« 年次休暇の計画的な使用促進について | トップページ | オモテナシの心が伝わる 一枚の葉書 »

2014年9月 6日 (土)

孫達との稚内観光 ノシャップ岬

孫達との道北旅行は宗谷岬から野寒布(ノシャップ)岬へと。

1
2
3
二・三日前から各地に大雨・洪水・土砂崩れ警報が出ており、道北の宗谷管内や留萌館内に被害が出たとのニュースを見た。その影響でサロベツ川や手塩川から流れた流木が海流にのってこの漁港に流れ着いたとのこと。

呆然と見守る漁師。このような現象は年に数回あるが、今回のは酷すぎると嘆いていた。手の施しようがないので汐の流れが変化するのを待とうかと言っていた。

この現象を見て思ったのは、可視できる流木なので除去は可能だ。しかし、福島の原発事故による汚染水が海に流れ出ているようだが、どの程度、海水が放射能汚染されているのか目に見えないので恐ろしいと思った。

ここは日本海の最北端なので放射能汚染の心配はないが、太平洋側で獲れた魚介類は大丈夫なのかと不安に思った。

4
5
そのことを孫に話したが、関心がないため「アッ、ソウ!」と馬耳東風。この旅行で少しは何かを学んで欲しいと願っていた私なのだが、何か残念な気になった(笑い)。

旅行に行っても、つい教員時代のクセが出て説明してしまうから情けない。小3の孫でも何か心に残るものがあるだろうと思い、穏やかざる気持ちをなだめた。

<注釈> 北海道には納沙布岬(ノサップ岬:根室半島)と野寒布岬(ノシャップ
              岬:稚内)があるが、納沙布岬では北方領土が眺めることができこと
              から、より知名度が高い。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

|

« 年次休暇の計画的な使用促進について | トップページ | オモテナシの心が伝わる 一枚の葉書 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121326/57275914

この記事へのトラックバック一覧です: 孫達との稚内観光 ノシャップ岬:

« 年次休暇の計画的な使用促進について | トップページ | オモテナシの心が伝わる 一枚の葉書 »