« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

ブロカント パリのノミの市

毎年500万人が訪れるパリの蚤(ノミ)の市。フランスでは古いモノをブロカントと呼ばれている。

もともと、19世紀末、廃品回収業者がここで廃品で使える物を物々交換するようになってから、蚤の市が始まったと言われている。

二度目のフランス旅行の時、娘の勧めでパリで最大規模を誇るサン・トゥアンのノミの市を散策した。殆ど写真を撮らなかったのでTVで放映していた画面を利用して思い出に浸る。

     サン・トゥアン地区の全景    ポルト・ド・クリニャンクールのメトロ駅へ向う私

1 2 ノミの市の発祥の地であるクリニャンクールで宝物探しをしている人たち
2_2
雑貨、古着、家具、古美術品、食器など露天市から常設マルシェがひしめいている。
3 4

5 6

7 8

               時の経つのも忘れて散策する妻
1_2
テレビでインタビューを受けていた若者は、「蚤の市は時々宝物を見つけるような意外性があるから面白いのsign02」 「かつて誰かのモノだったんだから、歴史や物語があって面白いんだよsign02」と話していた。

住居でも家具でも古い物に価値を見出し、150年前のモノだとか、中世のモノであり我家の宝物だと自慢する人たち。

古い物を惜しみも無く捨てる我が国。梁や柱の太い古民家も重機で壊し、産業廃棄物にする我が国はフランスとは価値観があまりにも違うことを痛感させられた旅であった。

流行を追うのではなく、モノによっては文化を守り良さを発信する姿勢も大切であろう。教育の“不易と流行”にも通じる考えであるような気がする。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

変わった趣味の教員 古物あさり

A教頭(2校目)から転勤の挨拶状が届いた。
この教頭には変わった趣味があった。とに角、暇さえあれば市役所のリサイクリングセンターに出向き、整理箱や本箱などを100円~300円程度で買ってきて、学級内の教材・教具等の収納・整理に役立てていた。

また、春と秋には近隣市町で開かれる青空市(フリーマーケット)に我が子の着た衣類や不用品などを出品していた。

「私の趣味です」と誇っていたAさんは、教頭としてその趣味を生かしているのだせろうか。おそらくPTAの事業として取り入れていることだろうsign02

さて、常日頃考えていることがある。
最近、少子化の影響で統廃校が盛んである。私が訪問した学校では、かつて30学級あったのが現在は6学級で全校児童が100名足らず。

2階が全て空き教室であり、余分な机・椅子がどの教室にも山となって積み上げられていた。この市も緊縮財政で教育予算が削減されていた。

この不必要になった学校備品を売却したらどうだろうと思っていたが、古物に着目する文化のない日本では、それを活かそうとする発想に欠け、使い捨て文化が定着しているので、なかなか実現できないのが実態である。モッタイナイことだ。

インターネットで情報を発信し、フランスのようにリサイクルで新たな文化を築くのも大切なことではないだろうか。そういう観点からA教頭には期待をかけている。(笑い)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

春を告げる 庭の花達

我家の庭にもやっと春が訪れ、ユキワリソウなどの花が咲き始めた。

1

2 3

4 5
ロックガーデンにある山野草やシュクナゲ、バラなどに腐葉土などの栄養分を与えている妻の姿が生き生きしている。

一方、脊柱狭窄症に悩む私は、ただ花を眺めて楽しむだけ。本当はもっと積極的に関わりたいのだが・・・・・・(残念)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

軽自動車に替えた我家

12年間乗った自家用車の車検を契機に、軽乗用車に切り替えることにした。もう、道内旅行で長距離運転も必要なくなり、近所のスーパへの買物に使うのが主だからである。

また、降雪期以外に時々陶芸同好会に行くとき妻が利用する程度の車。私は、運転歴なし。
それで、ニッサンの軽自動車を購入し、早速、お祓いのため厚別(あしりべつ)神社に出向いた。

1
    安全祈願を済ませてホットした二人         4ドアを開けての厄払い

3 2

共済組合の自動車保険も切り替え、安全運転に徹することを誓う妻をみて、安心する私である。

なお、妻は52年間の運転歴があるが事故は皆無。しかし、スピード違反は時々おかしていたので、今度は追い越し禁止、法定速度を遵守することを心がけるとのこと。(本当かな? 笑い)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

テレビの偉大な力 行列ができたホテルのレストラン

過日(パンケーキのランチ)についてUPしたが、今日はSTV「どさんこワイド」て゜紹介されていた2軒目のレストラン(ニューオータニイン札幌)を訪れてみた。

ここでは、パンケーキの他に品数の多さで勝負をかけているバイキング料理(¥1,600 シルバー¥1,400)に、老婦人たちが群がっていた。(失礼のだんお許しを!)

今日は、妻がパンケーキ(¥1,000)、私は下町ナポリタン(¥1,300)を注文。

1

2_4 残念ながら、両方とも期待に反していた。

ただ、ナポリタンは熱い鉄鍋に盛られ、上に生卵が乗っかっており、大変熱い。

ナポリタンを注文したらサラダと飲み物(アルコヘル抜きで)が自由にいただける仕組み。

この4月にパンケーキを3軒のレストランで食べた妻は、最初に行った店が一番美味しかったとの感想。2軒目はブログにコメントを寄せて下さったnaoさん推薦のレストラン。

3 4

注文した食事用パンケーキ

Photo

なお、平岸のDay’sはホノルルのパンケーキで有名なレストラン(Eggs'n ThingsやKeo's)の名前を参考にしてつけたようだ。

店員の明るい態度での接遇に好感が持てた。

4月も余すところ約1週間。敬老優待乗車証を有効に使いきりたい。(ケチな高齢者 笑い)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

先駆的な栄養教諭 退職から再任用へ

定年退職を迎えた栄養教諭Eさんから定年退職の挨拶状が届いた。

栄養教諭とは児童・生徒の栄養の指導及び管理をつかさどる教員である。養護教諭と連携し、児童・生徒の発育において必要な栄養状態の管理や、栄養教育の推進を行う職務である。

食育の大切さから、2005年に新たに設けられた職であり正規教員である。学校教育法では幼稚園・小・中・高等学校に置くことができるが、実際には多くが小・中学校に非常勤としておかれ、市内の複数の小・中学校を1人ないしは2人で担当しているのが実状であり、その労働環境には様々な問題があるようだ。

このE教諭は、私が教育長をしていたA町の学校給食センターの栄養士で身分は町職員であったが、なかなか斬新的な考えを持ち管内の栄養士研究会の会長まで勤めた人物であった。

やる気満々の彼女を栄養教諭に昇任させるため、私も一肌脱いだが、学校給食センターの仕事と研修の連続に耐え、目出度く管内で二人目の栄養教諭となった彼女に感心させられた私だった。

数年前に夫に旅立たれた彼女が、定年後、再任用としてまたA町の小学校で食育教育に携わっていくことを知って、大変嬉しく思っている。A町の子供達の食育に更に頑張って欲しいと願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

名残の雪 庭の春も足止め

今朝、7:30頃からみぞれ模様。みるみるうちに積雪約1cm。30分過ぎには庭も真っ白。

1
10:30頃には融けだす。

2 19日に1cm以上の降雪は2009年以来4年ぶりとのこと。この降雪が今年最後の雪(名残の雪)であって欲しいと願っている。

寒暖差の激しいこの頃、体調を乱さないように気をつけなければならない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

中島公園とススキノ散策 パンケーキのランチ

札幌市敬老優待乗車カードの残が¥5,000(私)、¥6,000(妻)あり、4月で有効期限が切れるので、中心街へ出向いて行った。

       中島公園を散策。池にはまだ氷が残っているとは・・・・・(驚き)

1_2
2
昼食は、昨日、STV「どさんこワイド」で紹介されていたパンケーキ。ススキノの南7条西2丁目にあるジャスマックプラザ・ホテル1FのCafe B pasto(ここ)。

お食事パンケーキを注文した。
 炭火焼きベーコンとフレッシュトマト、生ハムと有機野菜のーザーサラダ(各¥850)
4 5

甘味をおさえたパンケーキとサラダ。ベーコンは凄く美味しいと妻の感想。

ハワイ(ハワイの超人気レストラン)で食べたパンケーキより、お食事パンケーキの方が私の身体に優しい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の作陶 ピエロ

冬の間に作っていたピエロが窯だしを終え、我家に帰ってきた。勿論、妻の作。

1 窯だし前と後で色合いが同じなので喜ぶ妻。

これで我家には二体のピエロが揃い、玄関内の壁際に置かれている。

Photo

これらのピエロを観ていると、何かほのぼのとした気持ちになるから不思議。

趣味のない私は、時々キーボードで懐かしの小学校唱歌を弾いて楽しむ程度。

絵画を始めようと思っているが、まだ、絵筆を持とうという心に火が点かない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

近づく 山菜採りのシーズン

昨日、散歩の途中で沢の斜面にフキノトウを発見。その下の方の湿地には、もうミズバショウが咲いていた。

1 2

天気が良ければフキノトウの小さめのを採り、天ぷらにしょうと思っている。

まだ、沢には残雪があるが、後3週間もすれば楽しみにしていた山菜とりが待っているhappy01

しかし、新聞報道によれば石狩市浜益区千代志別で山菜採りの男性が岩場から滑落し死亡。今日は別な場所で女性が熊に襲われ死亡というニュースが報道されていた。

今年の山菜採りは、細心の注意を払わなければいけないし、余り人里から離れた場所には行かないことにしょうと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

居間から望む 4月の庭

雪割り、冬囲いの撤去。朝刊を読み終えて外を眺めると何となく落ち着く。1

冬季間、和室に置いてあったウッドデッキ用のテーブルと椅子。早くそこに座ってコーヒーの飲める暖かさになって欲しいと願っている。

待つことに慣れている私であるが、今年の気候にはイライラさせられる。o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

「かんしゃく」を導く 心のゆとり

10日は近くの幼稚園の入園式。可愛い年少さんの幼児達の姿を見て、教育に関わってのある実験を思い出した。

1

2 3

心理学者のヘッツアの興味深い研究。

「子供が健やかに育つために」(著:小笠原まさる)のP150~151引用。

“彼は、二歳から五歳までの間に強い反抗期を経験した百名と、反抗のしるしを全くみせなかった百名とを、青年期まで追跡して、成長の様子をまとめました。その結果、反抗を示した子供の約89%は、意志が強く、自分自身の判断で物事を決められる性格の持ち主に成長したそうです。

しかし、反抗をみせなかったグループは、このように成長したのは約26%で、残りは、青年になっても、自分独りでは責任を持って物事を決定できない依存的な性格を持つようになったとのことです。

家庭の中に、かんしゃくを導くゆとりを設けて、子供がかんしゃくを起こしながら、自然に、我慢することや譲り合うこと、耐えること、競うことなどを身につけるように仕向けたいものです。これが、中学生や高校生になってからの生活で、大事な力として生かされるのです。”(引用終り)

現在、母子家庭、父子家庭が増えてきているが、このことを心に留めて健やかにこの子らを育てて欲しいと願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

雪囲いにさらば

青空が顔を出していたので、今朝は9:00からドウダンツツジの雪囲いをはずしてあげた。

1 2

縄を取り除き支柱を抜く。その後の処理。

11:30に作業が終了した。

春風に当たってツツジの冬芽が微笑んでいるように見えた。

今年は、積雪が多いので日陰になる家の北側はまだ残雪があり、3日前に雪割をしておいたのだ。

やれやれ、やっと春を迎えられる。happy01

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

素敵な穴場 創作イタリアン料理店を発見

2週間に1度は通る散歩道に素敵な創作イタリア料理店があることを知ったので、早速、3人で訪れた。

        場所:平岡公園第5駐車場前         普通の1軒家   

2 1

            
                 4人用の個室:窓から平岡公園を望む

3
ランチメニューの中で“海鮮釜炊きパエリア コース”を予約していた。

          前菜6種の盛り合わせ       スープ4

5

            LUNA風サラダ           海鮮釜炊きパエリア
6 7          

8
                 ドルチェ(菓子・デザート)の盛り合わせ
9
ドリンクはコーヒーなどのお好み。これで¥1,980とは安い。美味しく静かな環境のもとでゆっくりと創作料理を楽しめる処。今度は友達を誘おうと思う。

若い夫婦二人で作っているお店。完全予約制で12人で満席とのこと。
参考までに「食べログ」の口コミを貼っておく。(ルナムーン

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

超格安だった 南フランスの旅

実は、私・妻・娘の3人で2009年(平成21)6月7日からの14泊16日の南フランス旅行へ行った。所要経費は次のようだったとのことを娘のブログを見て初めて知った。。(娘のブログを引用)

<引用開始>

・航空券airplane 

JAL悟空  千歳-成田-パリ 往復

128,590円

〈112,400+16,190(税金、燃油サーチャージ)〉

・列車bullettrain 予約必要便のみ

TGV (Prem'sプルムス料金)

パリCDG→マルセイユ  55ユーロ(7,112円)

マントン→アヴィニョン  25ユーロ(3,233円)

アヴィニョン→パリ・リヨン 55ユーロ(7,112円)

 ※4月末に予約購入1ユーロ=129.3円

・レンタカーcar 

 AVIS オートマ・コンパクトサイズ2日間

197ユーロ

・ホテルhotel  

トリプル1室料金

★は、ホテル星の数

・マルセイユ 1泊   92.7ユーロ(90×1+Tax)

Saint Louis サン・ルイ★★

・マントン6泊      934.8ユーロ(153.4×6+Tax)

PRINCESS & RICHMONDプランセス・リシュモン★★★

・アヴィニョン 5泊  522.75ユーロ (102×5+Tax)

Colbertコルベール★★

・パリ 2泊      280ユーロ(140×2、Tax、朝食込み)

LYSリス★★

マントンのホテルをオーシャンビューwaveにしたため、他のホテルは

安く抑えましたsmile

ころころ変わるレートですが、ホテルとレンタカー代はユーロに

両替した6月初めのレ1ユーロ140円で計算することにいたし

ます。

dollar一人あたり

TGV       17,457円

レンタカー     9,193円

ホテル14泊  85,412円

航空券を足して

240,652円なり

その他に予約必要なしのローカル線列車やバス、

ガソリン代などが掛かっておりますので、食費を抜いて

約25万円くらいです。        <引用終り>

ホテルでの朝食は確か2回のみ。昼食はビザとサラダなど。夕食は近くのスーパーで買ったパン・サラダ・ハムとビール中心。(笑い)

バスと普通列車は日本の10分の1位の感じ。とに角安いのだ。

だから、一人30万円弱で行ってこれたのだ。これも娘の周到な計画と引率のお陰で感謝している。

機会があれば再度行きたい場所(コートダジュール マントン)だが、腰痛で足腰のシビレが酷すぎので無理と思う。まだ、歩けるうちに行ってこれたので幸せと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

水族館にいても 心はグアム島

帯状疱疹になったためグアム島旅行をキャンセルした私達。新札幌に水族館があるにもかかわらず一度も見学に行ったことのない妻を誘って行ってみた。

1
新設された巨大な水槽に多くの魚が回遊する姿が観えて、一瞬、グアム島でシュノーケリングをしている錯覚に陥った。幾つかのスナップをUPしておく。

2 3

4 5

6 7

水槽の中の魚では物足りない。やはり雄大な自然の中でシュノーケリングをしながら熱帯魚と戯れたいという気持ちが高まってきた。

我家に戻ったら、妻が埼玉県に住んでいる孫に、来年の春休みにまたグアム島へ行こうねsign01 と約束した。そこで、浩然の気(こうぜんのき:何事にもとらわれない、広く豊かな、のびのびとした心)を養いたいと思った。
8

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

激怒した教育局長 新採用校長の態度に

新年度が始まり、期待と不安を胸に抱きながら新任地で新生活を迎えることになる教職員が数多くいることだろう。

さて、この話は、今から数十年前のことであ。
昇任教頭・新採用校長の辞令交付式の後、他管内へ発令になった新採用校長4人の送別昼食会が某割烹で開かれた。

労いと激励を兼ねた会であり、優しい局長の計らいでもあった。

ところが、新採用校長のB氏が「局長、私達は何年間、他管内に居なければならないのですか? また、この管内に戻してくれるのでしょうかsign02」と質問した。

局長は「心配しないで下さい。間違いなく2、3年で、またこの管内に来れますよsign01 どの地に行っても早く地域に馴染み、頑張って下さいねsign03」と笑顔で応えた。

そりを聞いたB氏は「心配するなと言いますが、口約束では安心できません。一筆書いたものをくれませんか」と要望した。

若干顔色を変えた局長は「私を信用して下さいよ。人事案件で約束事項を記した書面を手渡したということは、今まで一度もありません。次の局長へきちんと引継ぎますので安心して下さいsign01」と告げた。

それでもB氏は「引継事項に書くと言っても簡単には信用できませんよ。・・・・・・」と不満を口にしていた。

昼食会の帰り道、局長は私に「主幹さん、B氏の発言についてどう思いますかsign02 失礼にも程がありますよangry」と怒りながら言い、

「C教育長がB氏を校長に発令しないようにsign02 と申し入れしたことがあったが分るような気がする。組合の支会長を長くしていたせいか、教頭になってもその癖がぬけなく、国旗・国歌問題でも組合員と同じような主張をしていたので憤慨していたのを思い出しました」とのこと。

その後、局長はB氏の赴任した管内の局長に、人物評価も含め、厳しく指導してくれるようにとお願いした。

そして3年後、B氏は古巣の管内へ戻ってきたばかりでなく、更に2校の校長を経験して退職した。

結果的に局長はきちんと約束を守ったばかりでなく、B氏の言動について絶えず情報を入手していた。

私は、今でもあの誠実な局長を尊敬している。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »