴』(原作:林真理子)を観ながら、こんなことを考えていた。

    あと数日で1学期の終業式を迎える学校が多いことだろう。子ども達は『あゆみ』を手にして帰宅するが、親の態度が気になるはずである。

    どんな親も我が子の成長が気になり、何かと心を注いでいるに違いない。しかし、過剰な期待は時に悲劇を起こすことがあることを理解していなければ・・・・・・・・。

    特に、期待の内容が「ものごとが速くできること」(速度)、「ものごとを沢山できること」(量)、「ものごとを上手にできること」(出来栄え)を良いとする人間観によつて、成績重視に偏り過ぎた場合が問題なのだ。

    学校の成績が良ければ、我が子が幸せになれると思い込み、成績に過敏になり、なかなか親の期待に応えてくれないと、つい「あせり」が出て、勉強、勉強と子どもに追い討ちをかける傾向が一般にある。

    子どもは親の期待にそうことができないと、自己を喪失したり、生きる力を失うことが少なくない。特に、大人から押し付けられる序列感や競争原理の中で、自己の弱さを感じ、それから逃げようと、周りの誰かの価値を低くすることでしか、自分の存在価値を維持できない無意識の不安感から、異常行動に出ることもある。いじめの根っこには、こうした背景があるとも指摘されている。

    親は子どもの良さを単に学業の結果だけで決め付けてしまわないことだ。単一の価値で判断することは危険。子どもの人格には多様な面があり、それなりの持ち味と良さ、美点、短所と不向きなことなどが同居しているものなのだ。

    家庭では、この子どもにだけ固有に持ち合わせている、それなりの持ち味、美点を学校と密接に連絡して把握することだ。そして、それを生かし伸ばすよう心がけることが大切と思う。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月16日 (土)

    珍しい校訓 今でも継承

    『ニコニコ ピンピン ミンナデ ナカヨク ナニカデ ヒトヨリ』

    これは東京都豊島区立要町小学校の校訓。今でも児童の信条として継承している。実に憶え易い。

    これは昭和の初め、当時の若き校長、小野重内先生が考えられた言葉だそうだ。短く調子のある文句の中に、明朗・温順・健康・友情・協力・自立・個性・創造等々の教えが盛り込まれていると30年前に勤務していたという校長の言葉。

    私が昭和20年に入学した小樽市立長橋小学校の校訓は『強く 正しく 仲よく』だった。インターネットで他校の校訓を調べてみると実にいろいろある。一例を挙げると

    ○やさしく  つよく  うつくしく        ○なかよく  かしこく  たくましく 

    ○元気で仲良く  よく遊び  よく学べ  ○笑顔で かがやけ 向陽のこころ

    ○まごころで たゆまずやれ(京都府福知山市立大正小学校)

    ○すなおな心  がんばる心 かんしやの心

    ○ゆめ チャレンジ 想力(鳥取市立岩倉小学校)~補説を紹介しよう。

      ゆめ

     二十一世紀に向かい、希望や夢が育つ学枚教育児童が登校すれば、自然と『ゆめ』がふくらみ芽生え、自然の四季の変化にしたがって四方八方に花開く環境づくりをめざして

    チャレンジ

     強い意志カ、耐えきれる体と心を育て、心身共にバランスよく成長・成熟する人間をめざして

      想像力

     日本民族の模倣的創造力・生産作業における器用さを教育活動の中や生活の中で高めて、自分の手で創り出す活動の育成をめざして

    また、島根県浜田市立松原小学校の目指す児童像は次の通り。

     ・よく考え進んで学ぶ子ども・・・・・『確かな学力』(知育)

     ・温かい心で助け合う子ども・・・・『豊かな心』(徳育)

     ・健康でがんばり抜く子ども・・・・『健康・体力』(体育)

    校訓は学校経営する時の児童像、期待像等を表しているが、このように学校によって随分違うのである。

    設定に当たっては人間形成の基本理念である「知育」「徳育」「体育」か「知・情・意・体」を視点に考えられている。

    保護者の皆さん、お子様の通っている学校の校訓か児童像を知っていますか。また、我が子はどうなのか試してみませんか。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    クリックありがとう!》

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2011年7月15日 (金)

    イワシの番茶梅煮

    財団法人全国退職教職員生きがい支援協会で発行している月刊誌『悠悠ライフ』の8月号に掲載されている、医学博士 永川祐三氏の執筆内容が参考になった。

    0    ○食材の効用

    大衆魚として親しまれているイワシですが、近年脚光を浴びているのは、身に含まれるEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸に、血液をサラサラにして動脈硬化を予防する働きがあるからです。

    血栓ができるのを予防し、中性脂肪も下げるので、脳血管障害、狭心症、心筋梗塞を防ぐことができます。

    体の抵抗力を高めるタンパク質のほか、鉄分、ビタミンD、カルシウムを含むので骨を丈夫にし、栄養豊富です。

    抗酸化作用を持つビタミンC・Eや抗酸化に働く酸素を助けるビタミンB12を含むので、動脈硬化やがんなどの生活習慣病の予防に効果的です。このビタミンB2は特に皮の部分に多いので、くさみをとる調理をして、皮も残さず食べる工夫をしたいものです。

    そこで、お茶で骨まで軟らかく煮て食べる料理をお勧めです。緑茶に比べて番茶はタンニンが少ないので、番茶で煮れば、鉄の吸収もそれほど抑えられずくさみもとれ、効果も高まります。

    Photo                (写真:「高野俊一の日記」をお借りしました)

    LDLコルステロール値が異常に高くなった私なので、食事と運動に気をつけているこの頃である。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月14日 (木)

    パリ祭? 革命記念日

    7月14日、フランスは『国民の休日』で革命記念日。各地で一日中花火が打ちあげられる。また慣例として消防士はダンス・チーム を組んで市民に披露するらしい。

    午前中にはパリで軍事パレードが開催され、フランス大統領の出席のもとシャンゼリゼ通りを行進するとのこと。前日に様子を見に行った。交通規制のバリケードが至る所にある。

    1

    14日はモンパルナスのホテルを9:30に出て、地下鉄→シャルル・ド・ゴール広場に10:00着→エトアール広場へ。

    2 15

    凱旋門からスタートするパレードを待つ観衆と大イベントに酔う人々。

    14

    25

    軍事パレードで待機中のフランス兵と友好?を図る我ら夫婦。

    6 7

    パレードを待つ消防隊?と観衆。

    10 9

    パレードは陸軍士官学校と海軍兵学校の生徒による行進で幕を開け、歩兵部隊、機械化部隊が登場する。

    戦車の轟音と空軍の演技飛行の爆音。また、消防庁職員による音楽パレードで騒然とした中での行進。

    8

    背の低い私なので、パレードの様子を撮りそこなった(残念)ので、下の動画を観て下さい。

    私は戦時中に轟音をたてて国道を進む戦車を小樽市で見たが、それ以来そのような姿を見たことがない。

    日本では国道・県道などの公道を戦車が走るとは何事かangryと言う人達が多いようだ。

    私は日本の軍事大国化には反対であるが、せめて終戦記念日を平和記念日とし、独立国としての堂々たる姿を国民に披露しても良いのではないかsign02とフランスの革命記念日のパレードを観て思った。

    私の考えは余りにも短絡的で多くの人々から批判を浴びそうであるが、独立国と軍備についてもっと深く国民的論議を起こすべき時期ではないかとも思っている。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月13日 (水)

    サラ金で逃げ回る 母子家庭の子の活躍

    E君は4月上旬に大阪から転向してきた小学5年生です。私は丁度、家庭訪問をはじめる時期でありましたので訪問計画を立てていました。

    ところが、E君の母親はこちらが提示した日取りを“都合が悪い”とか“出張中”等の理由を挙げ、なかなか訪問を受け入れてくれませんでした。

    5月のある日、母親に会えない日が続いたので、何か特別な理由があつて担任に会いたくないのだと推察し、E君の下校時に「君の家が何処にあるか知りたいので教えてねsign01」という理由づけをしてついて行きました。

    E君はバスターミナル裏のアパートに住んでいました。「喉が渇いたのでお水を飲ませてsign02」と告げ玄関に入ってびっくりしました。

    やや大きめのダンボール箱が1個と子どもが持てるぐらいの大きさの箱が1個あり、鍋など炊事用具が大きい箱に入っていました。他方の箱には衣類が入っているわけです。

    その光景を見て察しがつきました。E君の指導要録の写しでは、東京、静岡、名古屋、大阪、神戸、札幌、仙台などを転々としている子でした。

    子どもに理由を聞くと、お母さんが化粧品会社に勤めていて、各地の営業所の所長として転勤になるのだとのことでした。そういえば、初対面の印象では垢抜けており、歯切れよく話す態度から好印象を持っていた私です。しかし、E君の玄関の様子からサラ金から逃れていることが察知されました。

    それから家庭訪問をすることを諦めました。、時々E君のアパートの近くを通ると彼はだぶだぶのズボンをはき、紐がベルト代わりになっていました。

    さて、彼の境遇に同情した私は、やる気を起こさせる手立てを考えました。そして思いついたのが、社会科教科班での役割分担です。

    5年社会は『日本の地理』について学ぶことになっています。E君は私も行ったことのない都市に住んでいたので、日本の地理を一番詳しく知っているわけです。

    それで、社会科の地理に関する学習内容の時は、授業始めの5分間を彼に任せ、クイズ形式で地図帳から都市当てゲームや平野、川、山脈など地理に関する質問や、社会科のワークブックをTPシートに複写し、OHPを利用して復習する学習に取り組ませました。

    彼は意欲的に取組み皆から認められたため、生き生きと学校生活を送るようになりました。しかし残念ながら、その彼も二学期末にまた転校して行きました。

    転校手続きに来た母親は、「今まで10人近くの先生に教わりましたがappochan先生が一番印象に残ります。子どもが初めてやる気を起こしたのも先生のお陰ですsign03」と涙ぐんで話したことを思い出します。

    彼は確か37才になったはずですが、一体、今は何をしているか、と思い出すことがあります。教員とは何年経っても劣悪な環境で育った?教え子のことが気になるものです。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月12日 (火)

    教科班の仕事で自信をつける

    国語の教科班に所属したK君は、理解が遅く学力も低迷していたのですが、字だけはクラスで一番上手な子でした。

    彼は国語教科班に入り、新出漢字をカードに書き、皆に読ませたり書かせたりする役でした。

    「今日の漢字テストを行います。・・・・・。明日の漢字は・・・・です。」 K君は毎回、漢字の10題テストを出題する仕事も担っていたわけです。

    本人は皆に認められたため、誇りに持ち、僕が皆の漢字書き取り能力を伸ばす凄い仕事をしていると自負し、国語は勿論のこと、次に得意な体育でも努力し、生活態度まで明るくなりました。

    母も子どもの変容に驚き喜んでいたぱかりでなく、他の親もK君の自信に満ちた姿を参観し褒め称えました。

    さて、私がチャイムの合図で教室に出向くと、宿題の答え合わせをする声や、皆で斉唱する声が聞こえてきました。伴奏は勿論、音楽教科班の子どもです。

    私のクラスでは、5分間子どもに授業のアプローチをさせており、研究授業や公開授業でもそのスタイルを変えていませんでした。

    子どもは子どもなりに、目的意識を持ち、クラスのためになることをしているということを自覚すれば、能力差に関係なく、驚くほどの力を示し生き生きと活動するものです。

    子どもに任せられることは、思い切って任せてみては如何ですか。ただし、子どもの取組みについて、機会あるごとに賞賛・激励の言葉を投げかけることが大切です。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月11日 (月)

    学力差が大きくても やる気を育てる方法

    ある調査結果によると約60%の教師が、学力差が大きくて授業がやりにくてと困っています。本時の学習内容を塾で既に学習している子、基礎学力が不足しているため理解困難な子など教師の悩みは大きいわけです。しかし、その学力差を無くすることは不可能です。

    一斉学習形態で限られた時間内に同一目標を達成させるということは、絶対に無理なのです。教師の頭を切り替えることが先決です。

    学力が世界一高いとされるフィンランドでは、少人数学級で、教師がわかるまで丁寧に教えます。子どもがまだ学習不足であったら、本人の申し出によって小学校段階で、1年間の留年が認められておりますし、補習指導をする専門家も学校に配置されているのです。

    日本の場合は出来ても出来なくても、出席日数が不足さえしなければ進級できるシステムです。不足していても、校長が認定すれば進級できるわけです。問題がありますよね。

    人間、誰でも得手・不得手があります。不得手を努力で克服するというj前に先ず、得手をバネに、他に取組もうとする意欲を喚起させることが大切です。

    自らエンジンがかかれば、あとは船はひとりでに海原を走っていくようなものです。

    その取組みの一つを紹介します。

    <教科班の設定>

    私は、小学3年生からクラスに教科班を設定してきました。こんなシステムです。

    ◎授業を進めるに当たって、皆でできることを拾い挙げます。

     ・宿題の答え合わせ   ・今日学習するとひころの黙読

     ・漢字の小テストを出し、皆で○をつける   ・体育用具の準備

     ・図画や習字の作品の掲示   ・既に習った歌を皆で唄う

     ・理科実験用具の準備や後始末 などなど

    ◎自分の好きな教科・得意な教科で、お手伝いできるものを選ぶ。

    ◎教科班を編成し、リーダー会議で仕事の確認と役割分担・当番を決める。

                 (具体的な実践例は明日UPします)  

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

                    

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月10日 (日)

    モン・サン・ミッシェルの旅

    5年前の今日は、モン・サン・ミッシェルへの旅だった。個人旅行なので不安が一杯。スケジュールはこのようなもの。

    ホテル発5:30→地下鉄パレロワィアル・ミュゼ・ルーヴル→シャトレ(乗換)→モンパルナス(7つ目の駅)下車→プラットホームの再確認→クロワツサンとコーヒーで朝食(駅で)→モンパルナス発7:05→レンヌ着9:26→バスでモン・サン・ミッシェル着→見学・ランチ→レンヌに戻る→駅前散策・土産買い→レンヌ発17:35→モンパルナス着20:00→ホテル

    Tgv2 1

    3

    5 6

    修道院へ続く参道にはレストランやお土産屋が建ち並ぶ。

    列柱廊と中庭る                 ルーム貝・生ハム・ステーキのランチ

    7 18

    29 10

    数百年にわたり巡礼の人々が歩いた聖なる道を歩いてみたくなり、ズボンを捲り海に入る。砂と泥の混じった細かな粒であるが、殆どぬからない浜。素足から心地よさが伝わる。しかし、足についた砂がなかなか落ちないのでテッシュで何回も拭いた。

    11

    帰りに街並み全体が世界遺産になっているレンヌの町を散策。この町はフランスのブルターニュ地方にある、県庁所在地で人口約20万人の都市。

    4

    前日にモンパルナス駅へ行き、チケット売り場やホームの下調べをしていたのでスムーズに電車に乗れたが、レンヌ駅からモン・サン・ミッシェル行きのバス停が分からず焦った。しかし、あれこれ探してやっと発車時刻に間に合ったのでほっとしたことを思い出す。

    5年前はまだ腰痛を患っていなかったので、このような旅ができたわけである。体の衰えの速さに今更ながら驚いている。

    なお、添乗員役の娘がいなかったらこのようなフランス旅行はできなかった。娘に感謝happy01

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月 9日 (土)

    心に太陽を持て 終戦時の教材

    NHK連続テレビ小説『おひさま』で、『心に太陽を持て』の詩を朗読する子供達を見て、私もその時代にタイムスリップした。

    終戦の年に国民学校に入学し国定教科書を買い求めたが、僅か数か月で墨を塗らされた教科書。

    わら半紙(わらを原料とした下級紙)に印刷された教科書。確か3年生?で習った詩。

                   「心に太陽を持て」  フライシュレン作

                心に太陽を持て
                嵐が吹こうと 吹雪が来ようと
                天には黒くもが 地には争いが
                絶えなかろうと
                いつも、心に太陽を持て

                唇に歌を持て 軽く朗らかに
                自分のつとめ 自分の暮らしに
                よしや苦労が絶えなかろうと
                いつも、唇に歌を持て

                苦しんでいる人 悩んでいる人には
                こう励ましてやろう
                「勇気を失うな
                唇に歌を持て
                心に太陽を持て」

    この詩に共感を覚えるのは、戦争・飢餓・不道徳の充満?していた社会に生きていたからであろう。悲しみや絶望状態に遭遇した時に、どのように乗り越えるかを示した素晴しい詩であり教材であったと思う。

    タイタニックが遭難した時に闇の波間から聞こえてきたこの詩。今、東日本大震災の被災者にこの詩を贈りたい。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    クリックありがとう!》

                

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2011年7月 8日 (金)

    LDLコルステロール値 異常

    6月15日に実施した特定健診の結果通知書が送られてきた。約20ある健診項目の中で、危険因子(リスク)の欄に★★の付いた項目が2箇所。

    血中脂質のLDLコルステロール値が155。基準値は120㎎/dl未満とある。また、糖代謝の尿糖が+。

    医師の判断の欄には、要医療で今回の特定健診の結果を持つ手、医療機関を受診されることをおすすめしますと書かれていた。

    そこで私のLDLの数値の推移を調べようと思い、2002/2のデータを見てビックリ。なんと49mg/dlとある。三倍も上がっている。

    そういえば、教育長時代はその日のスケージュールによって早朝ウォーキングをしたり、夕食後40分経った頃にまたウォーキングし体調管理に努めた。

    しかし、退職後のこの頃は腰痛なので無理は出来ないことから週に2回程のウォーキング。しかも30~40分程度。後はTVかPC。

    加えて寝転びながらTVを観み挙句の果てに菓子をバリバリ。こんな生活習慣だったらLDLの数値が上がるのも当り前と思い。その日からウォーキングを再開したが、やはり数値が気になる。

    それで保管してある過去の健康診断結果を注意深く見て気づいた。HDLコレステロールをLDLと見間違っていた。2009/4ではLDL-cが135(基準値70-139)となっていた。

    しかし、インターネットで調べてみるとLDLコルステロールの数値が140以上であれば高LDLコルステロール血症で食事と運動療法によつて下げなければならないとのこと。

    特に食事では以下のことに気をつけることが大切らしい。

    ・適正なエネルギー摂取量を心掛け、食べ過ぎない
    ・コレステロールや糖分を多く含んでいる食品を控える
    ・肉類の脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸を控える
    ・コレステロールの低下作用を持つ大豆製品を積極的に食べる
    ・食物繊維をたくさん摂取する
    ・抗酸化作用のあるビタミン類やポリフェノールを含む食品を積極的に食べる

    この6点を守り、継続的にウォーキングし、その後医療機関へ行って再度調べてもらおうと思う。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月 7日 (木)

    窓越しの花

    今朝、台所で食器を洗いながら居間の方を見ると、朝日に輝く花々が目に沁みた。早速、カメラでパチリ。

    1

    和室からはこんな眺め。

    2

    心が癒される。今日はこれから孫達との旅行プランを立て、ホテルを予約する予定。嫁が毎年北海道へ来ているのに、一度も函館へ行ったことがないと言っていたので、目的地はそこにする。

    私が教頭になる時にいろいろお世話をして下さり、家族付き合いをしてくれた友達が2年前に急死したので、お参りも兼ねている。5才の孫もいるので無理な計画は立てれない。

    見せたい観光スポットは沢山あるが、焦点を絞り思い出に残る旅行にしたい。そんな訳で今日はPCとにらめっこになりそうだ。妻は朝から陶芸教室へ。

                                   (記:7/6 10:30)

    (追記) 15:30に函館と登別のホテルを予約する。夕食後、庭の花が一段と綺麗なのでまたもやパチリcamera

    1_2 2_2

    4

    5

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月 6日 (水)

    高島城と庭園

    NHKの連続テレビドラマ『おひさま』を観ていたら諏訪にある高島城が映った。銀婚旅行で立ち寄った城。

    Photo 3

    小学生も見学にきていた。ガイドさんの説明によると、この庭園の中の池は上から見ると「人」という字になっていて、島は「心」の字になっているとのこと。この言葉が今でも鮮明に覚えているから不思議である。

    2_2 0

    最近は楽しい思い出に生きている高齢者であるが、時々ゴミ・ステーションの清掃ボランティアをしている。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月 5日 (火)

    長期滞在型の宿泊施設

    Author:junkoboukdirさんのブログ『南仏アヴィニヨンより』を覗いてみたら、フランスでは7月3日から夏休みに入ったとのこと。9月の新学期までの2ケ月間。特別宿題はないという。7月に入ると飛行機代などが高くなるので6月からバカンス移動が始まるらしい。

    安上がりな海外旅行を目指している私にとって気になるのが宿泊費。一部屋の料金が安いアパルトマンやコンドミニアム・タイプのホテルを選んでいる。だからツアー旅行より安くて済む。

    1 2

    3 ところが、不思議なのが日本のホテルや旅館。殆どが1人1泊の料金設定。1部屋に何人泊るかによって宿泊費が異なるが、やはり1人当たりの料金設定。滞在日数によって格安になるところが見つからない。

    北海道でも観光客の減少を嘆いているが、根本的な問題が潜んでいるような気もする。

    ところが、過日、新聞によると新しい動きが報道されていた。

          避暑地ニセコへ熱視線   節電の夏

    後志管内ニセコ地域(倶知安町、ニセコ町)のコンドミニアムに7月から30泊以上の長期にわたって滞在する客の予約が100件以上入り、昨年の2倍に近い水準だ。

    福島第1原発事故で節電を強いられ、道内で暑さをしのごうという首都圏の客が多い。キッチン、洗濯機などに加えてネット環境が整った施設が多いなど、長期滞在に適した基盤が強まっているようだ。

    倶知安町観光協会が5月末、倶知安町に約700戸あるコンドミニアムの7割を運営する6社から聞き取ったところ、30泊以上の予約が計114件入っていた。多くは30泊で1室20万円前後を打ち出している。・・・・・・・略

    1室20万円で30泊であれば1泊約6,700円。二人で泊ると1泊3,350円/人。3人ならば約2,230円。2ベットルームでは幾らか定かでないが、オーストラリアやニュージランドの観光客が多いニセコ地域なので海外並みの料金設定と思う。

    過日、私達夫婦は娘同伴でパリや南仏旅行をした。しかし、全て1部屋の値段設定。

    また、グアム島でコンドミニアムに長期滞在するのも宿泊費の関係だし、ハワイ島のホテルでも冷蔵庫のある部屋でかつホテル内にコンビニのあるところを選ぶ。また、昼食・夕食はテイクアウトする。

    日本でも湯治客用の料金設定があったが冬場に限られているのが多い。富裕層の客相手の商売も分かるが、普通のサラリーマン家庭に目線を落とした経営戦略も大切と思う。

    雑貨商を営んでいた義父は、薄利多売の商法だった。100円ショップが多くの顧客をつかんでいるのもこの類に属すると思う。

    今、高齢化社会を迎え年金生活者が急増している。旅行はしたいが金がない。だから普段の生活費を切り詰めてゆっくりと滞在型旅行をしたいという人がいる。日本でもそのようなシルバー対象の宿泊プランを提示して欲しいものだ。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2011年7月 4日 (月)

    AETから見た日本や学生の印象

    私が教育委員会に勤務している時に招いたAET(Assistant English Teather の略:英語指導助手)と5年振りにあった。彼はニューヨークで中学教員をしていたが日本に憧れて来たわけである。

    AETの勤務は最長5年間とのきまりがある。来日7年目になった彼は、日本での仕事探しに大変な苦労をしたとのこと。現在は、専門学校と英会話教室の講師、家庭教師で生計を賄っている。

    その彼が、2年間お付き合いをしていた彼女と目出度く結婚。ある人から彼は彼女のヒモであると皮肉を言われたことがあったとか(笑い)。

    1_2 彼が日本に居座る理由が面白い。第一はスノーボードが好きで手稲ハイランドまで車で10数分足らず。しかも、プライベート・コースのように全然混み合っていないこと。

    ニューヨークでは最低40分も車を飛ばし、やっと着いても凄い混み具合。だから、札幌がベストとのこと。

    第二は人々が優しく親切であるため居心地がよいこと。

    特に彼女は頭がよく英語も上手。料理も得意なので大好きになったと言う。

    その彼が不思議に思っていることが数点ある。

    ① 日本では中学・高校と6年間も英語を習ってきているのに、その成果が殆んど見受けられない。それに比して、中国人や韓国人は結構英語を話すので不思議でならない。

    ② 日本人は発音を気にし過ぎる。アメリカ人でも地方によって全く発音が違うし、英語圏のイギリス人やオーストラリア人の英語で理解できないものも沢山ある。だから、発音を気にせず、恥ずかしがらないでどんどん話した方がよいのでは・・・。

    ③ お金を出して専門学校へ通っているのに、授業中に携帯電話でメールを打っている学生がいる。そして、質問しても「ワカンナーイ」と平然と言う。何を学びたいのかサッパリ分からない。目標を持っていないように思う。

    ④ 今の親や教師は子供が悪さをしていても怒らない。私が怒ると「Aは嫌いsign03」と言ったり、小さな子は「バーカ」と目をむく。嫌われると仕事がなくなるが、悪いことは悪いと叱ることが大切だと思う。

    彼との雑談の中で印象に残ったことが2つある。

    ① 家庭教師をしているのは医者の家で一人1時間で3,500円もらい、3人兄弟を教えている。

    ② 私はニューヨークの教員免許を持っているので、帰国してもいろんな州で教員ができる。ニューヨークとカリフォニア州の教員免許は全米で通用するが、他の州の教員免許を持っていてもニューヨークやカリフォニアで教員はできない。

    ③ 教員のサラリーは州との交渉によって決定される。一般に安いサラリーなので副職やアルバイトをしてもよいことになっている。

    ④ 日本でも悪い教員がいる。何もしていないのに忙しそうな振りをしている(笑い)。

    さて、地下鉄新札幌駅に迎えに行った時、彼の姿を見て「ハーイ、Asign02 ロングタイム ノースィー」と叫んだところ、彼も手を振って近づいてきた。傍に居た彼女は私が相当英語を話せると思ったと感想を言っていたが、殆んど分からなく、全て彼女が通訳をしてくれたので助かった。

    妻も英会話教室で彼の指導を受けたので通訳を介して親しげに懇談できたし、手料理を喜んで食べてくれたので、今日は思い出に残る楽しい1日となった。これからも交流を図ろうと思う。

                                         (記:7月3日)

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月 3日 (日)

    改造3回目 我が家の庭

    校長を退職する2年前、念願の家を新築した。その際に知人の造園士(数年後に倒産)に依頼して庭を造ってもらった。

    2

    1_2

    ところが2年目に名月楓とモミジが枯れてしまい再度の植樹も失敗。土壌が合わなかったらしい。

    また、再就職で教育委員会に勤めこの地を離れたため、月に1度ぐらいしか訪れなかったこの庭も、タンポポや雑草が生え、白い玉石も埃をかぶって汚らしい色となった。

    そこで、イトヒバ、モンカブリ、ムクゲ、ライラックなどを配した庭に改造した。しかし、花のない庭は物足りないとの妻の要望により、丁度4年前の5月に3度目の改造に着手した。

    設計、園路のレンガ敷きは妻の手仕事。私は軒下の通路に枕木を敷設したのみ。そして4年後の庭が今の姿。

    1

    1 2

      0                   とに角、「わび」「さび」の世界より、ウッドデッキでお茶を飲みながら、手塩にかけて育てた(妻が)花々を観て過ごす方が至福の時でもある。

    <注> 樹木の値段はビックリするほど高い。参考までに書き記ておく。

    ・糸ヒバ(7,300) ・ノムラモミジ(38,600) ・シダレモミジ(27,000) ・日高五葉松(83,000) ・オンコ(145,000) ・名月楓(48,000) 

    また、枯流れ、及び石組工の値段

    ・羊蹄石(42,000/t) ・つくばい(84,300) ・灯篭(57,500)・・・・・高すぎる 

    ※ 失敗から学んだ留意事項

    ① 他の業者からも見積もりを取り、比較検討することが大切。

    ② 保障やアフターケアーの内容を確認しておくこと。契約書を交わすこと。

    ③ 樹木等に関する眼力がないため業者に騙され易いので注意すること。

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    2011年7月 2日 (土)

    論文の柱の一つ 発達課題

    道教委のある生涯学習課長が教育委員会の職員の1人に、「子供を健やかに育てるためには、何が一番重要なのか?一言でいうと何でしょう?」との質問を受けた。

    中学・高校で教員をし道教委の指導主事をしていた経歴の持ち主のAさんは、一瞬戸惑った。暫く考え発した言葉が『発達課題』なのだ。

    人生の各発達段階には、特徴的な発達課題があることが知られている。エリクソンは、人生を八つの発達段階に区切り、それぞれに達成されるべき心理・社会的な発達課題があるとしている。

    そして大切なことは、ある発達段階での課題が達成されるかどうかが、後の発達段階における人格に影響を与えることなのだと。

    各発達段階にみられる問題行動の多くは、それ以前の発達段階における課題が十分達成されなかつたことに主な原因を求める必要があるとも考えられている。

    私はエリクソンの発達課題のとらえ方より『心理学COCOROの法則: 001115)ハヴィガーストの発達課題 アーカイブ』の方が具体的で平易な言葉で書かれているので大変参考になった。

    特に、児童期における発達課題の達成のために学校教育としての役割の重要性を、教頭選考試験の論文の柱の一つに掲げ記述した。

    間もなく73歳になろうとしているのに、今でも発達課題には関心があり、老年期の発達課題がクリアしているかどうか自問自答している昨今である。

    なお、老年期の発達課題はこのような事項。

    • (1) 肉体的な強さと健康の衰退に適応すること
    • (2) 隠退と減少した収入に適応すること
    • (3) 配偶者の死に適応すること
    • (4) 自分と同年輩の老人たちと明るい親密な関係を確立すること
    • (5) 肉体的生活を満足におくれるよう準備態勢を確立すること

    人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年7月 1日 (金)

    馬鹿にできない 蜂の巣

    バラの茂みの中にこんな物を発見。

    1 12

    随分軽くて今にも壊れそうな感じの物。裏側を見て蜂の巣であることが分かった。

    2

    見事な六角形の部屋。どの部屋にも1個ずつ卵が産み付けられている。これが蜂になるのか観察したことがないので分からない。

    庭にはミツバチがよく飛んでいるし、時にはスズメバチらしき蜂も飛んでくる。

    私は、小学2年生の時に刺されたことがあった。飛び跳ねるほどの激痛。近所の年上の子供たちが「オシッコをつけれは治るsign02」と言っていたが、そんな余裕もなくただ泣きじゃくっていた(つд⊂)エーン

    日本では、例年、蜂に刺されて死ぬ人が結構いるそうである。聞くところによると蜂の天敵は熊とのこと。熊が蜂の巣を好んで食べるので、蜂は防衛本能?で黒い色のものに襲い掛かるらしい。

    さて、新任教員の「初任者研修」で野外学習活動があった。その時、初任者の1人(後に私が仲人をした子)が蜂に刺されてしまった。講師はどのような措置をとったか分からないが、刺された子の父親が道教委に凄い剣幕で抗議したという話を聞いた。

    この事故以来、私は遠足などの野外活動では事前に現地視察を行い、蜂が飛び交っていないかを調べることと、もし、現地で蜂の巣を見つけても、棒などで巣を壊したり刺激を与えないように指導することを指示したことがあった。

    いずれにしても、下記のブログが専門的に解説しているので、先生方や保護者の皆さんも知っておくことが大切である。

    蜂刺され症状ごとの応急処置・対処法

    にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

       《クリックありがとう!》

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »