« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

個性のある庭を訪問

妻の友達の庭はなかなか個性的である。自分が制作した作品を散りばめアクセントをつけている。代表的な庭を2軒紹介する。

先ずはNさん宅。旦那さんは木彫り作家。奥さんは陶芸に凝っている。

1_2 2

3 4

次は陶芸作品の多い庭。妻と同じような物を作っているが中々センスが良い。
玄関前の壁は陶芸で作ったタイルを張ったもの。とても素敵である。

       Yさん宅

5_3

    玄関先に置かれた陶芸作品

6_2

7

    玄関サイドの壁のタイル自作

8

Yさん宅は、花の時期になると見応えのある庭になると妻は言う。その時期にまたおじゃましようと思っている。

3番目に訪れたのはKさん宅。個人の庭としては規模が大きすぎ、林のなかには遊歩道もある。ここの庭は庭師を入れて、剪定や冬囲いなどをしてもらっていると言う。
冬囲いをはずすのに、庭師3人で2日かかると言う。奥さんは手づくりの高山植物園を作っているが、まだ時期が早くて、数種類の花しか咲いていなかった。

9

10

これらの庭は広い土地を有効に活かしている。それに比して我家はバラ中心の狭い庭であるが、香りと色彩で心を和ませてくれる。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

大型連休スタート 陽だまりロードにデビュ

大型連休初日の28日、ぽかぽかの陽気となり、私は今年初めて“陽だまりロード”を散策した。サイクリング、家族連れの散歩、ジョギングなど結構な賑わい。

1

                 テニスの練習に励む中学生

2

        地下鉄「大谷地駅」近くであることが、マンション群でわかる。

3

                 途中、一方通行の所もある。

4

        児童公園               回転寿司の店

5_2 6 

10:50に我家をスタートし、回転寿司の店の前で一般道に進み、50メートル足らずで地下鉄東西線「南郷18丁目駅」で丁度1時間。
地下鉄で新札幌駅まで8分ぐらい、その後、バスで我家へ(12:10着)。

昼食→昼寝→ファイターズ対楽天のTV観戦→夕食→ブログ書き(18:20)。今日も充実した1日だった。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

放射線量測定の学校へ 孫息子が入学

4/9、嫁さんからメールが入っていた。丁度グアムへ行っておりスマートフォンの電源を切っていたので気がつかなかった。帰国してから1週間後にメールを開くとは何たることかsign02

内容は“とても良いお天気の中、無事にXXの入学式が終わりました。YYは5年4組で初めての男の担任の先生で、今年も代表委員(学級委員)に立候補し、1学期のクラス代表になりました。 XXは1年2組で若い女の先生でした。”

妻の携帯にも入っていたので写真入りのメールは見たのですが、私はメールにあまり関心がないため礼を欠くことが多いのだ。

早速、二人の孫がお世話になっている学校のホームページを開いてみた。
1

放射線測定が行われていた。校庭は0.06マイクロシーベルト(4月5日測定)。また、雨どいの下等のホットスポットについては、一番数値の高い場所でも0.18マイクロシーベルトとなっており、○○市の基準値0.23マイクロシーベルトを下回っている。毎週1回測定しており、もしも0.23マイクロシーベルトを超えた場合は、速やかに除染作業を行う体制をとっているとのこと。

しかし、この基準値で安心してよいものなのかは判らない。26日の測定値は札幌0.028、岩手県0.022、宮城県0.059、福島県0.850、茨城県0.074となっているので、孫の学校の校庭は福島県、茨城県の次に高いことになる。

確かこの学校は運動会でのマスゲームは裸足(はだし)で行っており、5月下旬に開催される春の運動会の練習が既に始まっているので、放射線の蓄積度が心配になる。

本当におかしな時代になったものだ。科学技術の進歩が人間生活を蝕んでいくとは皆さん“想定外”だっただろう。健やかに育てなければならない子供達のためにも、強い危機管理意識で改めて想定を見直す必要を感じている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

美味しくて 簡単な いかニンジン料理

1週間前から我家の食卓にデビューしたニンジン料理。ぱりぱりと歯ごたえが良く、スルメのほのかな味がたまらないgood。毎日のように3食いただいている。

1 2

この料理は成田→新千歳までのJALairplane機内誌に載っていたものを、妻が早速作ってみたのだ。下のレシピー通りに作ったら本当に美味しい。酒のおつまみには絶好の料理。福島県の郷土料理らしい。人参が主役の漬物!冬やお正月用の保存食らしい。しゃきしゃきした人参が沢山食べられる。

0_2

やゝピンボケであるが、作り方は判読できそうだ。
この料理に千切りにしたコンブを加えてみたが、コンブの味が強すぎて甘味が半減した。やはり、ニンジンとスルメだけの方が美味しい。どうぞ、お試しあれsign03

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

老犬 カートで散歩 

5月下旬~6月上旬並みの初夏の陽気に誘われて、久しぶりに散歩を楽しんだ。同伴者は娘が飼っている老犬。人間の歳になおすと100歳を超えたラブラドール。脳障害のため自力歩行が困難なためカートを利用。目的地は徒歩で約20分の平岡公園。

3 1

ベンチで一休みしていると、気持ちよさそうに横たわる愛犬。

2 4

私もベンチから芝生に移り大の字になって数分休む。実に爽快。

5_2

                    カートに乗る愛犬の姿

0                                                                                                            (撮影:娘 記:25日 17:10)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

家庭訪問 留意事項

近くの小学校では21日から27日までの4日間を家庭訪問日としている。目的はいろいろあるが、一般的にはこのようなものだろう。
 ・児童・生徒の家庭の地理的位置の把握 
 ・児童・生徒の家庭生活における様子の把握 
 ・児童・生徒の家庭での問題点などがないかの把握
 ・児童・生徒の学校での様子や成績を保護者に報告
 ・保護者の疑問に答え、学級経営・指導方針の説明
 ・児童・生徒の友達関係の把握
 ・保護者の悩みの把握
 ・通学路の安全点検

さて、家庭訪問に際して保護者もいろいろご苦労される。例えば
 ・担任の目にふれる場所の清掃
 ・茶菓子の用意
 ・子供の勉強部屋を見せて欲しいとか、トイレをお借りしたいと申し出る担任への
  配慮。
 ・質問事項の整理

教師側も諸準備が必要となる。
 ・訪問日時と時間の連絡
 ・果物やケーキ・お菓子などの用意は不必要であること等の周知徹底
 ・保護者に報告したり話すことの整理
 ・家庭訪問の目的・訪問順・配慮事項等を学級便りで知らせておく。
 ・共稼ぎ家庭の場合は、時間年休を行使することの要請と、それが難しい
  場合は、夜間訪問も可(例外的措置)との連絡と、教師側が日程的に選
  択の余地のある複数日の指定。

このような諸準備をしていても、計画通りに訪問できないことがある。そのような場合は、携帯電話等で時間が遅れることを次の訪問先に連絡することが大切であろう。
また、子供にお願いしておき、予定の時刻になったら「先生、時間ですよsign03」と知らせてくれるようにしておくと便利である。(笑)
また、次の訪問先を子供同士で案内するというシステムを取り入れると、効率よく訪問することができる。

私などは、家庭訪問も四角四面に捉えないで、保護者と担任が気楽に話ができる関係を醸成する目的で、世間話をして済ませたこともあった。そのような話合いで保護者の“ものの見方・考え方“や人柄なども大体理解できた。
そして、そのことが後の教育活動の展開に大変役立った。とに角、心を開いて話すことのできるような人間関係を構築するということも大切な配意事項であろう。

なお、担任は子供の欠点をあまり指摘せずに、学校生活で見受けられる長所・よさなどを指摘し期待をかけていることを告げることが肝要である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありかとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

グアム島での 小さなトラブル

イパオビーチは今日も晴れ。

0

Fish watchinの後、ランチにしようと思っていると、1人の現地人が近づいてきて写真を撮ってあげるとジェスチャーで訴えた。

撮ってくれた写真はこれ。

1_2 2_3

3 ところが、撮り終わった後「3ドルをくれsign03」と数回要求。

私は、“Thank you very much for your kindness. You are gentleman.No money!No money!”と繰り返して言うと、諦めて立ち去った。

実際は$50紙幣を1枚持っていたが、$1紙幣が無かったので出さなかったのだ。

直ぐ近くにいたチャモロ人が私達のやりとりを聞いていて笑っていた。カメラを盗られなくて良かった。もし、変な行動に出たらこの写真を見せて警察に訴えるつもりだった。(笑)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

コンドミニアムの食事

レオパレス・リゾート・グアムのコント゜ミニアムでの食事を一部UPしておこう。

3

1 212

5

41 9

7

6 8

食材はアガニャ・ショッピング・センターやカリフォーニア・マートで肉、魚(とても美味しい)、野菜、お惣菜などの他、韓国料理も売っているので、海からの帰りに買ってきた。
また、北海道の十勝納豆や果物、グアムで一番美味しいと言われる(現地人の評判)パン(レオパレス・リゾート内で作られいる)などはリゾート内のレオマートで売っている。

コンドミニアムでの食事は、普段、我家で食べる献立よりバラエティーに富み、栄養のバランスも好かった。
運動、食事に配慮したため、妻の便通も極めて好く、かつて無いほど規則正しく快適であったとのこと。(妻にとっては最大の変化)

10                                  なお、13日の滞在で外食したのはKマートでのランチ1回のみ。
過去3回のグアム旅行で食べ飽きたせいか、特別美味しく感じなかった。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

お気に入りのローカルビーチ

友達に「どうして、何時もグアム島へ行くのsign02」と質問されることが多い。「あの美しいローカルが心を癒してくれるんだよsign03」と応える私。特に、イパオビーチ公園がお気に入りなのhappy01

2

南フランスのニースと比較かするとよく分かるはず。

3

このビーチにはこころが踊るステージがいつでも用意されているのだ。

1

遠浅になっているサンゴ礁を歩いていくとタモン湾が一望でき、海中には色とりどりの熱帯魚。

4

               ローカル気分が高まるお気に入りの場所

5

“I am going to my local beach!happy01”(正しいのかなsign02)と言って、また来年も行く予定。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

褒め言葉の3Sと 褒めることの効果

確か18日のNHK「あさイチ」で“ほめるテクニック”について話していた。“素敵”“素晴らしい”“凄い”は褒め言葉の3Sとのこと。
「空気が読めない」という表現はマイナス的見方であり、「自分らしさを持っている」「個性的である」と言えばプラス的であるとも言っていた。

さて、4月も下旬を迎え学校では授業参観日が設定され、我が子の授業態度について観察できる機会があるが、1、2保護者へ要望したい。

1
第一に我が子を褒めることである。(過去ブロ:参観日 子供の言いぶん)例えば、・進んで発言する ・発表の声が大きい ・姿勢が良い ・先生や人の話をよく聞いている ・返事が良い ・よく質問できた ・やる気が感じられた ・楽しそうに授業していた 等々。

第二には担任を褒めること。保護者には他の人から教師に対するいろいろな情報が伝わってくる。評判の良い担任になった場合は嬉しいものだが、逆に評判の悪い教師が担任になった場合がっかりするものである。

しかし、その気持ちを子供の前でストレートに話すことは避けるべきである。何故なら、担任に対する保護者の感情が子供に注入され、担任と我が子の関係がマイナスに働くことがあるからである。

担任に対して、特別褒めることが無くてもいろいろな視点で観察すると、褒めることが見つかるはずである。そのことを子供に話し、素敵な先生ねsign01 なんとなく味のある先生ねsign01 経験が豊かそうねsign01 センスが良いねsign01 などなどと褒め、変な先入観を持たせないように配慮すべきである。

このように、我が子のために“賢い親”になって欲しいと願っている。特に学年始めの時期には十分気をつけて欲しい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

雪囲いのはずれた 我家の庭

グアム旅行から帰って来たところ、近所の庭は既に雪囲いがはずれ春の陽射しをさんさんと受けていた。それで、今日は6:30から庭の仕事にとりかかった。庭木もすっきりしたようだし、妻が作成した陶芸作品も庭に置かれ、また初冬まで庭を飾ってくれる。

7 2 Bb3

4 5

6

縄や支柱の後始末やら植木鉢の移動など外回りや物置の整理などで、正味6時間以上働いた。

少しやり過ぎと思ったが、一気にしない気がすまない性分。若干腰が痛い。

明日は車のタイヤ交換をする予定。夕方、娘と『さくら』というそば屋でカモせいろ蕎麦を食べた。この店はそば粉などをネット販売をしている。

美味しいそば屋なので、来客を案内するのに都合が良いと思った。娘も“こんな近くに、美味しいそば屋があったなんて知らなかったわsign03”との感想。

<記:4月19日 20:10>

※バラを覆っていたムシロにカビが生えていたので生育が心配。今年は網で覆った方がよさそうだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

泳ぎ中心の健康づくり グアム旅行 

海から帰って来ると毎日のようにプールで泳ぐ。宿泊棟ラ・クエスタEの玄関前にあるプール。温水シャワーもありタオルも無料貸出し。

1

私は平泳ぎ中心に200~300m泳ぎ、その後はウォーキングプールで前向き・後ろ向き・膝を胸につけるように前進・腰にひねりを入れての歩行など、約400mの水中ウォーキング。

蹴る力の衰え、ビートも全然ダメ。プールは海と違って浮力が小さいため体が沈みがち。何とあわれな泳ぎ方なのだ。我ながら恥ずかしい。

私の得意技はホッキ貝やウニ、アワビ採りなのだ。今でもプールで25mは潜水できる。ただ泳ぐだけでは満足できないが、腸の活動が活発となり体調もすこぶるOKhappy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

初挑戦 グアムの熱帯魚を動画で

17日、グアムから無事に帰ってきた。13日間の滞在で8日間はイパオビーチでフィッシュ・ウォッチング。早速UPしてみよう。

水面に浮かんでいる小さい物は私の手袋。熱帯魚に夢中になっていて落としたのさえ忘れていた。残念ながら見つからない。
気温34℃前後で水温は温水プール並み。毎日約90分は海に浸かっていた。熱帯魚のとりこになったのは私以上に妻の方。

ライフログ(LifeLog:人間の生活・行い・体験を、映像・音声・位置情報などのデジタルデータとして記録する技術、あるいは記録自体を指す)として、グアム旅行について数回UPしようと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

熱帯魚に癒される グアム島旅行へ出発

今日、これからグアム島旅行へ出発。目的は体力維持と熱帯魚との戯れ。イパオ・ビーチの熱帯魚は最高。水深が胸位。シュノーケリングで海に浮かんでいるだけで目の前に魚達が訪れる。こんな感じなのだ。

日程は3日:成田前泊。4日~16日までリオパレス・リゾート・グアムのラ・クエスタEに宿泊。コンドミニアムなので米、お吸い物、調味料、魚介類の缶詰、魚肉ソーセージなど。

肉類は持込み禁止。カップラーメンも牛肉等でスープの味をとっているのでダメ。検疫で見つかれば5万円相当の罰金とのこと。だから持込み食品は魚貝類中心。
<経費>
        飛行機代  無料(JAL特典航空券)
        宿泊日    レオパレス ¥93,960  
                     ホテル日航成田  ¥14,800(前泊、後泊)
        バス代    $80(約¥6,400) 5日乗り放題 $20/枚×4枚
        食費      約¥40,000  ¥500/食×40食/人×2人
                        合  計   約¥155,000 

1人約8万円で2週間滞在とは、国内旅行に比べて安いと思う。4度目のグアム島だからこそ、気をゆるめず安全には十分留意しようと思う。

さて、旅行中の鉢花の水やりは娘に頼んだ。1_2
2階の書斎にあった花を坪庭に移動した。

なお、低気圧の影響でフライトできるかどうかも怪しい。もし、だめな場合はホテルをキャンセルする必要がある。
キャンセル料は、前日・前々日は金額の30%。だから¥28,188の損失を被るが命には代えられない。今はフライトできることを祈っている。

※ 17日に帰国するので、その間ブログは休む。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》             
  

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

オサレ? お洒落

娘のブログを見ていた妻が、「あらっ、間違って書いているわsign02 お洒落をオサレだなんて。telephoneして知らせてあげようsign01」と言う。それを聞いた私は「一寸待って。今流行りの使い方かも知れないよ!一応ネットで調べて見るよ」と言い、検索して見た。(オサレ

案の定、私の指摘のようにオサレは間違いではなかった。今の言葉は携帯電話やインターネットでのメール送信に便利なのだろう。言葉だけではなく、絵文字も登場し時々私も使うが、間違って使っていることもある。(笑)

それにしても、我々高齢者にとってわからないことの多い世の中になった。一番困るのは、情報化社会にともなって、家電機器やPC・スマートフォン・カメラなどを購入した時、使用説明書に書かれている横文字が理解できない。

今回もグアム島旅行で熱帯魚の撮影のため防水カメラ(¥12,300:バーゲン価格)を購入したが、説明の言葉が判らない。妻は動画も撮りたいと言うが、操作方法を理解するには婿さんに聞くしかないかと思っている。

話は変わるが、今まで使用してきた防水時計は耐用年数が過ぎ修理しなければならないといわれた。
              古い防水時計は娘夫婦の海外土産

1_4 修理代が¥20,000、 電池交換が¥2,500
とのこと。それで新しい防水時計を買うことにした。
値段は¥10,500。

古い方の時計は記念品として保存しておこうと思う。この時計を腕にして、グアム島、ハワイ島、地中海(南仏コートダジュール地方のマントン)、小樽祝津、小樽シマモイ、小樽山中、東小樽、積丹半島の神威内海岸で泳いだのだ。

4月4日からは新しい防水時計を身につけ、グアム島でシュノーケリングを楽しむ予定。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

えっ! あの彼女が校長に!

過日、A教頭さんが校長に昇格したことを新聞で知って、友人のB元校長さんに電話した。彼は「えっ!あの彼女が校長にsign02 俺、祝いの電話をかけないよ。彼女にどれだけ苦労したかsign03」との反応。こんな苦労をしたらしい。

  • 組合意識が強く、事あるごとに楯を突く。
  • 教室内は禁煙なのに図工室で隠れて喫煙していた。
  • 男子生徒には挑発的で派手な服装をする時がある。

私が教育長の時にも印象深い言動があった。

  • 昇任教頭として発令後、私のところに挨拶に来ないので(管理職になった時の一般的な慣わしだった)当該校長にそのことを伝えると、数日経って挨拶にきた。
  • 挨拶に来たとき、“夫(夫婦同時に昇任教頭)は教育長のところに挨拶に行ったのかsign02”と問うと、「どうして挨拶に行かなければいけないのですかangry そんな慣わしは好きでありませんsign03」 と憮然とした表情で言う。
  • 元旦に国旗を掲揚しなければならないことになっているにも関わらず、年末・年始の休暇中は私宅へ帰り、公宅に住んでいる校長が国旗を掲揚していた。国旗掲揚(外)は一般的に教頭業務にしている学校が殆どである。
  • 卒業式に目を見張るような長いドレスを着て、ファッションショーのような雰囲気。
  • 教頭になっても北教組組合員のような言動をとるため、年配の事務職員(北教組組合員)から、“そのようなことで良いのですかsign02”と忠告や指導されることが多かった。

その彼女は確か3校の教頭を歴任して校長に昇格したのだ。この時代は、希望すれば誰でも教頭になれたし、「教頭の配置できない学校が出現してもよいのかsign02」と教育局長からハッパをかけられた時代だった。

管理職は2~3年で異動し、殆ど単身赴任のため、二竃(ふたかまど)になり経済的に損をするし、子どもの進学にも都合が悪いと考えられ、教頭のなり手が極めて少なかったのだ。

だから、識見のない校長が誕生するのも理解できる。しかし、これからは少子化で学校統廃合が進み、管理職もまた狭き門となっていくことだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »