« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

話題の小果樹「アロニア」 大収穫

昼食時、窓から鳥のけたたましいさえずりが聞こえてくる。そっと覗いて見ると、ウッドデッキの側に植えてある「アロニア」の樹の上にいるではないか。きっと実を食べに来たのであろう。

1 2

この「アロニア」は2007,10,29に伊達市在住の妻の友人からわけてもらった樹である。植えてから丁度5年目になり、今年の気温が高かったせいか初めて収穫できた。

3 ボールに山盛り一杯(3㎏)の大収穫。

「黒いナナカマド」と呼ばれているアロニア。果実は、抗酸化作用及び活性酸素生成阻害を有するポリフェノール、食物繊維、そしてβクリプトキサンチン等、健康維持・増進に寄与する成分を豊富に含んでいるとのこと。

特に、アロニアに含まれるアントシアニン色素をはじめとしたポリフェノール類は800㎎/100gも含まれており、ブルーベリーの2倍以上で小果樹類では最も多い。

抗酸化作用、眼精疲労、抗ガン作用等の機能性に優れているが、渋みが強いため生食に向かないらしい。従って、ジャム、ジュース、菓子類、ワイン等に利用されている。(参照:胆振農業改良普及センターの資料)

我家では、アロニア果汁とアロニアジャムを作る予定でいるが、今は先ず、渋みの緩和のため、いつたん冷凍し加熱加工することにしている。

果たしてどのような味になるのか楽しみである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

ブログ休止中の1週間 サーキット・トレーニンぐに励む 

PCのトラブルでブログを1週間休止していた期間は、これまでの生活を見直す絶好の機会となった。それは体力づくりのための無理のない実践を思いついたことなのだ。

連日30℃前後の猛暑が続く中で、健康維持にどう努めるかについて考え、思いついたのがサーキット・トレーニング。9:30から11:00までのウォーキングに変化をつけたこと。

我家(9:30発)から陽だまりロードのスタート地点(上野幌小学校のプールの横に9:39着)までミニ自転車で。

1 2

     スタート地点から最初の“緑のトンネル”に向ってのウォーキング(9:40)

3

       白いフェンスの道            カナチョロ(トカゲ)との出会い

4 5

      二股地点                 散歩を楽しむA学園の子

6 7

  上野幌自転車道橋よりR274を眺める(9:48):日大高校のキャンパスが見える

8

     第二の緑のトンネル           上野幌駅(千歳線)への標識

9 10

       上野幌サイクリング橋より駅の方を眺める(9:55):折り返し点

11

復路は緑のフェンスを利用して“斜め懸垂”を20回し、木陰の直線路を後ろ向きで50歩後進する。続いて横歩き(左右の足を前後に出して)を左右20歩ずつ進む。

   40段の階段道を登る(10:05)       小路の坂をゆっくり上る(10:06)

12_2 13

階段と坂の上り下りは約4分。人懐っこいリスとの出会い。 スタート地点に戻る(10:14)

14 15

このように、約34分間でウオーキング(前進、後進、横歩き)、斜め懸垂、階段と坂の上り下りを組み合わせたサーキット・コース(私だけの運動メニューを組み合わせたコース)を2周トライした。

熱中症にならないように、500mlの水道水を持参し、4箇所ある休憩所で水分補給をした。

        休憩所

16

実践して分かったことは、1回目のウーキングは腰が多少痛かったが、2回目は背筋を伸ばしてすいすい歩くことができること。

約67分のウオーキングで背中は汗でびっしょり。11:00に我家に着き、早速シャワーを浴びると爽快な気分になる。

2階ある書斎へ行く足取りが凄く軽くなっており、トレーニングの効果を実感できた。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

パソコンのトラブルが解消

昨日、妻の親友であるBさんのお通夜で、5年振りにお会いしたA町前助役が
「ブログを楽しみにしている人がいるのですから続けて下さいよsign02 もしトラブルが解消しなかったら、ヤフー以外のブログにしたらどうですか。私は趣味人倶楽部を利用しているので、それに切り替えたらどうですか? 簡単ですから後で教えてあげますよsign03」と言われた。

翌日、腰痛のため告別式には妻のみ出席し、私はPCを開き数分いじり、“既定値に戻す”というところをクリックしたら、一発でトラブルが解消してしまった。今、どうしたらその項がでてきたのか思い出せないが、とに角、解消したのだから不思議である。

時計を見たら11時40分。Bさんが仏さんになった時間と一致する。恐らくパソコンのトラブルでいらいらしている様子を知ったBさんが、大好きなだったひまわりの咲く天国から私の様子を眺め、神通力で解消してくれたものと思っている。

2
Bさん、本当にありがとうございますsign03と合掌した。
また、励ましやご助言下さった前助役さん、本当にありがとうございました。

さて、いよいよ明日からまたブログを始めることができるので大変嬉しい。
皆さん!これまでと同じようにお付き合い下さねhappy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

プログ休止のお知らせ

70歳を記念してブログを開設し、約3年10ヵ月が経ちました。その間、記事数1,355件。353回/367日、平均6.7回/週の割合で更新してきました。また、ブログに投稿した画像は2,888枚。
アクセス数は315,696で1日平均225.66人の訪問を受けました。また、多くの方々からのコメン(832件)でいろいろと学ばせていただきありがとうございました。

さて、突然ですがブログを一時休止するハメになりました。理由は、“ココログ”の新規記事を作成する機能にトラブルが発生し、いくら修復に努力しても回復することができないのです。

例えば、ログイン機能、記事作成本文のキーやHTMLも表示されないのです。また、確認、保存も機能しないため、お手上げの状態。

なぜ、そうなったのかは全く分かりません。“にほんブログ村”からのアンケートにお応えした数日後のトラブルです。

校長として最後の学校のことや、教育長時代のエピソードなどUPしたい内容はいくらでもあるのですが、現段階ではトラブルが解消するまで休止せざるを得ません。誠に残念です。

今、書いているこのブログは2台目の古いパソコンを利用しているのですが、立上げが遅く作業に多くの時間を要しますので、精神衛生上かんばしくないと判断したからです。

これまでアクセス下さった皆様に心からお礼を申し上げます。残暑厳しいこの頃ですが、どうぞご自愛下さいませ。

<追記> 本日(20)日、慢性リンパ性白血病の疑いで髄液検査をしたその結果が分かりました。結論は“特段、異常を認めず”の診断。血液が体の抹消で何かの悪さをしていることでしょうsign02 3ヵ月に一度ずつ「血液検査」をして、経過を診なければならないとのことでした。

従って、治療の必要はないが、身体の異変に早く気づき、その段階で治療するのが最善であるので、定期的に検査を受けるようにとの助言。

身体の異常よりパソコンのトラブルの方がイライラ感が増幅するから変な性分と思っている。(笑い)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

行列のできる店 珊瑚礁

HTBの“旅サラダ”を見ていたら、過日、知人に案内で昼食をとった鎌倉七里ガ浜のレストラン「珊瑚礁」が映った。景色も料理も最上級。ここ(珊瑚礁)を覗くと理解できる。

私はシーフードカレーを食した。濃密で深みのある味。天気がよければ窓から正面に富士山が見えるとのこと。カレーの通販もしているようなので、今度取り寄せてみようかなと思う。

<追記> 18日午後よりPCのインターネットが接続されない。自分では正常に戻すことができないので、今日午前に修理の人に来てもらった。
インターネットは正常に接続されているが、PC内部にトラブルがあるとのこと。PCの調子がおかしいからといって、いろいろ操作を繰り返すと、かえって逆効果であると指摘された。

せっかちな私は、画面の変化を待たずにキーを押してしまう。以前にも注意を受けたことがあったが、まだ直っていない。その度に修理代が6,000円払っている。ポケットマネーが寂しくなってきた。(バカみたい 笑い)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

        《クリックありがとう》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

万福の旅 小樽市内編

8月17日の道新朝刊に“道央 1泊2日 万福の旅”のタイトルで小樽市内編が紹介されていた。リードには“港町小樽には市民が誇り、長年食べ続けている料理がたくさんある。「ソウルフード」を1泊2日の小旅行で食べ歩き、小樽っ子気分をあじわおうかー。(米林千晴)”と書かれている。

小樽っ子の心の味として紹介されていたおすすめメニューの中に、孫達と食べたニシン料理が取り上げられていた。
1 1_2

毎年、墓参りの帰りに立ち寄る店が写真の青塚食堂。今年は海水浴の時に訪れ、息子夫婦と私が食べたのがニシン定食だった。
たまたま、写真を撮ろうとしたが電池の充電が切れ、撮影することができなかったので、新聞に掲載されていた写真をお借りした。

昭和20年代にニシン番屋であったところが食堂になり、行列が出来るほどの賑わいを見せいてるのは嬉しい限りである。何故なら、祝津小学校の卒業生であり、夏休み中は毎日のようにこの番屋の前を通っていたからだ。序に青塚食堂のホームページ(青塚食堂)をはっておく。

なお、ここの娘さん(女主人)が私が教育長をしていた時の課長の教え子(高校時代)だったので、町の体育指導委員会の慰安旅行でこの民宿を利用したことがあったし、私の小学校時代のクラス会の会場になったこともあったので、特別親しみを感じている。繁盛を心から祝っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

パークゴルフの思い出

近所の高齢者が今日も楽しそうにパークゴルフ場へ行った。私も定年退職後の6か月間はパークゴルフに夢中だったが、教育長になってからは年1回、自治体の理事者と議会関係者の交流大会に参加するのみで、なかなかプレーするゆとりがなかった。

町のパークゴルフ場の運営管理は教育委員会の仕事。札幌から近く、広々とした自然の中に設営されたコースに魅力を感じて、近隣から多くの人たちがやって来た。

そのあおりを受け、町民のプレーに支障がでてきた。
ある町会議員が「町の施設であるにもかかわらず、他所の人たちに独占され自由にパークゴルフを楽しむことが出来なくなった。他所者を締め出すために使用料金をとり差をつける必要があるのではないかsign02」と議会で強く主張した。

私は教育委員会の職員と数度にわたって論議し、他市町村の利用実態と料金について調査した。結果的には町民は300円、町外の人たちは500円に設定。また、シーズン券も発行した。

一方、町外から来る人によって経済効果が高まるだろうとの予想であったが、札幌方面から来られる人たちは弁当と飲み物持参なので、町には殆どお金が落ちないこともわかった。しかし、年間の入場料は可なりの額になり、町営体育施設の中で、パクゴルフ場は維持管理費が賄えるほどの優良施設となったのである。

なお、町パークゴルフ協会の創立10周年に次のようなメッセージを送ったことを懐かしく思い出される。

        更なる躍進を

A町パークゴルフ協会が創立10年の記念すべき節目をむかえられましたことを心からお祝い申上げます。
スポーツは一般に、楽しみながら健康維持や体力づくりができるばかりでなく、ストレス解消にも役立ちますので、年齢層に応じて幾つかの種目が定着しております。しかし、老若男女を問わず愛好者が年々増え続けているスポーツは、パークゴルフをおいて他にないように思います。
パークゴルフは、心身の健康は言うに及ばず、家族や友人、近隣の職場ど、人々のふれあいを醸成し、コミュニティづくりに大きな役割を果たしております。

本町においても、週末を問わず野趣に富んだコースで町民こぞって熱中している姿が見受けられ微笑ましく思っております。これも偏に、本協会が実技指導・講習会をはじめ各種大会を開催し、普及活動にご尽力された賜であり心から敬意を表する次第です。

地域社会は多様な人々が協力して生活する場です。その地域社会で行われるスポーツも多様な人々が相互にかかわり合いながら、多様なスポーツ欲求を充足する場づくりも住民の協力のもとに形成される必要があります。
これからの地域スポーツには、行政依存から脱して自分たちのスポーツ問題を自分たち(地域社会)で解決していく住民主導型への転換が求められております。

本会が10周年を契機に、スポーツにおける地域課題に果敢に挑戦し、力強く歩まれますことを心からご期待申上げ、お祝いの言葉といたします。

最近の私は、脊柱狭窄症を患ってから、2年に1度ぐらいしかパークゴルフをしていない。その代わり、腰の調子が良い時には約1時間ぐらいのウォーキングを楽しむことができるので、それで満足している。とに角、健康第一ですよねsign03

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

カニ釣りと 回転寿司 

毎年1回は小樽の海で孫達と海水浴をすることになっていたが、14日にやっとチャンスがおとずれた。昨年と同じ祝津の浜で泳いでみたら水温が低く、数分泳いでからカニ釣りを始めた。

1

2 3

昼食は直ぐ近くにある“青塚食堂”でニシン定食とウニ丼。ニシンは完熟した6年生(一番大きなニシン)の炭火による串焼き。ウニはムラサキウニではなくバフンウニ(浜ではガンゼと言っていた:磯やけで殆ど獲れない貴重なウニ)。

15日は埼玉へ帰る日。3時に“トリトン”という回転寿司(スカイツリーのそらまちに出店している回転寿司で有名)に行ったら、この時間で約40分待ち。北海道らしいものを食べて欲しいと願って注文したのは季節限定で最高の寿司↓。

石狩湾で獲れるシャコ         めったに食べれない“おおぼたんえび”?

01_2  北海道は食材が豊富で安い。メニューの一例。なお、大ぼたんエビとアワビは時下。

9 10

大人5人、子供2人で皿は66枚。腹一杯食べても一人約2,000円強。北海道は良いところだsign02happy01

孫達は今日16日の0:30に自宅に着いたとのこと。満足し無事に帰ったので、私達夫婦も一安心した。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

学力重視の教育 50年後の教え子たち

昭和38年度卒業生23名(25名中、途中で転出した子が2名)の子供たちは私の教え子。学芸大学(現教育大学)を修了して初めて教えた子なのだ。しかも、3年生から4年間も教えた可愛い子たち。

過日、クラス会が開かれたが、みんな還暦も過ぎ61歳と62歳になっていた。全員、農家の子たちだったが、家業を継いだのは僅か1名のみ。

その農家(確か350㌶を仲間数人で農業法人を起こして営農している代表者)をしている子が「俺のように勉強のできなかった子しか農家をしていませんよsign03皆は都会に出て会社員になったり公務員をして、年金生活を送れるのだからいいよなsign02」とこぼす。

その話に対して「何を言っているんだ。俺達サラーリマンは辞令1本で全道各地を回り、俺は24年間も単身赴任してたんだぞsign01 Aだって生まれ故郷で農業をしながら立派に生きているんじゃないかsign02 かえって羨ましいよsign01」とクラスメイトの一人が言う。

「俺なんかは、会社に入ったが職を3回も変え、やっと生活しているんだ。」「俺は、去年、妻に先立たれてしまい、人生の目的がなくなったのでやりきれない気持ちでいるよsign01

「僕は今年の5月に死に目に遭ったんだ。急性の腎臓病で体全体に水が溜まり、3日間で13㎏も水抜きをして命拾いをした。健康の有り難さがやっと分かったよsign03
また、娘2人とも未婚で困っているとか、明るい話題は意外と少なかった。

幹事が欠席者のコメントを読んでくれたが、半月版の手術をしてまだ本調子でないとか、親の介護の世話、都合がつかないなどの理由が書かれていた。

このクラス会で思ったことは、小学校時代に学力が極めて低かった子が有限会社の社長や、大きな企業の部長を勤めていたり(男子)、農家に嫁ぎ立派にしっかりした娘2人に囲まれて幸せな生活をしているのが意外だった。

世間一般では、高学歴の人ほど多くの幸せをつかむと考えがちであるが、実態はそうではなさそうだ。細々ながら夫婦円満に生活しているのは、小学校時代の学力とは無関係であることを知った。

“人間にとって幸せとは何か”についても話題となったが、第一に健康、第二に家庭円満を挙げていたのが印象的であった。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

墓参り 定番のコース

13日、雨の中の墓参り。小樽祝津にある墓。傘をさしてのお参りは初めて。

1_2

お供えを狙うカラスたち          石山中→色内小の下り坂 雨で海が見えない

2_2

11

市役所の下にあるショウボウ番屋で昼食をとる。

4_2 5_2

6_2 7_2

『白い恋人』でクッキー作りを楽しむ孫達。

孫娘の作品                         孫息子の作品

8_3 9_2

夕食のおかずは、手宮市場で買ってきた蒲鉾がメーン。

このようなパターンのお墓参り。小樽市内では運河通りにしか下車しなかったので、町の名所旧跡については訪れたことがなかった。

0

来年の墓参りには市内観光でもしょうと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

アウトドアに興ずる孫達

娘婿が孫達に野生的な遊びをプレゼント。白樺の樹と樹をロープで結び、滑車をつけてすべるように移動する。

0

安全には細心の注意をはらったが、スタートするには樹に登らなければならない。結構な太さなので、なかなか要領がつかめない。

1 2

勇気を持ってスタートする。手が汗ばんでくるほどの緊張感を味わう。

3

数回トライしているうちに恐怖心もなくなり、鳥の目線で景色を堪能できたとのこと。

45  大きく振幅するブランコ。ヒャーsign03

67  セイダカアワダチソウの黄色い花(外来種)  ススキも穂をだし秋の気配を感じる

8_2  9

日頃、学校と塾通いで自然との触れ合いの少ない都会っ子。危険と隣り合わせの遊び。相当疲れたとみえて、孫息子はホルモン焼と納豆巻きを食べながら虚ろな目。途中から寝床に入りバクスイsleepy

一生の思い出になる経験をさせてくれた婿さんに感謝!感謝である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

孫達との墓参り

10日21:30頃、埼玉県から孫達が遊びに来た。今年は、学習塾の関係で10日から15日までの短い滞在。

早速、11日に義父母の墓参り。帯状疱疹を患っている妻は留守番役。息子の運転で墓場に着くと、早速、孫達が墓掃除をしてくれた。義父にはお酒、義母には大福餅を添えた。

1 2

帰り道、車窓の景色を見ながら“北海道らしいねsign02”とつぶやく孫娘。(小学5年生)

3

埼玉県と北海道の違いを実感できる齢になったのだなあと、確かな成長に心で拍手を送った。

墓参りの後、孫達は公文式の宿題、息子夫婦と娘夫婦は大通り公園で行われているビアガーデンへと短い帰省を楽しんでいる。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

お盆前の庭

季節を告げる花達。二度咲き、三度咲きのバラとの再会。

                   プリンセス・アン(三度咲き)

2

           ウインチェスター・キャンドラルは(二度咲き)

3

カサブランカも咲き出した              リアトリス

1 4

風を受け大きくゆっくりと揺れるミソハギは終曲を迎え、他の花達と主役が交代する。

間もなくムクゲが咲き出すことだろう。楽しみである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

嬉しい誤算 将棋盤の廃棄処分

現職時代、高学年の担任が多かった私は、家に子供たちが遊びに来た時、便利なように遊び道具を用意していた。

1 トランプ、オセロ、将棋、囲碁、チェス、麻雀(2卓分)、花札である。

退職後、これらの遊び道具のうち、オセロとチェスは廃棄処分した。

ところが、昨日の夜、小学1年生になった孫息子から「グランパ、将棋あるsign02」との確認の電話があった。

私はてっきり有るものと思い「ちゃんと有るから心配しないでねsign01札幌へきたら勝負をしょうねsign01」と言うと「うん!」と満足した声が返ってきた。

古い将棋の駒は本箱の隅に置いてあったが、将棋盤は何処を探しても見当たらない。時間のみが過ぎていく。それで、自転車で数分のところにあるリサイクルショップへ行った。店員に将棋盤があるかどうか問うと、セットなら有るが盤のみはありませんとのこと。

仕方がないのでセットを購入したら1,300円だった。昨年は同じようにリサイクルショップでオセロを購入したのだが、まさか孫達とオセロや将棋をすることになるとは夢にも思っていなかった。

特に将棋は駒の動かし方が難しいので、まさか小学1年生で覚えているとは思ってもいなかった。孫の成長を喜ぶと同時に、夏休みに孫息子と将棋を指すことを楽しみにしている。高学年になったら囲碁や麻雀を教えてやろうとも思っているが、“勉強に支障をきたすから教えないでくれangry”と息子に怒られることだろう。(笑い)

しかし、そんな魂胆で碁盤は廃棄せずに机の下に置いてある。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

教員採用試験 合格する秘訣?

ラジオ体操に参加している教育大学4年生に「教員採用の学科試験はどうでしたか?」と聞くと「残念ですが不可でした。また来年頑張りますsign01」とのこと。

もし、学科試験が通っていたら二次試験の面接についてお話してあげようと思っていたのだが非常に残念。
彼女の話によれば、美術の先生を希望しているが倍率が17,18倍らしいので、どこかの学校の非常勤講師をしながら、猛烈に勉強しょうと思っているとのこと。

以前から中学校の音楽、美術、技術家庭、体育は採用枠が狭いので大学入試より狭き門となっているのだ。だから、小学校教員免許状を取得していれば、中学を諦め小学校教員になる方が楽なのだが、学生にはその辺の事情がよく理解されていない。

「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律」(ここ)によれば、中学校では1学年1学級編成であれば、教員配置が12人であり、2学級編成なら18人となる。
北海道は小規模校が多いことから、1学年1学級編成の中学校が多いため、各教科に専門教諭を配置することが物理的に無理なのである。

それは、中学の必修教科の授業時数(週)を比較すると理解できる。
1学年 国(4) 社(3) 数(3) 理(3) 音(1.3) 美(1.3) 保体(2.6) 技家(2) 外国(3)
2学年  3    3   3    3    1     1    2.6    2     3
3学年  3   2.4  3   2.3   1     1    2.6    1     3

教員1週間の指導時間を平均化するため、小規模校では音楽と技術家庭、美術と社会、英語と美術という具合に、免許外の教科を教えなければならないようなシステムになっている。
また、高校受験科目でない教科は専門教諭が配置されなくても、保護者からのクレームはあまりこないのが実態である。

従って、中学校教諭の採用試験も教科によって倍率に非常な格差がでるのも当り前なのである。そのようなことを念頭に入れておくと、美術の先生を希望していても、一旦、小学校教員で採用され、数年後に中学の専門教科の指導教諭として異動する方が得策なのである。

教員の狭き門は、教員どうしの共稼ぎが減少しないところにも一因がある。地方自治体で何らかの策を練らないと、教員志望者が減少することを危惧している。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

本『病気にならない生き方』 実践して疑問に思うこと

道新(8/7 朝刊の21面)に写真のような全面広告が掲載されていた。

0 「病気にならない生き方」の本を息子が“参考になるので読んでみたら”と言って差し出した。

先ず、新谷弘実氏を紹介しょう。

1935年、福岡県生まれ。世界で初めて新谷式と呼ばれる大腸内視鏡の挿入法を考案し、開腹手術することなく大腸内視鏡によるボリープ切除に成功し、医学界に大きく貢献する。

日米でおよそ35万例以上の胃腸内視鏡と10万例以上のポリープ切除を行っている、この分野の世界的権威。

現在、アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授および北里大学客員教授(研究員)。

次に、この本で気になったことをメモしていたので紹介する。

□ 「エンザイム」(新谷が作った造語)で酵素のこと。このエンザイムというのは、生物の細胞内で作られるたんぱく質性の触媒の総称。物質の合成や分解、輸送、排出、解毒、エネルギー供給など、生命を維持するために必要な活動にはすべて関与している。

たとえば唾液の中に含まれる「アミラーゼ」という消化酵素は、炭水化物だけに反応する。

■ 私たちの健康は、日常何気なく行っているさまざまな行為に支えられている食事、水補給、運動、休養、睡眠、精神状態、こうしたもののどれか一つにでも問題が生じれば、その影響は体全体におよぶる。そんな人体の複雑なつながりを担い、健康に生きるために必要な恒常性を保つ役目を果たしているのが、ミラクル・エンザイムである。

<流行の健康法にはウソがいっぱい>・・・・間違った健康法(P27~31)

・腸のために毎日ヨーグルトを食べるようにしている。

・カリシウム不足にならないよう、毎日牛乳を飲んでいる。

・果実は太りやすいので控え、ビタミンはサプリメントでとるようにしている。

・太り過ぎないように、ご飯やパンなど炭水化物はなるべく控えるようにしている。

・高タンパク低カロリーの食事を心がけている。

・水分はカテキンの豊富な日本茶でとるようにしている。

・水道水は残留塩素を抜くために、必ず一度沸騰させてから飲んでいる。

■ タンニン酸を多く含むお茶(緑茶、中国茶、紅茶、コーヒー、どくだみ茶、杜仲茶など)を常飲している人の胃を内視鏡で見ると、粘膜が薄くなる慢性の萎縮性変化、または萎縮性胃炎は、胃ガンになりやすいことがわかっている。

□ お茶がもたらす危険はそれだけではない。現在市販されているお茶の多くは、その栽培過程で農薬が使われているからです。

残存農薬やタンニン酸、さらにカフェインの影響を考えると、お茶を水代わりに飲むのはお勧めできない。お茶の好きな方は、無農薬栽培の茶葉を使い、比較的胃粘膜に負担のかからないように空腹時を避け、食後に飲む。そして、一日二、三杯程度にとどめるようにしてください。

さて、私が一番驚いたのは次の内容である。

錆びた油を含んだ牛乳を、今度は100度以上の高温で殺菌します。エンザイムは熱に弱く、48度から115度の間で死滅します。つまり、市販の牛乳というのは、大切なエンザイムを含まないだけでなく、脂肪分は酸化し、タンパク質も高温のため変質しているという、ある意味で最悪の食物なのです。

その証拠に、市販の牛乳を母牛のお乳の代わりに子牛に飲ませると、その子牛は四、五日で死んでしまうそうです。エンザイムのない食物では命を養うことはできないということでしょう。(P70)

このことから、私は1年間牛乳を飲まないで過ごしてきた。しかし、皮膚の湿疹、目のかゆみ、鼻炎など体の変調をきたしたのである。また、最近では血液検査の結果、カルシュウム不足と白血球の増加が指摘され検査結果を待っている状態。

牛乳は22歳から38年間、学校給食で飲んできていたが特別異常はなかった。だから、牛乳は最悪の食の物という指摘は誤っているのではないかと思っている。

「病気にならない生き方」を読んで実践していることが、他に二つある。
① 夕食は寝る四~五時間前には終え、寝るときには胃をからっぽの状態にしてお。
② ひとくちあたり三十~五十回はかむようにし、かたいものや消化のあまりよくないもののときには七十~七十五回ぐらいかみます。(P126)

私は、毎食ひとくちあたり100回かんできたら、胸焼けが治るばかりでなく、体重も平均約3㎏も減り標準体重になった。しかし、食事の時間が30~45分ぐらいかかるが、「よくかむ」「腹八分目」が健康によいこと(P125~129)を、1年間の実験を通して納得できた。

また、今週より牛乳を飲むことを再開したが、今迄「超高温短時間殺菌法」(120~130度で二秒間加熱し殺菌する方法)のものから、「低温保持殺菌法」(62~65度で30分間加熱し殺菌する方法)の牛乳にしている。

しかし、値段が高い。近くのスーパーの牛乳は7銘柄があり値段が148~198円が売れ筋であるが、「低温保持殺菌法」は228円。「超高温短時間殺菌法」でありながら248円のものがあったが、あまり売れていなかった。

とに角、医師や学者によって主張が違うので、何を信じていいのか戸惑っているが、自分の体と相談しながら健康を維持していきたいと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

協働・共同・協同の違い

パソコンで「きょうどう」と打つと、協同:力・心をあわせて事に当たる⇒共同、「協同一致、協同組合、産業協同」とあり、共同:一緒に事を行う、同等に関わる。「お風呂を共同で使う、共同開発」とある。
しかし、協働については意味や用法が書かれていない。学校運営では協働体制の確立、地方自治体では協働による町づくりなどとも言われている。

この協働という概念は、、アメリカのインディアナ大学の政治学教授ヴィンセント・オストロムが用いた用語であり、複数の主体が、何らかの目標を共有し、ともに力を合わせて活動することをいう。

高野尚好氏(元筑波大学教授)によれば、協働とは、組織と人間の調整を図り、組織の目標の実現に向けて、一人一人の特色を生かして、生きがいを持って働くことという意味に用いられるという。
また、組織のもつねらいと個人のもつそれとをともに実現することを意図し、力を合わせながら個人の特性を生かして働くことを意味して用いられるもので、協業、共同、協同とは、一線を画して使われる言葉であることが分かった。

学校現場では、現在、学校規模に応じて教員が特別加配され、T・T(協力教授)が行われているが、これは教師1名で1学級・集団を指導するという伝統的形式を打破し、2名以上の教師が協働で一緒の集団の指導に当たり、それぞれの責任を果たすこととなり、新授業文化の創造と開発が行われている。

これは、小学校での教科担任制による協力・分担とは違い、学習指導と評価における実質的な協力であり、分担重視から協力重視への変化と考えられる。

用語「協働」ひとつでも、調べてみると、過去と現在では協働の意味する教育的内容に違いがあることが改めて分かった。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

軒下の菜園

軒下に置かれたポット植えの野菜が収穫真っ最中。こんなに沢山とれた。

0

       ツルムラサキ                                        モロッコ(さや豆) 3_2                                                                                

1_3

ツルムラサキはつるが紫と白がある。味は全く違わない。電子レンジで「ゆで野菜:葉果菜」で加熱するとツルムラサキはしゃきしゃきとして美味しいし、モロッコは甘味があり調味料なしでも美味しい。

なお、豆が大きくなるとさやの部分がやや硬くなるので、早めに収穫する方がよいことも分かった。

何時まで収穫できるのか楽しみでもある。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

移り行く マイガーデン

7月中旬まではバラが主役のマイガーデン。咲き誇る花々。

1

バラは枝をきることによって新芽が伸びて花をつける植物である。妻が剪定し終えたバラ。よく見るともう蕾ができている。

23バラに替わって他の花達が心を和ませてくれる。

4 5

6 7玄関先では鉢植えの花が元気に咲いている。

8

今、秋風を思わせるような冷たい風が吹いてくる。居間の室温は23℃。勿論クーラーなしで。そろそろ秋に咲く花が現れることだろう。

追記: 庭の手入れ、陶芸作品づくり、旅行、友達や従兄妹達の来訪。数度に亘る友達のお見舞い、連日の暑さなどで体力が消耗し、免疫力が低下したため帯状疱疹を患っていた妻。一日2回の点滴に出向く。
     9                         10:50に帰って来た妻は「今日で点滴は終了なの。月曜日からまた新しい治療が始まるとのことよsign03」と明るい声で報告。

間もなく埼玉県から孫達が遊びに来る。妻には神経後遺症が残ったら大変なので安静を保つように話している。

また、10月上旬に中学時代の女友達4人で長崎のハウステンボスに花を見に行く予定でいるので、それまでには完治して欲しいと願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

青陵会地区研究大会に寄せて

教育長をしていると、各同窓会や管理職の学習会・研修会で挨拶する機会が多かった。たまたま、挨拶原稿がファイルにあったので、当時を思い出した。

     青陵会A地区研究大会に寄せて

会員の皆さん、土曜日午後にもかかわらず研究会に参加され大変ご苦労です。また、本会の開催にあたり準備・運営・提言等の役割を担っておられる役員の皆様に心よりお労い申上げます。
本来でしたら、日頃、本町の教育振興にご尽力9打差ってります青陵会の先生方に、この機会をお借りして厚くお礼を申上げる予定でありましたが、ロータリークラブの会議で札幌へ行くことになりましたので、大変失礼とは存じますが、メッセージをしたためた次第です。

さて、私も現役時代に仲間と読書会を開き、一人ではなかなか読みにくい教育専門書を読みあったり、民間教育団体が主催する研究会や道研の夏季・冬季研修等に参加するなど、いろいろと研修に励んでまいりました。
そして、いつも自分が今取組んでいる研究が最先端であり、この教育理論・教育方法はずっと継承されていくものと思い、実践に努めてまいりました。
ブルーナの『教育の過程』『構造論』やブルームの『形成的評価』、村上芳雄氏の『主体的な学習』や市川正吾氏の『主任職論』などは印象深い教育論・経営論でありました。

しかし、今、静かに振り返ってみますと、それぞれの教育理論がある期間成果として認められましたが、数年経つとまた新しい理論に飛びつくというのが学校現場の実態であったような気がします。
次元やレベルに多少違いがあるのですが、今の教育には四つのウイークポイントがあり、それについて真剣に取組み、その大切さを保護者にも訴えていくことが大切であると思います。

一つ目は、基本的生活習慣の欠如であります。
二つ目は、心の教育の欠如であります。広い意味での心の教育が、必ずしも真剣に取り上げられておらず、家庭においてもその基盤が失われてきております。頭は進んだのですが、それを支える心が貧弱になったように思います。

三つ目は、勤労体験の欠如です。子供は体験オンチで失業状態であり、その結果、手足が虫歯になっているようなものです。

四つ目は、自然との触れ合いの欠如であります。過日、テレビ報道されましたが、夕陽の沈むのを見たことのない子供が凄くいると指摘されておりました。また、友達と遊んだり、自然と触れ合いながら遊ぶよりも、バソコンやテレビゲームなどに長時間過ごすという生活形態が生じてきておりす。このことは、心や身体をつくるうえで憂慮すべきことであります。

多くの学校では、個性重視、心豊かでたくましく生きる子供を育成するという「新しい学力観」「生きる力の育成」の実現に努力していますが、なかなか浸透していないのが実態ではないでしょぅか。
本研究会が子供の姿を直視し、根気よく育てるものは何かを焦点化し、丹念な積み重ねに意欲を燃やさなければならないと自己啓発する場になることを期待しております。

<注> 青陵会とは北海道教育大学岩見沢校の同窓会の名称である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

いじめの解決に当たる 教師の姿勢

大津市のいじめ問題が全国的に毎日のように報道されている。学校側や教育委員会の隠蔽体質が問題視されているが、教師の姿勢はどうなければならないのでろうか。

いじめの解決のあめには、子供たちの声に耳を傾け、真剣にいじめを解決していこうとする姿勢とともに、共感的な姿勢をもって、子供たちや保護者に対応することが大切である。
特に、保護者が学校側の誠意を感じとれるような対応をすることが重要である。

《いじめられた子供への対応》

  • つらい気持ちを共感的に理解し、不安や恐怖心を取り除く。
  • よさを見つけ、励まし、積極的に活動できるように援助する。
  • 教師との人間関係を基盤に、友達との人間関係の確立や拡大を図る。
  • 自分の考えや意見を堂々と述べることができるように援助する。

《いじめた子供への対応》

  • いじめの事実を確認し、動機や原因などを聞く。
  • 欲求不満の要因を把握し、ストレスの解消を図る。
  • いじめは絶対に許されない行為であることを心情的に分からせる。
  • 教師との人間的な触れ合いを深め、友人関係の改善を援助する。

《まわりにいた子供への対応》

  • いじめを知っていたかどうかを確認し、その時の気持ちを聞く。
  • いじめを絶対に「見逃さない」「見ぬ振りをしない」ことを指導する。
  • いじめを根絶するための取組をさせる。

《保護者への対応》

  • いじめる側の保護者に「いじめの行為わ憎み、子供自身は憎まない」という気持ちで対応する。
  • いじめられている側の保護者には、家庭訪問(複数の教員で)をして事実わ伝える。場合によっては、校長や教頭などにも同行してもらう。
  • いじめを起こしたことについて素直に謝罪し、子供を守るため学校側として最善の努力を惜しまないことを告げる。
  • 問題解決に当たっている過程を、逐一報告し理解をあおぐ。

《教育委員会への対応》

  • いじめの事実関係を隠さず報告し、「いじめられた子供への対応」「いじめた子供への対応」「まわりにいた子供への対応」「保護者への対応」をその都度報告し、指導助言を受ける。
  • いじめに対して専門的な知見を持っている人達の指導助言を要請する。

《報道関係への対応》

  • いじめで確認された情報は、「現時点では」「現段階では」とマスコミに公表する。
  • 説明事項はメモしておき、それを見て簡潔に、結論から話し、余計な話は絶対にしない。
  • 弁解的説明を絶対に見せない。
  • 記者会見の場で、記者と論議しない。
  • 公表済みの情報は、会見場の入口にプリントした紙(情報内容 番号 日時を明記しておく)を置いておく。
  • 疑惑を生まない徹底した情報開示(オープンな情報開示)に努める。

いじめは夏休み期間中にも起こり得るという認識をもって、教師は子供たちの校外生活にも目を配り、子供たちの発するサインを見逃さないようにして欲しいと願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

水中ウオーキング 大きな利点

脊柱管狭窄症を患っている私は、水泳と「水中ウオーキング」をするためグアム島へ行くことがある。

0

レオパレス・リゾート・グアムのコンドミニアムに泊まって、↑のプール(長さ50㍍、深さ1.4㍍)で「水中ウオーキング」をするのだ。

人は体の脂肪のおかげで、水中では浮力がかかりヒザや腰に負担がかからない。特に運動不足がちになる私達夫婦は、衰えている関節を安定させる筋力を無理せずつけることができる。

更に、長時間の連続運動が行えるので有酸素運動が継続でき、脂肪の燃焼効率が高まるのだ。約2週間の「水中ウオーキング」のお陰で、約28あった体脂肪が19にまで落ちたのでびっくりした。

私の水中ウオーキングは、前進50㍍→後進50㍍→右横歩行25㍍→左横歩行25㍍を繰り返して行う。そして時々、ヒザを胸までつけて前進という具合にウオーキングに変化をつけて楽しんでいる。

時間は約40分。気温が32℃ぐらいでも体が適度にひやされるのでバテることはない。来年も4/7~4/26までの期間滞在するため、既に、JAL(特典航空券:無料)及びコンドミニアム(宿泊費:1人1泊約4,000円)も予約済みである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

離婚率と学力

2011年の人口動態統計によると、道内の離婚率は千人当たり2.17人。都道府県別では沖縄の2.56、大阪の2.23に次ぎ3番目に高い数字。
過去10年のトップ3もこの3道府県。道は1969~81年は13年連続日本一だった。

ちなみに11年に離婚率が最も低かったのは富山の1.33。東北地方の日本海側と北陸地方は離婚率が低い傾向にあるとのこと。(参照:道新“ほっかいどう百科”より 7/31朝刊)

この記事を見て不思議な傾向に気づいた。それは文科省による学力テスト結果(小学6年国語、算数と中学2年の国語、数学)と離婚率の関係についてである。

正答率の全国平均は65.7%。最も正答率が高かったのは秋田県で72.3%、以下、福井県、富山県、石川県と日本海側の件が上位を占めている。逆に正答率が最も低かったのは沖縄県で58.3%。これに高知県、大阪府、北海道が続いている。

また、保護者の経済力と学力の相関ランキングを見ると持ち家住宅敷地面積持ち家率共働き率米生産量と正の相関があり、父子・母子家庭率学校給食費滞納率核家族率完全失業率と負の相関があることが、文科省の調査で分かった。(出典は「とどラン」)

これらの三つのデーターを考察すると、経済力の低さが離婚率の高さと学力の低下に影響を及ぼしていることが分かる。

ただ、離婚は経済力だけの問題ではなく、夫の暴力、夫婦の浮気、妻の衝動買い、性交渉に対する不満、夫婦のコミュニケーション不足からくる相互不信、家庭への拘束や自由に生活をエンジョイする時間の不足等々、いろいろな要因が考えられる。

特に北海道の喫煙率が全国でトップであることを考えると、自由勝手で気ままな生活を求める若者の行動様式にも離婚率を高める要因があるのではないかと思われる。

私も教え子の多くが離婚をしており、慰謝料問題で“わがままな論理”をたしなめたこともある。しかし、学校現場にいる時は離婚家庭の子供には絶えず温かい態度で接してあげたし、片親の子供に対して優しく接してあげることの大切さをクラスの子供たちに随意・随所で訓育したつもりである。

父子家庭や母子家庭の子供は不幸せである。健やかに育てることが難しい。“適齢期を迎えた世の若者よ、直ぐセックスに走るのではなく、互いに相手の気質や性格、ものの見方や考え方、生活力、過去の異性関係などを理解してから結婚するようにして欲しい。異性を見る目のなさが自分の人生を狂わすのだ“と忠告したい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »