カテゴリー「旅行・地域」の161件の記事

2015年5月 1日 (金)

楽しかったグアム島

2015.4.5~4.19までの2週間、5度目のグアム島旅行。目的はイパオビーチでの熱帯魚のウォッチング。レオパレス・リゾートからラムラムバスに揺られ、GPOで乗り換え、ヒルトンホテルで下車、徒歩で公園内を通り抜け、イパオビーチに辿り着く。
記念の写真を数枚UPしておこう。

01_2
02
04
05
胸ほどの遠浅。殆ど泳げない妻でも楽しくウォッチングできる。
03
06

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月30日 (火)

「マッサン」 ロケ地の余市を訪問

NHK朝ドラ「マッサン」が始まった。ドラマの進行とともに観光スポットとして注目されることを予想して、過日、孫達と北海道余市町にある「余市蒸溜所」を訪れた。

竹鶴政孝がウイスキーづくりの夢を追って建設した工場は、異国情緒を漂わせていた。記念写真を数枚UPしておく。
7
8
92










     樽の作り方に興味を示す孫息子           貯蔵樽
35





         

     陳列されているウイスキー      工場向いの横断歩道脇のしゃれたトイレ
610

 

    工場敷地内にあるレストランで試飲しルンルン気分で駐車場に向う孫達
11
ニッカウイスキー工場は余市駅前にあり、小樽市から車で30数分で行ける。なかなか見応えのある見学場所である。既に札幌からのツアーもある。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

「ぜるぶの丘」と「青い池」

去る8月10日、妻と孫達は北海道のやや中央に位置する美瑛町への観光旅行へ。撮ってきた写真を数枚UPしよう。

1
2_3
3
4
5
6
7
「青い池」は北海道のパワースポットのNo1。最近テレビでも放映されることがある。また、行楽の秋を迎え、各旅行社も取り上げている。

ある旅行社の商品は札幌駅→(特急列車)→旭川駅→(レンタカー)→旭川動物園→(レンタカー)→好きな観光地→旭川駅→(特急列車)→札幌駅 の日帰りレンタカーパックで大人一人7,400円(5名1台)。

我が家では5人用レンタカーを1日9,720円(保険加入)で借りたので、ガソリン代をいれても格安ですんだ。(ケチな私 笑い)

富良野・美瑛方面の観光は、何と言ってもラベンダーが咲く7月下旬から8月上旬だろうと思う。私は現職時代にこの方面に5回も訪れたことがあるが、「青の池」の存在は知らなかった。機会があれば一度訪れてみたい気がする。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

道北の旅 初山別村の天文台

6稚内市から日本海に浮かぶ天売、焼尻島を望む景勝地であり海岸線に沿ってハマナスなどの花が咲く天売国道を留萌市に向って進むと、初山別村がある。そこには日本で最北の天文台が設置されている。

小高い丘の上にある天文台からは雄大なロケーションが眺められる。

また周囲の岬公園には、公営温泉付宿泊施設・運動施設・海水浴場・キャンプ場があり、バンガロー(一棟1泊3,800円で大人4~5人泊れる。但し炊事台、トイレは共同で別棟)から水平線を望むのは格別であろうと思う。

立ち寄って記念写真を数枚撮ったのでUPしておこう。
12

57

3
4
もっと若ければ、バンガローに連泊し水平線上の大きな朝日や夕陽を眺めたいと思うのだが、運転する妻(71歳)が遠出を嫌うようになったので、実現は無理。お互いに歳はとりたくないと思うこの頃である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

孫達との稚内観光 ノシャップ岬

孫達との道北旅行は宗谷岬から野寒布(ノシャップ)岬へと。

1
2
3
二・三日前から各地に大雨・洪水・土砂崩れ警報が出ており、道北の宗谷管内や留萌館内に被害が出たとのニュースを見た。その影響でサロベツ川や手塩川から流れた流木が海流にのってこの漁港に流れ着いたとのこと。

呆然と見守る漁師。このような現象は年に数回あるが、今回のは酷すぎると嘆いていた。手の施しようがないので汐の流れが変化するのを待とうかと言っていた。

この現象を見て思ったのは、可視できる流木なので除去は可能だ。しかし、福島の原発事故による汚染水が海に流れ出ているようだが、どの程度、海水が放射能汚染されているのか目に見えないので恐ろしいと思った。

ここは日本海の最北端なので放射能汚染の心配はないが、太平洋側で獲れた魚介類は大丈夫なのかと不安に思った。

4
5
そのことを孫に話したが、関心がないため「アッ、ソウ!」と馬耳東風。この旅行で少しは何かを学んで欲しいと願っていた私なのだが、何か残念な気になった(笑い)。

旅行に行っても、つい教員時代のクセが出て説明してしまうから情けない。小3の孫でも何か心に残るものがあるだろうと思い、穏やかざる気持ちをなだめた。

<注釈> 北海道には納沙布岬(ノサップ岬:根室半島)と野寒布岬(ノシャップ
              岬:稚内)があるが、納沙布岬では北方領土が眺めることができこと
              から、より知名度が高い。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

孫達との道北旅行 枝幸から宗谷岬へ

孫達との旅の3日目は、先ず、枝幸町の千畳岩から宗谷岬へ向った。曇り空だったので青い色のオホーツク海を見ることができなかった。
1_2
              車窓からの眺めを順番にUPしていく。
23









                    アップダウンの道が続く4
56






宗谷丘陵の雄大で美しい地形を顕著に見ることのできる。丘陵内には、日本でも最大規模を誇る広大な牧場、宗谷岬肉牛牧場があり稚内の名産、わっかない牛が生産されている。
7
 宗谷岬に到着。日本最北端の食事処。丘の左上には旧海軍の砲台跡が見える。
88_2

 

            岬の先端にある「日本最北端の地」のモニュメント9
8_412









知らない人が多い「流氷博物館」。みやげ店の奥の方にあり、室温-5度で流氷に触ることもできる。あまりの寒さなので半そで姿には堪える。

11
000孫達の旅は一路「ノシャップ岬」へ。雲り空のため利尻富士が見えないのが残念。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

孫達との道北旅行 枝幸

孫達との道東・道北の旅の3日目は枝幸町→宗谷岬→野寒布岬→天塩町→留萌市→増毛町まで。地図上の青線が旅のルート。

0000
私はこの逆ルートを2度旅したことがある。最初は昭和49年(今から40年前)の研究所員時代。2回目は平成11年(校長を退職した時)にパークゴルフと温泉を兼ねてのキャンプ旅行。特に、枝幸では美味しいズワイガニを腹一杯食べて大満足をしたのだ。

今回の旅で枝幸を宿泊地に選んだのも、孫達にカニを沢山食べさせたいとの思いがあったからだ(笑い)。毛蟹の水揚げ量日本一の町だから、おそらくホテルでも沢山カニが出るであろうと思っていたが、残念ながら当て外れ。
12

3
枝幸の観光名所で知っているのは千畳岩。ここをゆっくり案内した。
551

4
4_2
7
オホーツクの荒波でできた千畳岩だが、岩の裂け目や窪地にハマナスが咲いていた。9_4
81
何という草だろう。岩場の周りに生い茂っていたのが印象に残る。
10
冬はこのオホーツク海が一面流氷で覆われるが、まだ見た事のない私。旅は宗谷岬をめさして一路北へ向った。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

羅臼経由で 知床五湖へ

8月6日、孫達との道東の旅は、摩周湖、神の子池をみた後、開陽台→羅臼→知床峠→知床五湖→枝幸(稚内の東南)へと続く。

ここでは、開陽台から知床五湖までの旅を車窓から眺めた景色をUPしていく。ただし、知床峠と知床五湖は違う。

なお、道中、霧が発生し目まぐるしく変る景観に驚いた。
851912

965096

107
128159

1710
22112312

2914_23415

3616
8616q
40174318

5819
6121
6422_2
6923
7624
7325
知床五湖のうち1湖のみ見物し、次の目的地である枝幸のホテルの位置をカーナビに入れてビックリ。約400km、所要時間は7時間。現在、午後4時であるのでホテルニは11時に着くことになる。

慌ててホテルに連絡し、何時になっても夕食をとりたいので宜しく頼むと言うと、宴会室に特別用意しておくので、気をつけて来てくださいとのこと。

夕暮れの網走湖、能取湖、サロマ湖の景色は車窓から眺める程度で、湧別町→紋別市→興部町→雄武町→枝幸町へとオホーツク海沿いにスピードを上げ、対向車のない直線道路は時速90kmも出して先を急いだ。

お陰で9:30にホテルに着き、海の幸を十分に味わうことができた。その後、温泉に浸かり肩の凝りを解して、深い眠りに陥った。

<追記> 法定速度は60kmだが、湧別から枝幸までの国道は一本道で見通しのきくところが多いので、フランス並に時速80kmの区間があってよいのではないかと思った。画一的な尺度で考える交通行政の在り方に問題があるのではないか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

地球は丸いな! 開陽台

裏摩周展望台から中標津空港近くにある「開陽台」へ。
                        途中の景色
12

3
P685_2
696
78









910


久しぶりの道東旅行で車窓からの景色も新鮮に映った。また、十勝や道東方面はソフトクリームの味が濃厚でさすが酪農王国であると感じた(笑い)。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

パワースポットの旅 神の子池

最近、道内のパワースポトとして脚光を浴びているのが『神の子池』。シャッターを押した順にUPしよう。
1
0
2
3
5
6
4
7
熊出没に注意の看板を見て孫達は恐ろしがったが、沢山の人達がいるので心配ないと説明しゆっくり散策することができた。神の子池から溢れた摩周湖の伏流水が小川をなし、水に手を浸すとしびれるような冷たさ。

この地と水からパワーをもらい、裏摩周湖→中標津→開陽台展望台→羅臼→知床峠→知床五胡へと旅を続けた。

<追記> 数年前に南仏プロバンス地方にあるフォンテーヌ・ド・ヴォークリューズの泉を訪れたことがあった。「神秘の泉」といわれるこの泉は、90トン/秒である。「神の子池」は1日12,000トンの湧水量なので、南仏の「神秘の泉」の約23秒の湧水量なのだ。余りにもスケールが違い、大陸と島国日本の違いを痛切に感じさせられた。
参考までに写真をUPしておく。
1_22_2


3_2
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧