カテゴリー「生育エピソード」の139件の記事

2014年9月16日 (火)

敬老祝 町内会より

1_2過日、回覧板に敬老のお祝いを贈呈したいので、該当者は記入下さいとのことだったので、喜寿(数えで77歳)を迎えることを知った私は、札幌市から記念品をいただけるのか? と軽く考えて記入した。

ところが、14日午前に町内会副会長が正装姿で訪問下さり、祝意を表し記念品を贈ってくれた。

図書券だろうと思って中を確かめると、何と¥1,000の「JCB GIFT CARD」が5枚。町内会独自の事業とのこと。うれしい!

さて、これからどのように生きるかである。

“Dream is power!”だ。健康を維持して海外旅行(グアム島とマレーシア中心)に挑戦していこう。0

この発想は久末真紀子(65歳)に感化されたものだ。北海道出身の彼女は、七大陸最高峰登頂者の三人目(日本の女性で)の人で、夢を持っての挑戦が彼女の生きがいなのだ。私も見習いたいと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

 《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

天誅組総裁の一人が 私のルーツ?

過日、本州在住の義姉(亡き兄の妻)からこんな手紙が届いた。

前略、・・・・・・・・・・・。
さて、突然ですが去る11月5日に奈良県東吉野村に行って来ました。

今年は藤本鉄石の百五十年忌になり、盛大な顕彰式典が行われたのです。台風26号で出席できませんでしたが、命日の11月5日にお墓参りして来ました。

今回で3回目ですが、百五十年前、鉄石が歩いたであろう山道を案内していただき、今更ながら困難な事であったと胸が痛くなりました。

顕彰会の方のお話では、京都東山の霊山寺(りょうぜんじ)に鉄石の首を祭ってあるお墓があると聞きました。来年春にでもその墓地と岡山市内の誕生の地に行ってみるつもりです。

哲夫が生前話していた事は、「明治新政府から従四位をもらったが、鉄石の長男と次男が淡路島で事件を起こして取り上げられたので、靖国神社合祀を断った」との事でした。

私は○○家(藤本家)の先祖、鉄石が「さきがけ」と言われる行動をした事を誇りに思います。

生前、○○武夫お父様にはたった一度、私の家へいらした時にお会いしただけですが、今でもはっきり覚えており懐かしい思い出です。小さな方でした。

私のお父様に対する親孝行はこれだけです。出来る限りお墓参りして報告してきたいと思います。

藤本鉄石 ○○家の誇るべき家系です。是非先祖を忘れないで下さい。・・・以下略・・・

さて、かつて我家には立派な家系図があった。紫色の紐で結ばれ桐箱に納められていたことを小学1年(昭和20年)であった私は鮮明に覚えている。それが過去ブロ(神棚と私)に書いた通りであるが、義姉は夫がそのような行為をしたことを全く知らないでいた。

0_3 私が義姉の手紙で知ったのは、藤本鉄石の三男が藤本武石、武石の娘がツネであること。

そのツネが仙台藩の上級武士(槍の指南役:指導者)A氏に嫁ぐが、下級武士の娘であることを理由に入籍されず藤本の姓のままでいた。(亡き母の話による)

そのA氏は明治になって北海道室蘭市輪西に入植し、購入した船に乗り昼間から酒を飲み、唄え踊れの遊興にふける男であったそうだ。また、羽織・袴姿で田圃の畦道を歩くなど、その姿は武士を捨てきれない哀れな末路であったらしいと母は語っていた。

A氏は、やがて貯えを食いつぶして死んでいったが、残された妻ツネは二人の子供を育てるために、金つば焼(和菓子の一種)をしながら細々と生活していたそうである。

そのツネの子が父の藤本武夫(師範時代に婿として母のもとに来る:私の誕生エピソード ①)である。

上の写真は父の享年43才の時のもの。現在8人いる兄弟姉妹の中でこの写真を持っていたのは次男だけであった。妹が兄から借りてきて複写したものである。

また、藤本鉄石の顕彰式典の案内文も同封されていたので貼っておく。
1_2
PCで検索してみると(藤本鉄石)についてウィキペディアで解説しているが、まさか鉄石がが私のルーツに当たるとは夢にも思っていなかった。

父のルーツについては亡き兄が父から聞いて知っており、義姉が現地で調査し、戸籍や過去帳(その家々の故人の戒名・俗名・没年月日などを記した、各家庭に伝わる系譜)の裏づけ資料を整え小樽の兄の元に送ってきたことがあった。

しかし、天誅組とは何なのか意味もわからず、今更、先祖がどうこうと言っても始まらない話であるとの認識で、その資料がどうなったかは不明なのだ。

私が知っているのは父:武夫には10才以上の姉(姓:猪子)がおり、札幌市琴似に住んでいる当時、よく小樽在住の父のもとに遊びに来ていたこと。また、猪子の叔母は1男2女をもうけ、長男は小樽で木材会社を経営し羽振りのよい生活を送っていたことぐらい。

2  母も私も、父が早く他界したので苦労を重ねたため、神仏を余り信じていなかった。しかし、自分の祖先を粗末にすることは好ましいことではないので、今度、関西方面に行ったときに、菩提寺や鉄石寓居址まで足を運びお参りしてこようと思っている。

それにしても、早くこのことを知っていたなら、これまで奈良に2回、京都に3回、岡山に1回旅行したことがあるので、その時お参りすることができたのに・・・・・・残念。

この写真を掲載しているページには“藤本鉄石(1816~63)は、岡山藩出身の尊皇攘夷派志士。脱藩して上洛、軍学者として私塾を開いた。文久3(1863)年、天誅組の挙兵にあたり推されて総裁となったが、諸藩の討伐軍の攻撃を受けて大和国吉野で戦死した。この石碑は藤本鉄石の寓居跡(京都)を示すのもである”と説明されている。

参考までに、藤本鉄石に関する映像資料がPCで取れたので貼っておく。
5 6

Photo Photo_3

000 鉄石の雅号の一つである鉄寒士と記した掛け軸は息子が買い求めて送ってくれたものであり、我家の床の間に飾っている。

このブログ記事は妹や娘・息子・孫達にも、このことを知っていて欲しいと思ってUPした。
<追記> 現在85歳になる姉の話によると、「父さんは○○家に養子としてお母さんのもとにきたが、私の家系はすてたものではないのだよ」とよく話していたとのこと。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

教員をめざした始発駅は 手宮駅

10月14日は「鉄道の日」ということを初めて知り、教員になりたくて小樽⇔札幌間を汽車通学をした当時(昭和32年~33年)を思い出した。

1小樽といえば運河が有名だが、当時は貨物船からはしけに荷物を積み、運河沿いの石倉に降ろすための運河であったので、今のように綺麗に整備はされていなかった。

さて、北海道で最初に鉄道が敷かれた場所は、小樽の手宮駅から札幌駅まで。

         昔の手宮駅の駅舎           廃線になった手宮線の跡

2 3

私は、親父やすぐ上の兄が教員をしていたので、札幌にある北海道学芸大学(現:教育大学)札幌分校へ通うことにした。

教員住宅から手宮駅までは約4km。朝一番のバスは7:00発なので利用できなかった。

詳しくは過去ブロ(待望の大学入学式)に書いたが、冬の通学は結構厳しかった。

時の流れとはいえ、あの懐かしい手宮駅がなくなり手宮線も廃線になったとは、寂しい限りである。

また、アルバイトでお世話になった国鉄(現:JR北海道)が今、危機に瀕している。このことに関しても何かやり切れない思いがする。

過去ブロ(月2回の給料日 「親方日の丸」)に書いたが、当時の国鉄職員は危機意識は高かったし、鉄道教習所でいろいろと学んだ職員も多かった。

しかし、国鉄が民営化されてから、何がどう変り今のような状況になったのか?・・・・・・・とに角、呆れてものが言えないpout

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

白血球数の推移と 血液検査結果

過去ブロ(慢性リンパ性白血病の疑い)に書いたが、9月2日、4ケ月振りの血液検査に行った。

8:30に受付。9:02に血液採取。9:48に診断。この病院は血液内科があることと、地下鉄白石駅から徒歩5分足らずの処にるためか、大変な混みよう。

今回の検査報告書は下記の通り。
1 問題の白血球数は10,860。基準値が3,500~9,700なので僅かに高い。

これまでの検査数値と比べると、10,600(2012.07.17)→10,740(2012.7.23)→10,320(2012,11,05)→10,920(2013.02.04)→13,000(2013.03.15)帯状疱疹を患う→11,300(2013.05.13)→10,860(2013.09.02)で特別問題はないとの診断。

ところが、総コレストロール値243(基準値150-219)、LDLコリステロール値173(70-139)、血糖値(空腹時)131(70-109)で基準値を超えているので、薬剤をさしあげましょうかとのこと。

「悪玉コレステロール値は50代から高いのですから、特別驚きません。二、三日前からイクラやタコを食べていたので数値に反映したと思います」と言うと、「そうですか。これから食事と運動に気をつけて下さいね」との指導。

家へ帰って悪玉コレステロールについてPCで調べてみた。
コレステロールが多い食品は鶏卵、イクラやたらこなどの魚卵、ししゃもなど丸ごと食べる小魚、レバーなど。また、マヨネーズなどの卵を使った加工食品、チーズやバターなどの乳製品も要注意とのこと。

私は昼食後、チーズを食べながらコーヒーを飲むのを1年ぐらい続いている。今度はチーズの量を減らしてみようと思うし、シラスをご飯にかけて食べるのも控えよう。

また、“運動することによって、3ヶ月ぐらい続けると善玉のHDLコレステロールが増え始め、中性脂肪値も下がってきますが、悪玉のLDLコレステロールは6ヶ月以上たたないと変化がみられません。
効果には個人差もありますが、6ヶ月~1年以上は続けることが大切です。無理なく楽しみながら行える、自分にあった有酸素運動を選んで続けるようにしましょう。”(これ)の一部を引用。

いよいよ、今日から実践し、12月02日の検査結果に期待をかけている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

    《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

少年期を思い出す詩 海での遊び

我が母校が閉校式を迎えるそうなので、いろいろ調べてみると、小樽市祝津にあるニシン御殿敷地内に劇作家で有名な八田尚之の文学碑があることを知った。

2_2

碑文「がんぜ」
夏休みになると/おれたちは道ばたの/ざっぱ木を拾い拾い赤岩ポントマルへ/毛コのはえた兄分は褌/おれたちはふりちん/それっともぐり/一尋二尋きび悪いほど/青い岩肌に/めんこいがんぜ一つ二つ/腹時計がおひるに/なる/ざっぱ木のたき火に/がんぜのへそをぬいてほうりこむ/こんがり焼けたがんぜが/おれたちのひるめしだ/夕焼けると/みんなの唇は茄子色/ほら鴉が家さかえって/くぞ/おらたちもかえるべ/冷えてちぢまりきった/皆のきゅうすを揃え/一二の三/おしっこの消火だ/あああのがんぜが/出世して高価高貴/の珍重味とは

教員をしていた父が祝津小の教頭として赴任してから43歳の若さで他界するまでの4年間、住んでいた懐かしい祝津町。

小樽出身の八田尚之が少年期の思い出を綴った詩は、私の子ども時代の体験と全く重なる部分がある。なお、この詩は津軽弁などの方言(浜弁)が使われているので、注釈を加える。

・ざっぱ木:燃えそうな太目の枝、板切れ、海岸の流木など、焚き火用の捨ててある木
・赤岩:祝津と山中の間にある海岸で赤岩山の崖下の海岸
・毛コ:陰毛のこと
・ふりちん:ちんちん(ペニス)を出したままの状態、褌(ふんどし)をしない状態
・一尋二尋(ひとひろ、ふたひろ):尋(ひろ)は長さや深さの単位で一尋は5~6尺
・きび悪い:気味が悪い(恐ろしい)
・きゅうす:この場合、ちんちんの隠語?

小学6年から中学3年までの夏休みは、毎日のように浜へ行き潜って遊んだ。ガンゼ(馬糞ウニ)、ヌナ(ムラサキウニ)、アワビ、ツブ、ホッキ貝、アサリ貝、ナマコ、モズク、コンブなどをとった。時には昼飯がわりにもした。

焚き火をした後は、必ず消火することが浜の鉄則であり、守らない場合は子どもでも大人(都会の人)に注意し、それを守らない場合はお巡りさんに通報するシステムであった。

なお、過去ブロ浜のルール パート2も覗いてみると当時の様子が分るはず。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

     《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

教育局指導主幹候補者の 面接内容

平成7年2月6日(月) 14:00~14:25、道庁別館9階2号会議室で教育局指導主幹候補者の面接。面接官は生涯学習部指導参事、総務課長、学校教育部長の3名。

面接内容は下記の通り。

  1. A管内の課題は何か。 ・教育課程の適正な編成と実施  ・積極的な生徒指導 
  2. 単位時間は困難か。
  3. 国旗の状況はどうか。
  4. 国歌は無理か。
  5. 学校週5日制は大丈夫か。
  6. 最近、校長の権威が下がってきたと言われているが、どう思うか。
  7. 権威を取り戻すためにはどうしたらよいか。
  8. 教育の継続性の観点から経営訪問指導する場合の配慮事項をどうおさえているか。特に交替期。                             ・引継事項が大切  ・自校の抱える課題を明確にし、現段階で何がどこまで解決し、残されている部分はこれであり、それを今後こう展開していったら望ましいとか、この部分は依然として解決が困難であり、無理をするとこのようなことが予想される等のことを具体的な内容で引継ぐ。(職員会議録の改ざんの例を含めて説明。)   ・職員団体を恐れて何でも譲歩してはいけない。譲るべきところは譲るが、退くことの出来ない事項は、毅然とした態度で押し通すことが大切。

総務課長より、“行政経験がなく何かと戸惑うことが多々あろうし、望んできたわけでもないようですので気が重いことであろう。しかし、期待しているので頑張って欲しい”との励ましを受けた。

この言葉を聞いて、道教委の幹部が私の心境を理解してくれていることを知っり、やる気が起きてきた。そして、後日、面接の様子を局長に報告し、異動の準備に取りかかった。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

また、1年で異動 校長から道教委へ

平成6年12月。教育局長と校長の人事協議があったが、私は姪の結婚式(豊田市)のため欠席しなければならないことになった。

そのことを教育委員会を通してA教育局に伝えたところ、1月7日(月)の13:00より局長室で協議てもよいとの回答。

そして当日、緊張しながら局長にお会いすると、突然、驚くような言葉を耳にした。

「校長さん、貴方には指導主幹をお願いしたいのです。A管内の南から北までの経験があり、しかも、いろいろな規模の学校で勤務されてきている。また、軍団(派閥)からの評判も良いので適任であると思っているのです。どうでしょうかsign02

予期しない内容に戸惑った私は、下記の理由を挙げてお断りした。

  1. ペーパードランバーなので各学校を訪問するのに支障をきたす。
  2. 訪問校で必ず挨拶するようですが、その挨拶が一番苦手。
  3. 今の学校は勤めてまだ1年であり、学校改善の緒についたばかりである。
  4. PTAの期待に背くことになる。

ところが、局長はこう反論し説得した。

  1. 学校訪問は原則、公共交通機関を利用することになっている。しかし、私の公用車が空いているときには利用してもらっても良い。
  2. A管内の教頭会会長も経験しており、挨拶が下手だとは聞いていない。
  3. PTAの方々からお叱りを受けるかも知れないが、指導主幹が2年、その後、校長に戻って2年ということを考えると、校長さんには1年で異動してもらうしかない。
  4. 学校改善の途上と言うが、今度は1校のみの改善ではな、、A管内全体の学校改善に力を貸して欲しい。
  5. 今すぐ回答を求めない。後ほどよい返事を待っている。

さあ、大変。困った私は懇意にしている北師同窓会の会長に直ぐ電話をした。会長は

「折角、指導主幹ポストを①(北師同窓会:現札幌教育大学卒)にくれるという話なので、もし断ってしまうと後々の人事に悪影響を及ぼすのではないかと思うよsign01 地元の教育長さんにお話してゲタを預けた方が良いのではないかsign02」との助言。

地元に戻った私は、B町の教育長に会い局長の話を伝えた。そして、「私はB町に来てまだ1年しか経たない。この町が好きであり、まだまだここに勤めていたい。だから、何とかお断りの理由を見つけて、教育局長さんへ回答していただけませんかsign02」と懇願した。

それから数日して、局長から電話があった。「この前、お話するのを忘れていたのですが、もし指導主幹を引き受けてくれたなら、おたくの学校の教頭さんを新採用校長に出しても良いと思っているのです。とに角、宜しく頼みます」とのこと。

喜んだ私は、校長室に教頭を呼び局長の話を伝えたところ、教頭は「頼みますから、指導主幹になって下さい」とhappy01

さて、そのことがあってから数日後、教育長から電話があった。

「校長さん、あの話ですが、お引き受けしますと局長に返事をしたよ。本町から道教委の指導主幹になった人は、今まで誰もいなかったので名誉なことなのだ。もし、断ったならば、後で、本町の教職員人事に支障をきたすと思われるからね。とに角、宜しく頼むよsign01」とのこと。

“あゝ、この歳(56)になってから、全く未知の世界である教育行政に異動しなければならないとは何たることか”と不安であった。

教育長から電話の後、今度は局長からの電話。「引き受けてくれてありがとう。早速ですが、2月6日に道教委との面接があるのです。総務課長が本庁に用事があるので一緒に行ってもらいます。だから、12:30頃まで局の総務課まで来て下さい。

それから面接では特別難しいことは聞かないと思いますので、下調べの必要はありません。私からも宜しくと頼んでおきますから」とのこと。

しかし、“面接でどんなことを聞かれだろうかsign02”と寝ていてもそのことが気になる私だった。                               (続く)         

 ※過去ブロ『新任教頭 1年で転勤とは』で書いたが、また1年で異動することになった。                                                             

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ                             

   《クリックありがとう!》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

新任教頭 1年で転勤とは

新任教頭として赴任した学校は素晴らしい環境。しかも新築2年目の教頭住宅に入居できるとは夢にも思っていなかった。勤務で幾ら疲れていても、明るく新築の匂いがまだ漂う家に帰ってくると、疲れいっぺんに吹き飛んでしまうhappy01

室内の一部をUPする。

  玄関先に立つ成人を迎えた娘    玄関ドアを開けると広い階段:2階は2室

1_2 2_2

                      広々とした居間

3

   居間の隣が私の書斎(居間とアコーデオンカーテンで仕切ることが出来る)

4

        和室と床の間                   書斎から月を拝む

5_2  6 

居間から校舎を望む(公宅と学校は○○ランド公園:澤地になっている)

7

二階から見た階段下:照明も素敵           和室から夕陽を望む

8 9

この小学校は意欲に燃えた校長から学校経営や運営の手ほどきを受け、A市で同じ教員をしていたので気心も知っており、全面的に信頼していた。

また、職員も協力を惜しまず、心からやりがいのある学校であり、私にとって勤めていたい学校であった。

ところが、同窓会の新年会の折に、先輩である教育委員会の学務課長が私の耳元で「教頭さん、一寸したら市内異動になるかもしれないので覚悟しておいてねsign03」と酒臭い息でささやくのだ。

私は、酒に酔った勢いで冗談を言っていると思い、真に受けなかった。しかし、それから数週間してから校長に呼ばれ、「教頭さん、私に何か隠していないかいsign02」と問い詰められた。

特別隠していることがないので「特別何もありません」と応えると、「真意の程は分らないが、異動対象になっているんだよ。同窓会のA先輩から聞いていないかい。何か①(北師同窓会の俗称)にやられたような気がするんだ。汚い手を使うなsign03」と顔色を変えてにらみながら問いつめるのだ。

私は早速同窓会のA先輩に電話をし、真意の程を聞きただした。先輩は「」本当かsign02私は全くタッチしていないし、そのような話も初耳だ。もし本当ならばB校長(異動先の校長)が動いたのではないかsign02それにしても、僅か1年で異動とは大変だね」とのこと。

そのことを自校の校長に話すと「そうか、同窓会は動かなかったのだね。来年の周年事業の推進に全力を傾けて欲しかったのに、それをヌストのように引き抜くとは許すことができない。何とか阻止しなければならないsign03」と感情の高ぶりを抑えることのできない剣幕。

数日後、PTA会長が来校し校長室で何か話している。恐らく私の異動の件らしい。

PTA会長は高校時代の恩師が北海道教育委員会の参事をしていたので、教頭を1年で異動させる人事は許されるものなのかと聞いてきたらしい。

参事は「A管内の教頭人事はA教育局の次長の職務であるので、横槍を入れることができないが、私から今回の人事についてPTAからクレームが付いていることを話しておきます」との回答をいただいたということを後ほど知った。

次長は「教頭人事は私の所管ですので、私に任せて下さい」とにべもない返事だったらしい。

結果的に私は理由も分らず僅か1年で異動にすることになったのだ。引越し荷物を梱包したまま屋根裏部屋に置いたままの早期異動。

異動先は25学級のD小学校。内示後、D校のB校長(同窓会の先輩)に顔を出し、何故1年でこの学校へ来なければいけないのかを聞いてみた。

校長は「本校は3年後に創立百年・開校二十周年記念なのだ。経験豊かな教頭を迎えると校長試験の勉強で記念事業の推進に本腰を入れれないはずだ。君まだ若いので後2年経たなければ校長試験に挑戦する資格が無いので、記念事業の推進者として適任と判断し、市教委や道教委にお願いしたのだよ。とに角、頑張って欲しいのだ。校長に挑戦する時には力になるからhappy01」との説明。

このような理由で異動したが、教頭住宅は一般の教員と同じ1棟2戸立ての平屋。家は狭いし高校3年生になった息子は、毎年現住所が変わり、汽車通も不便になつた。しかし、多くの友達が出来るから良いではないかと慰めたけれど、これも管理職の宿命なのだと思った。

異動先の公宅:狭く玄関先のトイレが汲み取り式で異臭が酷い(換気扇が機能していない)

10

今回の人事で教育局次長が配慮したことは、私だけを1年で異動させると何かと噂になるので、各同窓会の三大派閥から1名ずつ1年で異動させてバランスをとったということを後日ある幹部から聞いた。

この次長は頑固者で有名であり、この人事の後に道教委の外郭に当たる部署の所長として赴任していった。私は何も悪くないのに何か申し訳ないような気になつた。(笑い)

注:校長選考試験の受験資格  私の時代は教頭経験3年が条件。しかし、平成12年頃から2年経験でも受験できるようになった。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

湿疹でも点滴 入院

2日前のブログに湿疹ができたことを書いた。何時ものように入浴したのだが、かゆみが増し湯船の中でゴシゴシ・・・・・・・。

手足の内側と腹の周りが見事に赤く腫れ上がった。そこで昨日、近くにある皮膚科医院へ直行。医者は点滴が必要ですねsign02場合によっては入院する場合もあるとのこと。

0 「へえー、湿疹でも点滴するのですか?」と聞くと、医者は「ありますよsign01薬より注射、注射より点滴の方が早く効くのです。どうしてこんなに酷くなるまで来なかったのですかsign02」と咎められた。

入院はどのような場合にするのかも尋ねてみたら、食中毒で全身に湿疹ができ危ない時は、即刻入院してもらうそうだ。私の場合も「酷くなると入院してもらいますよ」とのこと。

なお、点滴してくれた看護師に聞いて分ったことがある。

① 点滴は静脈にするのであって、もし動脈にすると血液が吹き出てしまい、薬が血液の中に入っていかないこと。

② 点滴の速さを調節し、急激に薬が入るのを防ぐこと。

③ 病気は早期発見、早期治療が鉄則であること。

等である。

私はこれまで「言葉で言っていることのわりに、やっていることがお粗末で無茶過ぎる」とよく妻から言われているが、全くその通りなのだ。

この点滴を機会に無茶な行動をとらないようにしようと決意した。その記念に点滴の写真を撮りたいと申し出たら、看護師が医者を呼んで来て皮膚の部分なら良いと了解を得て、スマートフォンで撮ってもらった。

明日も点滴に行くことと、2日前にアレルギー反応検査の採血をしたので、その判定記録を内科医院からもらい持参することになった。

それにしても、皮膚科医院の治療費が430円、薬代が570円。たった1,000円とは安すぎる。高齢者だから1割負担。残りの9割は国の税金なのだ。何か悪いような気になった。若者に負担をかけないためにも、健康に気をつけ早期発見、早期治療に努めよう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

   《クリックありがとう!》

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

バースデー料理にカレーライスとは・・・・

これまで大きな病気もせずに73歳の誕生日を迎えることができたhappy01

4 5

標準体重の維持と糖分・脂肪分の摂り過ぎや、食べ過ぎをしないよう配慮された食卓。娘がプレゼントしてくれたシャンパンで乾杯。

73本のローソクの灯を一度に消さなくてもよいように工夫されたローソクには驚いた。前からあったが高いから止めていたとのこと。

いろいろな誕生祝いのメッセージなどが寄せられた。

 孫かのFax<6歳の孫>               <小学4の孫>

1_2 Photo 

小4の孫はグアム旅行で好きになったゲッコウ(ヤモリでグアム島の守り神:幸運を呼ぶ神)が好物のハエには目も向けず、バースデーケーキに寄って来るところが面白い。

また、こんなプレゼントも届いた。

3 近くにある天然温泉から入浴無料券(1回分)。JALマイレージバンクよりバースデーメールと格安旅行案内。

メガネ屋からは割引のご案内。歯医医院からは祝福メッセージと歯の定期健診の案内。

個人情報がこのように使われるとは恐れ入った。

なお、「今回の誕生日にはカレーライスを作ってsign01」と妻にお願いすると、「何言ってるのsign02そんな話、聞いたことがないsign03」と一笑に付された。

私にとっては、白米のメシに細切れ肉の入ったカレーライスが昭和24年から続いた最高のバースデー料理だった。

飽食時代を迎え、何を食べたいのか迷い、食欲も減退ぎみになる贅沢な時代に慣れてきた。

そろそろ食生活も考え直す時期に来ているのではなかろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 人気ブログランキングへ

クリックありがとう!》

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧