« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

「秋桜」 読めなかった漢字

2_2  1_2TV番組で漢字の読み方競争を。
その中の一つに「秋桜」が。
沢山の回答者の中で二人だけが正解。読み方は「コスモス」。恥ずかしながら私も読めなかった。

“小学館”発行の「新選国語辞典」(第七版)にはコスモスの漢字は載っておらず。

この花はメキシコ原産の外来種。別名「秋桜(アキザクラ)」「大春車菊(オオハルシャギリ)」。

花弁の形が桜に似ているところからつけられた和名。見た目は弱々しそうだが、倒れて折れても茎の途中からまた芽を出すほど丈夫で綺麗な植物。

この花は日本の風景に自然にとけこみ、今ではすっかり秋の花として定着し俳句でコスモスは秋の季語とまでなってしまった。

植物名や外来語はカタカナで表記するものと思っていたし、そのように指導してきたような気がする。教材研究が不足だったことを今更ながら反省している。

なお、コスモス寺で有名な奈良の般若寺(般若寺のホームページ)。参考までに貼っておこう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

タマゴタケ 大収穫

“陽だまりロード”脇の林で見つけたタマゴタケ。4年振りの大収穫なのだ。

1

卵形の白色外皮膜を破って伸びた傘    傘の周辺は放射状の黄色のひだ

2 5

傘裏のひだは密で、色は黄色~橙黄色

4

茎の表面は黄色または橙黄色で暗黄色の斑紋ある。

過去ブロ「きのこの秋」にも書いたが、タマゴタケとベニテングタケを間違え、誤食し中毒症状を起こした人達がよくいる。

28日の昼食にバター炒めをして美味しく食べた。

参考のまでに、有毒のベニテングタケを載せておく。(山渓カラー名鑑 日本のきのこ:山と渓谷社 P142より借用)

00

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

課題意識の育成 地域素材の教材化も

雨天以外は9:30から約1時間ウォーキングするサイクリングロード。

5

道端の花々に目が映る。

1 2

3 4

さて、この4枚の写真を提示して「これは秋の花です。どんなことを感じましたか?何か調べてみたいことはないですか?」と問うと、どのような反応があるであろうか。

教師ならこの写真を見て教育的に何を考えるのか調べたくなった。

昔、小学校の低学年理科で“秋を見つけよう”との題材で学校近くの原っぱを子供達と歩いたことを思い出した。
現在は生活科となり低学年の理科と社会科は無くなったが、理科的な“ものの見方”“とらえ方”“科学する心”“理科の素地的学習”をどう教え学んでいるのであろうか。

何故、このようなことを考えたかには理由がある。東大の大学院で教えている教授の話によれば、「指導上一番困る問題は、自ら課題を見つけることが苦手で卒論のテーマを設定できない学生が多くて本当に困ります。
こちらが、○○について調べなさいとか、課題を提示すると実によく調べ探求するのです。即ち受身的学習は身についているのですが、能動的学習な全くダメなのですsign03」と嘆いていたことを思い出したからだ。

“自ら課題を設定し解決する能力”は、今のような先行き不透明な時代を生きていくためには非常に重要な資質能力であろう。
従って、これからの学校教育の推進には、このことも重要な能力として培わなければならないので、教師自身がそのような能力を身に着けることが先決であろう。

このような考えに立脚し「課題意識を持つ管理職」であって欲しいという積極的な要求の現れは、平成8年頃の校長・教頭の任用試験にも現れていたので紹介しておこう。

《東京都の例》
校長のA問は、産業別就業者数の推移を表すグラフを見て、100字以内で課題を設定し、2000字以内で書け。
B問は「水」という語を用いて100字以内で課題を設定して書け。

ランドセルを背負った子供の姿を微笑みながら見ている男の写真を提示し、課題設定を設定し論述させる。(確かH9年度の論文題?)

教頭・・・・「子供は社会の影響を受けて育つ」と言われていることについて100字以内で課題を設定して書け。

《鹿児島県》
教育に関する県民の意識調査のグラフを提示して見解を問う。

《千葉県》  「教育信条を述べよ」

《香川県》  「学校での課題を一つ取り上げ、具体的な取組を論ぜよ」

如何でしょうか。現在の政治の混迷は若き政治家の大局的な課題意識の欠如にあるのではないかとも思われる。論も策も見当たらない政治sign02(お叱りを受けそうだ 笑い)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

親や子供からから見て 良い学校・よい教師とは

平成8年3月に知人より電話があり、「孫がA市の中学校に転校することになったが、どの学校が一番良い学校か」「家を借りる時にその校下にしたいのだ」とのこと。
なかなか難しい質問だったので、私は「貴方の考えているよい学校とはどんな学校でしょうか」とたずねた。

知人のあげた5点。
① 子供が喜んで通っている学校
② 社会問題にならない学校
③ クラブ活動の活発な学校
④ 進学率が高い学校
⑤ 非行のない学校

知人は「孫の5・6年生の担任は良い先生だったので私も嬉しかった。また、そのような先生に当たりたいものだ」とのこと。
知人のいう良い先生とは
① 勉強を分かり易く教えてくれる先生
② いじめのない学級づくりをする先生
③ えこひいきしない先生

私は元教師だけあって、さすがに確信をついていると思った。父母や地域に信頼される学校とは、このような学校であると私も思っている。
「教育は人なり」と言われるゆえんでもあろう。

次に“小学生はどんな先生に教えてもらいたいか”について調べてみたことがある。(平成元年4月 福武書店モノグラフ)
① ユーモアがあり楽しい先生
② 悪いことをすれば誰にでも同じように怒る先生
③ 休み時間一緒に遊んでくれる先生
④ 一生懸命勉強を教えてくれる先生
⑤ 悩み事を一緒に考えてくれる先生

さて、現場の先生方、貴方は良い先生の部類に入りますか?上の項目は絶対的なものではないが、自分の指導姿勢を見直し改善して子供に好かれる教師になって欲しいと願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

いじめ解消を請け合う専門調査会社

平成8年、C地区校長研究大会の講話で、徳島市に「いじめ解消を請け合う専門調査会社」が現れ、戸惑いと驚きを覚えたと話した私。

それから16年経った今、また「いじめ問題」が社会問題となっている。そこで、徳島の専門調査会社は現在も存続しているのかどうか気になりインターネットで調べてみたが、それらしき会社は見つからなかった。
しかし、似たような会社が東京都などにあることを知り驚いた。

昔の興信所に似ている組織で「SP解決センター」。このSP解決センター“いじめ相談”に対して事実確認調査など次のような取組をしている。
1 当事者への聞き込み【当センター専門カウンセラーによる】
2 対象者(いじめっ子)の確認
3 証拠収集【素行調査】
4 資料作成
5 学校・教育委員会への対応

いじめ問題も商売の対象となる社会。何かが狂っていると思われるが、文部科学省や教育委員会に解決を委ねる姿勢は教師集団として恥ずべき行為ではないかと思われる。

“いじめ”の解決は、少なくても児童生徒を預かっている学校側が責任を持って解決しなければならない事柄である。そのためには教師の日常の姿勢が問われよう。
過去ブロ(いじめの解決に当たる 教師の姿勢)に書いたが、一番は“いじめ”を生まない学級経営や教師の指導力であり、教師集団の“いじめ”解決に立ち向かう姿勢と誠意ある対応であると思う。現役の教師達よ、頑張って欲しいsign03

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

稔の秋 農村5景

新米を買うため知人の農家へ行った。都会の喧騒から抜け出し、時が止まったような田園風景。

2

                     稲刈りを終えた田圃

3

       タマネギのコンテナ            収穫を終えたハウスの姿

1 4

                   農道の脇に咲く野菊

5

今年は暑い日が多かったせいか、米もタマネギも豊作とのこと。街路にはお祭りの幟(のぼり)がひらめいていた。小学校唱歌『村祭り』を思い出した秋の1日。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

荒れていた中学校へ 異動希望した校長

過去ブロ(ある中学校の荒れの始まり)に書いたA中学校の校長が定年退職をするので、後任を誰にしたらようものかと困惑していた教育局長。

ところが、1月の人事協議の折にB校長が「局長さん、私をA中学校へ異動させてくれませんか。教職最後に課題の多い学校で頑張ってみたいと思うのです」と言い出した。
この話を聞いた局長は痛く感動し、希望通りに異動させたのである。

そのような経緯があったことを知らない校長達は、
・「大して実力もない校長が、どうして6学級から12学級ある中心校へ異動できたのか不思議だsign02 ちゃんとやっていけるのだろうかsign02」とか、
・「特別実績を上げてきたわけでもないのに、よく中心校にいけたよな」
・「上手く学校経営ができるのだろうか。お手並み拝見だよね」
などと、口喧しく悪口を言っていた。

しかし、A中学校は問題を起こした3年生を卒業させてから1年が経過し、生徒指導に力を発揮していた教頭も新しく赴任していたばかりでなく、保護者の危機意識を高まったため、新聞ダネになのような問題を起こすことなく、落ち着いた学校へと変容を遂げつつあったのである。

さて、B校長は教頭時代に私と同じ教頭会に所属し、口数が少なくお酒の強い人物だった。その後、指導主幹時代に彼の学校を訪問したことがあったが、特別印象にのこるような学校経営をしているわけでもなかった。

だから、自ら率先して荒れていた中学校へ異動しようと思っているなど、本当に予想外であった。私は彼の胸に秘められた熱い情熱に心を打たれたばかりでなく、外見や今までの実績だけで人を評価してはいけないことを、このB校長から学んだのである。

それにしても、数多くいる校長達が、学校規模、歴史と伝統、地域等にとらわれて、利便地で学校経営のしやすい学校、伝統校、校長会会長などのポストにつけることなどを念頭において異動したがるのは如何なものかと思う。

また、派閥にこだわり“あの学校を○○師団(出身学校の同窓会組織)にとられた”と校長人事を見て評価する傾向のあった教育界。
これは教育大学が5つもある北海道の特殊事情かも知れないが、適正な人物評価による適材適所の人事がなされることを願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

美の三段階

すっきりポール(オール電化用の電柱)前に咲くアサガオ。

        9月7日朝                     9月21日朝

5_2 15_2

美には3段階があるという。“花の美”“葉の美”“枯葉の美”。青葉若葉の美しさや紅葉の美しさに魅せられ紅葉狩を楽しむのは日本独特の文化ではなかろうか。

BSプレミアムで放映している「猫のしっぽ カエルの手」のベニシアさん(イギリス人で貴族出身:京都・大原に在住)は、庭の枯葉などは取り除かないで、美しい四季の移ろいを鑑賞すると言う。イギリスのガーデンは皆そのようにしているらしい。

この話を聞いた私は、アサガオの枯葉を取らないでそのままにしてみた。確かに趣はあるが、無精者が育てているのではないかと誤解を受けそうだ。

美に対する西洋文化と日本文化の違いがあるので、道行く人達は枯葉のついたアサガオを見て、どのように感ずるであろうかsign02

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

エルフィンロード 秋の気配

久しぶりに気温が21℃に下がり、肌寒い朝。熱中症になる心配がないので、朝のウォーキングは“陽だまりロード”→“エルフィンロード”と足を延ばした。小さな秋を見ながらてくてく歩く。

0_2

2

気分爽快になり、つい小学生に教えた歌「秋の子」を口ずさんでいた。

千歳空港行きの電車を見ると、また、旅に出たい気持ちになった。

3

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

荒れた学校 赴任を拒む校長達

B市立C中学校は俗に言う“荒れた学校”。学校の近くにある公園の池にゴミ箱を投げ入れたり、つないでいるボートのロープを解き岸から遠ざけ、櫂も手が届かないところへ投げるなどの悪戯が絶えない地域。
また、卒業した小学校へ行って“懐かしいので校内を見てよいでしょうかsign02”と告げて校内を闊歩し、放送室に入って機器を壊すなどの行為までしでかす一部の生徒達。

この中学校は何故か組合意識の強い教員が多く、国旗・国歌問題をはじめ指導主事訪問の拒否、主任制の反対を掲げ職場闘争を展開している学校。
また、生徒指導上でも多くの問題を抱えていた。

さて、3月中旬のある夕方、机上の内線電話が鳴った。次長からの電話。
急いで次長室へ行くと“困った問題が起きたのです。実はB市のC中学校の校長人事なのですが、いまだに決まっていないのだよ。
異動を打診した校長にはことごとく断わられ、各同窓会の会長に協力をお願いしても、説得できる自信がないので勘弁して下さいと言われ、局長は八方塞がりの状態なの。

私が相談を受けたということは、君の同窓会で何とか解決してくれないかとの願いなのだと思うが、私はこの管内に来てまだ1年しか経たないのでよく分からない点が多いので、この件に関しては指導主幹さんにお願いしたいのですが・・・・・”とのこと。

相談を受けた私は、早速、同窓会長に電話をし駅前の喫茶店で19:00に会うことにした。話合い結果、以前B市で3年間校長していたK校長が適任なのでなんとか説得しようと言うことで、車で約1時間かかるD市の駅前喫茶店で21:00にK校長に会うことにした。

まだ路面の滑る夜道。同窓会長の運転で無事喫茶店に着き、校長を待った。
数分後、K校長が来られたので会長から人事の経緯を説明し、“私と協議の結果、この難局を救えるのは校長さんしかいないとの結論に達したので、実は説得に参ったのです”と告げた。

校長は“今更何をいっているのですかsign02angry もう教育委員会から内示をいただき、私も妻もその気になって異動の準備していたのですから、お断りしたいのですsign03”と青い顔。

その言葉を聞いた私は、概ね、次のような話をした。
① 校長さんの言い分は十分に分かる。しかも、内示でブロックの中心校であるE中学校への異動なので、奥さん共々喜んだことだろうし、私達も嬉しく思っていた。
② 人事は新聞発表されるまで分からないものだ。中には、発表後に変更になることもある。
③ 私も指導主幹にはなりたくなかったので同窓会長に相談したところ、今断われば今後の人事に影響を及ぼすので、個人的な願望は棄て大局的見地から判断して欲しいと言われ、校長異動1年で教育行政の世界に行かなければならない破目に陥ったのだから、K校長にもそのへんのことも十分に考えて欲しい。
④ 今晩一晩考えて、明朝6:30までに電話で返答をお願いしたい。とに角、断腸の思いで決断して欲しい。

翌日6:00にK校長から電話があった。“いろいろ考えたのですが、会長さんや主幹さんの言うとおり致します。局長さんには喜んで赴任致しますとお伝え下さい”との返答。

このことを同窓会長に伝えたのち、次長さんへ報告。登庁後、次長が局長室に入り伝達した模様。
それから1か月後、局長に呼ばれた私は「K校長に余り無理をかけないようにB市の教育長に話をしておいて欲しい。また、K校長には焦らずに諸問題の解決に当たって欲しいと伝えておいて下さい」との依頼。

人情味が深く人の痛みの分かる局長には、校長に戻ってから、53歳の教務部長と職員組合の幹部の一人を教頭に登用してもらったことがあった。
人事異動の新聞発表の裏には、このようなエビソードがあることを知って欲しい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

管理職選考試験に関わる エビソード

今年も校長・教頭昇任選考試験の時期が近づいてきた。昨年度は校長選考の論文試験で北海道長万部の小学校教頭がカンニングをして、道教委から停職3か月の懲戒処分を受けるという恥ずかしい出来事があった。

確かに、選考試験は手が震えてスムーズに文字を書くことができなくなるほど緊張するものである。まして、2回、3回挑戦した者にとってはなお更であろう。

私は先輩から“論題を見て直ぐ書き始めてはいけない。5分間は論文構想に当て、別の用紙にメモするなど余裕を持つことが大切である”と教わった。それを忠実に守ったところ、校長の論文試験は余裕を持ち所定時間前に書き終えることができた。(評定は3で普通だったが、 笑い)

さて、この管理職選考試験で見聞したエピソードをいくつかUPしてみる。

  1. 教頭論文試験当日、布団から起き上がることができなく欠席せざるを得ない教員がいた。しかし、校長や教育委員会から欠席する旨の連絡がなかったため、校長や当該教育委員会が道教委A教育局から、厳しく叱責された。
    後で聞いた話によると、極度に緊張し立ち上がる気力も失せた。妻はそのような状態を校長に話さなかったとのこと。
  2. 試験当日、論題を見て頭が真っ白になる。その後、息苦しくなり倒れたため、救急車で搬送された同僚教員。
    後で話を聞くと、これまでいくつかの論題で練習してきたが、本番は予想外の論題であり、これまで数度にわたって指導してくれた義兄の元校長に申し訳ないと思ったらパニックになったとのこと。
  3. 校長選考試験(論文)二日前に母親が死去。お通夜終了後、自家用車で5~6時間もかかる場所から夜通し運転し、試験に間に合った元同僚。
    しかし、頭がもうろうとし良い成績がとれなかったのた。彼とは研修部で同じ仲間であった私は、教育局長に事情を説明しご配慮願った。その結果、彼はオホーツク海に面した宗谷管内のある町に新採用校長として喜んで赴任して行った。
  4. C市の中学校教頭が生徒の非行問題と家出のため、夜通し捜索活動に当たった。ところが、運悪くその日に論文試験が行われたのである。
    国語専攻で高等学校でも一時教えたことがあるほど、文章を書くことに秀でていた彼であったが論文の成績は下の方。3度の挑戦でやっと校長になれた。
    同じ教頭でも学校規模や勤務条件によって、実力が出し切れない場合もある。
  5. 選考試験の成績は秘密であった。しかし、私達が教頭をしている時代は、どこからどう洩れたか定かでないが、試験を受けた人の成績を入手することができた。
    ところが、先輩のB教頭が教育委員会へ行って教育長に直談判。
    「私より成績の悪い教頭が校長登録になり、私がならないのはおかしいのではないかsign02 公平に扱って欲しい」と。
    この話を聞いていた先輩の学務課長が私に電話。「B教頭の行為は同窓会にとってもマイナスになる。当該学校長へ君から電話をし、教育長へ謝罪に行くように」との依頼。
    私がその校長に電話すると「この話は、同窓会幹部に伝わっているのだろうか」と問うので、「まだ誰も知らないはずである」と答えると、安心したとつぶやいた。自分の今後の身の振り方に関係してくるので、そのように言ったと思うが、教頭も教頭だが、校長も校長だなと一寸軽蔑した。
  6. 管理職選考の面接試験は教育局会議室で行われ、控え室も用意された。私が時々控室に行くと、ノートを出して真剣に暗記している教頭に出くわした。
    面接終了後、必ず私の所(指導主幹席)に立ち寄り、報告していくのが通例であったが、ワイシャツがびしょぬれの教頭がいた。
    何を聞かれたかと問うと、殆ど分かっていなかった。この教頭は極度に緊張する癖があり、論文・面接共に低い評価であった。
    試験に臨む前は、“自分なりに努力してきたのだから、今更焦ってもどうにもならない”と開き直り、平常心を保つことが大切であると感じた。

以上、思い出すままに列挙したが、要は、日常の勤務と服務との関係、学校管理規則と学校運営について絶えず課題意識を持ち、正しい態様のあり方について根拠を上げて説明できるようにしておくことが重要であると痛感した。

“試験のための勉強は身につかないが、日常の学校経営・運営そのものが勉強であるとの認識に立って励むことが大切である”と教頭さん達に伝えたい。
また、新聞をにぎわしている教育関係のニュースに対して、自分なりの見解を持つことが大切とも言いたい。
それは、“新聞を読まない教頭が多いので、教頭会等で指導して下さい”と道教委参事(面接試験官)から言われたことがあったので付け加えておく。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

タイルアート 原田ミドーと子供達

9月の三連休。サイクリングロードの橋下に沢山の人達。何をしているのか気になったが、そこを避けて家へ帰った。
そこで、連休終わりの今日(18日)に立ち寄ってみて驚いた。トンネル内のコンクリートの側面にモザイク画が描かれていたのだ。

2

3 4

厚別区に居住している小学生の絵をもとに一つの作品に仕上げていった原田ミドーさん(魂のブログ)。子供達も制作にかかわった3日間。出来上がった作品がこれ↑。

反対の側面には、近くにある上野幌小学校が2009年に開校110年を迎えた記念に作成した壁画。

1

このような公共の場を絵画で飾るとは素晴らしいことだ。作成に関わった人達に心からお礼を述べたい。

さて、“中学の美術 授業時間3割減”“新たな指導法 模索”との新聞見出しに目が留まった。国語や数学などの受験教科を重視する風潮が強まる中、中学校の美術の授業時間が、1990年代に比べて3割以上減少とのこと。更に、美術と音楽を統合し『芸術科』となることも危惧される。

道教委などによると、本年度の道内の美術担当教員708人のうち、美術免許を持っているのは約6割の407人。残る301人は他の科目の教員で、道教委から「免許教科外教科担任許可」を受けて授業を行っている。

“心の砂漠化”の様相を呈している昨今、美術教育はこんな状態でよいのだろうか。フランス、イタリア、オランダを旅して感じたのは、経済的に豊かな日本ではあるが心は貧しいのではないかという疑問であった。

<追記> 放課後、モザイクタイルの汚れ落としに励む子供達の姿。(18日 15:30)

0

なお、(彫刻家 原田ミドー)をクリックすると彼の活動を知ることができる。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

体の免疫年齢チェックリスト

15日の道新朝刊に“体の免疫システムをどう高める”との見出しで、順天堂大医学部 奥村康教授の話が載っていた。
「気持ちの持ちようで免疫の活性が上ったり下がったりすることも、最近の研究で分かってきた」と指摘し、免疫年齢チェックリストを提示している。

1 当てはまる項目をチェックする

□① 夜寝る時間は毎日ほぼ一定である
□② 緊張感のない生活をしている
□③ よく歩いている
□④ 体温は36.5度以下である
□⑤ 食いしん坊である
□⑥ サプリメントや薬がないと不安になる
□⑦ ヨーグルト、納豆などの発酵食品やキノコ類をよく食べる
□⑧ 肉や魚が好きでない
□⑨ コルステロール値は血液1㎗当たり200~30㎎である
□⑩ たばこやお酒、好きな食べ物を我慢することがある
□⑪ 〔既婚者〕配偶者一緒にいると心が落ち着き安心できる
    〔独 身〕一人を楽しんでいる
□⑫ 大笑いすることはあまりない
□⑬ 一晩寝たら嫌なことや気になっていたことを忘れていることが多い
□⑭ 誰にも打ち明けられない秘密が多い
□⑮ 細かいことはあまり気にならない
□⑯ 引きこもりがちである
□⑰ 人と笑い話をすることは楽しみの一つだ
□⑱ これといった趣味がない
□⑲ 腹を割って話す友人がいる
□⑳ つらいことがあるといつまでも引きずってしまう

2 自分の年齢をベースにする
3 奇数番号をチェックした数だけマイナスする
4 偶数番号のチェックした数だけプラスする
5 その結果出た数があなたの免疫年齢

※ NK細胞は年を取るほど弱まる。免疫年齢が若いほど“健康長寿”を目指せるとのこと。
また、NK細胞は、

  • がんやウイルスに感染した細胞を攻撃する
  • NK細胞の活性が低い人は、いつも風邪をひきがちだし、治るにも時間がかかる。
  • NK細胞の活性が低いひとががんになりやすい
  • NK活性に影響を及ぼすのは、一つは加齢。60歳ぐらいでどんどん下がっていく
  • NK細胞は精神的ストレスに最も弱い
  • 毎日乳酸菌を取りながら、規則正しい、笑いの多い生活を送ることが、NK活性を上げるポイント

なお、74歳の私の免疫年齢は69歳であり、69歳の妻は71歳であった。妻の免疫年齢を上げたのは、労わりの精神に欠ける私のせいであるとチョッピリ反省している。(笑い)

思いついたが、「笑い」がNK細胞の活性を高めるようなので、漫談家“綾小路きみまろ”のCDを買ってきて、寝床で聴こうと思っているhappy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

PTAから子供への贈り物 柏木川プロジェクト

NHKのラジオを聞きながらウォーキングをしていたら、“柏木川プロジェクト”で子供たちに川を中心とした自然体験をさせているとの話。

早速、帰ってからPCで検索してみたらこのプロジェクトの趣旨や活動内容などが掲載されていた。ここ「柏木川プロジェクトとは」を覗いて見て。

さて、私も3校目の小学校で“自然総合学習”との名称で教育課程に位置づけ、特色ある教育実践をしたことを思い出した。過去ブロ「自然総合学習」を参照のこと。

000 また、川と水難事故に関する実践「水難事故から子供を守るには」も自然総合学習の活動の一つとして実践したこともあった。
この実践はまさに五官全体に訴える強烈な体験であったことを、子供の感想から伺うことができた。

今、陸上自衛隊員が多い町である北海道恵庭市立島松小学校PTAが、未来を生きる子供たちへ素晴らしいプレゼントをしていることを知って感銘を新たにした。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

南仏コート・ダジュール エズ村

断崖絶壁にへばりつくような姿から“鷲の巣村”とか“鷹の巣”とも呼ばれるようになった小さな村。人口は約2,500人。海抜420mにあるエズは観光の名所でもある。

Photo

モナコから約1時間おきにバスが(112番のバスで所要時間約15分)出ており、世界遺産にもなっているので日本人のツアー観光客にも会う。
バス停近くで観光案内所のあるジェネラル・ゴール広場の南側の門から村の奥へ続く急坂を上って行く。

3 4

本当に狭い石畳の小路の両側には可愛い小さなお土産店が建ち並んでいる。手工芸品のアトリエ兼ショップになっている家をのぞきながら頂上をめざす。

5 6

7 8

まるで小さな洞窟のようなお店だが、内部の装飾もお洒落であり、見飽きることはない。

但し、冬季間は閉店。

古い城の跡に造られた熱帯庭園(サボテンが主)は、景色を眺める所としては、最高の場所。地中海を一望できる。

9

                やっと登りつめた砦の私と妻

10_2 11

12_2

       眼下の教会                  砦の様子

13 14

     砦の下の方の広場にある香水工場。観光バスが随分停まっている。
15

なお、注意しなければならないのは、時々バスが間引き運転をするため時刻表通りには運行されないことがある。私達も確か90分も待たされたが、フランスの人達は慣れているので、別に気にもとずのん気におしゃべりを楽しんでいた。
私のようなセッカチな人間にとっては、住みずらい所だ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

     《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

南仏コート・ダジュール モナコ公国

過日、BS日テレ「大人のヨーロッパ街歩き」でモナコとエズを放映していた。2009年(平成21年)8月13日にモナコ公国へ行ったことがあったので、興味深く視聴した。

先ずTVによりモナコの概要をUPしておく。

1

0 2

3 5

モナコは6つの地区からなり、グランド・カジノのあるのがモンテカルロ地区。大宮殿が建つモナコの旧市街がモナコ・ヴィル地区。
私達親子が迷いながら訪れたのは3地区ぐらい。訪れた道順に沿ってのスナップ。

マントンから電車で移動。
モナコ・モンテカルロ駅手前の光景    地下にある駅なのでエスカレーターを利用
9 22

駅前からバスで大公宮殿をめざして終点まて゜。
近くのマルシェに立ち寄り、モナコF1グランプリ記念のTシャツなどを買う。マルシェの中心に噴水があるなんて・・・・・・・素敵!

6 7

               マルシェ→徒歩→大公宮殿を望む

8

        大公宮殿前の広場          衛兵の姿

10 11

大公宮殿を中心としたモナコ・ヴィル地区の高台は、中世から続く旧市街になっている。
ロッジ(岩山)からの眺め。

15

     岩山にある公園内で記念写真     旧市街の賑わい

17 16

                  紺碧の海に魅せられる二人

20

        岩山から港を望む      岩山に建つ海洋博物館と下の水族館

18 19 旧市街地からエレベーターで降りてきた所のロケーション

21

 フォンヴィエイュ地区にあるグレース公妃のバラ園でのスナップ

        上空からのバラ園           グレース公妃の立像

13 27

12 ハリウッド女優からレニエ公と世紀の結婚式を挙げたグレース公妃は、1982年に自動車事故で突然の死を迎えた。バラを愛した妃を偲んでつくられたバラ園。150種、4000本を超えるバラが咲き誇っていた。

バラ園→グラン・カジノ(バス)→マントン(バス) バス代は確か€1だったので驚く。

グラン・カジノ前にあるカジノ広場でマントン行きのバスを待ちながら散策。

     カジノをバックに記念写真     カジノ広場にある芸術作品
23 40_2各国のゲストたちを迎える旗。とに角、世界中のセレブが集まるらしい。

30 王宮、カジノなど、世界の上流社会はこの地に集まるらしい。1台1,000万円する自動車が高級ホテルに横付け。億円単位のクルーザーが何艘も停泊している港。とに角、桁違いの世界なのだ( ´_ゝ`)フーン 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

対照的な生き方をした 二人の教員

過日、私が2校目でお世話になった職員仲間の年に1度の集いの案内状をいただき、別紙の報告事項で仲間二人が死去されたことを知った。
この二人の教員には強烈な思い出がある。

私より2歳年上のA教員は、古い長屋の教員住宅の向え同士。彼は学芸大学釧路分校(現教育大学釧路校)を修了後、2校目の赴任校としてこられた。私と同様、山菜採りとパチンコ仲間。

ところが18年後、私が昇任教頭として赴任した小学校に彼も教員として発令されたわけである。その彼が私に懇願した。
「教頭さん、私も教頭になりたいので校長に話をしてくれないか。俺は論文を書くのは得意なのでチャンスをくれたら一発で合格してみせるから」と。

早速このことを 校長に話すと、
「あんな教育姿勢で教頭になりたいなんて、認識不足にも程がある。夏休みに栽培園の草取りに一度もきたことがないばかりか、子供たちに取らせようともしなかったではないか」と怒り出した。

A教員は夏休み期間中、毎日のようにパチンコ屋に通いパチスのやり過ぎで右手にタコができているのを私に見せたことがあった。
また、担任しているクラスの子同士が目の負傷事故を起こしたため、担任を外せとPTA役員が学校側に談判。結果的に学年の持ち上がりをさせなかった教員なのだ。

一方、M教員は30代中頃から学年主任を務め、昭和40年に赴任早々1年生を持たされ入学式を迎える教室の背面黒板に、新入生を歓迎するイラストを描いてくれた人物。
彼は、学芸大学岩見沢分校(現教育大学岩見沢校)を修了しているが、数年後に札幌市の教員に転出。

やがて彼は、札幌市教育研究協議会の理科部会長になり、北海道理科教育研究会の司会者まで務めるまでになった。

その後、教頭、校長となったが、学芸大学札幌校の勢力の強い中で管理職になれるのは数多くいなかった。札幌の地で活躍できたのも彼の努力の賜物であると思っている。

以上、教育に傾ける情熱の違う二人の仲間が、期せずして同じ年に黄泉の国に旅立たれるとは意外であった。でも、それぞれが自分の人生観にもとづき精一杯生きたのだから幸せだったのであろう。二人のご冥福を心から祈っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

迅速な地震対応 企画管理課長の姿勢

道教委A教育局に勤務している時のこと。勤務終了後、幹部(局長、次長、企画管理課長、指導主幹)による飲み会が某所で開かれた。

ところが、21:00過ぎに突然ガタッと直下型の地震。飲んでいた企画管理課長が「局に戻り直轄学校の状況把握をしてきます」と局長に告げるや、素早くタクシーを呼び教育局へ戻って行った。

約1時間分位経った頃、局長の携帯電話が鳴り、企画管理課長から大きな被害がないことの報告。約30校ある道立高校の管理職に電話をかけ、被害状況を報告させる早業。

この時の速やかな対応に感心した私は、教育長になってから、“震度3以上の地震にあたっては、速やかに校内を巡視し、被害の有無を学務課長並びに教育長へ報告するように”と示達した。

実際にこの示達事項が機能したのは2回あった。具体的には

  • 体育館の天井板が数枚落下した。
  • 校内の壁に亀裂が生じた。
  • 門柱のレンガが数枚落下した。
  • 窓ガラス数枚にひびが入った。

等である。

この示達事項は管理職の異動の際に引継事項の一つにすることも指導した。

教育委員会としては、学校から報告された被害状況をつぶさに把握し、児童生徒の安全のため、予算内で対応できるものは速やかに修理・修繕に努めるばかりでなく、体育館の天井板の件については補正予算を組んで対応した。

このような点検活動を重視する姿勢は、教職員にも伝わり、教室内外や教員住宅の異常等に目を向けるようになっていった。これも、企画管理課長から学んだことの一つなのである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

教職員の不適切勤務 道教委の姿勢

9/10道新朝刊に“教職員 不適切勤務291人 給与返還要求へ”の見出しの記事。これを見て、私はまだこのような実態なのかと呆れた。

なぜなら過去ブロ(道内教職員 不適切勤務の実態)にも書いたが、“この件に関しては重く受け止め厳正に対処する”と道教委は道議会で表明してきてたからだ。

確か過去に会計検査院の指摘に対して、“2006年度から5年間の服務実態を調査し、不適切な勤務実態が判明した場合、既に退職している教職員も含め、給与の返還を求める”と道教委は表明していたが、返還の実態を聞いたことがなかった。

道教委は最終報告がまとまり次第、教職員を処分し、給与の過大支給の返還を求めるとしているが、校長の管理能力によって教職員の服務姿勢も変わってくる。

先ず、不適切な勤務が認められた学校に対しては、校長の管理責任を問い厳しい行政処分を課すことが必要であろう。「訓告」処分は不利益を被る行政処分でないので、昇給延伸の伴う「戒告」以上の処分を課すことを望む。

なお、私も指導主幹時代に訓告処分を受けたことがあるが、立場上仕方がないなと受けとめる程度であった。参考までに訓告書を紹介する。

              訓  告  書
                          北海道教育委員会指導主事
                          (A教育局指導主幹)
                          ○   ○   ○   ○
平成○年度及び平成○年度における旅費等の不正受給など教育現場へも及んだ一連の不祥事は、北海道教育委員会事務局の組織的体質が問われる極めて深刻な事態となっており、教育行政に対する道民の信頼を大きく損ない、さらに、教育関係者や教育現場に大きな社会的影響を与えたこととなった。
この事実は、下部職員を指導、監督し、教育現場を指導、助言すべき地位にあるにもかかわらず、旅費などの執行に当たって、公私の区分が厳格に守られていなかったこと、不正経理が行われていたことなどの問題を自ら正すことなく継続し、その職責を十分果たしてこなかったことを示すものであり、はなはだ遺憾である。
よって、訓告する。
  平成○年○月○日
               北海道教育委員会教育長 ㊞

私のこの訓告は、道教委の指導主幹になって約10か月後の処分であった。この間、一度も不正経理に関係したこともなかったが、立場上そうせざるを得なかったので、教育局長が恐縮しながら処分辞令を交付したことを思い出す。

今回の不適切勤務の中に、勤務中の組合活動が指摘されていたが教育研究団体業務も同列に扱われていることに違和感を感じる。
校長会、教頭会、教育振興会、青少年育成会、同窓会事務局、少年団(スポーツや文化活動)等の業務と服務の関係も明確な基準を示すことも必要に思う。
特に、校長業務の拡大解釈による職務専念義務免除の行使は、多くの問題をはらんでいるので、この点も明確にしておくことも重要であろう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

いじめ問題 子供の嘘を見抜けなかった保護者

大津市や札幌市の中学生の自殺が、いじめに起因しているのではないかと大きな社会問題に発展している。しかし、いじめ問題は大変難しく短期間に結論づけられるものではないことを、下記の事例からも考えて欲しいと思う。

クラス替えをしたばかりのある小学校で、3年女子A子が担任に訴えてきました。“私の教科書が切られています。ノートに「ばかやろう」「死んじまえ」などと落書きされました”。

また、数週間経つと、“私のコートが切られている”との訴えがあり、誰か分からないが「いじめ」に遭っているとのことでした。

保護者や校長をしている伯父さんから“学校の対応が遅すぎるし、適切でないのではないか”と直接私に抗議の電話がきたりしました。
「いじめ」は蔭で巧妙に行われることが多いことから、この件に関しては速やかに全教職員と対応策を検討しました。

A子の前担任は“落書きの字が本人の字に酷似しているので、偽証ではないか”と指摘しました。

いずれにしても、ことがことだけに、もしナイフで傷でも負わせられたら大変な事態になるとの認識から、休み時間、複数の教員でA子と周りの子の観察をすることにしました。
また、本人の家庭生活の様子や校外での交友関係を把握するため、担任と前担任・生活指導担当者の3人で家庭訪問を実施しました。

その結果、保護者が非常に教育熱心であることや、子供の成績に強くこだわることも分かりました。

さて、ある日の休み時間終了後にA子が、“またノートに落書きをされました”と訴えてきました。
昼休み、担任と前担任でA子に
「今日の休み時間に教室に居たのは貴方だったよねsign02 そして、この字は貴方の書いた字だと思うのだけど、違うだろうかsign02」と問いただすと、暫く時間をおいて「私がやりました。ご免なさいsign01」と白状したわけです。

A子は学校へ行きたくない理由に、「いじめ」に遭っているように見せかけたのです。
この事例は、小学3年生でもこのような偽証をするのだということも念頭に置いておくと、今後の指導に役立つこともあると思う。

「いじめ」と自殺、保護者の過剰な期待から逃れるための自殺の決意など、複雑な要因がからんでいることも念頭に置いて、総合的に考察することが求められよう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

マイガーデンの今

9月上旬のマイガーデン。まだ咲き続けているバラ。

10

1 2

3 4

5 6

7 9

8 11

ところが、9日11:30頃に激しいどしゃ降。
2階から撮ったのがこんな写真。

1_2

0

この雨で札幌の秋も深まってくるのだろうが、野牡丹などこれから咲く花も楽しみだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

若い女教師 子供たちとサイクリング

8日、10:20頃、サイクリングロードの陽だまりロードをウォーキングしていたら、小学生の一団が休憩しているのに出くわした。

1 現職時代に子供たちや学級PTA行事としていろいろな楽しい行事をしたことを思い出した。

過去ブロ保護者が喜ぶ 行事や集いの種類を参照のこと。

上記の一団は札幌市立本通小学校5年生の男仲間(約9人)と担任の若き女教師。

これから、北広島までサイクリングに行くとのこと。先生や子供たちも始めての挑戦のようで、眼が生き生きと輝いていた。

先生と一人の子がミニ自転車。「なだらかな勾配の道が続く所があるので、無理をしないで押して歩くことも必要ですよ」と助言したら、素直に「ありがとうございます」と笑顔で応える教師。

途中何事もなければ良いがとか、応急手当のセットを持参していただろうかと心配になり、遠くで坂を上っていく姿を見送っていた私である。

子供や先生方を見ると、心は直ぐ現職時代に戻るから不思議である。しかし、サイクリングロードでこのような子どもと教師の触れ合いを見たのはここ数年なかった。だから、凄く新鮮にうつったし、嬉しい気持ちにもなった。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

江ノ島水族館前に上陸 ハワイの超人気レストラン

過日、鎌倉や江ノ島をご案内して下さった知人からのメールによれば、江ノ島水族館前にハワイの人気レストランが1月前にオープンし、長蛇の列をなしているとのこと。

    水族館前のレストランからの江ノ島         イルカの水族館

7 6

聞き覚えのあるレストラン名と思って、2008.3.1~3.16までハワイ旅行をしていたアルバムを開いてみた。

            目に焼きついているワイキキビーチの夕陽

0

        あった同じレストラン            順番待ちをする私達

1 5

        混み合っている店内            注文したパンケーキ

2 3

      一寸ボリュームが多い感じ

4 エッグスン・シングス店はガイドブツクに紹介されているだけあって、日本人中心に行列の出来る店。

深夜から翌日の午後まで営業し、オムレツやパンケーキが評判。

この店にはワイキキからバスに乗り、捜し求めて行き着いた。

長い待ち時間を耐え、朝食にありついたのは10:40だった。とに角、美味しいとガイドブックに載ると、やがて人気店になるようだ。

江ノ島の日本店もやはり美味しいと思うので、機会をみて一度行ってみようかなと思ったいる。

なお、美味しいタイ料理店としてホノルルで5年連続優勝したKeo’s。アンバーサーホテル内にあり、パンケーキ、スクランブル・エッグ、カリカリベーコンが大変美味しい店。

       オーナーとツーショット           アンティックな店内

8 10

       窓際からの眺め               パンケーキと・・・・・

9 11

このタイ料理店Keo’sと料理は、「JGC主婦の個人海外旅行の達人!をめざして」の majubiiさんの推薦。そんなに混み合わない落着いた店。機会があれば再度訪れたい。

詳しくは同上ブログハワイ Keo’sで朝食を参照のこと。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

アロニアご飯

これは↓赤飯ではありません。実はアロニア入りのご飯なのだ。

1 前日に米をといた時にアロニアをひとつかみ入れて翌朝、炊飯したもの。

着色料を一切使っていないのに、このような紅色になった。ご飯の味は別に特徴は無かったが、アロニアは柔らかになり、ほのかな甘味があった。

抗酸化作用や活性酸素生成阻止を有するポリフェノール効果を期待して、今度はおにぎりにしてみよう。

また、この色素を生かした鶏飯なども面白いかなーと思う。

<追記> 

0 帯状疱疹を患い安静にしていた妻が、殆ど痛みが消え失せたので、体力回復を図るため、私が実践に励んでいるサイクリングロードの入口まで車で行き、片道15分を2人で歩いた。(9日午前中)これから天候を見て体力回復に励んでもらおうと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックあのがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

スクールゾーン実行委員会

町内会の回覧板に「共栄小学校 スクールゾーンだより」(スクールゾーン実行委員会 回覧用)が付されていた。こんな内容で。

“共栄小学校前を自転車で通行される方へ、スピードダウンのご協力をお願いします。”と図を2枚つけて啓発している。

・厚別中央通りを上野幌方面から新さっぽろ方面に自転車で走られている方へお願い。
・ここは緩やかな下り坂になっており、スピードが増します。
・×印の箇所を通過することになりますが、登校児童が自転車の通行帯を横切る箇所でもあります。ボランティアの交通指導員に立っていただき指導しておりますが、極めて事故が起こりやすい箇所です。ご協力をsign03

     札幌市立共栄小学校玄関前         正門前の自転車通行帯

1 2

私もこの道を通ることがあるので気をつけなければならないと思った。それにしても、児童の登下校の安全のため、スクールゾーン実行委員会を立ち上げ、安全指導はもとより啓発活動のため、関係町内会にお便りを回覧するとは、見上げた団体である。

私は教職を含め教育機関に約47年間携わってきたが、このような実行委員会があることを知ったのは初めてである。さすが札幌。アイディアマンもいるものだと感心した。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

冬虫夏草と白血病

俳優の渡辺謙が『天と地』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症し降板。再起はおろか生命も危ぶまれたが、約1年の闘病の後、治療を続けながらも俳優業に復帰。その間、漢方薬の「冬虫夏草」を服用し快方に向ったので、後にお礼に参ったという話を韓国済州島のお店で聞いた息子達が、私達にプレゼントしてくれたのがこれ↓。

1 私がブログで慢性リンパ性白血病の疑いと書いたのを読んで心配し、済州島へ旅行に行った折に買ってきたもの。

「冬虫夏草」は、中国では昔から「虫草」とも呼ばれ、秘薬中の秘薬として、高名な皇帝料理「満漢全席」にも加えられているとのこと。

古くは始皇帝や楊貴妃が愛用したとも言われ、人気ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」で、国王の料理に使う食材の一つとしてたびたび登場したもの。

私の服用しているものは、ゴマのような顆粒にしたもので1日20粒飲むこと。300グラム入っているこの容器一つで1年間服用できることになっている。

嫁さんの両親からも一つプレゼントされたので、夫婦で服用しても1年間はOKとのこと。

値段を聞いてビックリ。この容器一つで2万円。済州島のハルラ山皇室冬虫夏草92%(国内産)。この冬虫夏草は国で管理しているので通販では扱っていないという。

いずれにしても、貴重な漢方薬なので服用結果が楽しみである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

教育委員学校訪問時の教職員との懇談内容

教育委員の学校訪問に際して、事前に各学校の運営計画を見ていただき、質問事項や協議事項を整理したのが下記の内容である。なお、A町は小学校3校(私が教員としてお世話になっていた時代は10校)、中学2校(同4校)になった。

<A小学校>
1 基礎基本を重視した教育課程の改善・見直しに対して具体的にどのような面に創意工夫を凝らしているのか。(学校運営P教1)
・今年度より基礎基本の定着を図るため朝自習でスキル学習を取りいれたと聞き及んでいるが、具体的なスキル内容と方法についてお伺いしたい。

2 教育課程、学習過程における学習形態の効果的な活用についての取組みについて(学校運営P教1)
・本校は昭和43年度より教科担任制(高学年の算数、社会、理科、音楽、体育)を数年間実践してきたことがあるが、そのような組織形態を考えているのか。又は、学習の活動形態(話合い、読む、書く、調査、実験、講義、パソコン利用、観察など)を工夫して個人ごとの適正処遇を図ることを目的にしているのか。意図と具体的な取組について伺う。

3 家庭、地域との連携を図るための具体的な手立て。特に、PTA活動、地域行事への積極的な参加と協力の具体的な活動内容は何か。(学校経営の重点14)
・本校は地域の熱い要望に応え少年団活動に積極的に関わって下さっている先生方が多いように見受けられる。(サッカー、野球、バスケット、バレー、吹奏楽)
また、「読み聞かせ」活動、エコマネーを媒介したボランティア活動、校外生活パトロールの実施などの活動も取りいれ成果を上げているが、その他の活動として取組まれているものはないか。いずれにしても、先生方の取組に感謝している。

4 本町の財政状況と教育予算について(学務課長より概略説明後、質疑を受ける)
・昨年度より換気口の清掃など児童の衛生・安全面に対して要望が上げられている。今後、教育予算との絡みで改善計画を立て推進しなければならないと思っている。

<B小学校>
1 クラブ活動、読書指導の具体的活動内容と推進上の問題点。(生活係、図書係へ)
2 道徳教育推進上、資料の整備状況と教育予算の関係。(教務係へ)
3 学校経営過程における学校評価とAPDSI過程の実践事例の紹介。(係を問わず)
4 本町の財政状況と教育予算について。(学務課長より概略説明後質疑を受ける)

<C小学校>
1 PTA活動、子ども育成会活動への積極的協力、参加状況と問題点。
2 クラブ活動、読書指導の具体的活動内容と推進上の問題点。(児童活動係、学習係へ)
3 「児童図書学校巡回事業」「司書派遣事業」推進が児童の読書活動に効果的と言えるか。各学年の実態と問題点。
4 本町の財政状況と教育予算について。(学務課長より概略説明後質疑を受ける)

<B中学校>
1 基礎基本の定着を図るため創意工夫を凝らしている部面は何か。
2 地域に開かれた学校経営の推進に学校評価がどう役立っているのか。
3 C小学校並びにA高等学校との連携はどのようになされているのか。
4 本町の財政状況と教育予算について。(学務課長より概略説明後質疑を受ける)

<A中学校> 
  昨日UPした内容。

以上、教育委員学校訪問時の教職員との懇談内容の概要を紹介したが、年配の教員から、“永らく教育現場にいるが、このような形で私達の願いや要望を直接教育委員に聞いてもらったことがなかったし、教育委員が教育現場を理解しようとする姿が分かり感謝している。”との感想が述べられていたのが印象に残った。

この取組等について、北海道町村教育委員会連合会教育長部会で提言し、一定の評価を受けたことを付け加えておく。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

教育委員会の活性化にかかわる試み

橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会が、次期衆議院選公約「維新八策」最終版を公表した。その中に“教育委員会制度の廃止”がある。

アメリカを見習って導入された教育委員会制度について、最近にわかに論議がされてきていることは喜ばしいことである。学校現場を知らない委員や教育委員会の職務内容を知らない教職員など、教育委員会と学校が乖離しているように思う。

そのような認識から、教育長になった私は教育委員会の活性化を図るため、下記のような「移動教育委員会」の開催を試みた。

(1) 実施目的
  ・教育委員が教育現場の意見を直接聴くため、学校職員と意見交換を行うこと。
  ・教育委員が各学校における教育の実情を把握するため、学校運営全般に対する理
   解と教育施設等の視察を行うこと。

(2) 理解事項並びに視察内容の概要(A中学校の場合)
  ① 特別支援教育の推進状況と課題の把握。
  ② 生徒の校内・放課後・校外生活の実態と指導・対応に係わる問題点の把握。 
  ③ コンピューター教育推進状況と利用の実態。
  ④ 教科指導上で特色ある教育活動の理解。
  ⑤ 部活動に対する考えと推進上の問題点。
  ⑥ 教育活動推進に係わって支障をきたしている事項・内容。
  ⑦ 総合グランドの利活用と学校の対応。
  ⑧ ボランティア活動(独居老人宅の除雪)参加の要請と実施態勢。
  ⑨ 平成18年度教育予算編成にかかわっての対応と今後の展望。
  ⑩ 地元高校への入学促進と進路指導並びにA高校との連携。

(3) 日程及び内容
   9:35~10:25  授業参観(フリー)
   10:25~10:35  生徒の校内生活の様子観察
  10:45~11:45  総合グランド、学校グランド、改善の様る校内施設の視察
  11:45~12:20  給食試食会
  12:20~12:35  給食準備及び給食指導の様子参観
  12:55~13:10  昼休みの生徒の様子観察
  13:10~14:10  教育委員と学校職員との懇談(上記①~⑩)
  14:20~15:30  教育委員会会議

この試みは教育委員及び学校職員から好評を博し、今後も継続的に実施する必要があるとの結論に達した。
なお、他の学校との懇談内容は明日UPする予定。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

よく考えたストラップ

孫娘が夏休みに遊びに来たときのお土産はこれ↓

1 北海道に来る前に、確か群馬県のある農場兼宿泊施設で農業体験をしてきたらしい。

その時のお土産がこのストラップ。
・通学 ・おつかい ・旅行 ・ドライブに気をつけて、無事帰るためのお守り。

僅かなお小遣いで、私に何をプレゼントしたらよいかいろいろ考えたことだろう。

埼玉県で孫と一緒に歩く時、“危ないからもっと端に寄って”と注意される私。
つい、広い北海道の道を歩く癖が出て、自然に道の真ん中辺を歩き出す私を知っていて、このようなストラップを選んだと思う。

私が孫娘を気遣うのではなく、孫が私を気遣うようになったので、嬉しいやら寂しいやら複雑な気持ちになる。

いよいよ明日から孫達の2学期が始まる。登下校や路上での遊びに細心の注意を払ってくれることを願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

指導主幹時代の 9月予定表

今日から9月。連日厳しい残暑に見舞われ熱帯夜は寝室の窓を開けて寝ている。

さて、手元にある17年前の手帳を見ると9月の行事はこうなっていた。

               <9月 予定表>
 1日(金)  教育局職員歓送迎会 18:00~
 5日(火)  学校経営訪問(2校) 教育長会議 16:00~
 6日(水)  学校経営訪問(3校)
 7日(木)  学校経営訪問(3校) 懇親会
 8日(金)  レセプション 18:00~
 9日(土)  全道保健研究大会 9:30~
12日(火)  学校経営訪問(3校) 懇親会
14日(木)  学校経営訪問(3校) 
15日(金)  町内会(支庁官舎に在住する職員)
19日(火)  学校経営訪問(3校)
20日(水)  A同窓会幹部2名との懇談会 17:30~
22日(金)  B地区校長会学校経営研究会
23日(土)  勇退感謝会 13:00~ ¥8,000
27日(水)  全道指導主幹会議(函館)
28日(木)  全道指導主幹会議 全道中学校長研究大会(渡島大会)

校長・教頭を対象とした学校経営訪問は、原則1日2校としていたが、市町村の学校数の関係で1日3校訪問することもあった。

この予定表を見て、鮮明に思い出すことがある。
それは、全道指導主幹(14名)会議のあと懇親会が開かれたが、二次会は夕陽会(北海道教育大学函館校の同窓会)の招待で湯の川の一流クラブで行われた。

趣旨は全道各地に赴任している同窓の教員が随分お世話になっているので、その感謝の意を表したいとのことだが、本音は同窓を早く校長・教頭へと登用して欲しいとの願いなのだ。
私の所属していた地区にも7つの派閥があり群雄割拠の時代であったので、同窓会幹部がそうせざるを得ない背景は理解できたが、他の派閥に比して過剰な接待に驚いたのである。

しかし、この年の11月より、官官接待の禁止が道教委から通達され、市町村教育委員会、校長会、教頭会、同窓会にも厳しい指導がなされた。従って、その後はこのような悪しき行為は無くなったのである。

なお、私の教育長時代は、1,2月に行われる教職員人事作業時期に作業場へ行き、陣中見舞いと称して、ウイスキーかビールなどの飲み物を私の交際費で届けたことがあった。しかし、持参した品物を受け取ろうとはしなかったが、黙って置いてきても返品されることはなかった。(笑い)
私のこの行為は、徹夜で作業する職員の姿を指導主幹時代に知っていたので、あくまでもお見舞いのつもりで贈ったものである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »