« 著書『死ぬときに後悔すること25』 私の評価結果 | トップページ | 10年振りに結婚式へ  »

2013年6月20日 (木)

ケータイ依存と 事件、トラブルの発生

最近、小学生の携帯電話(以下ケータイと表記)によるトラブルについて2件の相談を受けた。

内閣府の調査<(平成24年度 青少年のインターネット利用環境実態調査 調査結果(速報)>によれば、携帯電話を所有する青少年のうち、小学生の4割、中学生の7割半ば、高校生のほとんどがインターネットを利用。

利用内容は、小学生ではメール、ゲーム、中高生ではメール、調べものが上位。一時期考えなしに持たせた親もいたが当時と状況は一変した。

○ 事件、トラブルの発生

  •  ネツト上の「いじめ」とか詐欺の被害、悪い大人と出会って性犯罪の被害に巻き込まれる。
  • 子どもたち同士でネット上で喧嘩になって、実際に対面での暴行事件が発生。
  • プライバシーが漏れてストーカー被害に遭う。

○ 生活習慣や人間関係への悪影響

  •  ケータイやPCなどを使用する時間が長すぎて依存的な傾向がみられ、夜、寝る時間が遅くな。
  • 勉強する時間がなくなる。
  • メールのやり取りで、学級で他の人たちに調子を合わせ続けないと、仲間外れにされてしまうという不安感の増幅とストレスの高まり。

それでは、これらの問題から子どもたちを守るためにはどうしたらよいのでしょうか。

一つには必要のない機能つけないことと、使用時間の制限ができる機種にする。また、フィルタリングをつけることも重要である。

さらに、親子でよく話し合ってルールをつくり、壁などに掲示して使用するよう心がけることも大切である。

ここに、ケータイルール表(中学生の例)『サインズ オブ ザ タイムズ』(2012.04発行のP9を参照)を紹介しよう。

          ケータイルール表(中学生の例)

1 使える機能は「電話」と「メール」、サイトを制限したネット接続」だけにする。学校のサイトなど閲覧したいものがある場合には親に相談する。

2 サイトなどに、自分の写真や名前、住所などを特定できるような情報を掲載しない。違法コンテンツをダウンロートしない。

3 チェーンメールが届いたら、転送せずに親に相談する。

4 変なメールや電話が来たら、すぐ親に相談する。

5 友だちを傷つけるような使い方は絶対にしない。

6 安易に友だちに貸さない。

7 使用は、勉強、入浴、手伝いをすべて終えてから就寝の30分前までとする。もちろん食事中は使用しない。どうしても必要なときは親の許可を得る。

8 1ヶ月のケータイ料金は○○○円までとする。

9 ルールを守らなかったら、1週間の使用禁止とする。

10 親に「ケータイ見せて」と言われたときは見せる。

子どもにケータイを持たせている家庭で、まだルールを決めていない場合は早急に決めておくことが大切。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

|

« 著書『死ぬときに後悔すること25』 私の評価結果 | トップページ | 10年振りに結婚式へ  »

家庭教育」カテゴリの記事

コメント

先生こんばんは。ケータイの問題、私も現役の時は対応に苦慮しました。きちんと家庭でセーブできる場合だけではなく「学校裏サイト」に嵌まったり、SNS(ソーシャルネットワークサービス)の課金が莫大になり、保護者が10万円もの料金に仰天したり、のトラブルは市内の、特に中学校ではよく起こりました。
神奈川県教育委員会の指導主事に教え子がいるのですが、担当は「児童・生徒指導」で、現在も事あれば神奈川県内を飛び回っています。彼女もケータイが絡む場合は深刻な場合も多い、と話してくれました。
時には虐めにもつながるケータイの所持には「飲酒・喫煙」並みの法整備が必要だと思っています。ケータイやインターネットの怖さを子ども達に理解できるような方法があれば、とも考えています。

投稿: かげ | 2013年6月20日 (木) 22時27分

先生、続けます。もう一つの問題はケータイ(スマホを含む)による所謂「盗撮」です。
「藤沢市役所職員逮捕」で検索していただくとわかるのですが、昨年8月30日の夜、JR平塚駅で藤沢市役所の某職員が「スマホで前の女性のスカートの中を盗撮しようとした」ところを現行犯逮捕されました。この職員「スリルが味わいたくて」と警察で言ったようですが、今回「同僚の女性職員」についても盗撮していた事がばれてしまいました。停職五ヶ月になりましたが、こんなに便利なものがなければ、「犯罪を犯す」事にはならなかったのに、と思っています。
中学生が興味本位にケータイを持つと、こんな事件に早くから巻き込まれます。未成年のケータイ所持は、本当に法整備が必要です。

投稿: かげちゃん | 2013年6月20日 (木) 22時46分

かげちゃんさん、おはようございます。
ケータイやインターネットの恐ろしさを、事件・事故の解決に携わっている人たちに直接教わる機会を設けることも大切と思うのです。特に、警察の担当者であれば、子どもの感じ方や認識も違ってくるようです。
かげちゃんさんご指摘のように、法整備が必要と思っています。特に、怪しいメールやエッチな内容のメールが毎日のように送られてきている状況は早く解決して欲しいと願っています。

盗撮も困った問題ですよね。要は意識の問題ですが、便利さの落し穴の恐ろしさについて、もっと啓発する必要があるのでしょうね。

投稿: appochan | 2013年6月21日 (金) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121326/52111074

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ依存と 事件、トラブルの発生:

« 著書『死ぬときに後悔すること25』 私の評価結果 | トップページ | 10年振りに結婚式へ  »