« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

天空に咲く花 コルディリネ・ストリクタ

光の春を迎えた階段の踊り場にある観葉植物。見事な花を咲かせてくれた。

1 2

過去ブロ(コルディリネ・ストリクタ 偉大な観葉植物)で紹介した花。

私の書斎からnoteもうすぐ春ですねえnoteと微笑みかけている。

特に今年は、例年になく厳しい寒気と降雪。

雪の処理に追われたこの頃であるが、この花を観ると元気がでてくる。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

子供がみえる教師に

教育局指導主幹の時に書いた原稿があったので、記念にUPしておこうと思う。

    子供がみえる教師に

最近、教師仲間で「子供がわからなくなった」とか「子供がみえない」などと話しているのを耳にすることがあります。もし、そのような心境で日々の教育活動を続けているとしたら、教師自身もつらいであろうし、何よりも子供を気の毒に思います。

「子供がわかる」とは、子供を感ずることであり、愛することだと思います。「子供がわかる」ためには、子供の表面的な言動を、「見の目」で理解しようとしても駄目です。宮本武蔵の言葉によれば、「観の目つよく、見の目よわく」でなければなりません。

現象の奥にある子供の心の機微を見抜く「観の目」によって子供の心を実感する感性がなければ「子供を感ずる」ことはできないと思います。

子供を「観の目」で実感できるようになるためには、次の三つを視点において考える必要があります。

その第一は、教師が子供の言動の根底にあるリアルな気持ちや考えを、子供の立場に立って受けとめていく姿勢をもつことです。即ち、子供を共感的に理解し、心の響き合う関係の中で、子供が自分の心を踏査できるようにかかわっていくことが大切です。

第二は、人間を評価する際に偏った人間観を改めることです。
教育活動は、一つには文化遺産を伝達し、知識・理解をともに学び合い、創造性を培っていくように主として知的面へのかかわりがあります。

もう一つには成長欲求の実現に向かうように情意面へかかわる活動があります。

両者の機能は本来、相互補完の関係にあり、切り離せるものではありません。しかし、ともすると現実的には、知的面へのかかわりを重視し、情意面へのかかわりを軽視する傾向があります。

とりわけ知的面では、正誤や「できる・できない」と二面的に受け止めたり、ものごとを「速くできること」「たくさんできること」「上手にできること」の三つを人間の価値としてとらえるなど、偏った人間観で評価する傾向が指摘されております。

これからは、学習の速度や記憶の量、表現や技能の巧拙を比較し序列化してきた「ナンバー1」の見方から、一人一人のかけがいのない個性、アンデンティティーを尊重し「目に見えない」感性や判断力、創造性などの「新しい学力」を育てる「オンリー1」の見方への転換が必要不可欠です。

具体的には、主体性、思いやり、意欲、粘り強さ、興味・関心、指導性、探求の態度、考え方、判断の仕方など、子供の人格全体を理解することが大切です。

第三は、個人内差異に着目し、子供一人一人の良さ、美点、長所、持ち味を見いだすようにすることです。そのためには、教育課程内や外の活動を問わず、教師は絶えず子供と触れ合っていくことが求められます。

子供は教師がどのような姿勢で、どのように触れ合うかによって行動の仕方が変わる「関係的存在」であり、教師に信頼されている自己に気づいたときに、心が安定し、やる気を出す「感情・情緒的な存在」です。

また、子供は「流動的で変化していく存在」でもあり、さまざまな可能性を秘めている「過程的な存在」でもあります。

従って、結果主義から過程主義、減点主義から加点主義で子供をみることが肝要です。

教育は手作りの仕事です。新しい人間観・学力観・指導観・評価観にたっての教育を実践的・継続的に取組むことにより、感性豊かで「子供がよくみえる人間教師」に近づくことになります。そのような教師が増えてくることを切望して止みません。

最近、体罰問題と学力問題が世間を騒がせていますが、保護者や教育行政側の一部の人たちによる学校・教員批判によって、行き詰った教師の姿勢が様々な問題行動としてあらわれているような気がする。

人間を教え育むとは、一体どういうことなのか、と今一度問い直し、長いアプローチで健やかな子供の育成に努めて欲しいと願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

簡単な 卒業式の式辞

いよいよ卒業式が間近に迫ってきた。私は15人の校長に仕えてきたが、挨拶の一番短かったのは、37学級の大規模校の校長だった。

約280人の卒業生に卒業式前に式辞を配っておいて、式当日、児童がそれを持参し校長が朗読するという変わった形態。しかし、寒い体育館だったので短いにことたことはないと思った。(笑い)

その式辞を紹介しょう。

          卒業式のことば

卒業おめでとう。
心からお祝いのことばをおくります。
卒業式のことばを、卒業文集にのせましたので、これからもときどき読んでもらえると思って楽しみです。

さて、みなさんは、「どんなこと」「どんな人なろう」として、六年間学んできたのだろうか。
○○小には、つぎの三つの目標があります。
 一 自分の考えをもち学習する子ども
 一 明るく思いやりのある子ども
 一 体力があり気力のある子ども
この三つの目標にむかって、いろいろなことを、毎日毎日勉強してきたわけです。

今、卒業に当たって、果たしてこの三つの目標にとどくことが出来ただろうか。
これからも、がんばっていかなければ、簡単にとどく目標ではないことはわかります。
とても、ひろく深い大きな目標なので、あるいは一生かかるかも知れません。

みなさんは、やがて大人になり、これからの世の中をつくり出す責任があります。
みなさんが、どんな世の中をつくり出すのか。おとうさん、おかあさん、先生方、そうして今のおとなのみなさんが、とても楽しみにしています。

みなさんの力でつくる世の中、その力にはどうしても○○小の三つの目標にとどく努力がいるわけで、これからも一しようけんめい学んでいかなければなりません。

四月から中学生です。
六年間、学び続けてきた三つの目標を「忘れもの」にしないでください。
「忘れ物」にしないと決心し、そうしてこの目標に向い続けるみなさんこそ、開校八十周年記念の年、第八十回卒業に、ほんとえにふさわしい卒業生になるのではないでしようか。

「第八十回卒業生」のみなさんに、以上のおわかれのことばをおくります。
しあわせを祈ります。

列席した来賓、保護者、学校職員(54名)と卒業生、在校生(5年生のみ)は、短い式辞にほっとした思いでいたことが瞼に浮かぶ。

ところが、この卒業生の中学校入学式では、校長の式辞が約15分もあり、途中で体調がおかしくなった生徒もいた。学識が豊かであると、つい長々と話す人が多いが、これは考えものであると思う。(笑い)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

ふきのポタージュスープ

妻が作った蕗(ふき)のポタージュスープ。インターネットでは蕗にポタージュをかけたスープは載っているが、蕗そのもののポタージュスープを作ったのは日本で妻が最初かなsign02

0

「これ、何でできている?」と言うので味見をしたが、私も娘も味通の義姉も分らない。異口同音に「美味しいsign01、美味しいsign03 何だろう?」と言うだけ。

この蕗は過去ブロ(山菜こよみ)でUPした時のもの。蕗料理はこれまで煮物・炒め物中心であったが、今度はポタージュスープをリクエストしようと思っている。本当に美味しいですよgoodhappy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

おしゃれな窓 

久しぶりの晴天。気分が良いので散歩に出て、おしゃれな窓があることに気づいた。

1
2
3
4
どの家も大きな構えで富裕層に見える。共通点は屋根の一部に三角形を取り入れているところだ。屋根雪の重みを軽減する目的でこのような形にしたのだろうが、外見も素敵である。

散歩ひとつにしても視点を決めて歩いてみると、新しい発見があり新鮮さを感じるものであることが分った。

次会はどんな視点で散策したらよいだろうか、寝ながら考えようsleepy

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

教職員人事 難産した異動事例

数年前の手帳では、2月28日に“一般教員人事に係る第2次教育長協議”が行われていた。

道教委A教育局人事係から第1次異動素案の提示を受け、異動対象教員の受入れ、拒絶、希望について協議をし、いくつかの問題点を指摘し更なる検討を要請していたのだ。

時には、夜の11時過ぎに人事作業場から電話があり、B教員をC小学校へ異動させたい。本人の了解を得て欲しい”との要請も数回あった。

難産したE女子教員の事例を紹介しょう。

・通勤時間が片道約1時間への異動打診(作業場)→夏はマイカーで約1時間なので通勤可能であるが冬季間は無理である(教育長判断)→本人に打診があったことと更なる希望地を聞く→作業場に本人の意向を告げ検討を願う→通勤25分の都会の○○学校の打診(作業場)→本人は喜んでOK

一安心していると、翌朝、E教員から電話があり、「夫がこれまで教頭として勤めていた学校であり、ある特定の保護者との間でトラブルがあった。妻の私が異動したら、その保護者との関係で苦労することになる。夫の勧めもあるので、この異動は拒否したい」との返答。

そのことを人事係に・・・・・。「本当に身勝手でわがままな人ですね。一応、検討してみます」とお叱りを受ける。

その日の夕方、作業所から電話。「E教員の件で再度検討しました。隣町のG小規模校に決めようと思います。一応、本人に伝えて下さい」とのこと。

このことをE教員に告げると、「G小学校には以前に勤めていた学校で、同じ職場にいた先生(女)が異動してまだ2、3年しか経たない。彼女とはソリが合わないので行きたくないのです」とのこと。

E教員の話を聞きながら腹がたってきた私は、「いい加減らにして下さいよsign01貴方の言っていることは我がままで、一般常識からみても受け入れられない理由ですよ。あまり無茶なことを言い通すと、旦那さんの新採用校長の発令もダメになると思いなさいsign03 」と強い口調で説教した。

その後、北教組支会執行部の支会長と人事担当者を呼び、E教員の事例を話し「もし、E教員が不当人事であると訴えてきたら、取り上げずに説教して下さい」とお願いした。

こんな人事がまかり通っているとは、一般の人は理解に苦しむと思うのだが、北教組の人事方針では、本人の“希望・納得”を基本としているから、このような事例が起きるけである。

教職員人事に関しては、私が道教委A教育局に勤めていた時の職員が、人事担当者としていたので、私の希望を8割以上叶えてくれたので助かった。

しかし、教員の意識改革を図らなければ円滑な人事行政が推進できないことも痛感したので、校長会や職員団体について教育局の人事方針について再度説明をし、不当人事とわがまま人事について各学校で指導するよう示達した。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

新国民病「ロコモ」になっていた私

テレビの報道で初めて知った新しい国民病「ロコモ」。

メタボリックシンドロームは世間でも一般化されているが「ロコモ」は私同様、知らない人が多いとのこと。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)はなんと4,700万人の予備軍がおり、私たちの暮らしを揺るがす可能性のある恐ろしいものだそうだ。

「ロコモ」とは足腰の骨、関節、筋力、神経など「運動器」と呼ばれる部分の劣化が歩行困難を引き起こし、寝たっきりなど介護を要するリスクの高い状態になることを指す。

さて、ロコモになっている危険性があるかどうかの診断法は簡単。
① 目をつぶっての片足立ちが30秒以下。
② 片足で靴下が履けない状態。

予防法としては
① 姿勢筋をきたえること。(椅子に指1本で体を支え、1分間片足立ちを1日3回。2か月継続すると姿勢筋がきたえられ、80代でも片足立ちが2分間もできるようになる)
② 悪い姿勢をとらない。(ソファーで足を投げ出して浅く座る)
③ 電車やバスに乗ったとき、直ぐ座らない。

悲しいことに私は片足立ちは5秒。勿論、片足で靴下を履けない。バランス感覚の衰えと思っていたが、姿勢筋と足の筋力が衰えていることが如実に分った。

除雪の時期が終わったら、片足立ちを継続して取組もうと決意した。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

いま人気の「自習室」

中学校から帰って来たばかりの隣の子(3年生)が、また出かけて行った。てっきり学習塾へ行ったのかと思っめたら、塾にあらず「自習室」へと。

自習室の存在を知った私は、慌ててPCで検索してみた。東京でオススメの自習室ランキングを見て驚いた。勿論有料であり経営がなりたっているからだ。

隣の子は、普段通っている学習塾にある「自習室」を利用しているとのこと。家で勉強するより落ち着いてできるのそうである。

確かに、TV・DVD・ゲーム機器・音楽・雑誌・冷蔵庫・飲料水・ベットなどの誘惑がなく集中して自学自習ができるらしい。

これまで保護者は子どものためを思って、マイホームを建てる時に、子どもの部屋も用意し、学齢に達すれば本立て付きの学習机を揃えてやり、学習環境の整備に努めてきたはずであるのに、そこでの学習を嫌い、学習塾の「自習室」(無料)に通うとはおかしな現象である。

大人が資格試験などを取得するための勉強を、駅周辺の有料「学習室」を利用するのは分るが、中学生が「自習室」を利用するようでは、先行きが心配になってくる。

それにしても、お金儲けの一つとして「自習室」を考えた人は、先見性のあるベンチャー企業主であると感心する。でも、おかしな世の中になったものだとも思う。学校や市立図書館での自学自習は皆無に近い状況であり、札幌市立図書館は閲覧室はあるが自習は原則禁止されているようである。

ただし、生涯学習センターでは無料で「自習室」が利用できるらしい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

「鉄のカーテン」や「鉄の三角形」

政治評論家の野上忠興氏が、日本農業新聞の「万象点描」でこう述べている。

安倍政権の誕生に伴い自民党と経済界との「蜜月」関係が戻った。で、アベノミクスには半世紀に及んだ自民党長期政権の下地となった「鉄の三角形」=「政官財癒着構図」復活の芽をはらんでいる。との指摘もある。

この「鉄の三角形」という言葉を見たとき、私は高校3年生で時事問題を勉強している時に知った言葉を思い出した。

イギリスの首相であるチャーチルが言った言葉が「鉄のカーテン」であった。

“バルト海のステテティンからアドリア海のトリエステまでヨーロッパ大陸を横切る鉄のカーテンが降された。このカーテンの裏側は、・・・・・ソヴィエト圏内にあり、何らかの形で、ソヴィエトの影響下にあるばかりか、ますます強化されつつあるモスクワからの厳しい統制を受けている。”

東西冷戦時代に、共産主義とその影響力を危惧した言葉と私は理解していた。しかし、時代と共に、鉄のカーテンも崩壊し、東西の雪融けが急速に進んだと思っている。

さて、次に記憶しているのは「鉄の女」である。イギリスのサッチャー首相がこのように呼ばれていた。

「鉄の女」とは、女性の政府の長につけられる愛称で、「強い意志を持つ」女性を描写するものである。共産主義に断固として反対していた彼女の態度から、1976年にソビィエト連邦のメディアによって名付けられたという。

今年は、アベノミミクスと「鉄の三角形」、ロシアのウラル地方で起きた巨大な鉄の塊である隕石の落下し負傷者1200人。アベノミックスによる「鉄の三角形」で、どれ程多くの国民が冷や飯を食うことになるのか心配だ。

安倍政権が景気回復をスローガンに掲げ「強い日本」の復活をうたっているが、幻想に終わることのないよう祈るのみである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

異常な雪 恋しい花の庭

昨年の1.3倍も積もった札幌の雪。その処理におわれる毎日。居間の窓から見るとこんなにも。初夏から晩秋の庭が恋しい。note春よこい、早く来いnoteの気持ちで過ごしている。

1
2

3

4

5

0童謡 春の歌 メドレーで我慢しようsign03

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

少年期を思い出す詩 海での遊び

我が母校が閉校式を迎えるそうなので、いろいろ調べてみると、小樽市祝津にあるニシン御殿敷地内に劇作家で有名な八田尚之の文学碑があることを知った。

2_2

碑文「がんぜ」
夏休みになると/おれたちは道ばたの/ざっぱ木を拾い拾い赤岩ポントマルへ/毛コのはえた兄分は褌/おれたちはふりちん/それっともぐり/一尋二尋きび悪いほど/青い岩肌に/めんこいがんぜ一つ二つ/腹時計がおひるに/なる/ざっぱ木のたき火に/がんぜのへそをぬいてほうりこむ/こんがり焼けたがんぜが/おれたちのひるめしだ/夕焼けると/みんなの唇は茄子色/ほら鴉が家さかえって/くぞ/おらたちもかえるべ/冷えてちぢまりきった/皆のきゅうすを揃え/一二の三/おしっこの消火だ/あああのがんぜが/出世して高価高貴/の珍重味とは

教員をしていた父が祝津小の教頭として赴任してから43歳の若さで他界するまでの4年間、住んでいた懐かしい祝津町。

小樽出身の八田尚之が少年期の思い出を綴った詩は、私の子ども時代の体験と全く重なる部分がある。なお、この詩は津軽弁などの方言(浜弁)が使われているので、注釈を加える。

・ざっぱ木:燃えそうな太目の枝、板切れ、海岸の流木など、焚き火用の捨ててある木
・赤岩:祝津と山中の間にある海岸で赤岩山の崖下の海岸
・毛コ:陰毛のこと
・ふりちん:ちんちん(ペニス)を出したままの状態、褌(ふんどし)をしない状態
・一尋二尋(ひとひろ、ふたひろ):尋(ひろ)は長さや深さの単位で一尋は5~6尺
・きび悪い:気味が悪い(恐ろしい)
・きゅうす:この場合、ちんちんの隠語?

小学6年から中学3年までの夏休みは、毎日のように浜へ行き潜って遊んだ。ガンゼ(馬糞ウニ)、ヌナ(ムラサキウニ)、アワビ、ツブ、ホッキ貝、アサリ貝、ナマコ、モズク、コンブなどをとった。時には昼飯がわりにもした。

焚き火をした後は、必ず消火することが浜の鉄則であり、守らない場合は子どもでも大人(都会の人)に注意し、それを守らない場合はお巡りさんに通報するシステムであった。

なお、過去ブロ浜のルール パート2も覗いてみると当時の様子が分るはず。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

     《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

いま人気の緑黄色野菜 豆苗

いま話題になっているエンドウ豆の若菜である豆苗(とうみょう)。野菜高騰の中、スーパーでなんと98円。

0

とに角、くせのない、甘味のあるおいしさでシャキシャキとしているので人気食品らしい。

この豆苗はビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養を豊富に含む緑黄色野菜 。 β-カロテンは ブロッコリーの5.8倍 、ビタミンCはほうれんそうの2.1倍 、食物せんいはアスパラガスの 1.7倍 も含みます。

値段が安くて栄養価 も高く、しかも再生させて再収穫(2,3度)することができるので家計にも優しい!

この写真は、根から二つ目のわき芽からカットし、2度目の収穫前の写真。普通は1週間から10日で再収穫できるとのこと。

約100円で3度も収穫できる豆苗は、どんな料理にも使えるし、毎日水を取り替えてやるだけで再度栽培できるから、本当に魅力的な野菜である。

皆さん、挑戦してみては如何ですかsign02

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

我が母校 137年の歴史に幕を閉じる

明治9年創立の小樽市立祝津小学校は、平成25年3月末をもって、137年の長い歴史に幕を閉じることとなり、今日2月16日に閉校式が行われることになったそうだ。残念!

       卒業当時の祝津小              今の校舎

1_4 2

                                         
私は、5年生の3月期から卒業するまでの1年3ヵ月間お世話になった学校。友や地域から多くのことを学んだ学校でもある。

・赤岩山からのスキー授業・野うさぎ捕り・春のニシン漁と生業繁忙休暇・2月の岩海苔採り・子ども会対抗リレーの運動会・校舎裏の畑でイモや大根植え・6年生全員の新聞配達(当番制)・子ども銀行の開設・グランドでの草野球・海浜学校と遠泳・潜りを習得してアワビやウニ、ホッキ貝獲り・磯舟遊び・七夕祭りと山車作り(漁師町の七夕祭り)・夜の9時までの盆踊り・夜行列車を利用した修学旅行・共同井戸から天秤を担いでの水汲み・校歌誕生とレコードの吹き込み・ヤギとアンゴラウサギの飼育(ウサギとヤギの飼育)・校長の特別授業(社会科:憲法~象徴天皇と戦争放棄、国民の権利と義務)・初めての理科実験(水の膨張)等々の思い出。

学校教育より地域や先輩達から学んだことの方が多く、それらの経験や体験が今でも“生きる力”となって身についているから不思議である。

また、教育実習を行った学校でもあり、教頭をしていた父が現職で亡くなった(43歳)時の学校でもある。少子高齢化社会とはいえ母校がなくなるということは実に寂しいものである。

なお、祝津小学校の子ども達は4月から高島小学校へ通うことになる。この高島小学校は妹達3人が卒業した学校でもある。

海岸から沢地帯のなだらかな坂道を上り切り、切り割りになっている峠を過ぎると左下に高島小学校がある。この沢道は大人の足で15分ほどかかるが、小学生は道草をするので20分はかかることだろう。

バス利用でなく、友との道草も貴重な体験であるので奨励したい。(笑い)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

バレンタインデー 孫娘からのプレゼント

昨日はバレンタインデーheart04。 孫娘からプレゼントが送られてきた。

1
チョコレートはGODIVA。ベルギーで創業した高級チョコレートメーカーである。ベルギー王室の御用達とされている。

箱にはハート形のチョコが3個入っていたが、1.7cmの厚さでまろやかな味。結構なお値段だったろう。

他に入浴剤も送られてきた。早速、今夜に利用しようと思っている。なお、箱も可愛いので保存しておこうhappy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

光の春とサイネリア

“光の春”を感じさせるわが家の坪庭。教育長時代にお世話になった方より春を呼ぶような素敵な花をいただいた。

1_3 3   

カラフルな春の代表的な鉢花のひとつである「サイネリア」。

園芸では1年草として扱われている。

開花中は肥料を切らさない。
水をよく吸うので水切れさせないように注意とのこと。

また、枯れてきた花はこまめに摘み取って、次の花が咲きやすいように気を配ろうと思っている。

一足早い春に、妻共々喜んでいるわが家であるhappy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

「蛍の光」と学校教育

小学校5年生の時、「蛍の光」の歌詞で苦労して勉強することの大切さを指導してくれた先生。蛍の光や窓の雪で本を読むことができるだろうかと疑問に思った私。

教員になって離任式や駅のプラットホームで、この「蛍の光」のメロディーに送られて別れの涙を流した数々の思い出。

この哀愁を帯びた歌の歌詞は二番までだと思っていたが、実は四番まであることを知った。

Wikipediaに掲載されたものを貼ってみるとこうだ。

以下の歌詞は、小学唱歌集初編(1881年(明治14年)11月24日付)に掲載された時のものである。

ほたるのひかり蛍の光
1 ほたるのひかり、まどのゆき、
ふみよむつきひ、かさねつゝ、
いつしかとしも、すぎのとを、
あけてぞけさは、わかれゆく。
蛍の光、窓の雪、
書読む月日、重ねつゝ、
何時しか年も、すぎの戸を、
開けてぞ今朝は、別れ行く。
2 とまるもゆくも、かぎりとて、
かたみにおもふ、ちよろづの、
こゝろのはしを、ひとことに、
さきくとばかり、うとうなり。
止まるも行くも、限りとて、
互に思ふ、千萬の、
心の端を、一言に、
幸くと許り、歌うなり。
3 つくしのきわみ、みちのおく、
うみやまとほく、へだつとも、
そのまごころは、へだてなく、
ひとつにつくせ、くにのため。
筑紫の極み、陸の奥、
海山遠く、隔つとも、
その眞心は、隔て無く、
一つに尽くせ、國の為。
4 ちしまのおくも、おきなはも、
やしまのうちの、まもりなり。
いたらんくにに、いさをしく、
つとめよわがせ、つゝがなく。
千島の奥も、沖繩も、
八洲の内の、護りなり、
至らん國に、勲しく、
努めよ我が背、恙無く。

“3番と4番は、遠く離れ離れになっても、それがたとえ辺境の地であろうとも、国のために心をひとつにして元気にそれぞれの役割を果たそう、というような内容であった。戦後はこの国家主義的(軍国主義、滅私奉公)とも取れる歌詞が敬遠され、また日本固有の領土である千島や沖縄が他国の占領下に置かれたという事情もあり、教育現場への指導などによって歌われなくなっていったものと思われる。”(Wikipedia引用)

たしかに、卒業式の式歌に「蛍の光」を提案された時に、ある年配の先生から「この歌は背景に軍国主義を助長する歌である」とのことで反対を表明したことを思い出した。

Wikipediaにはこんな記述もあった。
“大日本帝国海軍では「告別行進曲」もしくは「ロングサイン」という題で海軍兵学校や海軍機関学校等の卒業式典曲として使われた。士官や特に戦功のある下士官等が艦艇や航空隊等から離任する際にも演奏もしくは再生された”と。

スコットランド民謡であるこの曲をどのような意図で利用するのかが問われるべきであり、政治的意図に利用されてはいけないことだけは分る。

誰でも知っており、親しみの持てる“別れの歌”ならば、小中学校の卒業式に歌っても良いのではないかと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

さっぽろ雪まつり 駈け足見物

さっぽろ雪まつりが今日(11日)で7日間の会期を終えて閉会するというので、混み合わないうちに見物しようと思って家を出た。

地下鉄から大通りに出たら9:50。あまり混み合っていなかったので道順にパチリ、パチリ。その中の数枚をUPしようと思う。2 1

             テレビ塔は10:03。歩き易いのでホツトする。
3

大雪像「豊平館」に映像を投影するプロジェクションマッピングのショーは、混雑のため9日で中止となった。
4
56 

               旧道庁の赤レンガが中央奥に見える。

7

                  ビニール張りの簡易食堂・カフェ
8
  9

10

11

12

12_2

14 15

16

国際色豊かな雪像作。参加チームは・大田市(韓国)・フィンランド・ハワイ・インドネシア・マレーシア・ニュージランド・ポートランド市(米)・シンガポール・スウェーデン・台湾・タイ。
16_2 000000

18_217

大通り西12丁目には市民が作った雪像が並べられている。正面の建物は札幌市資料館。
1219
私は、この地点から見物をあきら地下鉄11丁目駅から家路に着いた。帰宅した時刻は11:35。短時間で大通り会場を見物できたので満足である。happy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありかとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

今、卒業式で歌われる歌は

ある調査によれば、今、卒業式で一番歌われている歌(校歌や国歌以外)は、「旅立ちの日に」(埼玉県秩父市立影森中学校教員)とのこと。

昭和50年代の頃は、卒業生は「仰げば尊し」、在校生は「蛍の光」が定番であった。しかし、kurumisawaさんのブログ(卒業式の合唱曲ランキング 2012年版)で最近の傾向が分った。また、次のような情報も。

 第1位:仰げば尊し[作者不詳/1884年文部省唱歌]
 第2位:蛍の光[詞:稲垣千頴 スコットランド民謡/1881年文部省唱歌]
 第3位:旅立ちの日に[詩:小嶋 登 曲:坂本浩美/1991年]
 第4位:大地讃頌[詩:大木惇夫 曲:佐藤 眞/1962年]
 第5位:巣立ちの歌[詩:村野四郎 曲:岩河三郎/1965年]
 第6位:贈る言葉[詞:武田鉄矢、曲:千葉和臣/1979年]
 第7位:旅立ちの歌
 第8位:翼をください[詞:山上路夫 曲:村井邦彦/1971年]
 第9位:想い出がいっぱい[詞:阿木燿子 曲:鈴木キサブロー/1983年] 
 第10位:乾杯[詞・曲:長渕剛/1980年]

私の経験では、音楽専科のいる学校では、「大地讃頌」「翼をください」「贈る言葉」を歌っていたが、今はどんな歌を歌っているのだろうか。5年間卒業式に出席していないので全く分らない。後で孫娘に電話してみよう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

イタリア旅行 ローマ

BSテレビ「人生で一度は見たい世界の絶景」で、ローマをも紹介していた。
私達夫婦は義兄夫婦の誘いで2007.5.28にイタリアのツアー旅行へ。しかし、ローマでは時折、雨に見舞われたので記念写真を取り損ねたところもあった。

そこで、TV画面を活かしてローマの思い出を綴ってみた。

0_2
威容を誇る巨大な円形劇場。そこにローマの始祖ヴィーナスと全世界の女王たるローマの女神とが奉納された神殿が建てられたという。

1_2 映画「ローマの休日」のワンシーンで有名なスペイン広場。階段周辺はローマで一番賑やかな繁華街。従って、ジプシーと称されている泥棒・スリなどが多く油断できない場所でもある。

3

              スペイン広場の上から望むローマ市街。
8
トレビィの泉。ローマ再来を願って、後ろ向きにコインを投げるという伝説は有名。妻達は右手で右肩越えに投げたので、再度挑戦する。気づいて笑うお二人。 6

7_2

サン・ピエトロ広場:ヴァチカン市国の正面玄関玄関となる巨大な広場。
広場を囲む柱廊の上に並ぶ諸聖人像。像の高さは3.2mで140体ある。


4 フォーロ・ロマーノ(ローマ公共広場) 世界で最初の舗装道路上に立つ二人
5

生まれて初めてのツアー旅行。時間・コースに制約があるので好きな場所をゆっくり見れない。

ローマで一番の思い出は生ハムである。トレヴィの泉からスペイン広場に通じる小路にある肉屋さん。味見をしたら薄い塩加減で最高の味。

十数枚切っていただき、ホテルで旅の無事を願って乾杯しながら食べた生ハムの味は、忘れられない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

ストリートスナップ モダンな家

陽射しに誘われてノルデック・ウォーキングに出かけた。家から7,8分の所にモダンナ家を発見。オランダのエダム村で見かけたようなデザイン。

        お洒落な概観               エダムでの家
1 2

チーズで有名なエダムの風景を心に浮かべながらウォーキングを続けた。帰宅後、アルバムを覗きしばし懐かしい風景にしたっていた。

3
ついでに、過去ブロ(オランダ エダムの風景)を貼っておこう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

一枚の「仕切書」 困窮生活の思い出

数十冊あるファイルを整理中に懐かしい「仕切書」がでてきた。

1 校長から道教委地方教育局の指導主幹になったとき、学校訪問や各種団体へ顔を出す機会が多いので、背広も新しいものにしなければと思っていた。

ところが、娘(短大)や息子(本州の私立大学)の授業料にボーナスは消え、息子の生活費を送ってやると、我家の生活費は16万円程度。

困窮の生活状況だったが、私には約30万円程の貯えがあった。

それは、4年に1度の教科書改訂にともなって、「教師用指導書」(赤本)の執筆を某教科書会社から依頼され、2回分の執筆料を貯金していたのだ。

執筆内容は小学校算数の「数と計算」(5年・6年生用)のジャンル。

この貯金を下ろして、友人の紹介で旭川市にある紳士服の卸し問屋へ行ってスーツを購入したときの仕切書なのだ。

夏服、合着、冬服を4着も。
これらの背広は教育長時代にも着ていたし、今でもクローゼットの上の棚に、箱に入れて保管してある。しかし、なかなか背広を着る機会がないが思い出の品なのでそのまま保管しておこうと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

地方裁判所から判決下る 私に?

昭和63年3月30日、地方裁判所?から下った私への判決。

0 1_2

  主文
被告人Bを昭和六十三年四月より○○市△△小学校教頭として実刑に処する。
 
  判決理由
被告人は昭和五十六年四月より、七年間、□□小学校に勤務せし間、専ら、課題研究なるものに極度の中毒症状を呈し、「数と計算」「図形」「地域に根ざす教育の創造」の学習指導法の研究等々、数々の犯行におよんだ。 

家族の対話も稀薄ならしめ職場同僚を教唆煽動するなど、人心を著しく惑乱せしめたことの社会的影響は大きい。

就中「数と計算」においては、共犯者○○らと、割烹「▲▲」にて秘かに共同謀議し、あるいは“牌”なる凶器を準備集合し、夜毎「中国式順列組合わせ」をしての計画的犯行に及んだことの罪は、重刑を免れ得ないものと断定する。

しかしながら当裁判所は、被告人の生育からくる、その性格的な傾向及び言動にも深い同情を示すものである。
被告人は、潮騒聞こゆる郷里小樽への望郷の念捨て難く、C・D町・E・F市と内陸□□を流転せし二十数年の間も、その生来の浜訛りを捨て去ることはなかった。

カラオケスナックにて、ほろ酔い機嫌になる程に、同僚女性に「『石狩挽歌』を歌え、、歌え」と強要し、被告人自らが勝手にカードに書き込み申し出るなどの所業に及ぶことも、出生地小樽への熱い思いをあらわしているものと断ぜざるをえない。

また、被告人の豪放磊落な性格は、周囲をはばからぬ大声、早口、豪快な笑い方、あくまでも太い眉毛に顕著であった。

PTAのバトミントンサークルでは、柄のゆがんだラケットにて若き母親達を翻弄しては得意満面。例の「アッハッハ」という高笑いを夕暮れの体育館に轟かせた。

また、時折りは、最愛の妻や愛しの長女・長男の話をチラチラと語っては、その照れを隠ぺいするために、例の「アッハッハ」という声高な笑いでごまかすような一面をものぞかせた。

因みに、被告人が人前では「オッカちゃん」などと言いながら、その実、いかほど妻を愛し、「○ちゃん・○ちゃん」「あなた・あなた」という甘いムードであったかは、当裁判所の独自の調査によって明らかである。

しかし、一方では、被告人が同僚女性に対しどれほど残忍非道であったかも、言及しなければならない。

夏は、あくまで青い▲▲ナンバーの五十CC原付で通勤せし被告人も、冬は○○、△△地区の二名の麗しき同僚女性とバスにて通勤するのが常であった。

晩秋のある朝、被告人が強要して、免許を取得せしめた同僚女性が、赤のカローラーにて○○付近で、被告人らを同乗せしめたるその瞬間より、にわかに顔面蒼白になりて、「もっと生命保険に入っていればよかった」などと絶叫し、終日、胸部をおさえては、「何だか、心臓の調子がおかしい。」と訴え続けていた。

また、冬のある朝に至っては、その赤のカローラが同じ○○付近で停車していねのを見かけ、運転者が、その同僚の女性の娘であることを認めるやいなや、バスから下車した農協前より、バスで同乗していたFさんの制止を振り切り、脱兎の如くカローラに乗り込み、「ああ、助かった。これで今朝も楽できるなあ」と豪語し、豪快に笑ったのであった。

証人Fによれば、その朝バスを降りるまで、この数日、腰が痛くて、もみ医者に通っていること。歩行も困難であるなどを訴え続け、同情を誘っていたとのことである。

証人は、「B先生の、あの瞬間的変わり方を見て、人間が信じられなくなった。」と言っている。
かゝる事実を公正に判断せし時、情状酌量したとしても、主文にある判決はきわめて公正かつ妥当なものと判断する。

被告人B、今後被告人は新地△△小学校にて、声楽家○○も賞賛せし、カラオケ「クチナシの花」や「おまえに」の習熟にさらに努め、あわせて、三回練習した「二人の大阪」の上達に励んで更生への道を邁進しなさい。

健康面に留意し、免許証の更新を忘れて、自動車学校にて、映画を見せられるような反社会的な過失を二度と繰り返してはならない。

“一事が万事”という言葉を心にきざみつけ、精神と肉体を切磋琢磨して、たくましく前進するであろうことを当裁判所は心より期待するものである。

昭和六十三年三月三十日
     ○○小地方裁判所   裁判長  □□ □子

年度末の忙しい時に、私の教頭昇任と同僚の異動に際して開かれた送別会で、同学年の女子教員が私に下した判決文なのだ。(笑い)

とに角、楽しい学校であったが、赴任当時は違和感を感じ自家中毒症状を起こし、登校しようと思えばは腹痛になるという毎日が続いた。

協調性や人間関係の調整能力の大切さを学んだのはこの学校であった。今は笑い話で済ませるが、当時は深刻なほど心も病んでいた。しかし、村八分のような状態をよく乗り越えることが出来たものだと自慢したくなる。(笑い)

この力も、少年期の辛い体験から身につけた“生きる力”の一つではないかと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

カード利用明細 詐欺かな?

カード利用代金明細をオンラインで見ていたら、覚えのない利用内容を発見。

「フリーケア チューリッヒ」に¥1,780の支払。聞いたことのない名。妻が買物した店の名と思って「何処にある店なの?」と聞くと、「知らないわ!」との返事。

不思議に思って、過去にさかのぼって利用代金明細を調べてみると、8月から支払が開始されていた。

いろいろ考えてみたが全く思い出さない。てっきりオンラインによる詐欺に引っかかったかな?と思っていた。

たまたまグアム島旅行の計画を立てている時、“もし、現地で怪我でもしたらどうしよう。国民健康保険も利かないし、膨大な治療費をはらわなければならないなsign02”と思っている時、ふと思い出した。

JALカードフリーケア・プログラムの普通傷害保険に加入したことを。

早速、書類を調べてみたらあった。夫婦共に加入し保険料が¥910(私)、¥870(妻)であった。

・死亡・後遺障害保険金額 500万円  ・入院保険金日額 5千円 
・手術保険金額(最高) 20万円

毎年の契約更新日(3月1日)で自動更新なのだ。お守り代わりに加入したが、万が一の事を考えて、保険証券番号と加入者番号をひかえておいて、グアム島の旅に出ようと思っている。

このことを妻にも知らせ、二人で物忘れを防ぐ策とした。(笑)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

市川団十郎の白血病と 私の場合 

歌舞伎役者の市川団十郎さんが66歳で死去。彼は2004年5月に白血病を発病したとのこと。私も慢性リンパ性白血病の疑いとの診断だったので、2月4日の第4回目の血液検査がきになっていた。
0 今回の白血球数は10,920。

過去の白血球数はこうだった。
2012/6/13-13,490(精密検査を受けた時)
2012/7/17-10,600  2012/7/23-10,740  2012/11/5-10,320

食事、運動、睡眠に気をつけた結果、数値が下がってきていた。

今回は、正月料理を食べ、雪道の危険を考えての運動不足。夜中のトイレ後の寝つきが悪さ等でやゝ不健康な中での検査。

でも、医者は「前回とあまり変わらない数値であり、特別問題視することはないですよ」とのこと。

私が「市川団十郎さんも白血病でしたよね」と問うと「彼の場合は急性白血病ですよ。あれは危ないのです。慢性であればそんなに危なくないのです」と言うので安心した。

それにしても気味が悪い。原因が全く分からない。身体に爆弾を抱えているのかな(一寸オーバー)と思う時もある。とに角、不思議である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

2月の思い出 純粋な研修視察

道教委が官官接待問題で世間を騒がしている時期の2月末に、教育局長から東京都の教育課程実施、特に日の丸・君が代の実態はどうであるのか視察してきて欲しいとの職務命令を受けた。

予算があまりないので2泊3日の日程。かつて同じ職場の研修部に所属していた教師が新宿区中野で小学校校長(Aさん)をしているとの情報を入手したので、早速、電話にて依頼をした。

その時の研修内容はこうだった。
① 教育目標の具現化と分掌組織
② 校務運営上の諸問題と教育課程編成上の問題
③ 教育課程の編成届の内容と学校経営の基本計画について
④ 指導主事の訪問形態について
⑤ 生徒指導の取り組みとクラブ活動の運営状況(中学校)

このことについて過去ブロ(教員の仕事と学校運営組織)で書いたが、北海道とあまりにも違っていたので、只々驚いたことを思い出す。

それから数年後、昔の同僚の集いに参加したAさんに話を聞くと、自校が掲げる本年度の重点目標をどのような手立てで具現化していくのか、具体的な方法が明確でなかったら区の教育事務所(教育委員会)から大変なお叱りをうけるので、真剣勝負で子とにたらなければならないのだとのこと。

中でも、目標達成に向けての組織づくりが一番大切であることを知らされた。このことに対して数名いる都教組加入教員が抵抗を示すが、校長の強いリーダーシップで押し切っているとのこと。

同じ教育界でも“所変われば品変わる”といって片付けられる内容でないことを痛感した。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

GUAM旅行 あの日 あの時 あの場所で 

閉ざされた長い冬から解放され、身も心もリラックスしたいとの願望から、またグアム旅行を計画した。

時期  4月7日~26日:乾季でoff season
場所  レオパレス・リゾート・グアム コンドミニアム:long stay 宿泊料¥7,830/室
楽しみ イパオビーチ:熱帯魚との戯れ  

1
Photo3   

細かなサンゴの砂の上にビニールシートを敷いて着替えや昼食の入ったリックを置く。

この場所を選定したのは、木陰でありシャワー、トイレ、ライフガードが常駐している施設の直ぐ近くだから安全面がgood

さて、飛行機はJAL特典航空券(マイルを貯めて無料で行ける券)なのだが、330日前から予約可。しかし、希望者が殺到するため指定日の予約が困難で、空席を探して26日となった。

ところが、JALの赤字経営から路線変更(中部空港⇔グアムが廃止)やフライト時刻も変わったので、成田で前泊、後泊しなければならなくなった。(2012年より)
北海道からは不便である。

丁度、旅行日から約60日前になったので、早割の格安ホテルを調べたら、前泊が土曜日なので、一番安くて¥7,000/室だったが空港から遠くて不便。結局、ヒルトク成田¥11,000/室(会員登録をして)を予約した。勿論食事なしでホテル内のコンビニを利用。

後泊は金曜日だったのでホテル日航成田¥8,800/室(食事なし)を予約した。2年前に比べて約2万円損する勘定。即ち、レオパレスの2.5泊分の金額なのでばかにならない。

ヤレヤレ!成田のホテル予約に半日を費やした。年金生活なので格安探しも疲れる。(笑い) 来年は1週間程度の滞在で早めに予約しようと思っている。

憧れのグアム島。あの日、あの時、あの場所での体験がこの歳になっても強烈に思い出され、歩けるちは訪れようと思っている欲張りな高齢者なのだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

ノルディック・ウォーキングで健康づくり

TVを見ていたら、健康づくりにノルディック・ウォーキングが効果的であるとのこと。北欧で一般化している健康法の一つなのだが、日本では一部のスポーツ選手が夏場のトレーニングの一つとして取り入れている程度であった。しかし、最近は高齢者にも人気を博しているらしい。

私も数週間前から試みているが、コースについて再考した。これまでは午後の2時半頃にスタートして陽だまりロードを通ってきたが、人通りが少ない冬場なので、もし体調に異変が起きたとき、気づいてくれる人がいなければ大変である。

また、トイレなどに行きたくなった時に都合が悪いので、利用できる店がある便利なコースを選ぶことにした。

2

3回に1回は妻も同伴。ストックを持つと歩くのが早くなり運動量も多くなるので汗ばんでくる。体脂肪も若干減ってくるので嬉しくなり、雪の降らない時を見計らって歩いている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

褒める機会を逸し 今でも悔む私

卒業文集に書かれているA子の文を読み返して、至らぬ自分を攻めたくなった。先ず、作文を紹介しよう。

       六年生になっての自覚

五年生の三学期が終り、六年生の始業式。
六年生の教室に入った時、私は「最高学年としての自覚を持たなければ。」と思いました。

六年生は、六年生らしく、低学年の手本になるような行動をして、はきはきとしなければならないので、とても大変な学年だと思いました。

夏休みになり、子ども会のラジオ体操が始まりました。私の子ども会は町の中心なため、店が多く、住宅と店を別にする家が増えてきたため、年々人数が減り、今年の六年生は私を入れて、二人になってしまいました。

私は、ラジオとカセットを持っていき、カードにははんこを押さなければならないので、眠たくてもがまんして行かなければなりませんでした。

行っても誰もいなかったり、逆に、私の行くのが遅れて、みんなを待たせてしまったこともありました。小さなことですが、私にとり、とても責任があって大変な仕事でした。

今までは、責任感とか義務があまり感じられなかったのですが、六年生になり、この仕事を通して、自然に六年生としての自覚がわいてきたような気がしました。

あと4か月で、小学校生活が終わるけれど、中学生になっても、勉強や運動、クラブ、係活動などをきちんとやり遂げる、しっかりした人になろうと思います。

現在A子は薬剤師をしているが、ピアノが上手で学芸会やNHKの合唱コンクールのピアノ伴奏をする子でした。

彼女に対して、私はピアノの上手なことのみを褒めるだけで、作文にあるようなラジオ体操の実施に向けて、非常に努力したことを知らず、褒めることもなかったわけである。

もし、夏休み後の反省会で、子ども一人ひとりの過ごし方を聞き、努力した点を褒めてやることが更なる意欲化につながるのに、それを怠った私。

子どもの姿や考え方を知ろうとしなかった私。適時適所での褒め言葉が、どれほど積極的に生きようとする力になるかを知っていながら、それを実践しようとしなかった己の怠慢を恥ずかしく思う。

なお、体罰を受けた男子生徒が自殺した大阪市立桜宮高校バスケット部指導者の指導姿勢について、血の通った指導であったか疑問に思う。

自殺した生徒の場合、肉体的体罰による痛手よりも、監督の“それじゃあ2軍でもいいんやな”と、脅しともとれる言葉が生徒の心に鋭い刃として突き刺さったと思う。

自ら主将を買って出た生徒に対して、一番期待しているがゆえに辛く当たっていることと、これまでの努力に労いの言葉をかけていれぱ、この生徒は自殺などしなかったのではないかと思う。

肉体的体罰よりも言葉による体罰の方が人をダメにしてしまうことが多いということを肝に銘じるべきである。
“子どもと心が通い合っていれば、多少の肉体的体罰は問題化することはない”と私は体験的に思っている。

なお、体罰が問題化した場合は、いさぎよく処分を受けるか退職すべきである。

体罰によって子どもがより意欲的になったり、改善努力するような姿勢が現れてきた場合は、その体罰は有効な教育方法の一つであると大学時代に学んだ教育原理を思い出す。

今の指導者は体罰の仕方が下手である。如何なる場合でも怪我を負わせてたらおしまいと思え。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

     《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »